2024/07/16 更新

写真a

カマクラ トシナリ
鎌倉 稔成
Toshinari Kamakura
所属
研究開発機構 機構教授
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 東京工業大学 )

学歴

  • 1980年9月
     

    東京工業大学   理工学研究科   経営工学専攻   博士後期   中退

経歴

  • 2024年4月 - 現在

    中央大学   研究開発機構   専任研究員   名誉教授,機構教授

  • 1995年4月 - 2024年3月

    中央大学理工学部教授

  • 2014年4月 - 2023年3月

    中央大学理工学研究所長

  • 2011年8月 - 2015年3月

    中央大学産学官連携・知的財産戦略本部長

  • 2005年11月 - 2009年10月

    中央大学大学院理工学研究科委員長

  • 2003年9月 - 2005年3月

    慶応大学大学院理工学研究科非常勤講師

  • 1995年4月 - 2005年3月

    東京工業大学非常勤講師

  • 2000年4月 - 2004年3月

    東京理科大学非常勤講師

  • 1995年12月 - 1996年3月

    筑波大学非常勤講師

  • 1994年4月 - 1995年3月

    文部省統計数理研究所非常勤講師

  • 1994年4月 - 1995年3月

    東京理科大学非常勤講師

  • 1993年4月 - 1995年3月

    放送大学講師

  • 1989年4月 - 1995年3月

    中央大学理工学部助教授

  • 1985年4月 - 1989年3月

    中央大学理工学部専任講師

  • 1980年10月 - 1985年3月

    文部省統計数理研究所研究員

▼全件表示

所属学協会

  • 日本品質管理学会

  • 応用統計学会

  • 日本統計学会

  • 日本計量生物学会

  • 日本計算機統計学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本温泉気候物理医学会

  • ベルヌーイ協会

  • 日本経営工学会

  • 電子通信学会

  • アメリカ統計学会

  • 日本信頼性学会

  • 日本生気象学会

  • Elected Member of the International Statistical Institute

▼全件表示

研究キーワード

  • 統計科学

  • 社会システム工学

研究分野

  • 情報通信 / 統計科学  / 統計科学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学  / 社会システム工学・安全システム

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学  / 社会システム工学・安全システム

論文

  • 円周状確率分布を用いた高精度屋内位置推定システムの開発と災害時避難誘導への応用 招待

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第34回シンポジウム   34th   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Variable selection method for the logistic regression model using a model-X knockoffs algorithm

    Nakatsu, T, Kamakura, T

    Book of abstracts CFE-CMStatistics 2019   1 ( 1 )   143 - 143   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International networks of computational and methodological statistics  

    researchmap

  • The estimation of the traffic density and vehicle speed for detecting anomalies

    Kasugai, K, Kamakura, T

    Book of abstracts CFE-CMStatistics 2019   1 ( 1 )   13 - 13   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International networks of computational and methodological statistics  

    researchmap

  • Bias reduction methods in the closed form for gamma parameters

    Kodaira, Y, Kamakura, T

    International conference on trends and perspectives in linear Statistical inference with cerebration of Tadeusz Calinski's 90 birthday: book of abstracts   1   102   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Linstat 2018: Edited by Daniel Klein and Katarzyna Filipiak  

    researchmap

  • Fast p-value calculations of Rao test for the circular uniformity by normal approximation

    Kamakura, T, Akimoto, Y

    Statistical inference with cerebration of Tadeusz Calinski's 90 birthday: book of abstracts   1   98 - 98   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Linstat 2018: Edited by Daniel Klein and Katarzyna Filipiak  

    researchmap

  • A simulation study for performance validate of indoor location estimation based on the radial Weibull/extreme-value Weibull distribution

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    IAENG International Journal of Applied Mathematics   48 ( 2 )   111 - 117   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Association of Engineers  

    We investigate the possibility of analyzing indoor location estimation under the NLoS environment by radial distribution model. In this study, we assume that the observed distance between the transmitter and receiver is a statistical radial distribution. The proposed method is based on the marginal likelihoods of radial distribution generated by positive distribution among several transmitter radio sites placed in a room. In this paper, we consider the two radial distribution model - radial Weibull distribution [9] and radial extreme value Weibull distribution [18]. To demonstrate the effectiveness of the two methods, we carried out a simulation study to assess the accuracy of the location estimation. Results indicate that high accuracy was achieved when the radial extreme value Weibull distribution based method was implemented for indoor spatial location estimation.

    Scopus

    researchmap

  • Inference for the extent parameter of damage by tsunami with Poincare cones 査読

    Toshimasa Nagai, Toshinari Kamakura

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   30 ( 2 )   23 - 34   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Computational Statistics  

    DOI: 10.5183/jjscs.1605003_232

    Web of Science

    researchmap

  • Indoor location estimation based on ToA data and bias estimation using gamma regression 査読

    Atsushi Yoshida, Takenori Sakumura, Toshinari Kamakura

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   30 ( 2 )   13 - 21   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Computational Statistics  

    DOI: 10.5183/jjscs.1605001_231

    Web of Science

    researchmap

  • 2次元平面上のランダムな線分とパラメータ推定

    阿部 興, 鎌倉 稔成

    西東京統計研究会予稿集   44 - 47   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会予稿集  

    researchmap

  • ガンマ分布のパラメータのバイアス補正とその比較

    小平 悠水, 阿部 興, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    第17回西東京統計研究会予稿集   16 - 19   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 気温異常と大地震の関連性について

    北澤 健斗, 鎌倉 稔成

    西東京統計研究会予稿集   34 - 37   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 窓打ち切りされた観測データの交代再生イベントのモデルとパラメータの推定方法および推定量の比較 査読

    阿部 興, 鎌倉 稔成

    計算機統計学   31 ( 1 )   1 - 15   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    再発事象のモデリングという観点から, 交代再生過程は多くの応用がある. 交代再生過程は 2 つの状態 0 と 1 が交互に表れる, 再生過程の一般化である. Rootzén & Zholud (2016) では交代再生過程の状態 0 の長さの分布のパラメータを推定する方法を提案した. 阿部・鎌倉 (2016) でも同様に, 交代再生過程が限定された「窓」から観測された場合の尤度関数を導出しパラメータ推定を可能にした. Rootzén & Zholud (2016) では, 窓の幅が小さいときは, 状態 0 の長さの分布と状態 1 の長さの分布を同時に推定したほうが良いと述べているが, 数値的な比較や理論的な考察はなされていない. そこで, 再生間隔がワイブル分布に従う場合と指数分布に従う場合について, これらの推定量の性質をシミュレーションを用いて明らかにする. また指数分布の場合については, 推定量の漸近分散を解析的に求める. 状態 0 の長さの分布と状態 1 の長さの分布が独立であっても, 両者を同時に推定するアプローチが, バイアス, 標準誤差で評価して, 優れた性質を持つことを明らかにする.

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 項目反応理論を用いた野球選手の能力評価指標の提案 (特集 スポーツ統計科学の新たな挑戦) 査読

    阿部 興, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   65 ( 2 )   235 - 249   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報・システム研究機構統計数理研究所  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Statistical gait analysis based on the data set from glasses installed with IMU

    Sone, Y, Kamakura, T

    2017 Hangzhou International symposium program   60 - 61   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Chinese Association for Statistical Computing  

    researchmap

  • Bias reduction fo ML estimators of gamma distribution parameters and comparison with other methods

    Kodaira, Y, Abe, K, Sakumura, T, Kamakura, T

    2017 Hangzhou International symposium program   40 - 44   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Chinese Association for Statistical Computing  

    researchmap

  • Performance studies of test statistics for two-sample directional data

    Akimoto, Y, Kamakura T

    2017 Hangzhou International symposium program   75 - 77   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Chinese Association for Statistical Computing  

    researchmap

  • 窓打ち切り状況下での交代再生過程のパラメータの最尤推定 査読

    阿部興, 鎌倉稔成

    計算機統計学   29 ( 2 )   133 - 146   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 円周状対数正規分布を用いたNLoS環境下における室内位置推定とその高速化に関する研究

    武尾信之介, 大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第31回シンポジウム講演論文集   31st   47 - 50   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • フーリエ級数近似に基づく多標本Baumgartner統計量の対立仮説における極限分布

    宮崎遼, 村上秀俊, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第31回シンポジウム講演論文集   31st   143 - 146   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 円周上における2標本の平均の検定

    秋元良友, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第31回シンポジウム講演論文集   31st   219 - 220   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 活断層における線分の角度データの解析法

    秋元良友, 神谷勇太, 鎌倉稔成

    第16回西東京統計研究会予稿集   74 - 77   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 一次元線分過程の統計的性質

    阿部興, 鎌倉稔成

    第 16 回西東京統計研究会. 予稿集   20 - 25   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 土砂被害領域の楕円推定とその面積分布の比較

    作村建紀, 鎌倉稔成

    第16回西東京統計研究会予稿集   16 - 19   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 一次元線分過程の統計的性質

    阿部興, 鎌倉稔成

    第16回西東京統計研究会予稿集   20 - 25   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • Statistical indoor location estimation for the NLoS environment using radial extreme value weibull distribution

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Lecture Notes in Engineering and Computer Science   2230   555 - 560   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Newswood Limited  

    In this study, we investigate the possibility of analyzing indoor location estimation under the NLoS environment by radial extreme value distribution model. In this study, we assume that the observed distance between the transmitter and receiver is a statistical radial extreme value distribution. The proposed method is based on the marginal likelihoods of radial extreme value distribution generated by positive distribution among several transmitter radio sites placed in a room. To demonstrate the effectiveness of the proposed method, we carried out a simulation study and conducted two sets of experiments to assess the accuracy of the location estimation for the static case and dynamic case. In the static experiment, the subject was stationary in some places within the chamber. In this experiment, we were able to demonstrate the precise performance of the proposed method. In the dynamic experiment, the subject was moved around within the chamber. In this experiment, we were able to determine the suitability of the proposed method for practical use. Results indicate that high accuracy was achieved when the method was implemented for indoor spatial location estimation.

    Scopus

    researchmap

  • An improved method for identification of patterns in the non-overlapping template matching test 査読

    Takeda, Y, Huzii, M, Watanabe, N, Kamakura, T

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   30 ( 1 )   15 - 25   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Computational Statistics  

    DOI: 10.5183/jjscs.1611002_230

    Web of Science

    researchmap

  • 楕円推定と土砂災害へのべき乗則モデルの適用に関する研究

    作村建紀, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集   30th   207 - 210   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生体認証機器の統計的評価に関する研究

    永井利昌, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第30回シンポジウム講演論文集   30th   15 - 16   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Statistical models for demand forecasting based on the big data of sales records

    T. Kamakura

    Common Platform to a Sustainable Society in the Dynamic Asia Pacific   448 - 453   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Asia Pacific Conference on Information Management 2016  

    researchmap

  • 窓打ち切り状況下での交代再生過程のパラメータの推定量の比較

    阿部興, 鎌倉稔成

    2016年度統計関連学会連合大会講演報告集   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    researchmap

  • 窓打ち切り状況下での交代再生過程のパラメータの推定量の比較

    阿部興, 鎌倉稔成

    2016 年度 統計関連学会連合大会,講演報告集   2016   301   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:2016 年度 統計関連学会連合大会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 災害領域の特徴量抽出のための統計解析

    作村建紀, 秋元良友, 鎌倉稔成

    2016年度統計関連学会連合大会講演報告集   2016   133   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 線分の角度データの検定と分類

    秋元良友, 神谷勇太, 作村建紀, 鎌倉稔成

    2016年度統計関連学会連合大会講演報告集   2016   134   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ビッグデータ時代における統計学の役割

    鎌倉稔成

    2016年度統計関連学会連合大会講演報告集   2016   209   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 線分の角度データにおけるクラスタリング法について

    秋元良友, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第30回大会講演論文集   30   37 - 40   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.30.0_37

    researchmap

  • ワイブル分布のパラメータ推測における検定統計量の小標本の振る舞いについて

    作村建紀, 鎌倉稔成

    第15回西東京統計研究会予稿集   65 - 70   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 2次元非定常ポアソン過程とPoincare Coneを用いた津波の強度推定

    永井利昌, 鎌倉稔成

    第15回西東京統計研究会予稿集   29 - 34   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • フォルマント分析を用いた歩行識別

    泉谷聡史, 作村建紀, 鎌倉稔成

    第15回西東京統計研究会予稿集   21 - 26   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • Indoor location estimation based on biased ToA data

    Yoshida, A, T. Kamakura

    第15回西東京統計研究会予稿集   49 - 52   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 線分の角度データのクラスタリング法

    秋元良友, 鎌倉稔成

    第15回西東京統計研究会予稿集   63 - 64   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 交替再生過程を用いた再発事象のモデリング

    阿部興, 鎌倉稔成

    第15回西東京統計研究会   7 - 12   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:西東京統計研究会  

    researchmap

  • 窓打ち切り状況下での交代再生過程のパラメー タの最尤推定 査読

    阿部興, 鎌倉稔成

    計算機統計学   29 ( 2 )   133 - 145   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機等学会  

    2つの状態が交互に表れ, 再発を繰り返すプロセスは多くの分野で関心が持たれている. イベントが繰り返し生起し, その間隔が独立に同分布に従う場合, その確率過程を再生過程と呼ぶ. 本研究では部分的に観測された交代再生過程のパラメータ推定を論じる. 信頼性工学の分野では, 稼働と休止の2状態を繰り返すシステムは交代再生過程を用いて記述される. このようなシステムの稼働率の指標はアベイラビリティと呼ばれる. 我々はアベイラビリティ推定の新しい枠組みを提案する. 長期間に渡るプロセスを観測する場合, 制限された窓の範囲でしか観測が得られないことがしばしば起こる. この窓による打ち切りのメカニズムに対応した尤度関数を導出し, 極限アベイラビリティという量を推定する例を通じて, 本手法を評価した.

    DOI: 10.20551/jscswabun.29.2_133

    CiNii Books

    researchmap

  • A Simulation Study on Performance Validation of Indoor Location Estimation Based on the Radial Positive Distribution 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Transactions on Engineering Technologies: World Congress on Engineering and Computer Science 2015   89 - 99   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Young and elderly, normal and pathological gait analysis using frontal view gait video data based on the statistical registration of spatiotemporal relationship 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9741   668 - 678   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. In this study, we focus on the shape scale changing in the frontal view human gait, we estimate scale parameters using the statistical registration and modeling on a video data. To demonstrate the effectiveness of our method, we apply our model to young and elderly, normal and pathological gait analysis. As a result, our model shows good performance for the scale estimation and gait analysis.

    DOI: 10.1007/978-3-319-40093-8_66

    Scopus

    researchmap

  • Testing for Uniformity of Line Segments 査読

    Akimoto, Y, Sakumura, T, Kamakura, T

    IAENG International Journal of Computer Science (IJCS)   43 ( 2 )   192 - 197   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IAENG  

    researchmap

  • Proposal of a Modulated Extended Cumulative Exposure Model for the Step-Up Voltage Test 査読

    Sakumura, T, Kamakura, T

    Transactions on Engineering Technologies: World Congress on Engineering and Computer Science 2015   349 - 363   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Statistical Problems on Estimating for Heat Seal Parameters 査読

    Inomata T, Kamakura, T

    Lecture Notes in Engineering and Computer Science   2216 ( 1 )   871 - 876   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Newswood and International Association of Engineers  

    researchmap

  • Property of LM Tests for reliability distributions in case of small samples 査読

    Kamakura, T, T. Sakumura

    Proceedings of the International Workshop on Applied Methods of Statistical Analysis. Nonparametric Approach   200 - 207   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMSA 2015  

    researchmap

  • Likelihood-based Inference for Weibull Distribution 査読

    Kamakura, T, T. Sakumura

    Proceedings of the 9th International Conference on Mathematical Methods in Reliability   855 - 862   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MMR 2015  

    researchmap

  • Poincaré Cone を利用した津波の被害領域の推定

    永井利昌, 鎌倉稔成

    第14回西東京統計研究会予稿集   74 - 79   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:第14回西東京統計研究会実行委員会  

    researchmap

  • 項目反応理論を用いた問題配点の決定法について

    作村建紀, 廣瀬英雄, 鎌倉稔成

    第14回西東京統計研究会予稿集   90 - 93   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:第14回西東京統計研究会実行委員会  

    researchmap

  • Statistical Problems on Estimating for Heat Seal Parameters 査読

    Takashi Inomata, Toshinari Kamakura

    Proceedings of The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2015   871 - 876   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The 2015 IAENG International Conference on Industrial Engineering  

    researchmap

  • The Statistical Models for Estimating Heat Seal Parameters in the Bag-making Machine 査読

    Inomata, T, Kamakura, T

    Engineering Letters   23 ( 4 )   326 - 332   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Association of Engineers  

    researchmap

  • 空間データ分析および生存時間分析を用いたJリーグチームの守備の分析

    中津 貴文, 成澤 宙希, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    応用統計学会2015年度年会講演予稿集   2015   70 - 71   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:応用統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マイクロアレイデータの変数重要度指標によるロジスティック回帰の変数選択

    星野良介, 鎌倉稔成

    第14回西東京統計研究会予稿集   24 - 27   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:第14回西東京統計研究会実行委員会  

    researchmap

  • ランダム化比較試験における症例の不均衡の影響とその改善

    中津貴文, 鎌倉稔成

    第14回西東京統計研究会予稿集   42 - 45   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:第14回西東京統計研究会実行委員会  

    researchmap

  • 活断層の線分近似を用いた角度の集積性の解析

    秋元良友, 鎌倉稔成

    第14回西東京統計研究会予稿集   56 - 59   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:第14回西東京統計研究会実行委員会  

    researchmap

  • Indoor Location Estimation based on the RSS method using Radial Log-normal Distribution 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    2015 16TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL INTELLIGENCE AND INFORMATICS (CINTI)   29 - 34   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We study the problem of analyzing indoor location estimation by statistical radial distribution model. In this study, we suppose the observed distance data between transmitter and receiver as a radial log-normal distribution. We estimate the subject's location using marginal likelihoods of radial log-normal distribution. To demonstrate the effectiveness of our method, we conducted two sets of experiments, assessing the accuracy of location estimation of static case and dynamic case. In static experiment, subject is stationary state in some places in the chamber. This experiment is able to measure the precise performance of proposed method. In dynamic experiment, subject is move around in the chamber. This experiment is able to measure the suitability for practical use of proposed method. As a result, our method shows high accuracy for the static case indoor spatial location estimation.

    Web of Science

    researchmap

  • 日本計算機統計学会第28回大会報告

    鎌倉 稔成

    計算機統計学   28 ( 1 )   93 - 101   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.28.1_93

    researchmap

  • 検索条件の共起性を用いた物件推薦アルゴリズムに関する研究

    大草 孝介, 阿部 興, 内藤 貴也, 山口 直人, 加田 拓磨, 黒田 淑恵, 佐藤 のぞみ, 日高 明日香, 森 健人, 鎌倉 稔成

    計算機統計学   28 ( 2 )   147 - 154   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    本報告は, 経営科学系研究部会連合協議会主催, 平成24年度データ解析コンペティションにおける本研究チームの報告内容をまとめたものである. 同コンペティションでは, 物件情報サイト上の顧客の行動履歴に対する解析を行い, 消費者が将来閲覧するであろう物件を予測するという課題が提供された.<br> この問題に際し, 本研究では顧客行動の中でも, ユーザの検索時の検索条件と, 実際に閲覧した物件の持つ条件の共起関係について重点を置いて解析を行い, ユーザが将来閲覧する物件の予測を行った. 結果として, 提案手法は単純に検索条件に基づいてリコメンドした場合に比べて, 高い予測精度を得ることに成功した.

    DOI: 10.20551/jscswabun.28.2_147

    CiNii Books

    researchmap

  • Indoor Location Estimation based on the Statistical Spatial Modeling and Radial Distributions 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2015, VOL II   835 - 840   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    We study the problem of analyzing indoor location estimation by statistical radial distribution model. In this study, we suppose the observed distance data between transmitter and receiver as a statistical radial distribution. The proposed method is based on the marginal likelihoods of radial distribution generated by positive distribution among the several transmitter radio sites placed in the room. To demonstrate the effectiveness of our method, we conducted two sets of experiments, assessing the accuracy of location estimation of static case and dynamic case. In static experiment, subject is stationary state in some places in the chamber. This experiment is able to measure the precise performance of proposed method. In dynamic experiment, subject is move around in the chamber. This experiment is able to measure the suitability for practical use of proposed method. As a result, our method shows high accuracy for the indoor spatial location estimation compared to other previous methods..

    Web of Science

    researchmap

  • Modulated Extended Cumulative Exposure Model with Application to the Step-Up Voltage Test 査読

    Takenori Sakumura, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2015, VOL I   1   255 - 260   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    The extended cumulative exposure model (ECEM) includes features of the cumulative exposure model (CEM) and the memoryless model (MM). These often used to express the failure probability model in step-stress accelerated life test (SSALT). The CEM is widely accepted in reliability fields because accumulation of fatigue is considered to be reasonable. The MM is also used in electrical engineering because accumulation of fatigue is not observed in some cases. The ECEM includes features of both models. However, this model is sometimes difficult to estimate their parameters. We propose here a modulated ECEM model based on the time-scale. A simulation study supports the applicability of the proposed model.

    Web of Science

    researchmap

  • Directional Data Analysis for Line Segments 査読

    Yoshitomo Akimoto, Takenori Sakumura, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2015, VOL II   2   770 - 775   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    We will derive the LM test statistic for the conditional von Mises distribution for detecting non-uniformity of line segments spread on the two dimensional plane, which has relatively high performance even for small samples as the extension of V-test to half circle. We illuminate the performance of this test by conducting simulation studies and also apply to Japanese active faults. Finally, we will propose a new non-hierarchical clustering method based on angular dispersions.

    Web of Science

    researchmap

  • Frontal view gait analysis using weighted center of gait silhouette based on the scale registration

    Isaka, W, Okusa, K, Kamakura, T

    Book of abstracts CFE-ERCIM 2014   104   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 7th International Conference of the ERCIM WG on Computational and Methodological Statistics (ERCIM 2014)  

    researchmap

  • Statistical analysis of human respiration based on complex signals with Doppler radar

    Akimoto, Y, Okusa, K, Kamakura, T

    Book of abstracts CFE-ERCIM 2014   105   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 7th International Conference of the ERCIM WG on Computational and Methodological Statistics (ERCIM 2014)  

    researchmap

  • Functional data analysis of running data by 3D-motion capture

    Sakumura, T, Akimoto, Y, Okusa, K, Kamakura, T

    Book of abstracts CFE-ERCIM 2014   105   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 7th International Conference of the ERCIM WG on Computational and Methodological Statistics (ERCIM 2014)  

    researchmap

  • Modified non-overlapping template matching test and proposal on setting template 査読

    Takeda, Y, Huzii, M, Watanabe, N, Kamakura, T

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   27 ( 1 )   49 - 60   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Computational Statistics  

    DOI: 10.5183/jjscs.1311001_208

    Web of Science

    researchmap

  • 振動を伴う状態変化過程のデータを用いた安定状態の推定 査読

    猪俣考史, 鎌倉稔成, 後藤順哉

    応用統計学   43 ( 1, 2 & 3 )   45 - 57   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Non-overlapping Template Matching Test における対立仮説の下での Template 数の分布について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生

    2014年度統計関連学会連合講演報告集   2014   214   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 野球における内野守備の適切なポジショニング

    小椋透, 鎌倉稔成

    2014年度統計関連学会連合大会講演報告集   321   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本統計学会  

    researchmap

  • Advantages of molding results in data analysis

    Yoshitomo Akimoto, Takemi Yanagimoto, Toshinari Kamakura

    Book of Abstracts: Compstat 2014   60   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 21st International Conference on Computational Statistics  

    researchmap

  • Statistical registration of frontal view gait silhouette with application to gait analysis 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Proceedings of COMPSTAT 2014   411 - 418   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The 21st International Conference on Computational Statistics  

    researchmap

  • Credibility level test of two paired binominal proportions for improving the McNemar test.

    Ogura,T, Kamakura,T, Yanagimoto,T

    XXVII International Biometric Conference   83   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Italian Region of the International Biometric Society  

    researchmap

  • Approximate testing for logistic regression parameters

    Toshinari Kamakura

    XXVII International Biometric Conference   54   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Italian Region of the International Biometric Society  

    researchmap

  • ランダムなエントリー時間を持つ生存関数の推定

    阿部興, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第28回大会論文集   28   23 - 26   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.28.0_23

    CiNii Books

    researchmap

  • 視覚化から造形化への転換による統計量の新しい表現形式の可能性

    秋元良友, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会第28回大会論文集   28   41 - 44   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.28.0_41

    CiNii Books

    researchmap

  • A Consistent Method of Estimation For The Three-Parameter Gamma Distribution 査読

    Hideki Nagatsuka, N. Balakrishnan, Toshinari Kamakura

    COMMUNICATIONS IN STATISTICS-THEORY AND METHODS   43 ( 18 )   3905 - 3926   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    For the three-parameter gamma distribution, it is known that the method of moments as well as the maximum likelihood method have difficulties such as non-existence in some range of the parameters, convergence problems, and large variability. For this reason, in this article, we propose a method of estimation based on a transformation involving order statistics from the sample. In this method, the estimates always exist uniquely over the entire parameter space, and the estimators also have consistency over the entire parameter space. The bias and mean squared error of the estimators are also examined by means of a Monte Carlo simulation study, and the empirical results show the small-sample superiority in addition to the desirable large sample properties.

    DOI: 10.1080/03610926.2012.714035

    Web of Science

    researchmap

  • 温度劣化モデルにおける試料の最適配分数(セッション6B 一般セッション)

    作村 建紀, 鎌倉 稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   28   213 - 216   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.28.0_213

    CiNii Books

    researchmap

  • アクセス遷移の傾向解析に基づくページ分類とそこから得られる知見について(<特集>データ解析事例)

    大草 孝介, 阿部 興, 乾 秀平, 五十嵐 悠貴, 岩井 佑二郎, 小林 千鶴, 辻村 朋大, 福元 啓祐, 呂 佳興, 吉江 勇人, 鎌倉 稔成

    計算機統計学   27 ( 2 )   81 - 93   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    e-コマースにおける顧客の行動履歴(アクセスログ)は,対象Webサイトに訪れた不特定多数の顧客行動を記録するという特性から,非常に大規模なデータである.そして,そこから顧客行動の傾向を把握することは,企業にとって非常に重要な問題である.本研究では,顧客行動のなかでも,商品の購入者・非購入者の行動傾向の違いに着目し,解析を行う.具体的には,商品の購入・非購入者の行動傾向に基づいたWebサイトの分類を動的に行い,顧客行動を予測することを目的とする.最初に,対象サイトのWebページを分類し,購入者・非購入者の行動傾向についてグラフモデルを用いて解析を行い,両者の違いについて議論を行う.次に,グラフモデルでの解析結果をもとに分類を再構成し,隠れマルコフモデルを用いて,顧客行動から商品購入予測が可能かどうかについて解析を行う.商品購入予測にあたっては,分類法やモデルの違いによってどのように予測精度が変わるかについて議論を行い,そこから得られる知見について考察を行う.

    DOI: 10.20551/jscswabun.27.2_81

    CiNii Books

    researchmap

  • Statistical recognition of aspiration presence 査読

    Shuhei Inui, Kosuke Okusa, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    Lecture Notes in Electrical Engineering   247   541 - 553   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    A study on the healthcare application is very important for the solitary death in aging society. Many previous works had been proposed a detection method of aspiration using the non-contact radar. But the works are only in subjects with sitting in a chair. We consider that user falls down in the state when he happen abnormal situation as daily life. In this study, we focus on the detection of "aspiration" or "apnea" for the lying position, because the final decision of the life or death is aspiration. As initial stage of the system, we propose the recognition method for the presence of aspiration with lying position under the low-disturbance environment from microwave Doppler signals by using support vector machine (SVM). © 2014 Springer Science+Business Media Dordrecht.

    DOI: 10.1007/978-94-007-6818-5_38

    Scopus

    researchmap

  • A study on gait parameter estimation stability for the frontal view gait video data based on simulation 査読

    K. Okusa, T. Kamakura

    IAENG TRANSACTIONS ON ENGINEERING SCIENCES   421 - 428   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. The video data filmed from the frontal view is difficult to analyze, because the subject getting close in to the camera, and data includes the scale-changing parameters (Barnich and Droogenbroeck 2009, Lee et al. 2008). To cope with this, Okusa et al. (2011) and Okusa & Kamakura (2012) proposed a registration for scales of moving object using the method of nonlinear least squares, but Okusa et al. (2011) and Okusa & Kamakura (2012) did not focus on the human leg swing. Okusa & Kamakura (2013c) focus on the gait analysis using arm and leg swing model with estimated parameters and application to the normal/abnormal gait analysis. However, their models have many of parameters, and it raise calculation cost and instability of parameter estimation. Okusa & Kamakura (2013a) focus on the calculation cost and parameter estimation stability. The performance of Okusa & Kamakura (2013a) model is able to speed up the parameter estimation. However, the problem of parameter estimation stability still remains to be solved. Okusa & Kamakura (2013b) proposed simplified gait model based on the Okusa & Kamakura (2013a)'s model, it settled stability of parameter estimation. In this article, we focus on the behavior of Okusa & Kamakura (2013b) model's parameters. We validate the Okusa & Kamakura (2013b)'s model from the stand point of stability of the parameter estimation based on the numerical simulation. As a result, Okusa & Kamakura (2013b)'s gait model is stable to estimate the arm swim amplitude, subjects walking speed, gait frequency. However, on the other hand, this model is difficult to estimate the phase parameters. This result indicates Okusa & Kamakura (2013b) model is difficult to apply for the frontal view gait authentication.

    Web of Science

    researchmap

  • Fast gait parameter estimation for frontal view gait video data based on the model selection and parameter optimization approach

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    IAENG International Journal of Applied Mathematics   43 ( 4 )   220 - 225   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. In this study, we focus on the human walking speed and amplitude of arm swing and leg swing, we estimate these parameters using the statistical registration and modeling on a video data. To demonstrate the effectiveness of our method, we apply our gait parameter estimation model for the human gait video data. As a result, our model is able to estimate the gait parameters by stably at low calculation cost.

    Scopus

    researchmap

  • Statistical Estimation for Fixation Points of Eye Movements

    Toshinari Kamakura, Kosuke Okusa

    The 8th International Conference on Multiple Comparison Procedures   39   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:University of Southampton, UK  

    researchmap

  • Human gait modeling and statistical registration for the frontal view gait data with application to the normal/abnormal gait analysis 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Lecture Notes in Electrical Engineering 247   525 - 539   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • 検索条件の共起関係に基づく物件推薦アルゴリズムに関する統計的研究

    大草孝介, 阿部興, 内藤貴也, 山口尚人, 加田拓磨, 黒田淑恵, 佐藤のぞみ, 日高明日香, 森健人, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第27回大会講演論文集   27   129 - 132   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.27.0_129

    CiNii Books

    researchmap

  • The exact finite-sample distribution of the median absolute deviation about the median of continuous random variables 査読

    Hideki Nagatsuka, Hiroshi Kawakami, Toshinari Kamakura, Hisashi Yamamoto

    STATISTICS & PROBABILITY LETTERS   83 ( 4 )   999 - 1005   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In this work, the exact finite-sample distribution of the median absolute deviation about the median (MAD) of continuous random variables is derived. The main results are used for providing exact confidence intervals for the scale parameter of a location-scale model, which are robust to the presence of outliers. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.spl.2012.12.023

    Web of Science

    researchmap

  • A consistent method of estimation for the three-parameter Weibull distribution 査読

    Hideki Nagatsuka, Toshinari Kamakura, N. Balakrishnan

    Computational Statistics and Data Analysis   58 ( 1 )   210 - 226   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    In this paper, we propose a new method for the estimation of parameters of the three-parameter Weibull distribution. The method is based on a data transformation, which avoids the problem of unbounded likelihood. In the proposed method, under mild conditions, the estimates always exist uniquely in the entire parameter space, and the estimators also have consistency over the entire parameter space. Through Monte Carlo simulations, we further show that the proposed method performs better than some existing methods in terms of bias and root mean squared error (RMSE). Finally, two examples based on real data sets are presented to illustrate the proposed method. © 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.csda.2012.09.005

    Scopus

    researchmap

  • Gait parameter and speed estimation from the frontal view gait video data based on the gait motion and spatial modeling

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    IAENG International Journal of Applied Mathematics   43 ( 1 )   37 - 44   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. In this study, we suppose that frontal view gait data as a mixing of scale changing, human movements and speed changing parameters. We estimate these parameters using the statistical registration and modeling on a video data. Our gait model is based on human gait structure and temporal-spatial relations between camera and subject. To demonstrate the effectiveness of our method, we conducted two sets of experiments, assessing the proposed method in gait analysis for young/elderly person and abnormal gait detection. In abnormal gait detection experiment, we apply K-nearestneighbor classifier, using the estimated parameters, to perform normal/abnormal gait detect, and present results from an experiment involving 120 subjects (young person), and 60 subjects (elderly person). As a result, our method shows high detection rate.

    Scopus

    researchmap

  • Dynamic Respiratory Modeling for Non-contact Live Monitoring by Particle Filter Approach 査読

    Kohei Yamamoto, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    14TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL INTELLIGENCE AND INFORMATICS (CINTI)   25 - 30   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Although a Doppler radar detects the respiratory motion in the non-contact way, there is a problem of the performance decrement in proportion to the distance between a radar and a human body due to the reduction of the reflected rate. A model-based method is proposed to evaluate the respiratory presence in such cases. This model expresses the chest-wall displacement. The expression is composed of the periodic function which has five parameters. This model has a new property that the inspiration and the expiration are given by each of the two independent parameters. Therefore the problem is solved by tracking the radar outputs using the particle filter framework. The experiment was carried out to the six subjects at the distance 3.25m. The result showed that there was the statistically significant difference between the evaluation value of the unattended state and that of the attended one. In addition, the estimated model was favorably compared with the reference data which was measured by the high-precision displacement sensor. Consequently, the efficacy of the proposed method for the long distance (&gt;3.00m) and that of the proposed respiratory model are established.

    Web of Science

    researchmap

  • Fast Frontal View Gait Authentication Based on the Statistical Registration and Human Gait Modeling 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING - WCE 2013, VOL I   1 ( ISSN: 2078-0958 (Print); ISSN: )   274 - 279   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. In this study, we suppose that frontal view gait data as a mixing of scale changing, human movements and speed changing parameters. We estimate these parameters using the statistical registration and modeling on a video data. To demonstrate the effectiveness of our method, we conducted experiment, assessing the proposed method for frontal view human gait authentication. We apply K-nearest-neighbor classifier, using the estimated parameters, to perform the human gait authentication, and present results from an experiment involving 120 subjects. As a result, our method shows high recognition rate and low calculation cost.

    Web of Science

    researchmap

  • モーションキャプチャを用いた長距離走選手の運動フォームのモデリングに関する統計的研究

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第26回シンポジウム講演論文集   26   35 - 38   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.26.0_35

    CiNii Books

    researchmap

  • 片側検定を用いたNon-overlapping Template Matching Testの改善とその応用

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    2012年度統計関連学会連合大会講演報告集   2012   321   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロジスティック回帰モデルにおけるFirth法による回帰パラメータ推定値の統計的検定法

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    2012年度統計関連学会連合大会講演報告集   2012   161   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モーションキャプチャシステムを用いた長距離走選手の運動特性解析に関する統計的研究

    大草孝介, 鎌倉稔成

    2012年度統計関連学会連合大会講演報告集   2012   241   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Statistical estimation of the accurate location based on the indoor positioning systems

    Toshinari Kamakura, Kosuke Okusa

    Book of Abstracts Compstat 2012   6   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The International Statistical Institute / International Association for Statistical Computing  

    researchmap

  • Statistical registration and modeling of frontal view gait data with application to the human recognition 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Proceedings of Compstat 2012   677 - 688   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The International Statistical Institute / International Association for Statistical Computing  

    researchmap

  • 移動体の大きさの変動を考慮した歩容解析のための動作パラメータ・移動速度変動の推定 査読

    大草孝介, 鎌倉稔成

    計算機統計学   24 ( 2 )   89 - 105   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    近年,映像データを用いた歩容研究が盛んに行われているが,その解析は撮影条件に依存しており,対象がカメラに正対して移動する場合,映像上で対象が拡大してくるために,歩行周期などの歩容に関するパラメータの特徴量推定が難しいという問題を抱える.この問題に際し,本論文では映像上の拡大成分の補正と,対象の動作モデルのパラメータ,移動速度変動を推定する手法について提案する.提案手法では,最初に対象の移動領域を抽出し,その外接矩形を推定する.次に,カメラと観測対象との関係を元に,非線形最小二乗法を用いて映像上の拡大成分,移動速度変動,動作モデルのパラメータについて推定を行う.検証として,カメラに正対して移動する人間の歩行データについてモデリングを行い,その評価においては,実際の歩行データに提案手法を適用し,その有効性を確認するとともに,そこから得られる知見についての考察を行う.

    DOI: 10.20551/jscswabun.24.2_89

    CiNii Books

    researchmap

  • 振動を伴う状態変化過程のデータを用いた安定状態の推定

    猪俣考史, 清水康晴, 鎌倉稔成

    応用統計学会2012年度年会講演予稿集   2012   7 - 10   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:応用統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 二項分布における厳密ベイズ検定の性能と実装

    小椋透, 柳本武美, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第26回大会講演論文集   26   119 - 120   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.26.0_119

    CiNii Books

    researchmap

  • アクセス遷移の傾向に関する分析とそこから得られる知見について

    大草孝介, 阿部興, 乾秀平, 五十嵐悠貴, 岩井佑二郎, 小林千鶴, 辻村朋大, 福元啓祐, 呂佳興, 吉江勇人, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第26回大会講演論文集   26   25 - 28   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.26.0_25

    CiNii Books

    researchmap

  • Statistical Disturbance Rejection of the Background Noise by Microwave Doppler Radar - Modelization of an Electric Fan Noise 査読

    Tomoo Tsujimura, Kosuke Okusa, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2012, VOL I   455 - 458   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    Recently, the study with microwave Doppler radar is paid attention to. Microwave Doppler radar is one of the non-contact sensor, and detects the action of objects. The study focused on indoor human behavior has been developed. However, disturbance environment that pet and electronic device are moving in the room is considered in real daily life. We considered that an oscillating electric fan is most difficult disturbance environment to discriminate from human breathing, because the frequency range of which each signature appears is similar. In this paper, we propose a method to simulate the moving of an oscillating electric fan based on the data obtained from microwave Doppler radar. Finally, we evaluate the modelization of the moving of an oscillating electric fan. We compare computer simulation with metering experiment by residual sum of squares. As a result, our model shows good performance.

    Web of Science

    researchmap

  • Human detection algorithm for Doppler radar using prediction error in autoregressive model 査読

    Masatoshi Sekine, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    2012 the 8th IEEE International Symposium on Instrumentation and Control Technology, ISICT 2012 - Proceedings   37 - 40   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Using a Doppler radar as a motion sensor is promising for monitoring human daily activities. Various detection algorithms for human activities and vital signs have been proposed
    however, most require a controlled environment and do not allow for the presence of moving objects in the sensing area. In actuality, motor-actuated appliances such as electric fans and heaters are often noise sources in homes. The velocities of such appliances overlap with those of a person and can cause a Doppler effect even without human presence. We resolve this issue in the current study by analyzing motion regularity. To detect the irregular motions that characterize a person's presence, we utilize the prediction errors from an autoregressive model. A performance evaluation of the proposed algorithm shows that high accuracy is achieved for human detection under disturbances caused by electric appliance motions. Moreover, our method outperforms the conventional frequency-based method that uses power spectra of the Doppler signal. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISICT.2012.6291657

    Scopus

    researchmap

  • Signal Source Classification Based on Independency Analysis of Doppler Signals 査読

    Kouhei Yamamoto, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2012, VOL I   482 - 487   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    Doppler radar can detect an object movement from a change of ratio reflection. In many cases, a radar with a single receiver could receive multiple reflections as a single mixed signal because of a variety of moving objects. Therefore, the source separation techniques are required to detect each object. In this paper, we extract the features from a mixed radar signal composed of two different period using Fourier analysis and independent component analysis (ICA). Then, we recognize the number of signal sources by using support vector machine (SVM) classifier. Performance evaluation results show that our approach can achieve a detection accuracy of 96.2%.

    Web of Science

    researchmap

  • Normal/Abnormal Gait Analysis based on the Statistical Registration and Modeling of the Frontal View Gait Data 査読

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2012, VOL I   443 - 448   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    We study the problem of analyzing and classifying frontal view gait video data. In this study, we suppose that frontal view gait data as a mixing of scale changing, human movements and speed changing parameters. We estimate these parameters using the statistical registration and modeling on a video data. Our gait model is based on human gait structure and temporal-spatial relations between camera and subject. To demonstrate the effectiveness of our method, we conducted two sets of experiments, assessing the proposed method in gait analysis for young/elderly person and abnormal gait detection. In abnormal gait detection experiment, we apply K-nearest neighbor classifier, using the estimated parameters, to perform normal/abnormal gait detect, and present results from an experiment involving 120 subjects (young person), and 60 subjects (elderly person). As a result, our method shows high detection rate.

    Web of Science

    researchmap

  • Recognizing Aspiration Presence using Model Parameter Classification from Microwave Doppler Signals 査読

    Shuhei Inui, Kosuke Okusa, Kurato Maeno, Toshinari Kanakura

    WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, WCECS 2012, VOL I   509 - 512   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INT ASSOC ENGINEERS-IAENG  

    A study on the healthcare application is very important for the solitary death in aging society. Many previous works had been proposed a detection method of aspiration using the non -contact radar. But the works are only in subjects with sitting in a chair. We consider that user falls down in the state when he happen abnormal situation as daily life.
    In this study, we focus on the detection of "aspiration" or "apnea" for the lying position, because the final decision of the life or death is aspiration. As initial stage of the system, we propose the recognition method for the presence of aspiration with lying position under the low-disturbance environment from microwave Doppler signals by using support vector machine (SVM).

    Web of Science

    researchmap

  • Feature selection for conditional random field based on the multivariate time series data with application to the activity recognition

    Tomoo Tsujimura, Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Proceedings of Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and the 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics   ( 25 )   107 - 110   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Korea Statistical Society and Japanese Society of Computational Statistics  

    Recently, a study which recognize human activity by acceleration and angular speed sensor have been actively done. Service deployment of these studies expands medical, sport, security and variable fields. In recognizing human activity, suport vector machine(SVM) is considered as one of best learning machine in many one which is known now, because SVM has high recognition accuracy and needs less computation time. But, SVM has a defect which issues with recognition of the outlier and missing value. Therefore, we focused on Conditional Random Field (CRF) which recognizes the activity while maximizing likelihood of the interval. CRF has been often used in the field such as natural language processing, and the data used in CRF is limited to one-dimensional and categorical data. In this paper, we form an opinion of a method which transfers multidimensional time series data to the data which can be analyzed by CRF and evaluate feature selection.

    CiNii Books

    researchmap

  • Statistical gait analysis based on the microwave Doppler sensor data

    Keisuke Fukumoto, Kousuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Proceedings of Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and the 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics   25   57 - 60   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Korea Statistical Society and Japanese Society of Computational Statistics  

    A study on the human gait is important in the fields of the biometrics study and the sports/health managements for planning optimal trainings. Gait analysis is mainly based on motion capture system and video data. However, from the standpoint of gait recognition, motion capture system is distant idea for biometrics. Video camera based approach is the realistic way. However, video camera is highly visible in the monitoring environment. If the subjects notice the camera system, subjects may change the behavior. In this study, we focusing on the doppler sensor based gait recognition. The purpose of this study is human gait modeling and parameter estimation based on the doppler sensor system.

    DOI: 10.20551/jscssymo.25.0_57

    CiNii Books

    researchmap

  • Statistical heartbeat pace estimation based on the microwave Doppler sensor data

    Shuei Inui, Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Proceedings of Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and the 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics   25   61 - 64   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Korea Statistical Society and Japanese Society of Computational Statistics  

    In recent years, the monitoring system for the elderly are increasing an interest because of the aging society. The non-contact sensors are attracted an attention because the system requires that daily life of user doesn't interfere. Many of these sensors (e.g. infrared sensor, sound sensor, Doppler sensor) has used in the system, especially a microwave Doppler sensor has the advantage against the noise, light and temperature than another sensors. In this paper, as perspective of monitoring for the elderly, we are focusing on the detection of heartbeat and respiration because human state of life or death is finally able to judge. As initial stage of the system, this paper proposes the detection method about the component of respiration and heartbeat under the low-disturbance environment using the microwave Doppler sonsor.

    DOI: 10.20551/jscssymo.25.0_61

    CiNii Books

    researchmap

  • ロジットモデルにおける回帰係数の小標本推測問題

    鎌倉稔成, 大倉征幸

    2011年度統計関連学会連合大会講演報告集   2011   291   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 片側検定を用いたNon-overlapping Template Matching Testの改善法について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生

    2011年度統計関連学会連合大会講演報告集   2011   237   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移動体の大きさに関するレジストレーションと動作パラメータ・移動速度変動の推定―歩容解析への応用

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第25回大会講演論文集   25   121 - 124   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscstaikai.25.0_121

    CiNii Books

    researchmap

  • 小標本かつ応答変数発現確率が高い場合のロジスティック回帰モデルにおける回帰パラメータの検定法 査読

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    応用統計学   40 ( 1 )   41 - 51   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用統計学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 動画像に基づく移動オブジェクトの大きさに関するレジストレーション ―歩行動画像への応用― 査読

    大草孝介, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    計算機統計学   23 ( 2 )   97 - 111   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    近年,ビデオカメラで撮影された映像データを用いた研究が盛んに行われている.なかでも映像中で観測対象が移動する場合の解析手法については,認証技術や人間の運動評価などへの応用が活発に行われている.しかしながら,これらの解析は撮影条件に依存しており,観測対象がカメラと正対して移動する場合の解析は,映像上で対象が拡大してくるために分析が難しい.本論文ではそのような撮影条件における映像上の拡大成分の補正法を提案し,応用例として実際に人間の歩行動作の解析を行う.提案手法では最初に,撮影された映像からフレーム間差分画像を作成し,観測対象の抽出を行う.次に,カメラと観測対象との関係式を元に,統計的手法を用いて拡大成分の補正を行う.提案手法の評価においては,実際にカメラに正対して接近してくる人間の歩行データに提案手法を適用し,撮影状況における補正結果の変化や,被験者間の結果の違いなどについて検証を行い,提案手法についての考察を行った.

    DOI: 10.20551/jscswabun.23.2_97

    CiNii Books

    researchmap

  • Localization algorithm in the indoor environment based on the ToA data 査読

    Taishi Watabe, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2010, Program and Abstracts   243   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • An application of the sound recognition technique to the human action acknowledgement 査読

    Itsuki Uemizo, Kousuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2010, Program and Abstracts   239   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • Testing the slope parameter for the logistic model in the case of high or low success probabilities 査読

    Toshinari Kamakura, Masayuki Ohkura

    Australian statistical conference 2010, Program and Abstracts   131   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • Method of multiple imputation for canonical correlation analysis with missing observations 査読

    Toru Ogura, Shin-ichi Tsukada, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2010, Program and Abstracts   183   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • Statistical classification algorithm for infrasonic frequency multivariate time-series data with application to human activity recognition 査読

    Kouske Okusa, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2010, Program and Abstracts   184   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • A study on cluster analysis for order-restricted data with application to episodic memory data analysis 査読

    Tokiko Shimizu, Toru Ogura, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2010, Program and Abstracts   222   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Statistical Society of Australia Inc.  

    researchmap

  • A saddlepoint approximation to the limiting distribution of a k-sample Baumgartner statistic 査読

    Murakami, H, Kamakura, T, Taniguchi, M

    Journal of the Japan Statistical Society   39 ( 2 )   133 - 141   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Statistical Society  

    researchmap

  • A saddlepoint approximation to a nonparametric test for ordered alternatives 査読

    Murakami, H, Kamakura, T

    Journal of the Japan Statistical Society   39 ( 2 )   143 - 153   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Statistical Society  

    CiNii Research

    researchmap

  • 再発事象の変化点の検出のための近似分布を用いた検定法 査読

    西島啓二, 鎌倉稔成

    計算機統計学   22 ( 1 )   23 - 34   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    本研究では,再発事象の発現が定常ポアソン過程に従うと仮定し,再発事象の発現頻度が変化する点(変化点)の存在に関する仮説検定を考え,検定統計量の帰無分布について考察した.再発事象がn件発現した場合の検定統計量の帰無分布は,互いに独立でないn-2個の自由度1のカイ2乗分布(χ^2_1分布)の最大値の分布で与えられる.しかしながら,その分布を導出することは難しいため,帰無分布の下界及び上界が,それぞれ,独立なn-2個のχ^2_1分布の最大値の分布及びχ^2_1分布で与えられることを理論的に示し,下界及び上界を用いた線形結合により,帰無分布を近似することを検討した.本研究で導出した下界及び上界を用いた近似は,必ずしも近似が十分でないこともあることから,さらに,経験分布関数による近似について検討した.シミュレーション研究の結果,検定統計量の帰無分布は,発現件数nに応じたガンマ分布による近似が可能であると考えられ,ガンマ分布のパラメータを,発現件数nに基づき決定する回帰式を求めた.このガンマ分布を用いた経験分布による近似は,全ての領域で帰無分布の良い近似を与え,また,検定における第1種の過誤確率を名目の有意水準に保つ観点からも,下界及び上界を用いた近似に比べて,帰無分布の良い近似を与えることがわかった.

    DOI: 10.20551/jscswabun.22.1_23

    CiNii Books

    researchmap

  • 認知神経科学に必要な統計学の知識

    鎌倉稔成

    認知神経科学   11 ( 3,4 )   213 - 219   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:認知神経科学会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2010102298

  • Improving Bayesian estimation of the end point of a distribution 査読

    Minoda,Y, Kamakura, T, Yanagimoto, T

    Journal of the Japanese Society of Computational Statistics   22 ( 1 )   79 - 91   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Computational Statistics  

    Bayesian estimation of the end point of a distribution is proposed and examined. For this problem, it is well known that the maximum likelihood method does not work well. By modifying the prior density in Hall and Wang (2005) and applying marginal inference, we derive estimators superior to existing ones. The proposed estimators are closely related to the estimating functions which are known to outperform maximum likelihood equations. Another advantage of the proposed method is to resolve the convergence problem. Our simulation results strongly support the superiority of the proposed estimators over the existing ones under the mean squared error. Illustrative examples are also given.

    DOI: 10.5183/jjscs.22.1_79

    CiNii Books

    researchmap

  • 感性への統計的アプローチ -多数の事例・少数の事

    鎌倉 稔成

    電子情報通信学会誌 92巻11号   92 ( 11 )   920 - 922   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 企業の情報セキュリティ対策におけるモチベーションの構造に関する考察 査読

    菅野泰子, 寺田真敏, 山田安秀, 鎌倉稔成, 土居範久

    情報処理学会論文誌   50 ( 9 )   2193 - 2206   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 高信頼度システムにおける寿命分布の裾確率の推定

    鎌倉稔成

    信頼性   31 ( 6 )   256 - 261   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    信頼性工学が対象とするシステムが高信頼度化し,それに伴い,寿命分布の裾確率を精度高く推定することが困難な状態となっている.本稿では,シミュレーション技法の1つである,インポータンス・サンプリングを用いて,擬似的確率分布のもとでデータを発生して,推定精度を上げる方法について論述する.電車や航空機などの輸送システムのカタストロフィックな事故,原子炉の放射の漏れ,金融危機,セキュリティシステムの機能不全等は事象の生起として,レアー・イベントとして定義され,様々な研究がなされている.こうしたレアー・イベントのシミュレーションとしてインポータンス・サンプリングが有効であることが知られている.ここでは,確率分布の裾確率の推定問題を扱い,その推定量の精度評価において重要な役割を持つ分散の推定量について,対象とする(仮定する)確率分布をバイアス関数によってひずませてからサンプリングすることにより,より小さな値をとることが可能である(精度が高い)ことを例証する.また,高信頼度システムの寿命分布特性の精度評価に十分に価値のあるシミュレーション技法であることを論究する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Detecting ordered alternatives with FDR 査読

    Tanaka, Tetsuya, Murakami, Hidetoshi, Kamakura, Toshinari

    The 6th International Conference on Multiple Comparison Procedures   41   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The International MCP Conference  

    researchmap

  • Issues on multiplicity for detection of change point about Poisson intensity 査読

    Nishijima, Keiji, Kamakura, Toshinari

    The 6th International Conference on Multiple Comparison Procedures   94   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The International MCP Conference  

    researchmap

  • An Efficient Bayesian Estimation of Ordered Parameters of Two Exponential Distributions. 査読

    Hideki Nagatsuka, Toshinari Kamakura, Tsunenori Ishioka

    IEICE Trans. Fundam. Electron. Commun. Comput. Sci.   92-A ( 7 )   1608 - 1614   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1587/transfun.E92.A.1608

    researchmap

  • A simple and accurate estimation of ordered means ofexponential distributions using Bayesian approach

    Nagatsuka, H, Kamakura, T, Ishioka, T

    Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational & Data Analysis   1212 - 1220   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IASC2008 International Organizing Committee  

    researchmap

  • Improving Bayesian estimation of the end point of a distribution

    Minoda, Y, Kamakura, T, Yanagimoto, T

    Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of the IASC on Computational & Data Analysis   1153 - 1158   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IASC2008 International Organizing Committee  

    researchmap

  • W変換を用いたガンマ分布における形状母数の位置母数構造に依存しない推定法 査読

    長塚豪己, 山本久志, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌「信頼性」   30 ( 8 )   713 - 726   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    位置母数を含まない2母数ガンマ分布の推定については,推定法が確立されている.一方,位置母数を含む場合には,モデルとしての柔軟性は増すがその推定は困難になる.よって,ガンマ分布を仮定しうるデータの解析においては,位置母数を含まないことが既知の場合はもちろん,位置母数を含むかどうか判断し難い場合も2母数ガンマ分布をあてはめて推定を行った方がよい場合があり,実際多くのケースで行われている.しかし,真の位置母数が0から離れている場合にはその分あてはまりが悪くなるという問題が生じる.そのような問題に対し,位置母数の存在の有無に関係なく母数を推定できることの意味は大きい.本稿では,位置母数を含むかどうかに依存しない新たな推定法を提案する.さらに,数値実験により,位置母数を含んでいるのかどうか判断し難い状況における提案法の適用が有効であることを示す.最後に,実データを用いて位置及び尺度母数の推定も含めた推定例を示す.

    CiNii Books

    researchmap

  • ガンマ分布の形状母数推定方法に関する研究 査読

    長塚豪己, 山本久志, 鎌倉稔成

    信頼性   30 ( 8 )   713 - 726   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11221/jima.58.342

    researchmap

  • 時間依存性共変量を考慮した再発事象モデルのパラメータ推定精度 査読

    西島啓二, 鎌倉稔成

    計算機統計学   19 ( 2 )   103 - 126   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    本研究では,異なる2つの薬剤を比較する調査や研究において,再発事象の正確な発現時間データの収集が困難な場合を想定し時間依存性共変量を伴う再発事象データを区間ごとの再発回数データとして収集し,周辺尤度あるいは全尤度に基づき解析する場合の薬剤効果を表すパラメータの推定における効率について検討した.時間依存性共変量が観測される時点は1時点とし治療期間を2つまたは3つの区間に分割することとした.治療期間を2分割する場合では,周辺尤度に基づく研究から,時間依存性共変量が観測される時点を分割点とすることでバイアスをほとんど伴わない推定が行え,パラメータ推定の効率が最も高くなることが示唆された.治療期間を3分割する場合については,時間依存性共変量が治療期間の中央で観測されるデザインに限定し治療期間前半を2等分する場合,治療期間後半を2等分する場合,治療期間を3等分する場合(周辺尤度の場合)の各分割方法における効率の比較を行った.その結果,全尤度及び周辺尤度のいずれにおいても,時間依存性共変量が観測される時点を分割点に含む治療期間前半を2等分する分割方法で効率が高くなることが示唆された.

    DOI: 10.20551/jscswabun.19.2_103

    CiNii Books

    researchmap

  • ガンマ分布の形状母数推定法に関する研究

    長塚豪己, 山本久志, 鎌倉稔成

    日本経営工学論文誌   58 ( 5 )   342 - 352   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本経営工学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 精確ロジスティック回帰の近似推定量 査読

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    応用統計学   36 ( 2&3 )   87 - 98   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用統計学会  

    ロジスティック回帰モデルを利用する際,最尤法によりパラメータ推定を行うのが一般的である.しかし,最尤推定量は完全分離または準完全分離の場合に存在しないことが知られている.また,発現確率が極端に小さい(または大きい)場合やパラメータ数に比べて標本サイズが小さい場合も妥当でないことが知られている.このような状況において,精確ロジスティック回帰推定法が有用であると言われている.しかし,すべての統計ソフトで精確ロジスティック回帰推定法を実施できるわけではない.Firth(1993)は最尤推定量のバイアスを取り除く方法を提案したが,完全分離または準完全分離に近い状態での検証は十分行われていない.本報告の目的は,完全分離または準完全分離に近い状態において,最尤推定値またはFirth法推定値を精確ロジスティック回帰推定値に近似する方法を検討することである.また,パラメータ推定の改善のためのデータ構造に関する近似法をシミュレーションにより検討する.尤度関数をTaylor展開することにより,最尤推定値またはFirth法推定値を精確ロジスティック回帰推定値に近似することが可能であることが分かった.さらに,最尤推定値はデータ構造を考慮することにより,近似の精度の改善が可能であることを示した.

    DOI: 10.5023/jappstat.36.87

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00305013514?from=CiNii

  • Parameter estimation of the shape parameter of the gamma distribution free from location and scale information 査読

    Hideki Nagatsuka, Hisashi Yamamoto, Toshinari Kamakura

    Proceedings of the 2nd Asian International Workshop on Advanced Reliability Modeling   626 - 633   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 暗号に用いる乱数の統計的検定 査読

    藤井光昭, 竹田裕一, 渡辺則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    日本統計学会誌   35 ( 2 )   181 - 200   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    電子社会における安全な信号の送信のために暗号を用いることの重要度が増し,暗号理論において解読困難な暗号の作成方法が情報工学の分野等では活発に論じられてきている.そのなかの暗号の作成方法の一つとして,乱数を用いる方法がある.筆者らは中央大学でのCOEの関連プロジェクトに参加する機会を得,解読困難な暗号作成のためにどのような乱数を用いるべきであるか,そのための統計的検定法の研究を分担している.この活動を通じて筆者らが初めて知ったことは,この分野においては米国の政府機関NIST(National Institute of Standards and Technology)のSpecial PublicationのRukhin et al.(2000)で提案されている乱数のための16の統計的検定法があり,これがよく用いられていることである(情報処理振興事業協会セキュリティセンター(2003)).一方ではこれを用いたところの問題点等の指摘も非公式ではあるがなされている.筆者らは統計学の立場からこれらの統計的検定法について検討を加え,もう少しこれらを整理できないものかと考え,研究を進めている.ここでは,これらの統計的検定法の中には統計学の研究者にはあまりなじみのないものもあり,あまり知られていないものもあると考えられるので,まずこれらの紹介を簡単に行い,問題点の指摘,相関と解読可能性,Binary Matrix Rank Test, Template Test等に関して筆者らの加えたいくつかの検討結果を示すことにする.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10823047

  • Computational Methods in Survival Analysis 査読

    T. Kamakura

    Handbook of Computational Statistics   767 - 785   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg New York  

    researchmap

  • Parameter estimation of the shape parameter of the Castillo-Hadi model 査読

    H Nagatsuka, T Kamakura

    COMMUNICATIONS IN STATISTICS-THEORY AND METHODS   33 ( 1 )   15 - 27   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MARCEL DEKKER INC  

    In Castillo and Hadi [Castillo, E., Hadi, A. S. (1995). Modeling lifetime data with application to fatigue models. J. Amer. Statist. Assoc. 90:1041-1054], a new model for the analysis of lifetime data in the presence of a covariate is presented. The model is derived based on physical and statistical considerations. In this article, we focus on estimation of the power parameter of this model, and propose the new methods for estimation based on the location-scale-free transformation.

    DOI: 10.1081/STA-120026574

    Web of Science

    researchmap

  • ワイブル分布の形状母数推定の新方法 査読

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    信頼性   25 ( 6 )   583 - 597   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    researchmap

  • Functional data analysis of motion trace images 査読

    Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute 54th Session, Contributed Papers Volume LX, Book 1   576 - 577   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Statistical Institute  

    researchmap

  • Parameter estimation of shape parameter for Weibull distribution free from location information 査読

    Nagatsuka, H, Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute 54th Session, Cotributed Papers Volume LX, Book 2   125 - 126   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Internatioal Statistical Institute  

    researchmap

  • Visualization and modeling of the data set in the inhomogeneous structure

    Kamakura, T

    Proceedings of the 4th ARS Conference of the ISC   47 - 50   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IASC  

    researchmap

  • A study on the spatial distribution of convenience stores in the Tokyo metropolitan area 査読

    Kamakura, T

    Proceedings of the Conference Compstat 2002   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer-Verlag Company COMPSTAT  

    researchmap

  • The comparing Bayesian estimators with ML estimators under order restrictions

    Nagatsuka, H, Kamakura, T

    Proceedings of the Conference Compstat 2002   CD-ROM edition   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer-Verlag Company COMPSTAT  

    researchmap

  • Bayesian image restoration via varying neighborhood structure 査読

    Nittono, K, Kamakura, T

    Journal of Japan Society of Computational Statistics   14 ( 1 )   31 - 47   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Computational Statistics  

    A modified method for Bayesian image restoration using varying neighborhood structure is proposed. The method reduces computational burden for yielding a restored image due to the dynamical change of structural forms of neighborhood, which should be iteratively and adaptively composed through the process of the restoration calculation. Although, in practice, the results of restoration generally depend on given data, our simulation results show that the method is effective for some given gray-scale images with moderate additive Gaussian noise.

    DOI: 10.5183/jjscs1988.14.31

    researchmap

  • On the use of particle filters for bayesian image restoration 査読

    K Nittono, T Kamakura

    COMPSTAT 2002: PROCEEDINGS IN COMPUTATIONAL STATISTICS   473 - 478   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PHYSICA-VERLAG GMBH & CO  

    Web of Science

    researchmap

  • アルツハイマー病患者と健常者の色名の認知地図 査読

    御園生香, 武田克彦, 鎌倉稔成, 山門実

    神経心理学   17 ( 7 )   234 - 240   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Bayesian inference under order restrictions for lifetime distributions.

    Nagatsuka, H, Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute, Contributed Papers   1   443 - 444   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Statistical modellings of massive data and their problems in data mining.

    Kamakura, T

    The 2nd International Symposium on Business and Industrial Statistics, Proceedings of ISIS2: Invited Papers   1   65 - 70   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimation of the density ratio of two distributions

    Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute, Contributed Papers   1   497 - 498   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A study on the distribution of the two-dimensional line segments observed through a bounded window

    Kamakura,T

    Proceedings in Computaitional Statistics 13th Sympojium   45 - 46   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Classification of Regression Lines

    Kamakura,T

    Bulletin of the International Statistical Institute   2   105 - 106   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Contributed Papers  

    researchmap

  • A Bayesian Image Restoration Method Using Varying Neighborhood Structure

    Nittono, K, Kamakura,T

    Bulletin of the International Statistical Institute   3   29 - 30   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Contributed Papers  

    researchmap

  • Trend analysis of the asthma attacks and an investigation into its relationship with meteorological factors

    Kamakura,T, Suzuki,S, Murayama,K, Ito,S, A, Takashima,H Editors, M.Shibata, M.Iriki, K.Kanosue, Y.Inaba

    1998 Int. Symp. On Human Biometeorology   6 - 9   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Yamanashi Institute of Environmental Sciences  

    researchmap

  • Inference about inconsistency in the analytic hierarchy process

    Kamakura,T

    Proceedings in Computaitional Statistics 13th Symposium   55 - 56   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A study on the likelihood of the stratified model and estimation of the common parameter 査読

    Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute, Contributed papers, 51th Session   2   301 - 302   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Statistical Institute 51th Session  

    researchmap

  • Trend analysis of multiple counting processes 査読

    T Kamakura

    LIFETIME DATA: MODELS IN RELIABILITY AND SURVIVAL ANALYSIS   149 - 156   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    We deal with the problem of the inference on the trend parameter that is common to multiple independent processes with different base-line intensities assuming nonhomogeneous Poisson processes. Two parametric intensity models are well investigated with focus on bias reduction and conditional inference. We present the theorem for conditional inference on the trend parameter.

    Web of Science

    researchmap

  • Multiple comparison among groups of growth curves 査読

    T. Kamakura, T. Takizawa

    Environmental Health Perspectives   102 ( 1 )   39 - 42   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Public Health Services, US Dept of Health and Human Services  

    The problem of comparing a sequence of independent experiments divided into several groups with a control is discussed under the logistic growth-curve models. We propose a method for constructing multiple testing procedures using the closed testing procedures and the random-effect model for summarizing estimated values of parameters.

    DOI: 10.1289/ehp.94102s139

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Inference on the parameters of statistical reliability models for software 査読

    Kamakura, T

    Bulletin of the International Statistical Institute, Contributed Papers, 49th Session   2   47 - 48   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Statistical Institute 49th Session  

    researchmap

  • Effect of Stratification of the estimates of common odds ratios

    Kamakura, T

    IBC XVI Proceedings   90   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 16th International Biometric Conference  

    researchmap

  • 海外の統計ソフトウェアの現状(<特集>品質管理のためのソフトウェア : データ解析ソフトウェアを中心に : Vol.22, No.2続)

    鎌倉 稔成, 椿 広計, 中野 純司

    品質   22 ( 4 )   96 - 102   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本品質管理学会  

    researchmap

  • 血液疾患、アレルギー疾患、リウマチ性疾患等の症状発現と気候条件 査読

    中島一格, 鈴木修二, 鎌倉稔成, 宮本昭正

    日本生気象学会誌   29   115 - 120   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生気象学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 信頼度成長の統計モデルとそのパラメータの推測

    鎌倉稔成

    中央大学理工学部紀要   34 ( 34 )   181 - 193   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • MARKERS OF ADVERSE DRUG-REACTIONS IN MEDICATION HISTORIES - AN ANALYSIS OF INHALED STEROID UTILIZATION 査読

    H PETRI, F KESSELS, T KAMAKURA

    PHARMACEUTISCH WEEKBLAD-SCIENTIFIC EDITION   13 ( 2 )   97 - 101   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL DUTCH ASSOC ADVANCEMENT PHARMACY  

    Prescription sequence analysis is based on the observation that a subset of adverse drug reactions are themselves indications for the prescription of another drug. We propose an approach to the analysis of clustering of prescriptions in medication histories that contain records of a presumed side-effect-causing drug A and a side-effect-alleviating drug B. This set of histories with records of both A and B is analysed in a logistic regression model that considers the start of B against exposure and non-exposure of A, stratified on the level of the individual histories. A correction is presented for the periods of B use, during which a new start of B cannot occur. Prescription sequence analysis is demonstrated with a set of histories of use of inhaled steroids (A) and topical oral anticandida drugs (B). A can cause oral candidiasis, B is therapy for this condition. An odds ratio of 1.43 was found for the association of A use and the initiation of therapy with B.

    Web of Science

    researchmap

  • Estimating and testing Weibull means based on the method of moments

    Kamakura, T, Yanagimoto, T

    Department of Statistics, Technical Report   ( 266 )   1989年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Stanford University  

    researchmap

  • Logistic regression models for markers of drug effect in medication histories

    Petri, H, Kamakura, T

    Devision of Biostatistics, Technical Report   ( 132 )   1989年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Stanford University  

    researchmap

  • CORRELATION BETWEEN THE ATMOSPHERIC CONDITIONS AND THE ASTHMATIC SYMPTOM - AN ANALYSIS BY A POINT PROCESS MODEL FOR RECORDS OF ADULT AND CHILD PATIENTS IN 3 CITIES 査読

    S SUZUKI, T KAMAKURA, K TADOKORO, F TAKEUCHI, Y YUKIYAMA, T MIYAMOTO

    INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY   32 ( 2 )   129 - 133   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    Web of Science

    researchmap

  • On the maximum-likelihood estimation from two-sided interval censored data

    Kamakura, T

    First IASC World Conference on Computational Statistics and Data Analysis   244 - 251   1987年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IASC  

    researchmap

  • 2次元データ解析における箱型図の利用

    鎌倉稔成

    統計教育リポート   1 ( 2 )   33 - 41   1987年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計教育研究会  

    researchmap

  • Estimation of hazard function by adaptive kernels

    Kamakura, T

    The Second Pacific Area Statistical Conference: Recent Development in Statistical Theory and Data Analysis   101 - 105   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Pasific Area Statistical Conference  

    researchmap

  • Parameter estimation from Interval censored data

    Kamakura, T, Ohno, Y

    Bull. Facul. Sci. & Eng. Chuo University   29 ( 29 )   429 - 436   1986年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Chuo University  

    CiNii Books

    researchmap

  • 気管支喘息症状の頻度に対する気圧配置の急性影響 査読

    鈴木修二, 田所憲治, 行山康, 竹内二士夫, 宮本昭正, 鎌倉稔成

    日温気物医誌   49 ( 3 )   139 - 149   1986年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本温泉気候物理医学会  

    Records on every 6 hour symptom were kept for the period from July 15 through November 30, 1983 by 19, 19 and 26 patients who were outpatients at the Sapporo Civil Hospital, the University of Tokyo Hospital and the University of Ryukyu Hospital. Every 6 hour fluctuations in percentage of asthmatic symptoms were calculated from these records.<br>Meteorological conditions prevailing each city were classified into 9 patterns, i. e., west-high-east-low pattern, north-high pattern, south-high-north-low pattern, east-high-west-low pattern, ridge pattern, trough pattern (east-west), migratory anticyclone pattern, trough pattern (south-north) and tropical depression pattern.<br>An asthma frequency (AF)in days under a certain type of meteorological conditions was compared with that in all the other days. Asthmatic symptoms were more frequent in the days under west-high-east-low pattern and those under migratory anticyclone pattern were also higher. An AF in days under south-high-north-low pattern and that in days under trough pattern (east-west) were lower.<br>Most of days under west-high-east-low pattern were in late autumn in each of the 3 cities. The temperature of the days in Tokyo under this pattern were lower than the control days which belonged to the same period. Days under migratory anticyclone pattern were in the whole period of this study in Sapporo, in autumn in Tokyo and Naha. The temperature of these days in Sapporo and Tokyo was significantly lower than those of the control days.<br>Most of days under south-high-north-low pattern were in summer in each of the 3 cities. The temperature of the days in Tokyo under this pattern was significantly higher than those of the controls. Days under trough pattern (east-west) were from late summer to autumn in Naha. There was no difference in the temperature between the days under this pattern and the control days.<br>In summary, some of meteorological conditions had acute effects on asthma frequencies. When significant differences were observed in the temperature, it was lower (higher) in the days under a meteorological condition, under which the asthma frequency was high (low), than in the control days which belonged to the same period.

    DOI: 10.11390/onki1962.49.139

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00171214589?from=CiNii

  • Experiences in analyzing survival data with some remarks 査読

    Yanagimoto, T, Kamakura, T

    Statistical Method in Cancer Epidemiology   153 - 157   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Radiation Effect Research Foundation  

    researchmap

  • 気候と疾患 査読

    宮本昭正, 鈴木修二, 行山康, 田所憲治, 竹内二士夫, 鎌倉稔成

    日温気物医誌   49 ( 3 )   11 - 19   1985年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本温泉気候物理医学会  

    DOI: 10.11390/onki1962.49.11

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00170747781?from=CiNii

  • 生存時間分析とベイズモデル 査読

    鎌倉稔成

    統計数理   33 ( 1 )   31 - 35   1985年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    researchmap

  • POINT PROCESS MODELS IN ASTHMA ATTACKS FOR ASSESSING ENVIRONMENTAL RISK-FACTORS 査読

    T KAMAKURA, T YANAGIMOTO

    ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES   63 ( NOV )   203 - 210   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:US DEPT HEALTH HUMAN SERVICES PUBLIC HEALTH SERVICE  

    Web of Science

    researchmap

  • Discrimination among monotone decreasing curves by the proportional hazard model

    Kamakura, T, Yanagimoto, T

    IBC XII Proceedings   72   1984年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 12th International Biometric Conference  

    researchmap

  • The role of the generalized full likelihood in the proportional hazard model

    Yanagimoto, T, Kamakura, T

    IBC XII Proceedings   71   1984年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The 12th International Biometric Conference  

    researchmap

  • 比例ハザードモデルのパラメータの推定量の比較 査読

    鎌倉稔成, 柳本武美

    統計数理研究所彙報   32 ( 1 )   35 - 43   1984年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • THE MAXIMUM FULL AND PARTIAL LIKELIHOOD ESTIMATORS IN THE PROPORTIONAL HAZARD MODEL 査読

    T YANAGIMOTO, T KAMAKURA

    ANNALS OF THE INSTITUTE OF STATISTICAL MATHEMATICS   36 ( 3 )   363 - 373   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    Web of Science

    researchmap

  • Construction of stochastic failure model with application to data for pain relief

    Kamakura, T, Yanagimoto, T, Yoshida, M

    Bulletin fo the Biometric Society of Jpan   4   110 - 120   1983年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Biometric Society of Japan  

    researchmap

  • 確率的死亡モデルとその応用 査読

    柳本武美, 鎌倉稔成

    統計数理研究所彙報   31 ( 2 )   107 - 115   1983年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • EVALUATION OF THE REGRESSION PARAMETER ESTIMATORS IN THE PROPORTIONAL HAZARD MODEL 査読

    T KAMAKURA, T YANAGIMOTO

    BIOMETRIKA   70 ( 2 )   530 - 533   1983年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMETRIKA TRUST  

    Web of Science

    researchmap

  • 発癌性を評価するモデルと適用例 査読

    柳本武美, 鎌倉稔成

    統計数理研究所彙報   29 ( 1 )   11 - 23   1981年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    researchmap

  • 信頼性試験における寿命試験抜取方式とパラメータ推定 査読

    鎌倉稔成

    統計数理研究所彙報   29 ( 1 )   25 - 35   1981年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    記事分類: 管理工学 ; 数学--確率論・数理統計学

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/2330306

  • 要求される信頼度を持つ直列システム構成のための母集団選択手法 査読

    鎌倉稔成

    応用統計学   9 ( 2 )   83 - 94   1980年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:応用統計学研究会  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 統計科学百科事典

    日本統計学会編集委員長, 鎌倉稔成( 担当: 編集)

    丸善出版  2018年12月  ( ISBN:9784621303108

     詳細を見る

    総ページ数:2130   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 理工系のための統計入門 (事例でわかる統計シリーズ)

    景山三平監修, 鎌倉稔成, 神保雅一, 武田裕一著( 担当: 共著)

    実教出版  2016年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:198   担当ページ:62   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 理工系のための統計入門

    鎌倉, 稔成, 神保, 雅一, 竹田, 裕一, 景山, 三平

    実教出版  2016年10月  ( ISBN:9784407337242

     詳細を見る

    総ページ数:198p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 統計学ガイダンス

    日本統計学会, 数学セミナー編集部( 担当: 編集)

    日本評論社  2014年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:140   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Computational Methods in Survival Analysis

    T. Kamakura|rn|Handbook of, Compu, a, i, atistics (Seco, Edition( 担当: 共著)

    Springer  2012年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:1192   担当ページ:807-824   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 歯科臨床研究の統計ガイド

    鎌倉稔成, 総監修, 社団法人日本補綴歯科学会編集( 担当: 単著 範囲: 監修)

    医歯薬出版  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 生存時間・再発事象分析:理論と応用(21世紀の統計学:自然・生物・健康の統計科学 国友直人・山本拓監修,小西貞則・国友直人編)

    鎌倉稔成( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2008年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:358   担当ページ:61-88   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 統計データ科学事典

    杉山高一, 藤越康祝, 杉浦成昭, 国友直人編( 担当: 単著)

    朝倉書店  2007年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:774   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • クォリティマネジメント用語辞典

    吉沢 正編( 担当: 単著)

    日本規格協会  2004年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:678   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • データサイエンス入門

    間瀬茂, 神保雅一, 鎌倉稔成, 金藤浩司( 担当: 単著)

    数理工学社  2004年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:254   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 統計解析環境XploRe

    垂水共之監訳, 鎌倉稔成, 森裕一, 中野純司, 山本義郎, 宿久洋( 担当: 単著)

    共立出版社  2003年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:460   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 信頼性ハンドブック第1章、ロシア語用語分担執筆

    鎌倉稔成, 日本信頼性学会編( 担当: 単著)

    日科技連出版社  1997年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:19-21,1214-1227   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • LISP-STAT、全文428頁のうち3章、4章担当

    垂水共之, 鎌倉稔成, 林篤裕, 奥村晴彦, 水田正弘( 担当: 単著)

    共立出版  1996年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:79-166   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 医学統計学ハンドブック、全718頁のうち第8章分担執筆

    鎌倉稔成, 宮原英夫, 丹後俊郎編( 担当: 単著)

    朝倉書店  1995年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:206-223   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「接着結合系の信頼性技術」全414ページのうち7章(pp. 381-408)

    野中保雄編( 担当: 単著)

    日科技連出版社  1992年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「寿命データの解析」全602ページのうち,7章,8章,9章(pp. 229-400)

    奥野忠一監訳, 柴田義貞, 藤野和建共訳( 担当: 単著)

    日科技連出版社  1988年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 周波数解析を用いた振動データにおける未知の異常の検出

    木下慶紀, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   36th   2022年

     詳細を見る

  • 機械学習に基づく歯車装置における偏荷重状態の推定

    田辺総一郎, 藤井亮浩, 鎌倉稔成, 戸井武司

    日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集   2022   2022年

     詳細を見る

  • 振動データの異常度合に基づく歯車装置の偏荷重推定精度の向上

    田辺総一郎, 藤井亮浩, 鎌倉稔成, 戸井武司

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   36th   2022年

     詳細を見る

  • X線検査画像に対する曖昧な見え方のサンプルを含む画像分類

    北井康久, 千吉良好紀, 齋藤輝昭, 栗田尚樹, 石橋雄一, 鎌倉稔成

    人工知能学会全国大会論文集(Web)   35th   2021年

     詳細を見る

  • 顧客の潜在的な離脱を考慮したワイブル回帰による来店間隔の分析

    阿部興, 佐藤由起奈, 作村建紀, 鎌倉稔成

    計算機統計学   33 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • 製品の潜在的な稼働台数を考慮した非定常ポアソン過程による需要予測

    阿部興, 伊加田恵志, 作村建紀, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   34th   2020年

     詳細を見る

  • 土砂被害領域の面積および幅の分布とその推定量について

    作村建紀, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   33rd   2019年

     詳細を見る

  • 円周状確率分布を用いた高速な屋内測位技術の開発と対象の行動状態推定に関する研究

    大草孝介, 武尾信之介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   33rd   2019年

     詳細を見る

  • 暗号に用いる乱数列の性質と暗号解読に関する検討

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生

    統計関連学会連合大会講演報告集   2019   2019年

     詳細を見る

  • モーションキャプチャシステムを用いた長距離走選手の走行フォーム解析に関する研究

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   33rd   2019年

     詳細を見る

  • 連の検定とNon-overlapping template matching test

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    2018年度統計関連学会連合大会講演報告集   1   - 197   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:2018年度統計関連学会連合大会  

    researchmap

  • ガンマ分布のパラメータの推定量の陽的バイアス補正とその検証

    小平悠水, 鎌倉稔成

    2018年度統計関連学会連合大会講演報告集   1   33   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:2018年度統計関連学会連合大会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 比例ハザード性を仮定した混合分布による購買履歴データの分析

    阿部興, 高橋祐一郎, 荒井英貴, 菅野大志, 北澤健斗, 小松原翔, 曽根圭博, 泉谷聡史, 吉田敦, 永井利昌, 秋元良友, 作村建紀, 鎌倉稔成

    計算機統計学   31 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

  • 連の検定とNon-overlapping template matching testを用いた暗号解読に関する検討

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2018   2018年

     詳細を見る

  • 円周上の一様性の検定における検出力の比較

    秋元良友, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   31st   2017年

     詳細を見る

  • 混合分布を用いたセール施策への反応の分析

    阿部興, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   31st   2017年

     詳細を見る

  • 統計学の観点から見た暗号解読に関する定義について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2017   2017年

     詳細を見る

  • 指数拡散分布族における母数推定の改良

    作村建紀, 鎌倉稔成, 柳本武美

    統計関連学会連合大会講演報告集   2017   2017年

     詳細を見る

  • 逆ガウス分布における自然母数の事後平均

    作村建紀, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会大会論文集   31st   2017年

     詳細を見る

  • Non-overlapping template matching testを用いたテンプレートの同定法の改善案 (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 35 )   1 - 4   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 個人の商品購買特性と購買周期推定による最適レコメンデーションシステムの設計 (特集 データ解析事例 : 平成25年度データ解析コンペティション)

    大草 孝介, 阿部 興, 榎本 大起, 桑原 洋祐, 森 健人, 加田 拓磨, 佐藤 のぞみ, 黒田 淑恵, 長 亜沙美, 猿田 将英, 沖原 史章, 露崎 博之, 高須 靖子, 勝 裕周, 吉田 敦, 吉田 啓悟, 鎌倉 稔成

    計算機統計学 = Bulletin of the Computational Statistics of Japan   29 ( 1 )   49 - 56   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 線分の方向データのクラスタリング (日本計算機統計学会第29回シンポジウム講演論文集) -- (セッション1B 学生研究発表セッション)

    秋元 良友, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   29   49 - 52   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • マイクロ波ドップラーセンサを用いた歩行の識別 (日本計算機統計学会第29回シンポジウム講演論文集) -- (セッション1B 学生研究発表セッション)

    泉谷 聡史, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   29   35 - 38   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2-G-5 方向統計学を用いた活断層の解析(確率・統計(4))

    作村 建紀, 秋元 良友, 鎌倉 稔成

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015   246 - 247   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 楕円を用いた領域データからの特徴量抽出

    作村建紀, 秋元良友, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   29th   2015年

     詳細を見る

  • マイクロ波ドップラーセンサを用いた歩行計測

    森健人, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   29th   2015年

     詳細を見る

  • 位置情報を考慮した方向データの解析

    秋元良友, 作村建紀, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2015   2015年

     詳細を見る

  • 感染症拡大の早期予測モデルについて

    作村建紀, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2015   2015年

     詳細を見る

  • Non-overlapping template matching testを用いたテンプレートの同定の改善について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2015   2015年

     詳細を見る

  • 制限のある方向データの解析

    秋元良友, 作村建紀, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   29th   2015年

     詳細を見る

  • Non-overlapping template matching testを用いたテンプレートの同定 (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 380 )   7 - 10   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISECでは、改良型Non-overlapping template matching testを用いて、0と1が1/2の確率で独立に出現する数列より、多く含まれる未知のビット数を持つ0と1からなるあるパターン(以下これをテンプレートと呼ぶ)を同定する方法を提案した。提案した手法は、含まれているテンプレートが多くなるとともに同定できる割合(success.ratio)が上昇することが確認できたが、そのテンプレートの並び順によっては同定できる割合に差があることをシミュレーション実験で示した。本発表ではこの原因を示し、それをもとに同定の手法の改良を試みる。

    CiNii Books

    researchmap

  • Variable selection problems on logistic regression for microarray data

    Hoshino, R, Kamakura, T

    Kyoto International Conference on Modern Statistics in the 21st Century   7   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:Kyoto International Conference on Modern Statistics in the 21st Century Committee  

    researchmap

  • 大学院副専攻制度による横断型人材育成

    鎌倉稔成

    横幹   8 ( 2 )   67 - 69   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:横断型基幹科学技術研究団体連合  

    In Japan most of communities lay undue emphasis on not abilities of persons but what they major in especially in undergraduate school. Even after graduating school the major subjects are considered to be meat and potatoes. We propose new scheme for educating graduate students who study minor subjects with collaboration of enterprises from interdisciplinary point of view.

    DOI: 10.11487/trafst.8.2_67

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10041247258?from=CiNii

  • 造形化に期待されるデータ解析の表現

    秋元良友, 鎌倉稔成, 柳本武美

    統計関連学会連合大会講演報告集   2014   2014年

     詳細を見る

  • 周辺データに基づく併合された分割表のパラメータ推定

    田子紗佑里, 岩崎学, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   28th   2014年

     詳細を見る

  • ドップラーセンサを用いた信号平面上の分布に基づく統計的解析

    秋元良友, 大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   28th   2014年

     詳細を見る

  • 個人の購買特性と閲覧回数を考慮した最適レコメンデーションシステムの設計

    森健人, 秋元良友, 加田拓磨, 桑原洋祐, 吉田敦, 露崎博之, 大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   28th   2014年

     詳細を見る

  • ビックデータと統計学

    鎌倉稔成

    OKIテクニカルレビュー   81 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • スパースロジスティック回帰を用いた購買要因の推定

    星野良介, 秋元良友, 山本康平, 浦山玄, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   28th   2014年

     詳細を見る

  • ランダムなエントリー時間を持つ生存関数の推定

    阿部興, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2014   2014年

     詳細を見る

  • 改良型Non-overlapping Template Matching Testにおけるテンプレートによる検出率の差について (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 342 )   21 - 23   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISECで提案した改良型Non-overlapping template matching testは、0,1数列の中に含まれるテンプレートとよばれる特定のパターンの出現個数を調べ、独立で一様な確率分布を特つ(以下SNHと略)乱数列の場合の出現個数よりも多く出現しているかどうかを調べる検定法である。この検定法の有効性を調べるため、SNHを満たす乱数列にあらかじめ特定のパターンを埋め込んでおき、それが発見できるかどうかのシミュレーション実験を行った。パターンの埋め込みの割合が増すに従って発見できる(検出に成功する)率が上昇するが、パターンによって上昇の仕方に差があることがわかった。この差が起こる原因を調査するため、帰無仮説および対立仮説のもとでの分布の導出を行う。

    CiNii Books

    researchmap

  • ドップラーセンサを用いた外乱環境下における生体検知に関する研究

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   27th   2013年

     詳細を見る

  • 空間上のイベントの発生および位置の計測と統計的モデリング

    鎌倉稔成, 大草孝介

    統計関連学会連合大会講演報告集   2013   2013年

     詳細を見る

  • ドップラーセンサを用いた人体モデリングによる異常状態検知に関する研究

    大草孝介, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2013   2013年

     詳細を見る

  • Non-overlapping Template Matching Testにおける統計量の漸近分布

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2013   2013年

     詳細を見る

  • 大学院副専攻制度による横型人材育成

    鎌倉稔成

    横幹連合コンファレンス(CD-ROM)   5th   2013年

     詳細を見る

  • 見守りのための電波型センサを用いた転倒検知方式

    磯部 翔, 前野 蔵人, 鎌倉 稔成

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   112 ( 46 )   37 - 42   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    高齢の親を心配する子供によって,ビデオやマイクを使った遠隔コミュニケーションツールも登場してきているが,映像等で常時コミュニケーションをとるのは,親・子双方に肉体的・精神的負担が大きい.このような負担を軽減するため,本研究では電波型センサを用いた映像によらない状況センシング技術を提案する.具体的には電波型センサの送受信波間の差の信号(ビート信号)から対象の活動量をパーティクルフィルタにより算出する.転倒は一般的な生活動作と比較して急激な速度変化が大きいことに着目した転倒検知方式について提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • Kolmogorov-Smirnov の片側検定を用いた Non-overlapping template matching test の改善案

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ   112 ( 39 )   1 - 4   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISEC等の研究会において,Non-over lapping template matching testの改善案を提案してきた.今回,検定の手法としてKolmogorov-Smirnovの片側検定を用いることによって,大きな改善が見られた.これは検定部分を従来の両側検定ではなく片側検定を用いることによって,帰無仮説の下よりも多く含まれるテンプレートのみを検出することが可能になったためである.また,この片側検定の手法を用いることによって,テンプレートの特定する手法についてもある程度の精度で可能になった.

    CiNii Books

    researchmap

  • 柔軟な臨床試験のデザインとBayes法

    小林千鶴, 鎌倉稔成, 柳本武美

    応用統計学会年会講演予稿集   2012   2012年

     詳細を見る

  • Exact distributions of the median absolute deviation and it's application to test of the equality of two variances (信頼性)

    川上 博史, 長塚 豪己, 鎌倉 稔成, 山本 久志

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   111 ( 83 )   1 - 6   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    In reliability engineering, robust methods of estimation and tests play important roles. The MAD (Median Absolute Deviation) is one of the well-known robust estimators of scale. Various papers have appeared over the years dealing with the asymptotic properties of the MAD and these applications. However, surprisingly, the exact distribution of the MAD has never been derived. We then derive the exact distribution of the MAD for any continuous distribution. We furthermore propose a robust test of the equality of two variances using the MAD. Numerical studies are conducted to investigate the properties of the proposed test in terms of robustness.

    CiNii Books

    researchmap

  • 正準相関分析における欠測値を除外した場合の実用性検証

    小椋透, 塚田真一, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2011   2011年

     詳細を見る

  • 加速度・角速度データを用いた肩関節角度推定法の提案及び行動認識への応用

    澤井庸平, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2011   2011年

     詳細を見る

  • Non-over Lapping Template Matching TestにおけるTemplateの定め方に関する提案と検定法の改善について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生, 杉山高一

    電子情報通信学会技術研究報告   110 ( 44(ISEC2010 1-9) )   2010年

     詳細を見る

  • 正準相関分析に最適な欠測値の補完方法

    小椋透, 塚田真一, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2010   2010年

     詳細を見る

  • 多変量ポアソンモデルにおけるzero-inflationパラメータの推測の問題

    西田朋由, 小椋透, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   24th   2010年

     詳細を見る

  • プレス機械の動作データの分析とそのモデル化

    猪俣考史, 猪俣考史, 山村流士, 鎌倉稔成, 柳本武美

    応用統計学会年会講演予稿集   2010   2010年

     詳細を見る

  • 動的時間伸縮法を用いた加速度データの時間軸の選定

    上溝斎, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2010   2010年

     詳細を見る

  • ToAデータの性質を考慮した逐次的な屋内高精度位置推定アルゴリズム

    渡部大志, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2010   2010年

     詳細を見る

  • 多次元時系列データのクラス分類に関する研究-行動認識への応用

    大草孝介, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2010   2010年

     詳細を見る

  • NISTによるテンプレート適合検定とその修正した検定法の比較

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生

    電子情報通信学会技術研究報告   110 ( 337(ISEC2010 65-71) )   2010年

     詳細を見る

  • 経験Bayes平滑化における次数の選定

    渡部大志, 鎌倉稔成, 柳本武美

    統計関連学会連合大会講演報告集   2010   2010年

     詳細を見る

  • 学会・研究会報告:再発事象の多重変化点検出のための近似分布を用いた検定法

    西島啓二, 鎌倉稔成

    2009年度統計関連学会連合大会講演報告集   2009   227   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:統計関連学会連合  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 単一打切りがある場合の3パラメータワイブル分布の推定に関する一考察

    長塚 豪己, 鎌倉 稔成, 石岡 恒憲, 山本 久志

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   109 ( 161 )   47 - 51   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    単一打切りがある場合の3パラメータワイブル分布の推定問題においては,まだ有効な推定法が確立されていない.最もよく知られているのは,Cohen and Whittenの修正最尤法だが,その一部にモーメント推定を含むため,打切りに関する情報損失がある.本報告では,単一打切りがある場合の3パラメータワイブル分布の推定について提案を行う.

    CiNii Books

    researchmap

  • 学会・研究会報告:認知神経科学に必要な統計学の知識

    鎌倉稔成

    認知神経科学   11 ( 2 )   121   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:認知神経科学会  

    researchmap

  • マルチスケール分析による行動特徴量の抽出

    奥谷大介, 前野蔵人, 保田浩之, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • ToAデータに基づく屋内高精度位置推定アルゴリズムの研究

    渡部大志, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • 定数打切りデータにおけるワイブル分布の推定法に関する研究

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会秋季信頼性シンポジウム発表報文集   22nd   2009年

     詳細を見る

  • 視線データを用いた注視点推定に関する統計的研究

    大草孝介, 大根田知也, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2009   2009年

     詳細を見る

  • テンプレート適合度検定におけるテンプレートの選択について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    統計関連学会連合大会講演報告集   2009   2009年

     詳細を見る

  • 変化点のモデリングによる注視領域の推定

    大草孝介, 村上秀俊, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2009   2009年

     詳細を見る

  • 変数に制約のあるクラスタリングのシミュレーション研究

    清水時子, 大草孝介, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2009   2009年

     詳細を見る

  • ヒトの視覚探索行動における注目点の抽出

    大根田知也, 鎌倉稔成, 加藤俊一

    映像情報メディア学会技術報告   33 ( 20(ME2009 86-92/AIT2009 71-77) )   2009年

     詳細を見る

  • 3パラメータワイブル分布のパラメータ推定における非正則性問題の回避に関する一考察

    長塚豪己, 山本久志, 鎌倉稔成, BALAKRISHNAN N.

    信頼性・保全性シンポジウム発表報文集   39th   2009年

     詳細を見る

  • NISTで提案されているNon-overlapping Template Matching Testの修正案

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生, 杉山高一

    電子情報通信学会技術研究報告   109 ( 42(ISEC2009 1-14) )   2009年

     詳細を見る

  • 変数に時間的順序のあるクラスタリングに関する研究

    清水時子, 大草孝介, 鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2009   2009年

     詳細を見る

  • 社会的基盤として応用統計学の発展を目指して

    鎌倉稔成

    応用統計学会年会講演予稿集   2009   2009年

     詳細を見る

  • 行動認識における音声認識手法の適用

    上溝斎, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • 映像コンテンツにおける統計的評価に関する研究

    及川健右, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   23rd   2009年

     詳細を見る

  • 3パラメータガンマ分布における一致推定量の構成

    長塚 豪己, 山本 久志, 鎌倉 稔成

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性   108 ( 349 )   7 - 10   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    3パラメータガンマ分布は生物,モノの寿命や反応時間などといった非対称データにあてはまるモデルとして,生物学,経済学,心理学,医学,薬学,水文学等非常に広い範囲の分野で用いられている.位置母数を持つ分布の推定においては,非正則性の問題が生じることがよく知られている.本研究では,3パラメータガンマ分布において,以下の性質を持つ推定法を提案する:(1)全てのサンプルサイズとパラメータの値において,推定値が一意に存在する,(2)全てのパラメータの値において,推定量が一致性を持つ,(3)パラメータの同時推定を必要としない.

    CiNii Books

    researchmap

  • 大学院での『資料の利用』教育としてのデータ科学-データ科学副専攻の現状-

    鎌倉稔成, 杉山高一

    統計関連学会連合大会講演報告集   2008   2008年

     詳細を見る

  • 情報セキュリティ対策におけるモチベーションの構造に関する研究

    菅野泰子, 菅野泰子, 寺田真敏, 寺田真敏, 山田安秀, 鎌倉稔成, 土居範久

    情報処理学会シンポジウム論文集   2008 ( 8 )   2008年

     詳細を見る

  • 3パラメータワイブル分布の推定問題における推定値の存在性と一意性について

    長塚豪己, 鎌倉稔成, 山本久志

    日本信頼性学会秋季信頼性シンポジウム発表報文集   21st   2008年

     詳細を見る

  • 3母数ワイブル分布の母数推定方法に関する研究

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会春季信頼性シンポジウム発表報文集   16th   2008年

     詳細を見る

  • 分布の端点に対するベイズ推定量の改良

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • 3パラメータワイブル分布における一致推定量の構成

    長塚豪己, 山本久志, 鎌倉稔成

    日本経営工学会秋季研究大会予稿集   2008   2008年

     詳細を見る

  • 非正規分布における分散型EWMA管理図のロバストネスの検証

    松木崇, 松木崇, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    統計関連学会連合大会講演報告集   2008   2008年

     詳細を見る

  • 3パラメータワイブル分布,3パラメータガンマ分布のパラメータ推定法

    長塚豪己, 鎌倉稔成, 山本久志

    統計関連学会連合大会講演報告集   2008   2008年

     詳細を見る

  • テンプレート適合度検定におけるテンプレート選択について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    統計関連学会連合大会講演報告集   2008   2008年

     詳細を見る

  • 順序制約に緩みを与えた2母集団のパラメータ推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    信頼性・保全性シンポジウム発表報文集   38th   2008年

     詳細を見る

  • 映像コンテンツにおける統計的評価に関する研究

    及川健右, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    日本計算機統計学会大会論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • 動画像に基づく歩行運動の特徴量の統計的比較

    大草孝介, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    日本計算機統計学会大会論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • ワイブル分布の母数推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    電子情報通信学会技術研究報告   108 ( 95(R2008 15-19) )   2008年

     詳細を見る

  • k標本Lepage統計量の分布へのサドルポイント近似

    村上秀俊, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   22nd   2008年

     詳細を見る

  • 大学院教育に思う

    鎌倉 稔成

    日本信頼性学会誌 : 信頼性 = The journal of Reliability Engineering Association of Japan   29 ( 6 )   341 - 341   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 歩行状態の動画データによる統計解析

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   21st   2007年

     詳細を見る

  • 動画像による移動オブジェクトの計測とレジストレーション

    大草孝介, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    統計関連学会連合大会講演報告集   2007   2007年

     詳細を見る

  • 相関に関する検定と暗号に用いられる乱数検定について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    統計関連学会連合大会講演報告集   2007   2007年

     詳細を見る

  • ネットワークトラフィックの異常性の検出

    高島愛, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   21st   2007年

     詳細を見る

  • ガンマ回帰モデルにおける共通スロープの推定

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   21st   2007年

     詳細を見る

  • グラフモデルを利用したクレームテキストの解析方法に関する研究

    石川俊, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   21st   2007年

     詳細を見る

  • 暗号に用いる乱数検定と相関に関する検定について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生, 杉山高一

    電子情報通信学会技術研究報告   107 ( 397(ISEC2007 112-128) )   2007年

     詳細を見る

  • ガンマ分布のパラメータの推定法の比較と検証

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    統計関連学会連合大会講演報告集   2007   2007年

     詳細を見る

  • EWMA管理図における非正規分布のロバストネスの検証

    松木崇, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    統計関連学会連合大会講演報告集   2007   2007年

     詳細を見る

  • 時間依存性共変量を考慮した再発事象モデルのパラメータ推定精度

    西島啓二, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   20th   2006年

     詳細を見る

  • データマイニングにおける相関ルールの選択基準

    小林俊策, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • 相関に関する検定の比較とNIST SP-800-22の乱数検定

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • Webアクセスログを用いたECサイトにおけるデータの可視化

    高島愛, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • 自己組織化マップの改良手法とそのクラスタリング問題への適用に関する研究

    林瀚, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • 空間上の線分のモデリングに関する研究

    八尾智希, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2006 ( CD-ROM )   2006年

     詳細を見る

  • 相関をもつ乱数列の暗号に用いるための検定について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生, 杉山高一

    電子情報通信学会技術研究報告   106 ( 411(ISEC2006 101-114) )   2006年

     詳細を見る

  • NISTの乱数検定法のテンプレート適合度検定における問題点

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡辺則生, 杉山高一

    電子情報通信学会技術研究報告   105 ( 484(ISEC2005 110-120) )   2005年

     詳細を見る

  • 時間依存性共変量を考慮した再発事象モデルにおけるパラメータ推定

    西島啓二, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   19th   2005年

     詳細を見る

  • 確率場のシミュレーションによる画像解析

    幕田友子, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2005   2005年

     詳細を見る

  • 線分の空間分布と断層データへの応用

    八尾智希, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2005   2005年

     詳細を見る

  • ECサイトのアクセスログ解析のためのSOMによる可視化

    高島愛, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2005   2005年

     詳細を見る

  • MTSへのForward Search導入に関する研究

    久保香織, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2005   2005年

     詳細を見る

  • 暗号で用いる乱数の検定方法について

    竹田裕一, 鎌倉稔成, 藤井光昭, 渡辺則生

    統計関連学会連合大会講演報告集   2005   2005年

     詳細を見る

  • 関数データ解析による動作軌跡曲線の同時推定

    中嶋直樹, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2004   2004年

     詳細を見る

  • ロジスティック回帰における最尤推定量の性質と精確なロジスティック回帰への近似

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2004   2004年

     詳細を見る

  • 再発事象に対する正確な発現時間を用いたセミパラメトリックな解析

    西島啓二, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2004   2004年

     詳細を見る

  • 3母数ワイブル分布のW変換を利用した母数推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   26 ( 5 )   2004年

     詳細を見る

  • Webデータによる同種企業の特徴づけに関する研究

    簡野志保, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2004   2004年

     詳細を見る

  • Location-scale parameter model の shape parameter の推定に関する一考察

    長塚 豪己, 鎌倉 稔成

    日本統計学会講演報告集   71   292 - 293   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 商圏分布のクラスタリングにおけるPrincipal Pointsの利用

    西門克郎, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2003   2003年

     詳細を見る

  • 脳画像の統計的データ解析における多重比較の問題

    鎌倉稔成, 寺西友弘

    統計関連学会連合大会講演報告集   2003   2003年

     詳細を見る

  • ワイブル分布の形状母数推定に対してのW変換の利用

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   25 ( 3 )   2003年

     詳細を見る

  • Web文書を利用した関連語抽出に関する研究

    田中祐一, 鎌倉稔成

    統計関連学会連合大会講演報告集   2003   2003年

     詳細を見る

  • Web上のテキストデータからの関連語抽出

    田中祐一, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   17th   2003年

     詳細を見る

  • 商業店舗の空間分布とクラスタ性に関する統計的研究

    鎌倉稔成, 関口隆行

    統計関連学会連合大会講演報告集   2002   2002年

     詳細を見る

  • ワイブル分布の形状母数推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   24 ( 4 )   2002年

     詳細を見る

  • 交通流量を共変量とした店舗の空間分布

    鎌倉 稔成, 関口 隆行

    日本統計学会講演報告集   69   274 - 275   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 可変テンプレートを用いた統計的形状解析

    沢田章, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   69th   2001年

     詳細を見る

  • データマイニング データマイニングにおける統計手法の役割と問題点

    鎌倉稔成

    品質管理   52 ( 3 )   2001年

     詳細を見る

  • 2-2 順序制約のベイズモデルによる実現と信頼性への応用

    長塚 豪己, 鎌倉 稔成

    信頼性シンポジウム発表報文集   ( 13 )   23 - 26   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 制約条件付き寿命分布のパラメータ推定におけるベイズ法の適用

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • fMRI画像における位置合わせとblurringに関する研究

    小泉純, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • ベイズモデルに基づく画像復元法における近傍構造の多様化

    入戸野健, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • 複数種類の商業店舗の空間分布の比較

    小林力, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • 順序制約のベイズモデルによる実現と信頼性への応用

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   22 ( 8 )   2000年

     詳細を見る

  • 回帰直線のクラスタリングに関する研究

    鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • ベイズモデルによる制約条件付き寿命分布のパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   22 ( 4 )   2000年

     詳細を見る

  • 動画像データによる動作軌跡の統計的推定

    松田斉昭, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • 語の流暢性実験における色の親近性の統計解析

    須永義則, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   68th   2000年

     詳細を見る

  • 商業店舗の空間分布に関する統計的研究

    武川淳一郎, 小林力, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   67th   1999年

     詳細を見る

  • データマイニングに関する一考察

    鎌倉 稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   13   28 - 31   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscssymo.13.0_28

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 左半側空間無視患者の右上肢の左半側空間へのhypokinesiaについて

    今福一郎, 武田克彦, 鎌倉稔成, 花篭良一, 武内浩一郎, 国本雅也

    神経心理学   15 ( 4 )   1999年

     詳細を見る

  • 健常者とアルツハイマー病患者の色名の認知地図

    御園生香, 武田克彦, 山門実, 鎌倉稔成

    神経心理学   15 ( 4 )   1999年

     詳細を見る

  • 仮名単語の認知における,語頭音の重要性について

    小野内健司, 武田克彦, 鎌倉稔成, 花篭良一, 飛松治基, 井上聖啓

    神経心理学   15 ( 4 )   1999年

     詳細を見る

  • 疲労モデルとそのパラメータ推定の改良

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   21 ( 8 )   1999年

     詳細を見る

  • 疲労モデルによる寿命データのモデル化とパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   67th   1999年

     詳細を見る

  • 観測開始時点のランダム性を考慮した寿命分布の推定(第7回信頼性研究発表会)

    鎌倉 稔成

    日本信頼性学会誌 信頼性   21 ( 4 )   225 - 226   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本信頼性学会  

    DOI: 10.11348/reajshinrai.21.4_225

    CiNii Research

    researchmap

  • 空間上の線分の分布の推定に関する研究

    鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   67th   1999年

     詳細を見る

  • 視覚情報を利用したロジスティック曲線のあてはめ

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   20 ( 4 )   1998年

     詳細を見る

  • 層別パラメータをもつ確率モデルの尤度の振る舞い (第10回日本計算機統計学会シンポジウム報告)

    鎌倉 稔成

    計算機統計学   10 ( 1 )   70   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本計算機統計学会  

    DOI: 10.20551/jscswabun.10.1_70_1

    CiNii Research

    researchmap

  • 時系列画像の統計的解析

    茂手木昌洋, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   11th   1997年

     詳細を見る

  • イネ白葉枯病抵抗性品種群の染色体分化

    遠藤昇, 秋吉美穂, 田浦悟, 鎌倉稔成, 小川紹文

    育種学雑誌   47 ( bessatsu 1 )   1997年

     詳細を見る

  • 劣化故障モデルと最適検査間隔

    山崎成一, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌   19 ( 3 (Web) )   1997年

     詳細を見る

  • LISP-STATによる統計モデルの構築

    鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   64th   1996年

     詳細を見る

  • 画像データに基づく曲線の長さの推定

    高橋秀典, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会大会論文集   10th   1996年

     詳細を見る

  • 層別パラメータを持つ確率モデルの尤度の振る舞い

    鎌倉稔成

    日本計算機統計学会シンポジウム論文集   10th   1996年

     詳細を見る

  • AHP法における整合度の分布に関する研究

    佐藤直子, 鎌倉稔成

    日本品質管理学会研究発表会研究発表要旨集   52nd   1996年

     詳細を見る

  • ぜん息発作と気象因子

    村山貢司, 鈴木修二, 伊東繁, 鎌倉稔成, 高嶋宏哉

    日本生気象学会雑誌   32 ( 3 )   1995年

     詳細を見る

  • 尺度パラメータの推定における層別の影響

    鎌倉稔成

    日本品質管理学会研究発表会研究発表要旨集   49th   1995年

     詳細を見る

  • 気管支ぜん息と気象-ぜん息日記の分析から

    伊東繁, 高嶋宏哉, 浅井義之, 杉本日出雄, 三島健, 鈴木修二, 鎌倉稔成, 寺道由晃, 金保しゅ

    日本生気象学会雑誌   32 ( 3 )   1995年

     詳細を見る

  • 気象変化とぜん息発作の点過程モデル

    鎌倉稔成, 尾形良彦

    日本統計学会講演報告集   63rd   1995年

     詳細を見る

  • ヒューマン・エラーとロバストな決定

    鎌倉稔成, 宮村鉄夫

    日本品質管理学会研究発表会研究発表要旨集   47th   1994年

     詳細を見る

  • 点過程のトレンド検定に関して

    鎌倉稔成

    日本統計学会講演報告集   61st   1993年

     詳細を見る

  • 特集にあたって(<特集>品質管理のためのソフトウェア : データ解析ソフトウェアを中心に)

    鎌倉 稔成

    品質   22 ( 2 )   36 - 37   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本品質管理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ワイブル分布の平均寿命の推定におけるモーメント法の利用

    鎌倉稔成, 柳本武美

    日本品質管理学会年次大会講演・研究発表要旨集   18th   1988年

     詳細を見る

  • ”寿命”を推定する

    鎌倉稔成

    Information   6 ( 7 )   102 - 105   1987年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:インフォメーションサイエンス  

    researchmap

  • 気管支ぜん息症状のひん度に対する気圧配置の急性影響

    鈴木修二, 田所憲治, 行山康, 竹内二士夫, 宮本昭正, 鎌倉稔成

    日本温泉気候物理医学会雑誌   49 ( 3 )   1986年

     詳細を見る

  • ノンパラメトリックなハザード関数の推定 (1984年度研究発表会要旨 (統計数理研究所研究活動))

    鎌倉, 稔成

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   33 ( 1 )   155 - 155   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 尤度計算における数式処理言語の利用 (数式処理と統計解析の接点 (特集 統計数理研究所創立40周年記念シンポジウム))

    鎌倉, 稔成

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   33 ( 1 )   62 - 63   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 生存時間分布関数の推定とベイズモデル (エントロピー最大化原理の展開と統計モデル (特集 統計数理研究所創立40周年記念シンポジウム))

    鎌倉, 稔成

    統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   33 ( 1 )   31 - 35   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:統計数理研究所  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • 統計計算とAPL

    鎌倉稔成

    Information   4 ( 10 )   105 - 109   1985年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:インフォメーションサイエンス  

    researchmap

  • 気候と疾患

    宮本昭正, 鈴木修二, 行山康, 田所憲治, 竹内二士夫, 鎌倉稔成

    日本温泉気候物理医学会雑誌   49 ( 1 )   1985年

     詳細を見る

  • 比例ハザードモデルによる統計解析

    鎌倉稔成

    オペレーションズリサーチ   29 ( 9 )   547 - 549   1984年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本オペレーションズリサーチ学会  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • J.D. Kalbfleish and R.L. Prentice The statistical Analysis of Failure Time Data

    鎌倉稔成

    日本統計学会誌   11 ( 1 )   56   1981年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本統計学会  

    researchmap

  • P20 指数分布族における順序制約の尤度比検定 : 確率統計応用, T. Robertson & E. J. Wegman. 485-505. The Annals of Statistics 6, 3, 1978.

    鎌倉 稔成

    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   23 ( 11 )   726   1978年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

  • P1 最良母集団を含む部分集合を選択する問題に対するベイジアンアプローチ : 確率統計応用, P. K. Goel & H. Rubin., The Annals of Statistics 5, 5, 1977, 969-983.

    鎌倉 稔成

    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   23 ( 2 )   132   1978年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Books

    CiNii Research

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 土砂被害領域を特徴づける楕円の長軸・短軸の分布とその推定

    作村建紀, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  ( 同志社大学今出川キャンパス )   2019年1月  科学研究費・基盤研究(A) 「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」研究代表者 鎌倉稔成(中央大学)課題番号26240003

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Thermal anomaliesと地震の関連性について

    北澤健斗, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  ( 同志社大学今出川キャンパス )   2019年1月  科学研究費・基盤研究(A) 「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」研究代表者 鎌倉稔成(中央大学)課題番号26240003

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 地名と災害頻度との関連性について

    春日井海, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2019年1月  科学研究費・基盤研究(A) 「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」研究代表者 鎌倉稔成(中央大学)課題番号26240003

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 屋内位置推定のための統計モデルと対象の状態推定に関する研究

    大草孝介, 武尾慎之介, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2019年1月  科学研究費・基盤研究(A) 「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」研究代表者 鎌倉稔成(中央大学)課題番号26240003

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Dyalog APL as easy computer language for data science in mathematics education 招待 国際会議

    Stephen M. Mansour, the, University of Scranton, Pennsylvania),T, Kamakura

    The 15th Japan Conference on Teaching Statistics (JCOTS18)  ( Kyoto, Japan )   2018年7月  JCOTS18

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ガンマ分布のパラメータの精密高速計算−ストリーミングデータのリアルタイム計算法−

    小平悠水, 鎌倉稔成

    第 8 回横幹連合コンファレンス  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A clustering algorithm and testing for angular data

    Akimoto, Y, Kamakura, T

    61st lSI World Statistics Congress in Marrakech  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Statistical Inference for Line Segment Process

    Abe, K, Kamakura, T

    61st lSI World Statistics Congress in Marrakech  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Statistical Analysis for Estimating Multiple Stopped States in Walking Motions

    Kamakura, T

    10th International Conference on Multiple Comparison Procedures  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ストリーミングデータの統計解析の問題

    鎌倉稔成

    第11回日本統計学会春季集会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 時系列モデルにおけるLassoによる変数選択

    坂場賢一郎, 鎌倉稔成

    第37回大規模データ科学に関する研究会(第1回「複雑データ解析法に関する研究」)  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベイズ法を用いた線分のスムージング手法

    第37回大規模データ科学に関する研究会(第1回「複雑データ解析法に関する研究」)  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 線分の角度データのクラスタリング法について

    第37回大規模データ科学に関する研究会(第1回「複雑データ解析法に関する研究」)  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 標高と津波の遡上を考慮したPoincare Coneによる津波被害のシミュレーション

    永井利昌, 井上麻美, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土砂災害領域の楕円推定とその面積分布としてのべき乗則モデルの適用

    作村建紀, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 活断層などに代表される線分の角度データの解析

    秋元良友, 神谷勇太, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地殻変動の空間的変位点検出

    吉田敦, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GPS変位データの可視化

    坂場賢一郎, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害予測のための尾根線・谷線のスムージング

    神谷勇太, 阿部興, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 窓打ち切り状況下の線分過程の推測について

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Comparison of the estimators of the parameters of alternating renewal process under the window censored

    Abe, K. and Kamakura, T.  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The smoothing method of line segments with bayesian techniques

    Yuta Kamiya, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Clustering angular data for line segments

    Ko Abe, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Applicability of the power-law model to the fitted ellipse disaster area

    Takenori Sakumura, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Statistical indoor location estimation for the nlos environment using radial distributions

    Kosuke Okusa, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • IoTのためのセンシングデータの統計解析

    鎌倉稔成, 秋元良友

    九大シンポジウム「高精度情報抽出のための統計理論・方法論とその応用」  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Simulation of the Tsunami Damages with Poincare Cone by Modeling for the Elevation and the Run-up Data

    Toshimasa Nagai, Toshinari Kamakura

    2016 International Conference for JSCS 30th Anniversary in Seattle  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Estimating the Number of Pedestrians by Doppler Radar

    Sho Komatsubara, Kohei Yamamoto, Motoko Tachibana, Kurato Maeno, Toshinari Kamakura

    2016 International Conference for JSCS 30th Anniversary in Seattle  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Indoor Location Estimation in NLoS Environment Based on ToA Method with Particle Filter

    Atsushi Yoshida, Takenori Sakumura, Toshinari Kamakura

    2016 International Conference for JSCS 30th Anniversary in Seattle  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マイクロアレイデータの変数重要度指標によるロジスティック回帰の変数選択

    第14回西東京統計研究会実行委員会  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 時間と空間を考慮したサッカーにおける守備の分析

    成澤 宙希, 中津 貴文, 作村 建紀, 鎌倉 稔成

    第9回日本統計学会春季集会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 外野手の捕球位置を考慮した犠牲フライの戦略分析

    宮崎 誠也, 中津 貴文, 作村 建紀, 小椋 透, 鎌倉 稔成

    第9回日本統計学会春季集会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Statistical ellipse fitting for selecting characteristics of disaster areas

    Sakumura,T, Kamakura, T

    Invited talk at School of Mathematical Sciences, Faculaty of Science & Technology, Universiti Kebangassan Malaysia (UKM), Malaysia, March 27, 2015  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Directional analysis of Japanese active faults

    Akimoto, Y, Kamakura, T

    Invited talk at School of Mathematical Sciences, Faculaty of Science & Technology, Universiti Kebangassan Malaysia (UKM), Malaysia, March 27, 2015  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Approximate estimates of distribution parameters from incomplete data of line segments in the field of bounded spatial regions

    Kamakura, T

    Approximate estimates of distribution parameters from incomplete data of line segments in the field of bounded spatial regions  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Poincaré Coneを利用した津波の被害領域の推定

    第14回西東京統計研究会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 楕円による災害被害規模の推定

    作村 建紀, 鎌倉 稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」:科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」代表者,鎌倉稔成,課題番号26240003  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害データの分析に必要な数理モデル

    鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」:科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」代表者,鎌倉稔成,課題番号26240003  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Poincaré Coneを利用した津波の強度推定

    永井利昌, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」:科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」代表者,鎌倉稔成,課題番号26240003  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 活断層の方向統計学に基づく解析

    秋元良友

    科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」:科学研究費・基盤研究(A)「拡張された空間点過程と災害の数理モデル」代表者,鎌倉稔成,課題番号26240003  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Comparison of the estimators of the parameters of alternating renewal process under the window censored

    Ko Abe, Toshinari Kamakura

    Australian Statistical Conference 2016  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 柔軟な臨床試験のデザインとBayes法

    小林千鶴, 鎌倉稔成, 柳本武美

    応用統計学会2012年度年会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多変量ポアソンモデルにおけるzero-inflationパラメータの推測の問題

    西田朋由, 小椋透, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第27回シンポジウム論文集/日本計算機統計学会  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 正準相関分析に最適な欠測値の補完方法

    小椋透, 塚田真一, 鎌倉稔成

    2010年度統計関連学会連合大会公園報告集  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スポーツ解析と統計教育

    鎌倉稔成, 小椋透, 大草孝介

    2010年度統計関連学会連合大会公園報告集  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A study of parameter estimation for distributions with unknown origin based on transformed data free from location parameter

    H. Nagatsuka, N. Balakrishnan, T. Kamakura

    2010年度統計関連学会連合大会講演報告集  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 経験Bayes平滑化における次数の選定

    渡部大志, 鎌倉稔成, 柳本武美

    2010年度統計関連学会連合大会公園報告集/統計関連学会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • プレス機械の動作データの分析とそのモデル化

    猪俣考史, 山村流士, 鎌倉稔成, 柳本武美

    応用統計学会2010年度年会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 動的時間伸縮法を用いた加速度データの時間軸の選定

    上溝斎, 鎌倉稔成

    応用統計学会2010年度年会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ToAデータの性質を考慮した逐次的な屋内高精度位置推定アルゴリズム

    渡部大志, 鎌倉稔成

    応用統計学会2010年度年会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多次元時系列データのクラス分類に関する研究―行動認識への応用

    大草孝介

    応用統計学会2010年度年会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ToAデータに基づく屋内高精度位置推定アルゴリズムの研究

    渡部大志, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第23回シンポジウム  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 映像コンテンツにおける統計的評価に関する研究

    及川健右

    日本計算機統計学会第23回シンポジウム  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 行動認識における音声認識手法の適用

    上溝斎, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第23回シンポジウム  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分布の端点に対するベイズ推定量の改良

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会第22回シンポジウム論文集,日本計算機統計学会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 情報セキュリティ対策におけるモチベーションの構造に関する研究

    菅野泰子, 寺田真敏, 山田安秀, 鎌倉稔成, 土居範久

    コンピューターセキュリティシンポジウム2008,情報処理学会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学院での「資料の利用」教育としてのデータ科学 ―データ科学副専攻の現状―

    鎌倉稔成, 杉山高一

    2008年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非正規分布における分散型EWMA管理図のロバストネスの検証

    松木崇, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    2008年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3パラメータワイブル分布,3パラメータガンマ分布のパラメータ推定法

    長塚豪, 鎌倉稔成, 山本久志

    2008年度統計関連学会,統計関連学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • テンプレート適合度検定におけるテンプレート選択について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2008年度統計関連学会,統計関連学会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 有限標本のノンパラメトリック検定におけるサドルポイント近似

    村上秀俊, 鎌倉稔成

    応用統計学会2008年度年会講演予稿集,応用統計学会  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • k標本Lepage統計量の分布へのサドルポイント近似

    村上秀俊, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第22回大会講演論文集,日本計算機統計学会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 映像コンテンツにおける統計的評価に関する研究

    及川健右, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    日本計算機統計学会第22回大会講演論文集,日本計算機統計学会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動画像に基づく歩行運動の特徴量の統計的比較

    大草孝介, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    日本計算機統計学会第22回大会論文集,日本計算機統計学会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ガンマ回帰モデルにおける共通スロープの推定

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 柳本武美

    日本計算機統計学会第21回シンポジウム論文集,日本計算機統計学会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動画像による移動オブジェクトの計測とレジストレーション

    大草孝介, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    2007年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • EWMA管理図における非正規分布のロバストネスの検証

    松木崇, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    2007年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 相関に関する検定と暗号に用いられる乱数検定について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2007年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ガンマ分布のパラメータ推定法の比較と検証

    箕田雄太, 鎌倉稔成, 村上秀俊

    2007年度統計関連学会連合大会報告集,統計関連学会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Detecting nonnormalities and mean estimates of skewed distributions

    Toshinari Kamakura

    Bulletin of the International Statistical Institute 56th Session/International Statistical Institute  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 歩行状態の動画データによる統計解析

    大草孝介, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第21回大会論文集,日本計算機統計学会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ネットワークトラフィックの異常性の検出

    高島愛, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第21回大会論文集,日本計算機統計学会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • データマイニングの進化とウェブマイニングにおけるセキュリティの諸問題

    鎌倉稔成

    第一回横幹連合総合シンポジウム,横断型基幹科学技術研究団体連合  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自己組織化マップの改良手法とそのクラスタリング問題への適用に関する研究

    林瀚, 鎌倉稔成

    2006年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 空間上の線分のモデリングに関する研究

    八尾智希, 鎌倉稔成

    2006年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 相関に関する検定の比較とNIST SP-800-22の乱数検定

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2006年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Webアクセスログを用いたECサイトにおけるデータの可視化

    高島愛, 鎌倉稔成

    2006年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • データマイニングにおける相関ルールの選択基準

    小林俊策, 鎌倉稔成

    2006年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Inference on the mean parameter of the skewed distribution

    Toshinari Kamakura

    Joint Statistical Meeting 2006/The American Statistical Association  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Webアクセスログデータの解析におけるデータの可視化

    高島愛, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第20回記念大会,日本計算機統計学会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 異方性を考慮した空間モデルとそのパラメータ推定に関する研究

    戎野功一, 鎌倉稔成

    「多変量同時解析モデルと関数データに関する研究会」,基盤研究(B)(1)「多変量同時推測問題における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成,基盤研究(B)(2)「関数データに対する非線形データ解析法の構築」研究代表者:水田正弘  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ECサイトのアクセスログ解析のためのSOMによる可視化

    高島愛, 鎌倉稔成

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MTSへのForward Search導入に関する研究

    久保香織, 鎌倉稔成

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社会経済データを用いた中国主要都市のクラスター化に関する研究

    林瀚, 鎌倉稔成

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 暗号で用いられる乱数の検定方法について

    竹田裕一, 鎌倉稔成, 藤井光昭, 渡邉則生

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 確率場のシミュレーションによる画像解析

    幕田友子, 鎌倉稔成

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 線分の空間分布と断層データへの応用

    八尾智希, 鎌倉稔成

    2005年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Simulation studies of random fields designed for brain image analysis

    Toshinari Kamakura, Tomoko Makuta, Hidetoshi Murakami

    The Fourth International Conference on Multiple Comparison Procedures/Department of Biostatistics, School of Public health, Fudan University  2005年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時間依存性共変量を考慮した再発事象モデルにおけるパラメータ推定

    西島啓二, 鎌倉稔成

    日本計算機統計学会第19回大会論文集,日本計算機統計学会  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MTSによる2群判別と異常の検出について

    久保香織, 幕田友子, 鎌倉稔成

    第4回西東京統計研究会予稿集,西東京統計研究会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周期性をもつ動作の関数データ解析

    竹田裕一, 中嶋直樹, 鎌倉稔成

    第4回西東京統計研究会予稿集,西東京統計研究会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マハラノビス距離による異常の検出と統計的問題について

    久保香織, 幕田友子, 鎌倉稔成

    シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」,基盤研究(B)(1)「多変量同時推測問題における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成,基盤研究(B)(2)「関数データに対する非線形データ解析法の構築」研究代表者:水田正弘  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動作データの奇跡の統計解析

    竹田裕一, 中嶋直樹, 鎌倉稔成

    シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」,基盤研究(B)(1)「多変量同時推測問題における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成,基盤研究(B)(2)「関数データに対する非線形データ解析法の構築」研究代表者:水田正弘  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Webデータによる同種企業の特徴付けに関する研究

    簡野志保, 鎌倉稔成

    2004年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再発事象に対する精確な発現時間を用いたセミパラメトリックな解析

    西島啓二, 鎌倉稔成

    2004年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 関数データ解析による動作軌跡曲線の同時推定

    中嶋直樹, 鎌倉稔成

    2004年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ロジスティック回帰における最尤推定量の性質と精確なロジスティック回帰への近似

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    2004年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳画像データの解析における多重比較の新しい問題

    鎌倉稔成

    2004年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3母数ワイブル分布のW変換を利用した母数推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会第12回研究発表会,日本信頼性学会  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ロジスティック回帰における最尤推定量の性質について

    大倉征幸, 鎌倉稔成

    2004年度日本計量生物学会シンポジウム,日本計量生物学会  2004年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3母数ワイブル分布の母数推定に関する研究

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    第3回西東京統計研究会,明星大学  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 正規確率場による脳画像データのシミュレーション

    寺西友弘, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「多変量統計モデリングとその周辺」,科学研究費基盤研究(B)(1)「多変量同時推測における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非正規性の変化点の推定に関する研究

    鎌倉稔成, 戎野功一

    科研費シンポジウム「多変量統計モデリングとその周辺」,科学研究費基盤研究(B)(1)「多変量同時推測における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 関数データの同時解析に関する研究

    中嶋直樹, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「多変量統計モデリングとその周辺」,科学研究費基盤研究(B)(1)「多変量同時推測における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ベイズモデルによる緩い傾向のあるパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「多変量統計モデリングとその周辺」,科学研究費基盤研究(B)(1)「多変量同時推測における理論と応用の総合的研究」研究代表者:鎌倉稔成  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Location-scale parameter modelのshape parameterの推定に関する一考察

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    2003年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連連合大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Web文書を利用した関連語抽出に関する研究

    田中祐一, 鎌倉稔成

    2003年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連連合大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脳画像の統計的データ解析における多重比較の問題

    鎌倉稔成, 寺西友弘

    2003年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連連合大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 商圏分布のクラスタリングにおけるPrincipal pointsの利用

    西門克郎, 鎌倉稔成

    2003年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連連合大会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Web上のテキストデータからの関連語抽出

    田中祐一, 鎌倉稔成

    2003年度日本計算機統計学会予稿集,日本計算機統計学会  2003年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 商業店舗の空間分布とクラスタ性に関する統計的研究

    2002年度統計関連学会連合大会講演報告集,統計関連学会  2002年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 交通流量を共変量とした店舗の空間分布

    鎌倉稔成, 関口隆行

    第69回日本統計学会講演報告集,福岡  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 可変テンプレートを用いた統計的形状解析

    沢田章, 鎌倉稔成

    第69回日本統計学会講演報告集,福岡  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 交通流量を考慮した商業店舗の空間分布に関する研究

    鎌倉稔成, 島川陽一, 関口隆行

    第7回”統合型地理情報システムシンポジウム”予稿集,東京  2001年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • fMRI画像における位置合わせとBluringに関する研究

    小泉純, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ベイズモデルに基づく画像復元法における近傍構造の多様化

    入戸野健, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集、札幌  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 回帰曲線のクラスタリングに関する研究

    鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集、札幌  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 語の流暢性試験における色の親近性の統計解析

    須永義則, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 制約条件付き寿命分布のパラメータ推定におけるベイズ法の適用

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 動画像データにおける動作軌跡の統計的推定

    松田斉昭, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集、札幌  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 複数種類の商業店舗の空間分布の比較

    小林力, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集、札幌  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ベイズモデルによる制約条件付き寿命分布のパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    第68回日本統計学会講演報告集、札幌  2000年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 商業店舗の空間分布に関する統計的研究

    鎌倉稔成, 武川淳一郎, 小林力

    第5回“統合型地理情報システムシンポジウム”予稿集、東京  2000年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • マルチエージェントによる災害時の避難行動のモデリングと分析

    入戸野健, 鎌倉稔成

    第4回「統合型地理情報システム」予稿集東京  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 疲労モデルとそのパラメータ推定の改良

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌東京  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 仮名単語の認知における、語頭音の重要性について

    小佐野健司, 武田克彦, 鎌倉稔成, 花籠良一, 飛松治基, 井上聖啓

    第23回日本神経心理学会プログラム予稿集福岡  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 健常高齢者とアルツハイマー病患者の色名と認知地図

    御園生香, 武田克彦, 山門実, 鎌倉稔成

    第23回日本神経心理学会プログラム予稿集福岡  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 左半側空間無視患者の右上肢の左半側空間へのhypokinesiaについて

    今福一郎, 武田克彦, 鎌倉稔成, 花籠良一, 竹内浩一郎, 國本雅也

    第23回日本神経心理学会プログラム予稿集福岡  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 空間上の線分の分布の推定に関する研究

    鎌倉稔成

    第67回日本統計学会講演報告集岡山  1999年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 商業店舗の空間分布に関する統計的研究

    武川淳一郎, 小林力, 鎌倉稔成

    第67回日本統計学会講演報告集 岡山  1999年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 疲労モデルによる寿命データのモデル化とパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    第67回日本統計学会講演報告集岡山  1999年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Fatigue model による寿命分析のパラメータ推定

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌東京  1999年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • マルチエージェントによる集団の避難行動と安全性

    入戸野健, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌東京  1999年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 観測開始時点のランダム性を考慮した寿命分布の推定

    鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌東京  1999年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 補助情報を持つ空間サンプリングとパラメータ推定

    鎌倉稔成

    第3回総合型地理情報システム予稿集東京  1999年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 健常高齢者の記憶力の変化

    御園生香, 武田克彦, 吉田亮一, 鎌倉稔成

    第22回日本神経心理学会プログラム予稿集 弘前  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 視覚情報を利用したロジスティック曲線のあてはめ

    長塚豪己, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌、東京  1998年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時系列画像の統計的解析

    茂手木昌洋, 鎌倉稔成

    第11回日本計算機統計学会大会(東海大学)論文集,日本計算機統計学会  1997年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 劣化故障モデルと最適検査間隔

    山崎誠一, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌,日本信頼性学会(東京)  1997年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • AHP法による整合度の検定

    佐藤 直子, 鎌倉 稔成

    第18回シンポジウム講演予稿集「応用統計における多重推論」,札幌,応用統計学会  1996年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 層別パラメータを持つ確率モデルの尤度の振る舞い

    鎌倉 稔成

    第10回日本計算機統計学会シンポジウム論文集,札幌,日本計算機統計学会  1996年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 気管支喘息患者への17年間の救急出勤の季節変化

    鈴木 修二, 鎌倉 稔成, 伊藤 繁, 高嶋 宏哉

    第35回日本生気象学会大会,日本生気象学会雑誌,福島,日本生気象学会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 台風通過時の喘息患者数

    村山 貢司, 鎌倉 稔成

    第35回日本生気象学会大会,日本生気象学会雑誌,福島,日本生気象学会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 気管支喘息と気象-喘息日誌の分析から

    伊藤繁, 鎌倉稔成他

    日本生気象学会雑誌,日本生気象学会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 喘息発作と気象因子

    村山貢司, 鎌倉稔成他

    日本生気象学会雑誌,日本生気象学会  1996年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • LISP-STATによる統計モデルの構築

    鎌倉 稔成

    第64回日本統計学会講演報告集,千葉,日本統計学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • AHP法における整合度の分布に関する研究

    佐藤 直子, 鎌倉 稔成

    日本品質管理学会第52回研究発表会研究発表要旨集,東京,日本品質管理学会  1996年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 画像データに基づく曲線の長さの推定

    高橋秀典, 鎌倉稔成

    第10回日本計算機統計学会大会論文集,日本計算機統計学会  1996年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 画像データに基づく曲線の長さの推定

    高橋 秀典, 鎌倉 稔成

    第10回日本計算機統計学会大会論文集,広島,日本計算機統計学会  1996年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 気管支喘息と気象

    鎌倉稔成他

    日本生気象学会雑誌,日本生気象学会  1995年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 喘息発作と気象因子

    鎌倉稔成他

    日本生気象学会雑誌,日本生気象学会  1995年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 気象変化と喘息発作の点過程モデル

    鎌倉稔成, 尾形良彦

    第63回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1995年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 尺度パラメータの推定における層別の影響

    鎌倉稔成

    日本品質管理学会第49回研究発表会研究発表要旨集,日本品質管理学会  1995年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ヒューマン・エラーとロバストな決定

    鎌倉稔成, 宮村鐵夫

    日本品質管理学会第24回年次大会講演・研究発表要旨集,日本品質管理学会  1994年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 最尤法によるワイブルデコンボリューション

    永井義満, 鎌倉稔成

    日本信頼性学会誌,日本信頼性学会  1994年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 点過程のトレンド検定に関して

    鎌倉稔成

    第61回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1993年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 劣化画像データの統計的復元について

    入戸野健, 鎌倉稔成

    応用統計学会1993年度年会講演予稿集,応用統計学会  1993年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比例ハザードモデルにおけるノンパラメトリック回帰の問題

    鎌倉稔成

    第60回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1992年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ブートストラップ法によるワイブル過程のパラメータの推測

    鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「統計的推測とその応用に関する研究」講演予稿集,日本数学会  1991年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 平滑化とブートストラップ法

    鎌倉稔成

    第59回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1991年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 重畳波形の分離とブートストラップ

    笠井理, 島村康正, 鎌倉稔成

    第59回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1991年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ひずみを持つ分布のロバスト推定について

    鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「情報量と統計的推測理論」講演予稿集,日本数学会  1990年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 毒性試験における多重性への対応

    鎌倉稔成, 栗原律子

    毒性試験のための生物統計シンポジウム,毒性試験のための生物統計シンポジウム委員会  1990年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 未知形状母数を持つワイブル分布の平均の推測

    鎌倉稔成, 柳本武美

    第58回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1990年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ワイブル分布の平均寿命の推定におけるモーメント法の利用

    鎌倉稔成, 柳本武美

    品管学会第18回年次大会研究発表要旨集,日本品質管理学会  1988年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 2値データに基づく分布パラメータの推定量の性質と実験計画

    鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「数理統計学と計算機の接点に関する研究」講演予稿集,日本数学会  1988年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • モノトーン平滑化による曲線のあてはめ

    鎌倉稔成

    第56回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1988年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 単調性を考慮したスムージングの統計的問題

    鎌倉稔成, 後藤秀生

    第2回日本計算機統計学会大会論文集,日本計算機統計学会  1988年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ハザードモデルとそのパラメータ推定

    鎌倉稔成

    科研費シンポジウム「統計モデル論の展望」研究成果報告集,日本数学会  1986年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 区間データの統計的処理

    鎌倉稔成, 大野優子

    第54回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1986年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ハザード関数の滑らかな推定について

    鎌倉稔成

    第53回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1985年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 尤度計算における数式処理言語の利用

    鎌倉稔成

    統計数理研究所創立40周年シンポジウム「数式処理と統計解析の接点」報告集,統計数理研究所  1984年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 部分的に事前情報があるベイズモデルとその応用

    鎌倉稔成

    第52回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1984年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 喘息発作と気象要因の点過程解析

    鎌倉稔成, 柳本武美

    第51回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1983年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比例ハザードモデルにおける最尤法の利用

    鎌倉稔成, 柳本武美

    第50回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1982年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 点過程モデルによる喘息発作の要因解析

    鎌倉稔成, 柳本武美

    第49回日本統計学会講演要旨集,日本統計学会  1981年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 片側スチューデンタイズドレンジとその応用について

    鎌倉稔成, 広津千尋, 加藤芳彦, 宮川雅己

    品管学会第10回年次大会研究発表要旨集,日本品質管理学会  1980年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 信頼性における検査と推定のためのいくつかの手法について

    鎌倉稔成, 真壁肇

    品管学会第17回研究発表要旨集,日本品質管理学会  1980年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 日本統計学会賞

    2016年9月   日本統計学会  

  • 日本信頼性学会高木賞

    2004年5月   日本信頼性学会   ワイブル分布の形状母数推定の新方法

  • 日本信頼性学会論文奨励賞

    1999年6月   日本信頼性学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 大学院における統計教育システムの構築についての研究

    研究課題/領域番号:24500348  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  中央大学

    田栗 正章, 鎌倉 稔成, 岩崎 学, 椎名 久美子

      詳細を見る

    配分額:5330000円 ( 直接経費:4100000円 、 間接経費:1230000円 )

    (1)大学院における統計学分野の教育課程編成上の参照基準についての検討、(2)大学院における新しい統計教育システムの構築についての検討、(3)大学院における統計教育のクラス分けテスト等についての検討、等の研究を行った。
    (1)については、従来の参照基準を改訂し、統計関連学会連合のHPに掲載した。また、日本学術会議版参照基準も12月に刊行予定である。(2)については、国内外11大学での聞き取り調査を行い、他大学の参考になりそうな箇所に焦点をあてて結果をとりまとめた。(3)については、クラス分けテストに使用できそうな言語運用力・数理分析力の問題を開発し、そのパフォーマンスについての解析を行った。

    researchmap

  • 高次元データの推測理論の開発と応用

    研究課題/領域番号:21330049  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B) 

    杉山 高一, 藤越 康祝, 山本 拓, 鎌倉 稔成, 狩野 裕, 村上 秀俊, 塚田 真一, 竹田 裕一, 酒折 文武, 国友 直人, 小西 貞則, 国友 直人, 小西 貞則

      詳細を見る

    配分額:10010000円 ( 直接経費:7700000円 、 間接経費:2310000円 )

    多変量解析においては、変量の数が大きい場合の高次元データの分析法を発展させることが重要になっている。本研究では、変量の数が標本数より小さい場合には伝統的手法について高次元漸近理論を開発し、変量の数が標本数より大きい場合には高次元特有の方法の導入と高次元漸近理論の開発を目指し成果を得た。また、経済学への応用や関連する統計的基礎理論についても研究した。具体的には、以下の課題に取り組み、成果をあげた。
    (1)高次元伝統的多変量手法の開発
    (2)高次元現代多変量手法の開発
    (3)高次元モデリング手法の開発
    (4)シミュレーションによる研究と応用
    (5)高次元計量経済統計手法の開発と応用

    researchmap

  • 時空間統計解析の理論と応用

    2003年4月 - 2008年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省) 

    矢島美寛

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:37800000円

    researchmap

  • 動作軌跡の統計的推測に関する研究

    2005年4月 - 2007年3月

    中央大学  中央大学特定課題研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円

    researchmap

  • 多変量同時推測問題における理論と応用の総合的研究

    2003年10月 - 2006年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究B) 

    鎌倉稔成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:11900000円

    researchmap

  • 平均・リスクモデルにもとづく国際分散投資モデルの開発と実証

    研究課題/領域番号:15310122  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  中央大学

    今野 浩, 田口 東, 鎌倉 稔成, 川代 尚哉

      詳細を見る

    配分額:11700000円 ( 直接経費:11700000円 )

    本研究に取り掛かった2003年時点において、わが国の資産運用のパフォーマンスは惨憺たる状況にあった。毎年10%近い損失を計上し、解散に追い込まれる年金基金が続出したことは記憶に新しい。
    幸い2005年に入ってから市場が持ち直したため、運用成績は改善されたが、今後もこの傾向が継続するという保証はない。専門家の間では、株式市場は既にバブル状態に突入しているとの見方もあり、資産運用のリスクは高まっている。再び大きな損失を蒙らないためには、一層徹底したリスク管理が求められる所以である。
    このような状況の中、われわれは3年間にわたって、資産運用の原点である「平均・リスクモデル」を用いた国際分散投資に関わる研究を実施した。特に非凸型の取引コスト、マーケット・インパクトの取扱いとロング・ショート戦略の分析、取引コストを考慮したインデックス・トラッキング、組み込み銘柄数制約、最小取引単位制約などの厳密な取扱いについては、当初の計画を上回る成果を導くことが出来た。
    また絶対偏差をリスク指標とする株式・債券統合モデルを用いて、34ヶ国の4000資産を対象とする大型国際分散投資モデルを組みたて、このモデルがきわめて良好な成績を導くことを確認した。今後は上記の成果を組み込んだ上で、より本格的な国際分散投資モデルを構築し、資産運用ビジネスのリターン・リスク管理に役立てたいと考えている。

    researchmap

  • 時系列画像に基づく脳機能解明のための統計モデルに関する研究

    2002年4月 - 2004年3月

    中央大学  中央大学共同研究費 

    鎌倉

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円

    researchmap

  • GISデータの統計解析的展開と社会的意義についての研究

    2002年4月 - 2004年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省) 

    櫻井 尚子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3300000円

    researchmap

  • 次世代資産運用モデルの開発と実証分析

    研究課題/領域番号:12480105  2000年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B) 

    今野 浩, 渡邉 則生, 鎌倉 稔成, 宇野 毅明, 後藤 順哉, 水野 眞治

      詳細を見る

    配分額:14100000円 ( 直接経費:14100000円 )

    実施した研究は下記の4つである。
    (1)効率的フロンティア上への最小凹型コスト・リバランス問題の解法
    (2)ショート・セールが許される場合の非凸型ポートフォリオ最適化モデルの解法
    (3)平均・絶対偏差モデルによる小規模資産運用モデルの解法
    (4)下半リスクモデルによるポートフォリオ最適化
    (1)〜(3)は、いずれも従来の資産運用理論研究においては取扱いが難しいと考えられてきたものである。その理由は、問題が非凸型の最適問題となるため、多数の局所最適解が存在する可能性があり、その中の大域的最適解を求めることは、一般的にいってきわめて難しいからである。
    しかしわれわれのグループは、平均・絶対偏差モデルと大域的最適化手法を組み合わせることにより、この困難な問題の解決に成功した。これらはいずれも、次世代資産運用システムを組立てる上で重要な構成要素となるものである。
    また(4)は、超大型平均・下方リスクモデルがファクター・モデルの導入により実用的な時間で解けることを実証したもので、これも次世代資産運用システムに重要な役割を果たすものである。

    researchmap

  • 金融リスク評価システムの工学的研究

    研究課題/領域番号:11558046  1999年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B) 

    今野 浩, 渡邉 則生, 鎌倉 稔成, 宇野 毅明, 後藤 順哉, 二宮 祥一, 白川 浩, 比嘉 邦彦, 楠岡 成雄

      詳細を見る

    配分額:13100000円 ( 直接経費:13100000円 )

    3年間にわたって様々な金融リスク評価方法に関する研究を行った。
    I 倒産判別に関わる研究
    (1)半定値計画法を用いた倒産判別モデルの研究
    (2)半定値計画法による倒産判別アルゴリズム
    (3)非線形半定値計画問題の解法に関する研究
    (4)2次効用関数を用いたクレジット・カードの評価
    (5)金融工学における大域的最大化問題の研究
    II 金融リスク分析に関わる研究
    (1)最大予測可能性ポートフォリオ・モデルの解法の研究
    (2)ヨーロピアンタイプのオプション価格の上下界値評価
    (3)資産運用における下方リスクの研究
    (4)シミュレーションによる派生証券価格計算の超高速化
    III 金融ビジネス・モデル特許に関する調査研究
    IV 金融リスク分析に関する啓蒙運動

    researchmap

  • 技術の高度化とニーズの多様化に対応した製品安全及び品質保証システムに関する研究

    研究課題/領域番号:05301107  1993年 - 1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  総合研究(A)  中央大学

    宮村 鐡夫, 大藤 正, 鎌倉 稔成, 鈴木 和幸, 大滝 厚, 吉澤 正

      詳細を見る

    配分額:5500000円 ( 直接経費:5500000円 )

    本研究は技術の高度化と複雑化の下で、社会において重要性が増加している製品安全と環境管理に関する課題を品質保証の立場より検証し、かつ、これらを解決する上において重要と考えられる研究テーマについて研究を進めてきた。この研究を通じて、多くの知見をまとめ、これらの成果を品質保証システムの体系としてまとめた。すなわち、近年において新技術の革新は目ざましいものがあることから、製造物責任と環境管理についての概念と制度について日本、アメリカと欧州の品質管理活動との関係を考慮して、研究成果をまとめている。
    品質保証システムについて、従来、製造物責任や環境管理制度の視点から体系的に研究が行われてきていない。この理由から、本研究では、下記の項目について品質保証システム確立のための研究を進めてきた。
    (1)製造物責任制度と製品安全技術
    (2)顧客の視点から製品安全の概念を明らかにするために有効な品質機能展開
    (3)品質特性に基づく製品信頼性の統計的予測モデルの構築
    (4)人間信頼性を評価するための構造モデルの構築と分析
    (5)製品安全と環境管理の相互作用を研究するために応用できるモデルの構築
    (6)ライフサクルアセスメントのあるべき姿の提示
    研究を通じて導かれた重要な結果は以下のとおりである。
    (1)製造や取扱上の欠陥、設計上の欠陥と警告表示上の欠陥を予防する方法論の確立
    (2)製造物責任の事例研究、品質機能展開、統計的信頼性解析モデルに基づく製品安全技術のための品質保証システムの提示
    (3)ライフサクルアセスメントのあるべき姿を有効に運用するための方法
    本研究の成果は高度社会においてさまざまな視点から議論されてきている環境、省エネルギー、雇用/労働の問題に関連している。いわゆる社会的品質の視点から見直して得られた成果は、品質保証システムの確立に重要な役割を果たすことが期待できる。

    researchmap

  • ハザード閔数の推定のための統計的方法に関する研究

    研究課題/領域番号:61730014  1986年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)  中央大学

    鎌倉 稔成

      詳細を見る

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

▼全件表示