2024/04/04 更新

写真a

マキノ ミツノリ
牧野 光則
MAKINO Mitsunori
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科情報工学専攻博士課程前期課程
理工学研究科電気・情報系専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
プロフィール
1987年早稲田大学理工学部卒業。1989年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程、1992年博士後期課程修了、博士(工学)。1991~1992年早稲田大学理工学部助手、1992~1996年中央大学理工学部専任講師、1996年~2004年中央大学理工学部助教授、2004年~現在 中央大学理工学部教授。2009年~2013年理工学部長補佐。
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 早稲田大学 )

学歴

  • 1992年3月
     

    早稲田大学   理工学研究科   電気工学専攻   博士後期   修了

  • 1989年3月
     

    早稲田大学   理工学研究科   電気工学専攻   修士   修了

  • 1987年3月
     

    早稲田大学   理工学部   電子通信学科   卒業

経歴

  • 2019年11月 -  

    中央大学   商議員

  • 2009年11月 - 2013年10月

    中央大学理工学部長補佐

  • 1998年4月 - 2011年3月

    新潟大学講師

  • 2007年4月 -  

    上智大学非常勤講師(大学院理工学研究科)

  • 2004年4月 -  

    中央大学理工学部情報工学科教授

  • 2003年3月 - 2004年3月

    米国イリノイ大学シカゴ校訪問研究員

  • 1996年4月 - 2004年3月

    中央大学理工学部情報工学科助教授

  • 2000年4月 -  

    日本大学大学院非常勤講師

  • 1999年4月 -  

    中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻博士課程前期課程・後期課程担当

  • 1996年4月 - 1999年3月

    中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻修士課程担当

  • 1998年4月 -  

    早稲田大学非常勤講師

  • 1995年4月 - 1996年3月

    中央大学理工学部電気・電子工学科助教授

  • 1992年4月 - 1995年3月

    中央大学   理工学部   専任講師

  • 1991年4月 - 1992年3月

    早稲田大学   理工学部   助手

▼全件表示

所属学協会

  • 一般社団法人電子情報通信学会

  • (一社)電子情報通信学会

  • (社)電子情報通信学会

  • (社)電子情報通信学会

  • (社)情報処理学会

  • 日本応用数理学会

  • International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC)

  • Secretary of 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems Computers and Communications

  • Technical Program Committee of 1996 IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems

  • Secretary of Student Activities Committee, IEEE Tokyo Section

  • Local Arrangement Chair of International Workshop on Reliability of Numerical Computation

  • Secretary of 1998 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications (NOLTA98)

  • 日本シミュレーション学会

  • Member of Technical Program Committee (TPC), 1998 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APC-CAS98)

  • IEEE

  • Finance Chair of 1999 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications (NOLTA99)

  • Technical Support Member of 1999 International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99)

  • Member of Technical Program Committee (TPC) of 1999 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS99)

  • Technical Program Co-Chair of 2000 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications

  • Member of Technical Program Committee (TPC), 2000 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems

  • 芸術科学会

  • ACM SIGGRAPH

  • 映像情報メディア学会

  • (社)電気学会

▼全件表示

研究キーワード

  • 計算機科学

  • 図形・画像処理

  • コンピュータグラフィックス

  • コンピュータグラフィックス、バーチャルリアリティ、可視化

  • 可視化技術

  • クロスリアリティ、仮想現実感、拡張現実感、複合現実感

  • 高等教育の質保証

研究分野

  • 情報通信 / データベース  / マルチメディア・データベース

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション  / ヒューマンインターフェース・インタラクション

  • 情報通信 / エンタテインメント、ゲーム情報学  / エンタテインメント・ゲーム情報学

  • 人文・社会 / 教育工学  / 教育工学

論文

  • 色覚異常による視覚の違いを表現する対話型ARシステム 査読

    2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/incit60207.2023.10413137

    researchmap

  • 小型風洞を用いた液滴噴霧型嗅覚ディスプレイの風路計画 査読

    瀬田陽平, 牧野光則, 坂内祐一, 服部元史

    情報学学会国際誌   15 ( 2 )   55 - 65   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 手本動作の重畳及び任意角度からの事後確認昨日を有するスクワット独習用VRシステム

    綿谷匡浩, 牧野光則

    2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/itc-cscc58803.2023.10212491

    researchmap

  • 野菜の基礎切断独習用MRシステム

    加藤美紅, 牧野光則

    2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/itc-cscc58803.2023.10212891

    researchmap

  • 光学透過型MRHMD装着時のピンチ動作によるかな10行5段入力システム 査読

    2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/itc-cscc55581.2022.9895046

    researchmap

  • 文字枠付き下書きの重畳によるはがき手書き補助用拡張現実感システム 査読

    2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/itc-cscc55581.2022.9895067

    researchmap

  • A VR-based repetitive learning system of accurate tuna dismantling for fisheries high school students

    Misato Maekawa, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2022   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    DOI: 10.1117/12.2625967

    researchmap

  • An immersive self-training system of receive motion for volleyball beginners

    Naoto Fukumi, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2022   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    DOI: 10.1117/12.2626047

    researchmap

  • A VR-based indoor visualization system from floorplan images with deep learning

    Hao Fu, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2022   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    DOI: 10.1117/12.2625978

    researchmap

  • 液滴噴霧型嗅覚ディスプレイにおける流路内格子の整流効果の比較

    瀬田陽平, 森直澄, 牧野光則, 坂内祐一, 服部元史

    情報処理学会第84回全国大会論文集   84th ( 4 )   2F-05   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:情報処理学会  

    これまでに人の嗅覚特性の調査や映像コンテンツへの香り情報付加の目的で嗅覚ディスプレイが開発されてきた.その中で,坂内らは空気流に対し香料を微小液滴として射出し気化させることで香料成分を利用者の鼻元まで輸送する液滴噴霧型嗅覚ディスプレイを開発した.このような嗅覚ディスプレイにおいて,香りを輸送する空気流に乱れが存在する場合,香料成分の利用者への到達量が変動し官能試験の精度が低下する可能性がある.本研究では空気流の安定化を目的とする整流格子を付加した流路構造を作成する.また格子間隔および奥行の異なる複数の整流格子を作成し,流路断面の流速分布の計測を行い嗅覚ディスプレイとして適切な流路構造を考察する.

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 機械学習による手指姿勢認識を用いた動作入力による独習用参考資料提示ARシステム

    安藤陸人, 牧野光則

    映情学技報   46 ( 10 )   201 - 204   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    中高段階の数学学習の効率化を支援するために、机上に必要な情報を重畳表示するARシステムを提案する。本システムは、撮影された手指から機械学習を用いて高精度で姿勢認識することで、明確に指差ししたと認められる問題に対応する公式を重畳表示する。これにより、学習時の資料検索時間を短縮することで、時間的効率を向上させる。提案システムの有効性を、実験時の操作時間等や利用者アンケートで評価した。実験時の操作時間と問題解答時間の結果から、資料検索時間を大幅に高速化し、解答時間の短縮に効果があることを示した。

    researchmap

  • 植物病害検出のためのIoT対応拡張現実フレームワーク 査読

    人工知能ジャーナル   35 ( 3 )   185 - 192   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18280/ria.350301

    researchmap

  • A contactless training support system of holding chopsticks by posture estimation of chopsticks, hand, and fingers 査読

    Masatsugu Namiki, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    This article proposes a training support system of holding chopsticks both for beginners and people with the wrong holding. Although eating with chopsticks is a part of East and Southeast Asian cultures, many people does not hold the chopsticks correctly. Since the posture of the holding is complex form in three dimensional space, two dimensional media such as textbooks and videos is insufficient for learning and training. Therefore, this article proposes a system, which acquires a trainee’s holding posture from a camera and a contactless motion sensor, and evaluates and represents the correctness of the posture in comparison of the correct one. Since the augmented reality (AR) technology is introduced into the representation, the system makes the trainee understand the difference easily.

    DOI: 10.1117/12.2591033

    researchmap

  • An AR-based conversion system of classical Chinese text with return mark to Japanese reading 招待 査読

    Gaku Yamanoue, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    The so-called “Kanbun,” the Japanese reading of the classical Chinese text, has been studied as a type of the classical Japanese in secondary education in Japan. In Kanbun the word order is changed based on symbols called “return mark,” which is converted into a Japanese reading. This change is often so complicated that it may cause phobias in learning for junior and senior high school students in Japan. Therefore in this paper, a visualization system of step-by-step change of word order is proposed, which recognizes the return marks on the classical Chinese text and visually superimposes the converted text beside the original one, in the use of the augmented reality (AR) technology. The proposed system is applicable to any Kanbun sentences so that it is expected to contribute to improved student understanding.

    DOI: 10.1117/12.2591030

    researchmap

  • A VR-based piano self-training portable system on standalone HMD 査読

    Ko Okasaki, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    A Piano is a popular musical instrument. Development of playing piano requires frequent and suitable practice. However, the learners often have difficulty on space and time for practice due to less portable size and weight of the piano. In this article, a portable and virtual-reality (VR) based self-training system of the piano is proposed, which is installed on a standalone see-through Head-Mounted-Display (HMD). A learner wearing the HMD can see both of superimposed virtual piano keyboard and virtual his/her own fingers. According to his/her keying by the fingers, the system represents the situation acoustically. Evaluation of training outcome (number of incorrect keying) and subjective assessment shows advantages of the proposed system in comparison of a piano playing application on a tablet device.

    DOI: 10.1117/12.2591031

    researchmap

  • A VR-based learning system for operating gas burner in secondary education 査読

    Kai Sawai, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    A gas burner is often used in science experiments in Japanese lower secondary school education, and its correct operating procedures are included in the study content. However, students are given only inadequate learning opportunities for the operating procedures with the actual gas burner, due to time and instrumentation constraints. Therefore, this article proposes an operation learning system of a gas burner using virtual reality technology with high realistic sense to supplement the learning with the real one. The proposed system provides interactivity through a dial controller and a pair of hand controllers as an input device, and a stereoscopic HMD as an output device. The dial controller imitates an adjusting screw, so that a learner can easily get a realistic sense of turning screws for air and gas. Also judging whether the user’s operation is correct or not, the system displays necessary information on the virtual scene of the gas burner for learning to promote the learner’s understanding.

    DOI: 10.1117/12.2591010

    researchmap

  • A mixed reality-based fire evacuation drill system 査読

    Sosuke Sakaguchi, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    Regular evacuation drills from fire have the advantage that many people can participate at the same time. However, during training, you just walk down the corridors and passageways as usual, and it lacks a realistic feel, especially with flames and smoke. Since the number of facilities with realistic flames and smoke is limited, it is difficult to conduct drills with such realities in schools and workplaces. In this paper, we propose a system that uses mixed reality (MR) technology to simulate fire and smoke during an evacuation drill at a school or workplace. The proposed system uses a transparent head-mounted-display (HMD) to move through the real world, so that the system provides trainees with a highly realistic image of flames and smoke superimposed on the evacuation route. In addition, the appropriateness of the evacuation action is assessed by recording the route and time of the action, and the results are presented to the trainees at the end of the exercise to improve the effectiveness of the exercise.

    DOI: 10.1117/12.2591015

    researchmap

  • A virtual keyboard with multimodal feedback using physical tabletop 査読

    Naoto Fukumi, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    DOI: 10.1117/12.2591013

    researchmap

  • A VR-based learning system of tuna dismantling for fisheries high school students 招待 査読

    Misato Maekawa, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT) 2021   11766   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE Digital Library  

    Among characteristic club activities in Japanese fisheries high schools, demonstration of dismantling tunas and other fishes dismantling is attractive to consumers as well as to students. In spite of the extracurricular education, the school has difficulties to provide enough chances the students to practice of the dismantling due to their cost. To improve the situation, this article proposes a virtual reality support system of self-study for tuna dismantling. The system provides visual sense through Head-Mounted-Display (HMD) with interactive manipulation of some kinds of knives by both hands. Through the experience of the virtual world, students can study correct procedure with safety and accuracy of the dismantling. From the user test for fisheries high school students, the system shows its effectiveness on the learning outcome of the dismantling.

    DOI: 10.1117/12.2590966

    researchmap

  • A virtual reality system for dissecting vertebrates with an observation function 査読

    Taiki Sekiguchi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2021 International Conference on Electronics, Information, and Communication (ICEIC)   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Giving chances of hands-on experience is important for K-12 education, in order to make students obtain deep understanding. However, there is less opportunities of such experience in science education in Japan, due to some reasons. Therefore, in this paper, a virtual reality system is proposed with which the students can interactively experiment the dissection of vertebrate animals. Through a series of four stages in VR space, the proposed system provides a learner to learn the inner structure of the animal and the procedure of the dissection. Also giving the haptic sense in use of the vibration on the hand controllers, the system represents difference between alive and dead, so that the learner has a chance to think of the animal ethics.

    researchmap

  • Gas Flow Simulations for Olfactory Displays to Synchronize Videos 査読

    Yohei Seta, Mitsunori Makino, Yuichi Bannai, Motofumi Hattori

    Proceedings of 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)   562 - 563   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We have developed the olfactory display that can change multiple type of aroma in 0.1 second units in order to examine the response to human olfactory stimuli or use for virtual reality contents. This olfactory display diffuses aroma essence into the air, and the diffused aroma components are delivered to the system user's nostrils by airflow from fan, thereby presenting olfactory information. In this paper, we estimated the latency of olfactory information presentation in the olfactory display with computational fluid dynamics simulations in order to synchronize the presentation of olfactory information with videos. From the results, the latency of this olfactory display was estimated to be about 0.15 second.

    DOI: 10.1109/GCCE50665.2020.9291839

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/gcce/gcce2020.html#SetaMBH20

  • 粒子法シミュレーションによる嗅覚ディスプレイ香りパルスの可視化

    瀬田陽平, 牧野光則, 坂内祐一, 服部元史

    日本VR学会香り・味と生体情報研究会資料   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本VR学会  

    researchmap

  • A MR-based Visualization System of IoT Security 査読

    Yuma Akasaka, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2020   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • AR based Self Learning System of Japanese Calligraphy Skills 査読

    Yusuke Ishihara, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Image Technology 2020   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A VR-based Support System of Self-learning Microscope Operation 査読

    Hikaru Kaneko, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Image Technology 2020   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Tuna dismantling education system in Virtual Reality 査読

    Hikaru Yokoyama, Mitsunori Makino

    International Workshop on Advanced Image Technology 2020   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 嗅覚ディスプレイ設計への気体ながれシミュレーション

    瀬田 陽平, 牧野 光則, 坂内 祐一, 服部 元史

    ゲーム学会第18回全国大会論文集   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:ゲーム学会  

    researchmap

  • AR System with Operating Marker to Study the Law of Parallel and Series Electric Circuit 査読

    Taiki Sekiguchi, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Conference for Asia Digital Art and Design 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Assistant System of Oside Judgement Using Mixed Reality for Soccer’s Referee 査読

    Kai Sawai, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Conference for Asia Digital Art and Design 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influence on Temperature Sensation by Audiovisual Stimulation in Mixed Reality 査読

    Gaku Yamanoue, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Conference for Asia Digital Art and Design 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Augmented Reality System Superimposing Illustrated Eyes on Real Eyes for Treatment of Scopophobia 査読

    Masatsugu Namiki, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Conference for Asia Digital Art and Design 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Cheers Visualization System Using Mixed Reality to Improve Sense of Unity of Audience 査読

    Mirai Oka, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Conference for Asia Digital Art and Design 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Moving Particle Simulation for diffusion in transportation flow 査読

    Yohei Seta, Mitsunori Makino, Yuichi Bannai, Motofumi Hattori

    The 15th Asian Symposium on Visualization   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Korean Society of Visualization  

    researchmap

  • A real-time visual feedback system of strength self-training with motion capture 査読

    Hikaru Kaneko, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2019 International Conference on Electronics, Information and Communication (ICEIC2019)   11766   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The correct posture and procedure are essential for effective and injury-free strength training. Although it is necessary to know the differences between the postures and procedures of the trainer and the trainee, it is difficult for the trainee to know them during training without the presence of the trainer. Therefore in this article, we propose a mixed reality (MR) system which uses motion capture to recognize a trainee's posture on a HMD. Through the system, the trainee can train while looking his/her own postures on a HMD. Also the PC with the motion sensor can be placed some distance away since the HMD is connected with the PC wirelessly.

    DOI: 10.1117/12.2591035

    researchmap

  • An AR-based Self-Training System of Chest Compression as CPR 査読

    Moe Kadosawa, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2019 Joint Conference of International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia (IWAIT-IFMIA 2019)   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    DOI: 10.1117/12.2521576

    researchmap

  • An Arm Motion Learning Support System using Virtual Realit 査読

    Yoshie Doshi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2019 Joint Conference of International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia (IWAIT-IFMIA 2019)   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE  

    DOI: 10.1117/12.2521438

    researchmap

  • 科学教室からコンピテンシー教育へ 招待

    牧野光則

    2019年電子情報通信学会総合大会講演論文集   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A MR-based Folding Support System of Origami 査読

    Yuma Akasaka, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2018 International Technical Conference on Circuits/System, Computers and Communications (ITC-CSCC2018)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ECTI Associations  

    researchmap

  • A posing System of 3D Human Model using Mixed Reality 査読

    Yusuke Ishihara, Mitsunori Makino

    2018 International Technical Conference on Proceedings of Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2018)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ECTI  

    researchmap

  • A MR-based Folding Support System of Origami 査読

    Yuma Akasaka, Mitsunori Makino

    2018 International Technical Conference on Proceedings of Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2018)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ECTI  

    researchmap

  • An Eye-gaze Interface for Interaction with Nonplayer Character in VR Space 査読

    Hikaru Yokoyama, Mitsunori Makino

    2018 International Technical Conference on Proceedings of Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2018)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 中学校における化学反応式の学習支援用ARシステム 査読

    蘆田璃奈, 牧野光則

    2018年電子・情報・通信に関する国際会議論文集   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電気工学会  

    researchmap

  • 柔軟に投影可能なAR壁付けボタン 査読

    正木大輝, 牧野光則

    2018年電子・情報・通信に関する国際会議論文集   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電気工学会  

    researchmap

  • 太陽軌道の自己学習支援用ARシステム 査読

    門澤萌, 牧野光則

    2018年電子・情報・通信に関する国際会議論文集   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電気工学会  

    researchmap

  • タブレット端末を用いた拡張現実感による履歴書の手書き支援システム

    長谷川力, 牧野光則

    情報処理学会第79回全国大会論文集   第4分冊 ( 3X )   5   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • 可触性により主体的な学びを促すAR天体学習システム

    門澤萌, 牧野光則

    第77回CG・可視化研究会資料   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:CG・可視化研究会  

    researchmap

  • リアルタイムCGのための滑雪の表面張力を用いた粒子モデル 査読

    齋藤朱里, 牧野光則

    2017年先進画像技術に関する国際ワークショップ論文集   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:マルチメディア大学  

    researchmap

  • PBF による粒子の状態変化計算を用いた炭酸水のSSF による実時間描画

    箭内一樹, 牧野光則

    情報処理学会第79回全国大会論文集   第4分冊 ( 7X )   6   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • 複数入力に基づく没入感を考慮した単一映像出力の決定法 査読

    西村孝太, 牧野光則

    2017年先進画像技術に関する国際ワークショップ論文集   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:マルチメディア大学  

    researchmap

  • 界面張力を考慮した粒子法による容器口から流れる液垂れの数値シミュレーション 査読

    瀬田陽平, 横山真男, 牧野光則, 矢川元基

    第29回計算力学講演会   2016.29   4_216   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmecmd.2016.29.4_216

    CiNii Research

    researchmap

  • 液垂れ現象シミュレーションに対する粒子法の応用 査読

    瀬田陽平, 横山真男, 牧野光則, 矢川元基

    第12回計算力学世界会議   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:韓国機械学会  

    researchmap

  • 未就学児用のARを用いた果実・野菜のハンズオン教材 査読

    土屋偲, 牧野光則

    2016年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議論文集   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 透過型HMD上での対話的仮想拡張ディスプレイ 査読

    正木大樹, 牧野光則

    2016年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議論文集   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • VRシステムにおける没入度の制御インタフェース 査読

    蘆田璃奈, 牧野光則

    2016年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議論文集   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • ビデオ型HMDを用いた仮想空間への現実像投影による衣類選択支援システム

    加藤慶, 牧野光則

    情報処理学会研究報告CHI   2016-HCI-167 ( 13 )   1 - 6   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    近年,衣料品市場が伸び悩んでいる原因として,衣料品市場の e コマース (EC) 化の縮小が考えられる.衣料品市場の EC 化縮小の一因は消費者がネット通販では衣料品を試着できないことであり,自宅で試着できるシステムの普及が必要である.それは消費者が自宅で手軽に行える必要があり,AR を用いた仮想的な試着システムが適している.既存システムに大型ディスプレイにユーザの全身を映すものがある.しかし,これは大型ディスプレイを使用するため自宅用としての普及に適していない.そこで本研究では,手軽に大型ディスプレイと同じ感覚を得られ,近年普及しつつあるヘッドマウントディスプレイ (HMD) と Web カメラ,そして鏡を用いた仮想試着システムを提案する.提案システムとして HMD 上に風景画像と,Web カメラから取得した映像上に衣類の CG を重畳した映像を表示する衣類選択支援システムを開発した.

    researchmap

  • 仮想空間提示に適したタンジブルインタフェースに関する研究

    鷲野誠, 牧野光則

    情報処理学会研究報告HCI   2016-HCI-167 ( 19 )   1 - 8   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:情報処理学会  

    近年登場している VR 向けハードウェアやコンテンツでは,視覚から没入感を高める傾向が強い.しかし,今後の市場成長を大きくするためには,ユーザの操作に焦点を当てたシステムの普及が必要である.そこで本研究では利用者の没入感を向上するために,入出力画面を分離した仮想現実感システムにおける UI を設計し,その有用性を検証した.提案UIは入力デバイスであるディスプレイ上での利用者の操作を取得し,かつ,利用者が操作する有形オブジェクトを認識する.それにより,ユーザの動作と仮想空間におけるオブジェクトの動きの整合性を高める.提案 UI を備えたアプリケーションを構築し,それに対するユーザテストで有用性を検証した.

    researchmap

  • ニューズレターからファンダムレビュー.過去・現在そして未来

    牧野 光則

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   9 ( 3 )   175 - 176   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    researchmap

  • 動作認識を用いた調理支援システム 査読

    西村孝太, 牧野光則

    2015年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議論文集   OS - 19-01   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電子工学会  

    researchmap

  • 履歴書作成へのARによる支援システム 査読

    長谷川力, 牧野光則

    2015年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議論文集   OS - 28-03   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電子工学会  

    researchmap

  • VR空間における物体の移動・回転のためのMicrosoft PixelSense上での対話操作 査読

    Makoto Washino, Mitsunori Makino

    Proceedings of The 2015 Joint Conference of the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) and the International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Kinectを用いたダンス骨格の初心者の自習用重畳可視化 査読

    Go Arai, Mitsunori Makino

    Proceedings of The 2015 Joint Conference of the International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT) and the International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA)   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 気泡の自動発生を伴う炭酸水の粒子法を用いたリアルタイムCG描画法 査読

    箭内一樹, 牧野光則

    2015年サイバーワールドに関する国際会議論文集   375 - 378   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    For virtual reality (VR) environment with interactivity, this paper proposes a real-time computer graphics (CG) rendering method, which can represent bubbles released in carbonated water. In the method, two types of bubbles are considered, which are, generated on the liquid surface at the water pouring, and ones generated in a container. The proposed method consists of 1) simulation of bubbles' behavior and 2) real time rendering. In the first step, we introduce the smoothed particle hydrodynamics (SPH) method into the simulation of the bubbles' behavior, which can calculate particles' movement in the deformable water at relatively low computational cost. Also the SPH method is executed under the parallel computing on a graphics processing unit (GPU). In addition, in this method we propose bubbles generation model using state transition of particles. This model consider that keeping total mass and volume constant. In the second step, we also use the GPU to render CG images in real-time. The proposed method is evaluated by three aspects, reality, real-time and interactivity. By comparing with photographs/movies taken in the real world, we confirm that the proposed method has necessa

    DOI: 10.1109/CW.2015.62

    Web of Science

    researchmap

  • 粒子法によるリアルタイムCGを用いた屋根からの滑雪の対話的な危険度可視化 査読

    齋藤朱里, 牧野光則

    2015年サイバーワールドに関する国際会議論文集   30 - 33   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes an interactive risk visualization system to enable people to understand intuitively the risk of snow sliding from a roof. The system represents the risk as a colored bar and real-time computer graphics (CG) images simulated by the smoothed-particle hydrodynamic method (SPH). First, snow behavior is defined as fluid-based dynamics. Second, the risk is visualized in two ways with real-time CG of the snow sliding on a graphics processing unit (GPU). One is a colored bar along the ground where the snow hits, and another is numerical value for a zone where a viewer supposes to be safe from the snow sliding. Such visualization gives an intuitive understanding to the viewer. The viewer can interactively and graphically manipulate the conditions, such as the accumulated mass of snow, the pitch of the roof, and the zone where the viewer supposes to be safe. From the evaluation of the system on both aspects of intuitive understanding of the risk and usability, its effectiveness is especially shown to users who live in little snowfall regions and have few knowledge about the dangerous. Therefore, we conclude that the proposed system performs as a self-study tool about the

    DOI: 10.1109/CW.2015.61

    Web of Science

    researchmap

  • 地図上の位置認識のための仮想空間内対話的訓練システム 査読

    Kei Kato, Mitsunori Makino

    Proceedings of The 4th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing 2014 (IEVC2014)   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:画像電子学会  

    researchmap

  • 工学分野での教育の質保証 (大学教育のアウトカム)

    牧野 光則

    IDE : 現代の高等教育   ( 560 )   32 - 36   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IDE大学協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • システムと信号処理サブソサイエティの今後に向けて

    牧野 光則

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   7 ( 4 )   299 - 300   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    DOI: 10.1587/essfr.7.299

    researchmap

  • システムと信号処理サブソサイエティにおける将来展望 : 期待される人材を育成するための方策(パネル討論,システムと信号処理及び一般)

    牧野 光則, 中野 敬介, 池田 誠, 澤田 宏, 中村 祐一, 山根 智

    電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用   113 ( 121 )   69 - 69   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 高周波電磁波伝搬の分散処理を用いたCAVE上での対話的可視化 査読

    謝華, 牧野光則

    Proceedings of 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電子工学会  

    researchmap

  • 研究者ネットワークの構築および複数名のリアルタイム使用を考慮した可視化

    明畠 裕樹, 牧野 光則

    研究会講演予稿   265   222 - 225   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:画像電子学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 大型高精細ディスプレイ上におけるレイトレーシング法の視野特性に基づいた詳細度制御

    山田 達郎, 牧野 光則

    研究会講演予稿   265   149 - 152   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:画像電子学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • TK-2-1 2012年度JABEE認定基準と審査方法の狙い(TK-2.JABEEの最新動向〜新基準による審査から見えてたこと〜,大会委員会企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 2 )   "SSS - 17"-"SSS-18"   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • NUIを用いたセキュリティインシデント体験学習システム(ポスター(生活支援・アート・可視化),映像表現・芸術科学フォーラム2013)

    鶴岡 亮平, 牧野 光則

    映像情報メディア学会技術報告   37 ( 0 )   239 - 242   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 映像情報メディア学会  

    本稿では,情報セキュリティ専門職ではないものの情報システム管理業務を担当する者が仮想的にセキュリティインシデント初期対応を体験できるシステムを提案する.提案システムは学習と体験の2モードで構成される.学習モードでは脅威に関する情報がテキストおよび静止画像で提示される.体験モードでは,アニメーションを用いて脅威や対策による効果を表現する.また,多人数でタッチ操作が行え,かつオブジェクト認識機能を備えたMicrosoft PixelSenseを用いることで,提案システムに高い操作性と対話性を具備させる.これにより,提案システムは実学が困難なセキュリティインシデントについて対話的に仮想体験させることができ,利用者の知識定着と理解度向上を図れる.

    DOI: 10.11485/itetr.37.17.0_239

    researchmap

  • 研究者ネットワークの構築および複数名のリアルタイム使用を考慮した可視化(ポスター(生活支援・アート・可視化),映像表現・芸術科学フォーラム2013)

    明畠 裕樹, 牧野 光則

    映像情報メディア学会技術報告   37 ( 0 )   229 - 232   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 映像情報メディア学会  

    本稿では,総合大学のような多様な分野に属する研究者集団の傾向を可視化する対話型システムを提案する.提案システムでは,研究者データベースに収録されている個々の研究者の研究分野やキーワードをもとに研究者ネットワークを構築し,CGにより可視化する.これにより,研究分野ごとの層の厚さや,複数の分野に所属することが一般的な研究者同士のつながりの把握を容易にする.また,提案システムが実装されるMicrosoft PixelSenseが持つマルチタッチ機能を用いることで,複数名による同時対話操作を可能にし,情報のより容易な把握を実現する.

    DOI: 10.11485/itetr.37.17.0_229

    researchmap

  • CAVEシステム上での高周波電磁波伝搬の可視化のための分散処理を用いた分割法 査読

    謝華, 牧野光則

    Communications in Computer and Information Science   402   149 - 159   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-642-45037-2_14

    Scopus

    researchmap

  • Microsoft PixelSenseを用いたブレインストーミング法支援システム(CGの基礎から応用,映像表現・芸術科学フォーラム2013)

    菅原 正剛, 牧野 光則

    映像情報メディア学会技術報告   37 ( 0 )   19 - 22   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 映像情報メディア学会  

    本稿では,複数名によるブレインストーミング法(BS法)の中で,カードを用いてアイデアを纏める手法の利用者を支援するシステムを提案する.提案システムはMicrosoft PixelSenseを用いて複数人同時マルチタッチやテーブル型を活かしたUIを実現し,Eメールを用いた入力方法によってデータの同時入力を可能とする.また,中間・最終成果物の保存を装備することで,作業の一時中断・復帰の容易化や成果物同士の比較を実現する.

    DOI: 10.11485/itetr.37.17.0_19

    researchmap

  • TK-3-1 JABEEの最新動向 : 2012年適用認定基準と審査方法が目指すもの(大会委員会企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012 ( 1 )   "SSS - 13"-"SSS-14"   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • AP-1-1 大学における回路基礎教育 : 何をどこまでどのように(AP-1.回路基礎教育:何をどこまで,パネルセッション,ソサイエティ企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012   "SS - 12"-"SS-13"   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 図書館内での書籍探索におけるAR技術を利用したお気に入り登録システム 査読

    渡辺洋子, 牧野光則

    Proceedings of 2012 International Conference on Electronics, Information and Communications   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電子工学会  

    researchmap

  • ネットワークセキュリティの教育用3次元可視化システム 査読

    加藤謙一, 牧野光則

    Proceedings of 2012 International Conference on Electronics, Information and Communications   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 誤検出低減を伴う効率的なNIDSログ解析用の対話的な情報可視化システム 査読

    末澤慶人, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2012   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • KINECTとHMDを用いた共有仮想環境システム 査読

    鈴木淳平, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2012   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 概念学習のためのオントロジーマップの対話的・視覚的提示手法 査読

    藤澤裕一, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2012   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • CAVE上での高周波電磁波伝搬のマルチスレッドを用いた逐次的可視化 査読

    謝華, 牧野光則

    Communications in Computer and Information Science   325   188 - +   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    Web of Science

    researchmap

  • 特集編集にあたって(<特集>暗号世代交代と社会的インパクト)

    牧野 光則

    電子情報通信学会誌   94 ( 11 )   931 - 931   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • システムと信号処理サブソの新たな展開を目指して

    石浦 菜岐佐, 牧野 光則, 宇佐美 公良, 山田 功, 平石 邦彦, 山口 真悟, 中村 正樹

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   111 ( 102 )   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    システムと信号処理サブソサイエティ4研専は,平成22年から合同研究会を開催している.合同研究会の意味をより深めるために,サブソ会長を座長に,各研専委員長または各研専の代表者をパネラーとしたパネルディスカッションを開催する.近年のICT技術の発展は,システムの高機能化・高信頼化・高安全性を実現したが,一方で大規模・複雑化し,高度なシステム・信号処理技術が必要となっている.システムと信号処理サブソサイエティの4研専は,システム・信号処理技術の基礎を支える研専として相補的な関係にある.そこで,お互いに各研専の研究分野を理解し,サブソのより一層の活性化につながるような研専の枠を超えた新たな活動を考えるキックオフ的なパネルディスカッションとなることを目指す.

    researchmap

  • 地下鉄出入口階段における歩行者の視認性の可視化 査読

    鶴岡亮平, 牧野光則

    Proceedings of 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大韓電子工学会  

    researchmap

  • 小特集編集にあたって(<小特集>これからの医工連携)

    牧野 光則

    電子情報通信学会誌   94 ( 3 )   165 - 165   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • TK-3-1 さらなる認定基準の改定とJABEE最新動向(TK-3.JABEEの最新動向,大会委員会企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011 ( 2 )   "SSS - 6"-"SSS-7"   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 小特集編集にあたって(<小特集>工学教育今昔)

    牧野 光則

    電子情報通信学会誌   94 ( 2 )   106 - 106   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 電子情報通信における萌芽的研究論文小特集の発行にあたって(<小特集>電子情報通信における萌芽的研究論文)

    牧野 光則

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   94 ( 2 )   51 - 51   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A Time-Series Visual Simulation System of Flood-Hazard on DEM 査読

    平野貴大, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 (IWAIT2011)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大学における回路基礎教育の現状に関する調査報告 ~ 回路基礎教育: 何をどこまで ~

    牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告   CAS ( 389 )   93 - 97   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    どの電子情報通信技術分野にも共通する懸念として、ゆとり教育における高校数学・高校物理教育の軽薄化と、製品開発等実際に使われる技術の回路設計技術の超高度化の間で大学における専門技術基礎回路教育は板挟みになっており、電子情報通信技術の基礎に位置付けられている回路教育もまさしく渦中にある。また、高等教育の質保証の流れに伴い、知識習得にとどまらずそれを活用する力の育成教育にも注目しており、いわゆるペーパーテストだけでは到達度評価が必ずしも十分とはいえない懸念がある。そこで、回路とシステム研究専門委員会では、2010年秋に専門委員が所属する大学の電気電子情報通信系学科を中心にアンケート調査を行った。本アンケートでは、回路教育の中で特に初学年時に絞って、教育内容とその到達度評価について調査した。本稿では調査結果の第一報を示す。

    CiNii Books

    researchmap

  • An Efficientry Ray Tracing with LOD Control by Head Tracking and Human Eyesight 査読

    奈良陽介, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 (IWAIT2011)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A 3D Visualization of Information on Behavior of Malwares 査読

    Yuzuru Nakajima, Mitsunori Makino, Junji Nakazato, Masashi Eto, Koji Nakao

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 (IWAIT2011)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • University, JP)|rn|91569357339An Interactively Visual Presentation System of Network Incidents' Dataset to Information Security Managers 査読

    巴洋一, 寺田真人, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 (IWAIT2011)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Educational 3D CG Game of Network Security 査読

    金井正和, 牧野光則

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 (IWAIT2011)   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 駅ホームと併設型昇降機上の降客行動の磁気モデルを用いたビジュアルシミュレーション 査読

    加藤 謙一, 牧野 光則

    第26回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 教室内における移動者による発声の伝搬状況の対話的3次元可視化システム 査読

    鈴木 淳平, 牧野 光則

    第26回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • AR-based Cooking Navigation System with Easy Input of Recipes 査読

    渡邉洋子, 牧野光則

    Proceedings of NICOGRAPH International 2011   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • An Interactive Visualization of Audibility of Teacher’s Voice in Noisy Classroom 査読

    末澤, 牧野光則

    Proceedings of NICOGRAPH International 2011   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • A 3D Representation of Objects from a Set of Two Thermographic Images 査読

    藤澤裕一, 牧野光則

    Proceedings of NICOGRAPH International 2011   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • TK-2-1 JABEE認定の2010年度改定内容とJABEEの最近の動き(TK-2.2010年度JABEE認定基準の改定に関する説明会,大会委員会企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010 ( 1 )   "SSS - 1"   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    JABEE (日本技術者認定機構)は2009年に一般社団法人化し、認定審査を含む体制がより充実の方向に進んでいる。また、既に告知済みの通り2010年度から JABEE認定基準の改定が適用されるほか、IEA Graduate Attributesなど国際動向への適合性の向上に向けた取り組みが進んでいる。そこで、2010年度改定の認定基準の内容や経過措置を中心に平易な解説を行い、最近のJABEEの動向も含めて以下の内容について説明する。

    CiNii Books

    researchmap

  • 3次元空間中の多面体配置によるツリー構造情報の可視化システム

    宗ブン, 牧野光則

    2010年NICOGRAPH春季大会論文集   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 視覚特性を考慮した没入感ディスプレイ用LOD制御付レイトレーシング法 査読

    Naoki Mochizuki, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2010 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2010)   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • タッチパネルを備えた裸眼立体視ディスプレイ上での対話操作システム 査読

    Yukihiro Ishibashi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2010 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2010)   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • インターネット上のセキュリティ情報の教育的可視化システム 査読

    Koji Nakayoshi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2010 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2010)   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 研究会に行こう!:回路とシステム研究会(CAS)

    牧野 光則

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   4 ( 2 )   157 - 158   2010年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  

    DOI: 10.1587/essfr.4.157

    researchmap

  • CG技術を用いたセキュリティカメラ・監視のための3次元空間中の視認性の定義 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 周囲警笛音の可視化システム 査読

    Yuzuru Nakashima, Mitsunori Makino

    Proceedings ofC 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEK  

    researchmap

  • タッチパネルと裸眼立体視ディスプレイを用いた仮想物体切断学習支援システム 査読

    Masakazu Kanai, Mitsunori Makino

    Proceedings ofC 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEK  

    researchmap

  • 粒子法を用いた洪水ハザードCGマップ生成システム 査読

    Takahiro Hirano, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEK  

    researchmap

  • 3次元ディジタル地図用夜景CG高速表現法 査読

    Yoichi Tomoe, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2009   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEK  

    researchmap

  • 没入感システム用ノンハプティック入力インタフェース 査読

    Yusuke Suga, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2009   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • モバイルGIS における3 次元画像表現

    葉凱, 牧野光則

    芸術科学会第8回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 対話的切断・パラメータ設定付き3次元空間中のフラクタル図形の立体視表示方法 査読

    Hiroki Yamamoto, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2009   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • コントラストと視差を考慮したCAVEシステム上での金属物体のハイライト強調モデル

    Yasuji Watanabe, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2009   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CRAYON: CAVE用3次元形状モデリングシステム 査読

    Mikiko Koike, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2009 International Conference on Image and Graphics (ICIG2009)   634 - 639   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Compter Press  

    DOI: 10.1109/ICIG.2009.80

    Web of Science

    researchmap

  • 都市空間における高周波電磁波伝搬提示システムの没入環境下での実現 査読

    池田正彦, 牧野光則

    芸術科学会第24回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 没入感システム上での科目間の連携を考慮したカリキュラムの対話式可視化システム 査読

    早乙女暖, 牧野光則

    芸術科学会第24回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • CRAYON - CAVE上での3次元形状モデリングシステム 査読

    Mikiko Koike, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2009   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 人間の視覚特性を考慮した歩行者の注視度の計算と可視化 査読

    Koji Nakayoshi, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2009   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 没入ディスプレイ上での人間の視力の表現 査読

    Yukihiro Ishibashi, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2009   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 3次元空間中の打ち上げ花火のリアルタイムビジュアルシミュレーション 査読

    高燕, 牧野光則

    芸術科学会第7回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会 芸術科学会  

    researchmap

  • 階層型ポリゴンデータを用いた影の詳細度制御

    田島知明, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告   107 ( 554 )   13 - 18   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会 電子情報通信学会  

    researchmap

  • 科目間の連携を考慮したカリキュラムの可視化

    益子英俊, 牧野光則

    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ論文集   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会 電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Mapping Method of Shadow and Weather Effects in 3D Digital Map System 査読

    Taiki Kanai, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2008 (IWAIT2008)   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:National Chiao Tung University National Chiao Tung University  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Effectiveness of Security Cameras 査読

    Sayaka Isozaki, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2008 (IWAIT2008)   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Interactive Visual System of Visibility with Searching Better Viewpoint 査読

    Jun Otsuka, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2008 (IWAIT2008)   107 ( 411 )   119 - 124   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    This paper presents an interactive visual simulation system of visibility which can automatically search better viewpoint than a given initial viewpoint. Previous research is calculation and representation system of visibility for a target object using computer graphics (CG) technology. Therefore we propose interactive visual simulation system which expand previous research. The proposed system provides us the effective surveillance information numerically and visually. The system has a feature of searching better viewpoint than a given initial viewpoint. As a result, the proposed system is helpful for security cameras/guards setting in various situation.

    CiNii Books

    researchmap

  • A Visualization and Interactive Manipulation of 3D Digital Map on Immersive Display System 査読

    Junichiro Shuto, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2008 (IWAIT2008)   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 人体左心室のリアルタイムボリュームレンダリング 査読

    Naoki Mochizuki, Mitsunori Makino

    Proceedings of Asia Simulation Conference 2008   555 - 561   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Chinese Association for System Simulation  

    Web of Science

    researchmap

  • 視覚特性を利用した詳細度制御による没入型システムでの高速表示 査読

    松本茂, 牧野光則

    芸術科学会第23回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会 芸術科学会  

    researchmap

  • 1/f揺らぎを用いた落葉ビジュアルシミュレーション

    早乙女暖, 牧野光則

    第26回日本シミュレーション学会大会発表論文集   309 - 312   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    researchmap

  • 没入感立体視システムを用いたフラクタル図形の可視化

    山本広樹, 牧野光則

    第26回日本シミュレーション学会大会発表論文集   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    researchmap

  • パーティクルシステムを用いた環境タバコ煙のリアルタイムビジュアルシミュレーション'

    池田正彦, 牧野光則

    第26回日本シミュレーション学会大会発表論文集   313 - 316   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    researchmap

  • 女性専用車両を考慮したポテンシャルモデルによる駅ホーム歩行シミュレーション

    渡邊康司, 牧野光則

    第26回日本シミュレーション学会大会発表論文集   26   305 - 308   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 自動微分を用いた適応的・効率的フォトンマッピング 査読

    生江拓也, 牧野光則

    中央大学理工学研究所論文集   ( 12 )   107 - 116   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学理工学研究所 中央大学理工学研究所  

    researchmap

  • An Adaptive Subdivision of Beams for Polygonal Objects in Visual Simulation of High Frequency Electromagnetic Wave Propagation 査読

    Hiroaki Nakano, Xiaoyi Cao, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2007 (IWAIT2007)   106 ( 448 )   159 - 164   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    For providers and customers of wireless communication systems using high frequency electromagnetic wave such as wireless LAN and cellular phone, it is important to know an electromagnetic wave propagation situation. Therefore, a representation method of the propagation situation in urban space is necessary, which can show at least summary of coverage, reliability and leakage through showing the propagation situation according to configurations and instructions of a user. We have proposed an interactive system with a three dimensional map data, which can calculate and show the propagation situation. In the proposed method, combining a beam tracing method with adaptive subdivision with three dimensional GIS(Geographic Information System), we can analyze and visualize a propagation situation. However, since the proposed method can be applied to three dimensional map data composed by a set of triangular meshes, the method is not so efficient for buildings and roads which are usually defined as polygons. Therefore in this paper, we propose an improved method which can handle polygons directly. The proposed method can benefit reduction of number of both of objects to be checked in the beam tracing and the adaptive subdivision.

    CiNii Books

    researchmap

  • A Lighting Simulation under Foggy Condition by Particle Distribution 査読

    Shinya Sasada, Mitsunori Makino, Tomoko Ueno, Hitoshi Akasaka, Hideo Saitou

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2007 (IWAIT2007)   106 ( 449 )   159 - 164   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    This paper proposes a visual lighting simulation under foggy condition in which the ray tracing method with probability is introduced. Since water particles generating fog are sufficiently larger than wavelength of visible light, geometric optics is introduced to the ray tracing, while some scattering theories are applied to case of shorter wavelength. Each ray is supposed to go through a series (sequence) of cubic voxels. Each voxel contains a water particle representing fog. Calculating probability of intersection between the ray and the particles, we determine a voxel where the ray intersects with a particle. Therefore, the proposed method works fast and efficiently by avoiding unnecessary calculation of intersection of rays with all particles in the series of voxels along the rays, respectively.

    CiNii Books

    researchmap

  • An Adaptive Visualization of Range Image with Priority Considering Capability of Rendering System 査読

    Masao Akuzawa, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2007 (IWAIT2007)   727 - 732   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A direct/indirect visibility of objects in three dimensional space by ray tracing 査読

    Mitsunori Makino, Tsuyoshi Furuhata

    PROCEEDINGS OF THE FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE AND GRAPHICS   938 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    In this paper, a definition of visibility of objects will be proposed for generalized 3D art gallery problem, to which the ray tracing algorithm is introduced. The proposed visibility provides level of direct/indirect surveillance from single/multiple viewpoints such as cameras and/or guards, which takes 3D location, mirroring/transmitting, dust effect and obstruction into account. Also a prototype of interactive visualization system will be shown, which makes us easily understand the situation through displaying both the visibility and a CG scene from any viewpoint.

    DOI: 10.1109/ICIG.2007.169

    Web of Science

    researchmap

  • 没入感システムにおける入力インターフェイス 査読

    須賀雄介

    芸術科学会第22回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会 芸術科学会  

    researchmap

  • An Efficiently Adaptive Ray Tracing by Automatic Differentiation 査読

    Masato Misumi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2007)   839 - 842   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会 電子情報通信学会  

    researchmap

  • A LOD Control of Polygons for Immersive Display based on Human Vision 査読

    Shigeru Matsumoto, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2006   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会 芸術科学会  

    researchmap

  • 時間と天候を考慮した3次元電子地図の表示方法

    首藤純一郎, 牧野光則

    第25回日本シミュレーション学会大会講演論文集   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    researchmap

  • 肺の立体視表示による喫煙リスクのCAVEでの可視化

    田島知明, 牧野光則, 星佳芳

    第25回日本シミュレーション学会大会講演論文集   25   77 - 80   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 視点移動を考慮した視認性の可視化

    磯崎澄, 牧野光則

    第25回日本シミュレーション学会大会講演論文集   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会 日本シミュレーション学会  

    researchmap

  • View Dependent Visualization of Accessibility of High Frequency Wireless Network Systems 査読

    Seiichi Inomata, Xiaoyi Cao, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2006   105 ( 500 )   226 - 231   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    For providers and customers of wireless communication services such as cellular phone and wireless LAN, to know high frequency electromagnetic wave propagation is concerned with two important matters : one is to know whether we can use the services or not, and another is to know whether our information may be secure or leak by the services. To keep our lives convenient and secure, techniques detecting and showing the propagation situation are useful. We have proposed a beam tracing method with adaptive subdivision, which analyzes and visualizes a propagation situation in three dimensional space. For any point in the object space, power of a propagation is calculated by beams passing through the point, which are defined by a set of three rays. In this paper, an efficient calculation of the power will be proposed, in which the power is not calculated in an area out of sight. The proposed method achieves faster visualization than the previously proposed method, with keeping quality of visualization in a user's sight.

    CiNii Books

    researchmap

  • An Adaptive Beam Division for a Visual Simulation of High Frequency Electromagnetic Wave Propagation 査読

    Xiaoyi Cao, Mitsunori Makino, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    GESTS International Transactions on Computer Science and Engineering   26 ( 1 )   1 - 10   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GESTS  

    researchmap

  • A Non-Haptic Input Interface for Immersive Systems 査読

    Yusuke Suga, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2006 (IWAIT2006)   490 - 495   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    researchmap

  • An Adaptive Radiation of Initial Rays in Ray Tracing by Automatic Differentiation 査読

    Masami Misumi, Mitsunori Makino

    Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2006 (IWAIT2006)   105 ( 500 )   244 - 249   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    The ray tracing algorithm is well-known as one of the most popular rendering techniques in computer graphics. In the ray tracing, tracing the rays and calculating intersection between rays and objects are essential. Since usually a ray having no thickness is defined for each pixel of the image, the image may include aliasing. For anti-aliasing, one of the authors proposed an adaptive distributed ray tracing in the use of the automatic differentiation. However, number of initial rays are determined by resolution of prospective image. Therefore it takes longer time as we need larger image. Expanding the method to detection of variation over pixels. an adaptive method is proposed to determine from which pixels initial rays should be radiated. Since unnecessary initial rays are not calculated, the proposed method benefits more efficient calculation of ray tracing.

    CiNii Books

    researchmap

  • 螺旋階段:属性を用いた情報の3次元一括可視化 査読

    桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会論文誌   4 ( 4 )   108 - 119   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 視覚特性を考慮したポリゴンモデルの詳細度制御と高速表示 査読

    松本哲也, 牧野光則

    芸術科学会第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   31 - 36   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 多種類の属性を保有するデータに対する一括可視化システムの提案 査読

    桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   67 - 72   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • 歩行者の情報把握のための3次元都市構造物の加工表現法

    秦祥彰, 牧野光則

    芸術科学会第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   85 - 90   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • An ALL-IN-ONE Hierarchical Information Visualization of Web Data 査読

    Meeko Kuwahara, Mitsunori Makino

    GESTS International Transactions on Computer Science and Engineering   22 ( 1 )   101 - 112   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GESTS  

    researchmap

  • An Adaptive Meshing for a Surface Model Based on a Fibre Bundle of 1-Parameter Groups for Intelligent Communication 査読

    Naoya Sagara, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    GESTS International Transactions on Computer Science and Engineering   23 ( 1 )   45 - 56   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GESTS  

    researchmap

  • 線形Lie代数を用いた3次元形状の対話的変形 査読

    金子真理子, 相良直哉, 牧野光則, 趙晋輝

    芸術科学会第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   97 - 102   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • Lie代数曲面モデルの詳細度制御付きJava Viewer 査読

    相良直哉, 桑原明栄子, 牧野光則, 趙晋輝

    芸術科学会第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   79 - 84   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • Toward Interactive Image Communications System with Invariants of Lie Algebra 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2005)   441 - 444   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Research Society on Nonlinear Theory and its Applications, IEICE  

    researchmap

  • A Visually Interactive Deformation of Surfaces Defined by Linear Lie Algebra with Extraction of Invariants 査読

    Mariko Kaneko, Naoya Sagara, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Proceedings of 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2005)   449 - 452   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Research Society on Nonlinear Theory and its Applications, IEICE  

    researchmap

  • An Adaptive Mesh Generation for Surface Model Based on a Fibre Bundle of 1-parameter Groups 査読

    Naoya Sagara, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Proceedings of 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2005)   445 - 448   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Research Society on Nonlinear Theory and its Applications, IEICE  

    researchmap

  • A Visualization of 3D Lungs Representing Risk of Smoking 査読

    Mitsunori Makino, Tomohiro Akiyama, Keika Hoshi

    Proceedings of 20th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2005)   2   795 - 786   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEK IEEK  

    researchmap

  • 3次元立体視装置を用いた都市空間中の対話的電磁波伝搬の可視化について

    牧野光則, 曹暁逸, 白井宏, 篠田庄司

    電気学会研究会資料,社団法人電気学会 電気学会   2005 ( 14 )   65 - 70   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • An Adaptive Meshing for Surfaces Model Based on a Fibre Bundle of 1-Parameter Groups 査読

    Naoya Sagara, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Proceedings of NICOGRAPH International 2005   111 - 116   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society for Art and Science Society for Art and Science  

    researchmap

  • Circular City - A Whole Visualization of Large Scale Hierarchical Data with Subsidiary Information 査読

    Meeko Kuwahara, Mitsunori Makino

    Proceedings of NICOGRAPH International 2005   25 - 30   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society for Art and Science Society for Art and Science  

    researchmap

  • An Adaptively Synchronized Method for Passive Stereoscopic Projection System 査読

    Tetsuo Hannya, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2005 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2005)   283 - 288   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:韓国テレビジョン学会 韓国テレビジョン学会  

    researchmap

  • An Interactive Visual Simulation of High Frequency Electromagnetic Wave Propagation 査読

    Xiaoyi Cao, Mitsunori Makino, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 2005 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2005)   104 ( 545 )   521 - 526   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KOSBE KOSBE  

    In this paper, a visual simulation with view-dependent culling and level-of-detail (LOD) is proposed, which represents efficiently high frequency electromagnetic wave propagation used in wireless communication systems. In order to solve difficulty of interactive visualization of volume data representing the propagation in large and complex urban space, view-dependent culling of volume data is introduced, which are generated by beam tracing. In addition to applying LOD to definition of the volume data, number of volume data is restricted within a limit under which can generate and visualize the data interactively. Consequently, the proposed system can visualize the propagation with both of necessary precision and interactive manipulation.

    CiNii Books

    researchmap

  • A Visualization of Visibility for Art Gallery Problem in 3D Space by Using Ray Tracing 査読

    Tsuyoshi Furuhata, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2005 International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2005)   509 - 514   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KOSBE KOSBe  

    researchmap

  • An interactively stereoscopic visual simulation on the CAVE for reliability and security of mobile communications systems 査読

    XY Cao, M Makino, H Shirai, S Shinoda

    System Simulation and Scientific Computing, Vols 1 and 2, Proceedings   1   461 - 465   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INTERNATIONAL ACADEMIC PUBLISHERS LTD  

    Virtual reality environment has great potential to display various types of information in three-dimensional space. In this paper, an interactively stereoscopic visual simulation with view-dependent Culling and level-of-detail (LOD) is presented, which targets high frequency electromagnetic wave propagation in wireless communication systems such as wireless LAN. Considering a trade-off between interactive visualization and precise representation of volume data of the propagation in large and complex urban space, view-dependent culling of volume data is introduced, which are generated by beam tracing. In addition to applying LOD to the definition of volume data, the number of volume data is restricted within a limit under which can generate and visualize the data interactively. The proposed method is installed and performs well on the CAVE, a multi-faced stereoscopic display system.

    Web of Science

    researchmap

  • An Application of Automatic Differentiation to Photon Mapping for Efficient Image Synthesis with Global Illumination 査読

    Takuya Namae, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2004 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2004)   569 - 572   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会 電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Implementation of Hierarchical Data Structure in Visualization of High Frequency Electromagnetic Wave Propagation on the CAVE 査読

    Mitsunori Makino, Xiaoyi Cao, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 2004 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2004)   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会 電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Case Study: Visualization by Tree Structure of Tiles on the CAVE for High Frequency Electromagnetic Wave Propagation in Communication Systems 査読

    Mitsunori Makino, Xiaoyi Cao, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of NICOGRAPH International 2004   73 - 78   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会 芸術科学会  

    researchmap

  • An adaptive beam division for a visual simulation of high frequency electromagnetic wave propagation 査読

    XY Cao, M Makino, H Shirai, S Shinoda

    2004 JOINT CONFERENCE OF THE 10TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON COMMUNICATIONS AND THE 5TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MULTI-DIMENSIONAL MOBILE COMMUNICATIONS, VOLS 1 AND 2, PROCEEDINGS   2   710 - 714   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, we propose an adaptive beam division method for a visual simulation of high frequency electromagnetic wave propagation. In order to guarantee the correctness of visualization and calculate electromagnetic wave power within beam (transformation from beam data to, volume data) with low computational cost, an adaptive beam division technique is introduced into the beam data structure. By implementation of the proposed method, one can transform beam, data to volume data more correctly with lower computational cost and visualize the high frequency electromagnetic wave propagation by a so-called ray-casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    Web of Science

    researchmap

  • An adaptive mesh generation of surfaces defined by lie algebra and its visualization toward intelligent communication system 査読

    N Sagara, M Kuwahara, M Makino, JH Chao

    TENCON 2004 - 2004 IEEE REGION 10 CONFERENCE, VOLS A-D, PROCEEDINGS   B454 - B457   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The research on computer graphics (CG) has been actively studied and developed Namely, many surface/solid models have been proposed in the field of computer aided geometric design as well as the one of CG. Since it is difficult to visualize the complex shape exactly, an approximation by generating a set of meshes is usually used Therefore it is important to guarantee the quality of the approximation in consideration of the computational cost.
    In this paper, an adaptive mesh generation algorithm will be proposed for a surface defined by Lie algebra, which is useful in the field of computer vision. The proposed algorithm considers the variation of normal vectors with automatic differentiation around the calculated point on the surface. By the method a set of meshes for the surface can be generated adoptively and automatically with high quality at low computational cost. And in order to apply to the Realtime System such as CAVE, determine the adaptive resolution considering the viewpoint.

    Web of Science

    researchmap

  • 大規模階層構造データの識別情報を用いた可視化手法

    桑原明栄子, 牧野光則

    情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD,情報処理学会 情報処理学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 花火大会のデザイン作成のための支援システムの提案 査読

    横関鉄平, 牧野光則, 柏木雅英

    芸術科学会第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 3DCGアニメーションにおける動き線付加による動作強調表現法 査読

    桑原明栄子, 相良直哉, 牧野光則

    芸術科学会第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • セルオートマトンを用いた駅構内乗降客の歩行シミュレーションと情報の可視化 査読

    鈴木則充, 牧野光則, 木本有紀, 玉利幸子

    芸術科学会第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • セルアニメーションCG における感性的輪郭線表現作成支援システムの提案 査読

    加藤洋, 桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • DES 暗号化の可視化 査読

    施国騰, 牧野光則

    芸術科学会第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • High Frequency Electromagnetic Wave Propagation on the CAVE

    Xiaoyi Cao, Mitsunori Makino

    Proceedings of the 3rd CAVE-Programming Workshop   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Helsinki University of Technology  

    researchmap

  • A Visual Simulation of a Car-Traffic Flow by Customizing Boid Model

    Naoya Sagaram, Mitsunori Makino

    Proceedings of the 3rd CAVE-Programming Workshop   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Helsinki University of Technology  

    researchmap

  • A Visualization of Tsunami-Tidal Wave- by Soliton Wave in Combination with Particles

    Tsuyoshi Furuhata, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2003), CD-ROM   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Institute of Electronics Engineers of Korea (IEEK)  

    researchmap

  • CGアニメーション用誇張表現作成補助システムの提案 査読

    桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会論文誌   2 ( 1 )   21 - 30   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:芸術科学会  

    researchmap

  • Reconstruction Algorithm for Convex Polygonal Objects from RCS Values 査読

    Kenji Ono, Hiroshi Shirai, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Prceedings of the Progress in Electromagnetics Research Symposium 2003 (PIERS2003)   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Electromagnetics Academy  

    researchmap

  • 自動微分を利用した適応的分散レイトレーシング 査読

    篠塚五月, 牧野光則

    電子情報通信学会論文誌A、J85-A(10)   85 ( 10 )   1115 - 1125   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    近年コンピュータグラフィックス(CG)の発展は著しく,よりリアルな画像を追求するためレンダリングの分野においても盛んに研究が進められている.Distributed Ray Tracing(分散レイトレーシング)はレイを分散させることにより,アンチエイリアシングや半影,モーションブラーなどを表現する手法である.しかし,レイトレーシング法と同様,レイの数が計算コストに大きな影響を及ぼすため,すべてのレイを分散させるのは効率的ではない.一方,自動微分は微分可能な関数に対して関数値と,その関数値の偏微分値を同時にたかだか定数倍の計算時間で得られる手法として知られている.そこで本論文では,各レイに対する計算結果の変化量を自動微分を用いて予測し,適応的にレイを分散し,アンチエイリアシング,半影,モーションブラーを統一的に処理する手法を提案する.提案手法により,分散が不要な箇所ではレイを分散させず,適応的かつ効率的に高品質な画像を生成できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • CGアニメーション用強調動作作成補助システムの提案 査読

    桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会第18回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,芸術科学会   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • An Improvement of Solution Path Tracing Algorithm Using Hyper-Ellipsoid 査読

    Norimitsu Suzuki, Mitsunori Makino

    Prceedings of 2002 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2002), CD-ROM   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Adaptive Beam Tracing for Visual Simulation of Ray Prooagation in Wireless Communications Systems 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 2002 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2002), CD-ROM   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Volcanic Eruption in the Use of Particle System 査読

    Yusuke Yamashita, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2002 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2002), CD-ROM   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • A High Quality Mesh Generation for Surfaces in the Use of Interval Arithmetic 査読

    Ryota Kikuchi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2002 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2002), CD-ROM   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Location System with Bluetooth 査読

    Yusuke Yoneyama, Shoji Shinoda, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2002 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2002), CD-ROM   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Adptive Photon Mapping in the Use of Automatic Differentiation 査読

    Takuya Namae, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2002 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2002), CD-ROM   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • ユニバーサル・アドホックネットワークの検討-PHSを2台用いた送受信方式の情報配信実験-

    田中規之, 千賀章, 牧野光則, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第21回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集,日本シミュレーション学会   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Bluetoothを用いた情報配信方法の一方法 査読

    北川正史, 米山悠介, 牧野光則, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第21回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集,日本シミュレーション学会   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Detection of edges and approximation of surfaces in the use of automatic differentiation in computer graphics

    M Makino

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E85A ( 3 )   558 - 565   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In the field of computer graphics (CG), some adaptive methods have been proposed in order to make CG images more real in relatively low computational cost. As one of such adaptive methods, in this paper, an adaptive method will be proposed for detection of edges and approximation of surfaces in the use of the so-called automatic differentiation. In the proposed method a CG image with high quality can be generated in suitable computational cost. In this paper, three cases will be considered. The first is ail adaptive distributed ray tracing which can adaptively generate anti-aliased CG images in suitable computational cost. The second is a high quality triangular meshing, which guarantees accuracy of the generated meshes according to shape of given surface in suitable computational cost. The last case is used in the so-called radiosity method.

    Web of Science

    researchmap

  • 電波伝搬ビジュアル・シミュレーションのための適応的ビーム・トレーシングの改良

    曹暁逸, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    電子情報通信学会技術研究報告, CAS2001-98   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 電波伝搬ビジュアル・シミュレーションのための適応的ビーム・トレーシングの改良

    曹暁逸, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    電子情報通信学会技術研究報告, CAS2001-98   101 ( 633 )   1 - 7   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • パーティクルシステムを用いた紙の燃焼のシミュレーション

    宝迫敦, 牧野光則, 柏木雅英

    芸術科学会第17回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,   69 - 74   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自動微分を用いた適応的分散レイ・トレーシング

    篠塚五月, 牧野光則

    芸術科学会第17回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   147 - 152   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元Lie代数曲面モデルの自動微分を用いた適応的高品質メッシュ化手法

    山本祐一, 佐野太保, 牧野光則, 趙晋輝

    芸術科学会第17回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,   129 - 134   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • High Quality Triangular Meshing with Automatic Differentiation and its Application to CG Rendering Algorithm

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 2001 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2001)   195 - 198   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3次元Lie代数曲面モデルの適応的高品質メッシュ化に関する研究

    佐野太保, 牧野光則, 趙晋輝

    シミュレーション   20 ( 3 )   251 - 258   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Adaptive SBR Algorithm for Site Specific EM Wave Propagation Estimation

    Satoshi Watanabe, Hiroshi Shirai, Mitsunori Makino, Shoji Shinoda

    Proceedings of Korea-Japan AP/EMC/EMT Joint Conference (KJCC-AP/EMC/EMT 2001)   94 - 97   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • パーティクルシステムを用いた紙の燃焼のシミュレーション

    宝迫敦, 牧野光則, 柏木雅英

    電子情報通信学会2001年情報・システムソサイエティ大会講演論文集   D-12-32   207   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A Cell Automaton Model for Pedestrian Flow in Museum with Visual Simulation

    Yusuke Yamashita, Mitsunori Makino

    Proceedings of the 2001 International Technical Conference on Circuits / Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2001)   I   188 - 191   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Motion Blur in Consideration of Optical Flow Proceedings of the 2001 International Technical Conference on Circuits / Systems

    Naoya Sagara, Mitsunori Makino

    Computers and Communications (ITC-CSCC2001)   I   470 - 473   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Cell Automaton Model for Car-Traffic Flow on an Expressway with Visual Simulation

    Ryota Kikuchi, Mitsunori Makino

    Proceedings of the 2001 International Technical Conference on Circuits / Systems Computers and Communications (ITC-CSCC2001)   I   545 - 548   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • An Illumination Model of Phosphor by Ray Tracing Method Proceedings of the 2001 International Technical Conference on Circuits / Systems

    Norimitsu Suzuki, Mitsunori Makino

    Computers and Communications (ITC-CSCC2001)   I   192 - 195   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Combination Model with 2D information and Altitude for 3D Visualization in GIS

    Takuya Namae, Mitsunori Makino

    Proceedings of the 2001 International Technical Conference on Circuits / Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2001)   I   60 - 63   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 標高を考慮した3次元都市空間の構築と可視化

    生江拓也, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 時間経過による蓄光性蛍光体の輝度変化の可視化

    鈴木則充, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   193 - 196   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 2次元都市空間における双対グラフを用いた電波伝搬の解析と可視化

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   20   1 - 4   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2次元都市空間における双対グラフを用いた電波伝搬の解析と可視化

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   20   1 - 4   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • 時間経過による蓄光性蛍光体の輝度変化の可視化

    鈴木則充, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 美術館における歩行者のビジュアルシミュレーション

    山下裕介, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 視点移動を考慮した画像の生成

    相良直哉, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Shooting and Bouncing Ray Algorithm for Site Specific Electromagnetic Wave Propagation Prediction

    Hiroshi Shirai, Satoshi Watanabe, Mitsunori Makino, Shoji Shinoda

    Proceedings of the 4th International Conference on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'01)   133 - 138   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Ray Propagation in the Use of Adaptive Beam Tracing for Wireless Communications Systems

    Mitsunori Makino, Akira Ohsaki, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of the 4th International Conference on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'01)   125 - 132   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 高速道路における自動者交通流のビジュアルシミュレーション

    菊池良太, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 標高を考慮した3次元都市空間の構築と可視化

    生江拓也, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   197 - 200   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 美術館における歩行者のビジュアルシミュレーション

    山下裕介, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   209 - 212   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 視点移動を考慮した画像の生成

    相良直哉, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   205 - 208   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 高速道D4路における自動者交通流のビジュアルシミュレーション

    菊池良太, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス発表論文集   201 - 204   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 移動体通信基地局配置支援のための電波伝搬の双対グラフを用いた解析と可視化

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    電子情報通信学会技術研究報告   100 ( 574 )   15 - 22   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    移動体通信は世界各国で爆発的に, そして急速に普及している.この普及を支えるために多くの基地局が建てられ, 都市の電波伝搬はより複雑化している.その複雑化した都市の電波伝搬をレイトレーシング法を用いて解析する研究が行われている.本稿では, 短時間で電波伝搬領域をもれなく求めるために, 都市空間を双対グラフで結合された正三角形で構成される2次元平面とし, レイトレーシング法により求めた電波伝搬領域を保持し, 可視化する手法を提案する.本手法では各三角形内で電波が伝搬する領域の面積を求める事により, 隙間なく, かつ, 効率的に電波伝搬を表現できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • 適応的ビームトレーシングによる高周波電波伝搬のビジュアル・シミュレーション

    大崎晃, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    電子情報通信学会技術研究報告   100 ( 574 )   23 - 30   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    移動体通信に用いられる高周波電波は直進性が強い.この性質を利用し, 電波を幾何光線(レイ)に近似するレイ・トレーシング法は電波伝搬領域を把握するために有効である.しかし, 有限数のレイのみの計算結果では, レイの存在しない領域に対して本来なら電波が伝搬しているか否かを判別することは困難である.本稿では, 基地局から射出したレイに隣接関係を持たせ, ビームを定義して伝搬領域の計算を行う.このとき, 電波の非伝搬領域をビームが含まないようにするため, 状況に応じて再帰的かつ適応的にレイを新たに生成し, かつ, ビームを分割することで, 任意の領域に対する電波の伝搬・非伝搬を効率的に区別でき, 伝搬領域の欠損を防ぐことができる.

    CiNii Books

    researchmap

  • A. high quality mesh generation for surfaces defined by Hamiltonian Lie algebra 査読

    Y Yamamoto, H Sano, M Makino, J Chao

    IEEE REGION 10 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC TECHNOLOGY, VOLS 1 AND 2   226 - 231   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, the research on computer graphics (CG) has been actively studied and developed. Namely, many surface/solid models have been proposed in the field of computer aided geometric design as well as the one of CG. Since it is difficult to visualize the complex shape exactly, an approximation by generating a set of meshes is usually used. Therefore it is important to guarantee the quality of the approximation in consideration of the computational cost.
    In this paper, an adaptive mesh generation algorithm will be proposed for a surface defined by Lie algebra, which is useful in the field of computer vision. The proposed algorithm considers the variation of normal vectors around the calculated point on the surface. By the method a set of meshes for the surface can be generated adaptively and automatically with high quality at low computational cost.

    Web of Science

    researchmap

  • A simplified visual simulation for GIS in consideration with weather and sunlight

    R Kato, M Makino

    IEEE REGION 10 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC TECHNOLOGY, VOLS 1 AND 2   535 - 541   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, a simplified visualization method is proposed for geographic information systems (GIS) in consideration of weather and sun moving. In order to decrease computational cost in visualization, the proposed method consists of 2 parts; pre-process for generating textures and main process for rendering. In the main process, buildings and roads with shadows are visualized by the ray tracing algorithm. Also in the process, sky, snow, and rain are visualized by textures, which are a priori generated in the pre-process. In the pre-process, some textures such as snow and rain are generated by the ray casting algorithm. Then we can obtain images with weather condition and shadows of sunlight by buildings along the road. It is seen that the computational cost for the main part becomes relatively low in spite of representing shadows and weather.

    Web of Science

    researchmap

  • A. high quality mesh generation for surfaces defined by Hamiltonian Lie algebra

    Y Yamamoto, H Sano, M Makino, J Chao

    IEEE REGION 10 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC TECHNOLOGY, VOLS 1 AND 2   226 - 231   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Recently, the research on computer graphics (CG) has been actively studied and developed. Namely, many surface/solid models have been proposed in the field of computer aided geometric design as well as the one of CG. Since it is difficult to visualize the complex shape exactly, an approximation by generating a set of meshes is usually used. Therefore it is important to guarantee the quality of the approximation in consideration of the computational cost.
    In this paper, an adaptive mesh generation algorithm will be proposed for a surface defined by Lie algebra, which is useful in the field of computer vision. The proposed algorithm considers the variation of normal vectors around the calculated point on the surface. By the method a set of meshes for the surface can be generated adaptively and automatically with high quality at low computational cost.

    Web of Science

    researchmap

  • An adaptive distributed ray tracing with automatic differentiation

    S Shinotsuka, M Makino

    IEEE REGION 10 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC TECHNOLOGY, VOLS 1 AND 2   232 - 238   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Pay tracing is well known as one of the most popular rendering techniques in computer graphics. In the algorithm tracing rays from a viewpoint and calculation of intersection between rays and objects are essential. Since the rays are usually defined as piecewise lines precisely, they can not include the neighbor situation even if the neighbor is very close. Therefore the rays must be distributed, i.e., additional rays must be defined along with the original ones in order to obtain the neighbor situation. In this paper we introduce the so-called automatic differentiation to detection whether the rays are to be distributed or not. In the proposed method each calculation, of the ray tracing has its differentiation with respect to coordinates and time. Then we can discover where the rays need distribution. This approach makes the distribution adaptive so that the computational cost becomes low.

    Web of Science

    researchmap

  • A simplified visual simulation for GIS in consideration with weather and sunlight 査読

    R Kato, M Makino

    IEEE REGION 10 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC TECHNOLOGY, VOLS 1 AND 2   535 - 541   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, a simplified visualization method is proposed for geographic information systems (GIS) in consideration of weather and sun moving. In order to decrease computational cost in visualization, the proposed method consists of 2 parts; pre-process for generating textures and main process for rendering. In the main process, buildings and roads with shadows are visualized by the ray tracing algorithm. Also in the process, sky, snow, and rain are visualized by textures, which are a priori generated in the pre-process. In the pre-process, some textures such as snow and rain are generated by the ray casting algorithm. Then we can obtain images with weather condition and shadows of sunlight by buildings along the road. It is seen that the computational cost for the main part becomes relatively low in spite of representing shadows and weather.

    Web of Science

    researchmap

  • 線形リー代数による曲面に対する品質保障付きメッシュ作成技法 査読

    河野真一, 牧野光則, 石井進也, 趙晋輝

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II ( 12 )   2707 - 2715   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    高い汎用性や容易な処理を目的として, これまでに様々な形状モデルの構築・改良が研究されている.このうち, 認識された形状を表現するため, 線形リー代数による形状モデルがコンピュータビジョンの分野において提案されている.このモデルによって表現された形状を, 特徴を維持しかつ効率的に可視化するためには, 適応的に形状を近似する方法の構築が必要である.そこで本論文では, 曲面の法線方向の変動を把握するという観点により品質を保証した, 線形リー代数により表現される形状のメッシュ用近似点群を生成する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 線形リー代数による曲面に対する品質保障付きメッシュ作成技法

    河野真一, 牧野光則, 石井進也, 趙晋輝

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II ( 12 )   2707 - 2715   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    高い汎用性や容易な処理を目的として, これまでに様々な形状モデルの構築・改良が研究されている.このうち, 認識された形状を表現するため, 線形リー代数による形状モデルがコンピュータビジョンの分野において提案されている.このモデルによって表現された形状を, 特徴を維持しかつ効率的に可視化するためには, 適応的に形状を近似する方法の構築が必要である.そこで本論文では, 曲面の法線方向の変動を把握するという観点により品質を保証した, 線形リー代数により表現される形状のメッシュ用近似点群を生成する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • ラジオシティ法における高速自動微分を用いた適応的メッシュ生成法 査読

    長谷部貢史, 牧野光則

    芸術科学会第16回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 粒子系を用いた自由形状変化を持つ水滴のモデリング 査読

    吉田直史, 牧野光則, 柏木雅英

    芸術科学会第16回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 線形リー代数で記述される曲面の高品質メッシュ化 査読

    佐野太保, 牧野光則, 趙晋輝

    芸術科学会第16回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 都市空間における電磁波伝搬解析と可視化について(2)

    渡邊智, 白井宏, 牧野光則

    電気学会電磁界理論研究会資料   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Representation Model and Key Frame Determination of Animation Using Reeb Graphs

    Masaki Suzuki, Hiroshi Tamagawa, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2   603 - 607   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Adaptive Triangular Meshing in Radiosity Method in the Use of Automatic Differentiation 査読

    Mitsuhito Hasebe, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2   599 - 602   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Application of Homotopy Method to Ray Tracing Algorithm

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2   609 - 612   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Representation Model and Key Frame Determination of Animation Using Reeb Graphs 査読

    Masaki Suzuki, Hiroshi Tamagawa, Mitsunori Makino, Jinhui Chao

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Adaptive Triangular Meshing in Radiosity Method in the Use of Automatic Differentiation 査読

    Mitsuhito Hasebe, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Application of Homotopy Method to Ray Tracing Algorithm 査読

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000)   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 自動微分を利用した品質保証付きメッシュ作成手法

    牧野光則, 永野彰

    電子情報通信学会技術研究報告   100 ( 205 )   75 - 82   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, 自動微分法を用い, 自由形状曲面の形状変化に追従し精度を保証する高品質メッシュの作成手法を提案する.また提案手法を利用して曲面上のサンプリング点の周辺形状を偏導関数値により推定することで曲面固有の幾何的特徴線を効率的に抽出し, 有限要素法, 境界要素法などの数値解析法やコンピュータ支援設計(Computer Aided Geometric Design, CAGD)における繁雑な処理を簡略化する方法についても述べる.

    CiNii Books

    researchmap

  • A Visualization Method of Gravitational Lensing by Gravitational Sources in Three Dimensional Space

    Satsuki Shinotsuka, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems   2   1092 - 1095   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Computers and Communications (ITC-CSCC2000)  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Car-Traffic Flow on a Crossing

    Yuichi Yamamoto, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems   2   1115 - 1119   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Computers and Communications (ITC-CSCC2000)  

    researchmap

  • A Simplified Visual Simulation of Urban Space in Consideration with weather and Sunlight 査読

    Rie Kato, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems/Computers and Communications (ITC-CSCC2000)   2   1076 - 1079   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Computers and Communications (ITC-CSCC2000)  

    researchmap

  • A High Quality Mesh Generation for a Surface defined by Linear Lie Algebra

    Hiroyasu Sano, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems   2   1103 - 1106   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Computers and Communications (ITC-CSCC2000)  

    researchmap

  • A Visualization Method of Gravitational Lensing by Gravitational Sources in Three Dimensional Space 査読

    Satsuki Shinotsuka, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems/Computers and Communications (ITC-CSCC2000)   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Visual Simulation of Car-Traffic Flow on a Crossing 査読

    Yuichi Yamamoto, Mitxunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems/Computers and Communications (ITC-CSCC2000)   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A High Quality Mesh Generation for a Surface defined by Linear Lie Algebra 査読

    Hiroyasu Sano, Mitsunori Makino

    Proceedings of 2000 International Technical Conference on Circuits/Systems/Computers and Communications (ITC-CSCC2000)   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 交差点における自動車交通流のビジュアルシミュレーション

    山本祐一, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス論文集   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 複数の重力源の3次元的配置を考慮した重力レンズ効果の可視化

    篠塚五月, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス論文集   2000   283 - 286   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • 天候を考慮した3次元都市景観シミュレーション

    加藤理恵, 牧野光則

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス論文集   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 双対グラフを用いた電波伝搬のビジュアルシミュレーション

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス論文集   2000   165 - 168   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • 3次元空間における電波伝搬ビジュアルシミュレーション

    大崎晃, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    日本シミュレーション学会第19回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス論文集   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Beam Tracing Method of Ray Propagation for Wireless Communication Systems

    Mitsunori Makino, Akira Ohsaki, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'99)   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Homotopy Method by Using Hyper-Ellipsoid under Tracing Solution Path

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'99)   2   823 - 826   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Beam Tracing Method of Ray Propagation for Wireless Communication Systems

    Mitsunori Makino, Akira Ohsaki, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'99)   2   891 - 894   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 都市空間における電磁波伝搬解析と可視化について

    橋口弘一, 矢野貴啓, 白井宏, 牧野光則

    電気学会電磁界理論研究会資料   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Homotopy Method by Using Hyper-Ellipsoid under Tracing Solution Path

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'99)   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Tracing Solution Path Algorithm Using Hyper-Ellipsoid In Homotopy Method 査読

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Adaptive Space Subdivision Method for Urban Area

    Hiroyasu Sano, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   I   118 - 121   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Visual Simulation for High Frequency Electromagnetic Wave Propagation 査読

    Akira Ohsaki, Mitsunori Makino, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   I   229 - 232   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Tracing Solution Path Algorithm Using Hyper-Ellipsoid In Homotopy Method 査読

    Sachiko Nagumo, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   I   655 - 658   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Radiosity Method for Interaction between Sky and Objects 査読

    Mitsuhito Hasebe, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   II   1007 - 1010   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Adaptive Space Subdivision Method for Urban Area 査読

    Hiroyasu Sano, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Visual Simulation for High Frequency Electromagnetic Wave Propagation 査読

    Akira Ohsaki, Mitsunori Makino, Hiroshi Shirai, Shoji Shinoda

    Proceedings of 1999 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications (ITC-CSCC'99)   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 分布関数によるポリゴンオブジェクト間の融合接続の一手法

    高崎大輔, 牧野光則, 大石進一, 柏木雅英

    1999年電子情報通信学会総合大会講演論文集   D - 11-100   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A visual simulation of ray propagation for wireless communication systems

    M. Makino, A. Ohsaki, S. Shinoda, H. Shirai

    IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   1   534 - 537   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In order to analyze the urban propagation environment of electromagnetic waves, we propose a beam tracing method with a subdivision technique, in which the beam is generated by three rays. According to reflection of the rays on the buildings or ground, additional rays are generated adaptively and the beam is subdivided automatically. After generation of the set of beams, we transform the electromagnetic wave propagation data into volume data. Then one can visualize the data of propagation at any viewpoint by the so-called ray casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    DOI: 10.1109/TENCON.1999.818469

    Scopus

    researchmap

  • A visual simulation of ray propagation for wireless communication systems 査読

    M. Makino, A. Ohsaki, S. Shinoda, H. Shirai

    IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   1   534 - 537   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In order to analyze the urban propagation environment of electromagnetic waves, we propose a beam tracing method with a subdivision technique, in which the beam is generated by three rays. According to reflection of the rays on the buildings or ground, additional rays are generated adaptively and the beam is subdivided automatically. After generation of the set of beams, we transform the electromagnetic wave propagation data into volume data. Then one can visualize the data of propagation at any viewpoint by the so-called ray casting algorithm, which is one of the most useful methods in computer graphics.

    DOI: 10.1109/TENCON.1999.818469

    Scopus

    researchmap

  • 線形リー代数による曲面に対する品質保証付きメッシュ作成技法 査読

    河野真一, 牧野光則, 趙晋輝, 石井進也

    マルチメディアコンテンツ振興協会第14回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 線形リー代数による曲面に対する品質保証付きメッシュ作成技法 査読

    河野真一, 牧野光則, 趙晋輝, 石井進也

    マルチメディアコンテンツ振興協会第14回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   7 - 16   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Reeb Graphによる動画系列の記述法

    玉川宏志, 中島将輝, 牧野光則, 趙晋輝

    98年度画像符号化シンポジウム(PCSJ98)/年度映像メディア処理シンポジウム(IMPS98)   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Reeb Graphによる動画系列の記述法

    玉川宏志, 中島将輝, 牧野光則, 趙晋輝

    98年度画像符号化シンポジウム(PCSJ98)/98年度映像メディア処理シンポジウム(IMPS98)   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Reeb Graphによる動画系列の記述法

    玉川宏志, 中島将輝, 牧野光則, 趙晋輝

    1998年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集   D - 12-93   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An Estimation by Interval Analysis of Region Guaranteeing Existence of a Solution Path in Homotopy Method

    Mitsunori Makino

    IEICE Trans. Fundamentals   E81-A ( 9 )   1886 - 1891   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Propagation down The Urban Canyons of High Rise Buildings

    Hiroshi Shirai, Kouichi Hashiguchi, Ryo Sawai, Mitsunori Makino, Azuma Taguchi, Shoji Shinoda

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'98)   52 ( 2 )   348 - 351   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Guarantee for Homotopy Method of Calculating Solutions of Strongly Monotone Resistive Circuit Equations 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1998 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'98)   1   117 - 120   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An estimation by interval analysis of region guaranteeing existence of a solution path in homotopy method 査読

    M Makino

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E81A ( 9 )   1886 - 1891   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Related with accuracy, computational complexity and so on, quality of computing for the so-called homotopy method has been discussed recently. In this paper, we shall propose an estimation method with interval analysis of region in which unique solution path of the homotopy equation is guaranteed to exist, when it is applied to a certain class of uniquely solvable nonlinear equations. By the estimation, we can estimate the region a posteriori, and estimate a priori an upper bound of the region.

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic Wave Propagation down The Urban Canyons of High Rise Buildings

    Hiroshi Shirai, Kouichi Hashiguchi, Ryo Sawai, Mitsunori Makino, Azuma Taguchi, Shoji Shinoda

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'98)   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Guarantee for Homotopy Method of Calculating Solutions of Strongly Monotone Resistive Circuit Equations 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1998 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'98)   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Estimation by Interval Analysis for Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    of Calculating Solutions of Strongly Monotone Resistive Circuit Equations/Proceedings of 1998 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC'98)   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Estimation by Interval Analysis for Homotopy Method of Calculating Solutions

    Mitsunori Makino

    of Strongly Monotone Resistive Circuit Equations,Proceedings of 1998 International Technical Conference on Circuits/Systems   2   1571 - 1574   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Computers and Communications (ITC-CSCC'98)  

    researchmap

  • CGにおけるスポットライトの光跡の表現

    金沢雄一郎, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 面光源火炎モデルにおけるシェーディング手法

    加藤史也, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • An Estimation Method with Interval Analysis of Region Including Unique Solution Path of Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1997 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   NOLTA'97   337 - 340   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Estimation Method with Interval Analysis of Region Including Unique Solution Path of Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1997 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • CGによる伝搬する火災の可視化 査読

    酒井康孝, 牧野光則

    マルチメディアコンテンツ振興協会第13回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • CGにおける回転立体視のモデル化 査読

    河野真一, 牧野光則

    マルチメディアコンテンツ振興協会第13回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト論文集   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ホモトピー法における解曲線の存在領域の区間演出を援用した評価法

    牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   97 ( 258 )   43 - 48   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では, 非線形システムの数値解析法であるホモトピー法において, 曲線となるホモトピー方程式の解の存在領域を区間演算を用いて評価する手法を提案する. 唯一解をもつある種の非線形方程式に対してホモトピー法を適用すると, 一般にホモトピー方程式の解は1本の曲線となる. この解曲線追跡を行う際に, 解曲線追跡が必ず成功し, かつ, 解曲線の存在範囲が区間演算を用いて評価可能となる条件について検討し, 範囲の上界の事前評価並びに事後評価法を示す. また, この評価が適用可能なホモトピーについて考察する.

    CiNii Books

    researchmap

  • An Estimation with Interval Analysis of Region Guaranteeing Existence of a Solution Path in Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1997 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications   ITC-CSCC'97   931 - 934   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • An Estimation with Interval Analysis of Region Guaranteeing Existence of a Solution Path in Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1997 International Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • CGによる多層膜の干渉光の表現 査読

    武藤 一, 清水 英之, 牧野 光則, 大石 進一

    マルチメディアコンテンツ振興協会第12回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(財)マルチメディアコンテンツ振興協会   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • CGによる太陽サージプロミネンスの可視化

    中村 公信, 牧野 光則

    マルチメディアコンテンツ振興協会第12回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   169 - 177   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CGによる多層膜の干渉光の表現

    武藤 一, 清水 英之, 牧野 光則, 大石 進一

    マルチメディアコンテンツ振興協会第12回NICOGRAPH論文コンテスト論文集   178 - 188   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CGによる太陽サージプロミネンスの可視化 査読

    中村 公信, 牧野 光則

    マルチメディアコンテンツ振興協会第12回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(財)マルチメディアコンテンツ振興協会   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Priori Estimation with Interval Analysis for Calculating Solution of Nonlinear Equations by Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1996 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'96)   25 - 28   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Priori Estimation with Interval Analysis for Calculating Solution of Nonlinear Equations by Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1996 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'96)   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Sufficient Condition of A Priori Estimation for Tracing Solution Path of Nonlinear Equations by Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC'96)   737 - 740   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • A Sufficient Condition of A Priori Estimation for Tracing Solution Path of Nonlinear Equations by Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC'96)   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • コンピュータグラフィックスへの応用 ―全解探索アルゴリズムによる自由形状曲面の表現―

    牧野 光則, 宮野 晴光

    日本ファジィ学会第12回ファジィシステムシンポジウム論文集   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • コンピュータグラフィックスへの応用 ---全解探索アルゴリズムによる自由形状曲面の表現 ---

    牧野 光則, 宮野 晴光

    日本ファジィ学会第12回ファジィシステムシンポジウム論文集   627 - 630   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    researchmap

  • A Priori Estimation with Interval Analysis for Calculating Solution of Nonlinear Equations by Newton Type Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1995 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA'95)   1   427 - 430   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • CGによるオーロラのモデリング

    井上太郎, 牧野光則

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第11回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 粒子の成長を考慮した積乱雲の表現

    清水英之, 牧野光則, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第11回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   142 - 149   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A-PRIORI ESTIMATION OF NEWTON TYPE HOMOTOPY METHOD FOR CALCULATING AN OPTIMAL SOLUTION OF CONVEX-OPTIMIZATION PROBLEM 査読

    M MAKINO

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E78A ( 10 )   1339 - 1344   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper a priori estimation method is presented for calculating solution of convex optimization problems (COP) with some equality and/or inequality constraints by so-called Newton type homotopy method. The homotopy method is known as an efficient algorithm which can always calculate solution of nonlinear equations under a certain mild condition. Although, in general, it is difficult to estimate a priori computational complexity of calculating solution by the homotopy method. In the presented papers, a sufficient condition is considered for linear homotopy, under which an upper bound of the complexity can be estimated a priori. For the condition it is seen that Urabe type convergence theorem plays an important role. In this paper, by introducing the results, it is shown that under a certain condition a global minimum of COP can be always calculated, and that computational complexity of the calculation can be a priori estimated. Suitability of the estimation for analysing COP is also discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • 自動微分を考慮したオーバーサンプリングレイトレーシングの改良

    井下雅美, 牧野光則, 柏木雅英, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第10回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Priori Estimation of Newton Type Homotopy Method for Calculating an Optimal Solution of Convex Optimization Problems

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1994 Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA'94),(社)電子情報通信学会   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 格子密度による可変歩幅ボリューム・レイ・キャスティング

    石崎裕, 牧野光則

    情報処理学会研究報告,(社)情報処理学会   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Priori Estimation for Calculating Solution of Convex Optimizationn Problems with Equality Constraints by Newton Type Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino

    Proceedings of 1994 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(JTCCSCC'94),(社)電子情報通信学会   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 強単調な非線形方程式に対するホモトピー法の事前評価

    牧野光則

    京都大学数理解析研究所講究録,(社)電子情報通信学会   880   176 - 184   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 等式制約付き凸計画問題のニュートンホモトピーによる求解の事前評価 査読

    牧野光則

    電子情報通信学会第7回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集,(社)電子情報通信学会   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Priori Estimation for Computational Complexity of Homotopy Method for Calculating Solutions of Strongly Monotone Equations 査読

    Mitsunori Makino, Masahide Kashiwagi, Shin'ichi Oishi

    Proceedings of 1993 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA'93)   3   1053 - 1056   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • 強単調な非線形方程式に対するホモトピー法の事前評価

    牧野光則

    京都大学数理解析研究所数値計算アルゴリズムの現状と展望予稿集,(社)電子情報通信学会   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • レイ・トレーシング法を用いた異方性不均質透明体の表現 査読

    斎藤泰, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ   J76-D-Ⅱ ( 8 )   1755 - 1762   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    本論文では,光の振舞いを光学理論に忠実にシミュレートしたCG画像を生成することを目的として,レイトレーシング法により異方性不均質透明体を表現する手法を提案する.異方性不均質透明体による現象としては,蜃気楼のように光が湾曲する現象や,水晶等に観察される複屈折と呼ばれる背景が二重に見える現象が挙げられる.本論文でははじめに,媒質の外部形状を通常の透明体と同様に定義し,透明体内部の屈折率を場所の関数として与えることにより,光の湾曲による現象をレイトレーシング法で表現する.これにより蜃気楼,逃げ水などの画像を生成できる.次に,屈折率を屈折率だ円体として与えることにより,異方性をもつ透明体を表現する手法を示す.更に,屈折率だ円体を場所の関数として与えることにより,屈折率に異方性をもち,しかも不均質な透明体を統一的に表現する手法を示す.本論文では,不均質媒質を一種の透明体として扱い,視線が媒質に入射するときのみ影響を計算するので,比較的効率的に画像が生成できる.

    CiNii Books

    researchmap

  • AN ESTIMATION METHOD OF REGION GUARANTEEING EXISTENCE OF A SOLUTION PATH IN NEWTON TYPE HOMOTOPY METHOD 査読

    M MAKINO, M KASHIWAGI, SI OISHI, K HORIUCHI

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E76A ( 7 )   1113 - 1116   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    An estimation method of region is presented, in which a solution path of the so-called Newton type homotopy equation is guaranteed to exist, when it is applied to a certain class of uniquely solvable nonlinear equations. The region can be estimated a posteriori, and its upper bound also can be estimated a priori.

    Web of Science

    researchmap

  • ニュートンホモトピー方程式に対する解曲線の存在領域と計算量に関する検討

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   93 ( 102 )   43 - 49   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では非線形方程式の大域的求解アルゴリズムであるホモトピー法(解曲線追跡アルゴリズム)の解曲線の存在範囲と求解に要する計算量の上限の事前評価式について述べている.著者らはこれまでに簡易ニュートン法の収束定理である占部型の定理を援用することにより,非線形強単調方程式を中心とする,唯一解をもつある種の非線方程式に対してホモトピー法が必ず成功し,かつ計算量の上限が事前評価できる条件について研究を進めてきた.さらに,解曲線追跡を行う際に解曲線の存在範囲(領域)が評価(保証)可能となる条件について検討した.本稿では両者の関係について検討する.

    CiNii Books

    researchmap

  • A SUFFICIENT CONDITION OF A-PRIORI ESTIMATION FOR COMPUTATIONAL-COMPLEXITY OF THE HOMOTOPY METHOD 査読

    M MAKINO, M KASHIWAGI, S OISHI, K HORIUCHI

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E76A ( 5 )   786 - 794   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A priori estimation is presented for a computational complexity of the homotopy method applying to a certain class of strongly monotone nonlinear equations. In the present papers, a condition is presented for a certain class of uniquely solvable equations, under which an upper bound of a computational complexity of the Newton type homotopy method can be a priori estimated. In this paper, a condition is considered in a case of linear homotopy equations including the Newton type homotopy equations. In the first place, the homotopy algorithm based on the simplified Newton method is introduced. Then by using Urabe type theorem, which gives a sufficient condition guaranteeing the convergence of the simplified Newton method, a condition is presented under which an upper bound of a computational complexity of the algorithm can be a priori estimated, when it is applied to a certain class of strongly monotone nonlinear equations. The presented condition is demonstrated by numerical experiments.

    Web of Science

    researchmap

  • A MODIFIED NEWTON METHOD WITH GUARANTEED ACCURACY BASED ON RATIONAL ARITHMETIC 査読

    A INOUE, M KASHIWAGI, S OISHI, M MAKINO

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E76A ( 5 )   795 - 807   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we are concerned with a problem of obtaining an approximate solution of a finite-dimensional nonlinear equation with guaranteed accuracy. Assuming that an approximate solution of a nonlinear equation is already calculated by a certain numerical method, we present computable conditions to validate whether there exists an exact solution in a neighborhood of this approximate solution or not. In order to check such conditions by computers, we present a method using rational arithmetic. In this method, both the effects of the truncation errors and the rounding errors of numerical computation are taken into consideration. Moreover, based on rational arithmetic we propose a new modified Newton iteration to obtain an improved approximate solution with desired accuracy.

    Web of Science

    researchmap

  • ニュートンホモトピー方程式の解曲線の存在領域の評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 強単調な非線形方程式に対するホモトピー法における解曲線の存在領域の評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 指の先端位置情報による手の形状モデリング 査読

    淡路哲彦, 細谷健, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ   J75-D-Ⅱ ( 11 )   1978 - 1980   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 光覚の変化を考慮し、かつVolume Renderingを用いたMotion Blurの表現法 査読

    細谷健, 牧野光則, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第8回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • コンピュータグラフィックスにおける分光モデルに関する検討 査読

    伊藤貴之, 牧野光則, 斎藤泰, 大石進一

    電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ   J75-D-Ⅱ ( 11 )   1986 - 1989   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • ラジオシティ法を用いた透明体の陰影・集光の表現 査読

    伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ   J75-D-Ⅱ ( 11 )   1981 - 1985   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A Modified Newton Method Based on Rational Arithmetic 査読

    Akira Inoue, Masahide Kashiwagi, Shin'ichi Oishi, Mitsunori Makino

    Proceedings of 1992 Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA'92),(社)電子情報通信学会   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Suffidient Condition of A Priori Estimation for Computational Complexity of the Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino, Masahide Kashiwagi, Shin'ichi Oishi, Kazuo Horiuchi

    Proceedings of 1992 Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA'92),(社)電子情報通信学会   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 有理数演算による非線形方程式の近似解の精度保証

    井上晃, 柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    京都大学数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所   787   1 - 27   1992年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • INFINITE DIMENSIONAL HOMOTOPY METHOD OF CALCULATING SOLUTIONS FOR FREDHOLM OPERATOR WITH INDEX-1 AND A-PROPER OPERATOR-EQUATIONS 査読

    M MAKINO, S OISHI, M KASHIWAGI, K HORIUCHI

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E75A ( 5 )   613 - 615   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A type of infinite dimensional homotopy method is considered for numerically calculating a solution curve of a nonlinear functional equation being a Fredholm operator with index 1 and an A-proper operator. In this method, a property of so-called A-proper homotopy plays an important role.

    Web of Science

    researchmap

  • 離散力学系の解軌道の精度保証

    大石進一, 池田純一, 柏木雅英, 井上晃, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 有理数演算による精度保証付きニュートン法

    井上晃, 柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 光覚の変化を考慮した回転物体の表現法 査読

    細谷健, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第7回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1991年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 非線形強単調抵抗回路方程式のホモトピー法による求解の計算量の上界 査読

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会論文誌(A)   J74-A ( 8 )   1151 - 1159   1991年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • Constructive implicit function theorem and its applications 査読

    Shin'ichi Oishi, Masahide Kashiwagi, Mitsunori Makino, Kazuo Horiuchi

    Proceedings of 13th IMACS World Congress on Computation and Applied Mathematics   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Association for Mathematics and Computers in Simulation  

    researchmap

  • A Self-Validating Numerical Method for Solving Nonlinear Circuits 査読

    Mitsunori Makino, Shin'ichi Oishi, Akira Inoue, Hisa-aki Tanaka, Masahide Kashiwagi

    Proceedings of 1991 Joint Techinical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(JTC-CSCC'91),(社)電子情報通信学会   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Self-Validating Numerical Integration Method for Initial Value Problems of Nonlinear Ordinary Differential Equations

    Shin'ichi Oishi, Hisa-aki Tanaka, Mitsunori Makino, Masahide Kashiwagi, Kazuo Horiuchi

    電子情報通信学会第2回非線形理論とその応用学術研究集会論文集(NOLTA'91),(社)電子情報通信学会   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Self Validating Numerics for Nonlinear Equations Using Simplicial Approximation and Rational Number Arithmetics

    Akira Inoue, Shin'ichi Oishi, Mitsunori Makino, Masahide Kashiwagi, Kazuo Horiuchi

    電子情報通信学会第2回非線形理論とその応用学術研究集会論文集(NOLTA'91),(社)電子情報通信学会   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • AN URABE TYPE-A POSTERIORI STOPPING CRITERION AND A GLOBALLY CONVERGENT PROPERTY OF THE SIMPLICIAL APPROXIMATE HOMOTOPY METHOD 査読

    M MAKINO, S OISHI, M KASHIWAGI, K HORIUCHI

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS ELECTRONICS INFORMATION AND SYSTEMS   74 ( 6 )   1440 - 1446   1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRON INFO COMMUN ENG  

    In this paper, in the first place, a slightly version upped Urabe type theorem of convergence criterion is presented for the modified Newton method. Then, based on this theorem, a posteriori stopping criterion is presented for a class of numerical methods of calculating solutions including the simplicial approximate homotopy method for nonlinear equations. By this criterion it is estimated whether an approximate solution satisfies the conditions of the Urabe theorem or not. Finally, it is shown that under a certain mild condition a class of simplicial approximate homotopy methods such as Merrill's method generate an approximate solution which satisfies our stopping criterion in restarting finite steps.

    Web of Science

    researchmap

  • An Urabe Type Convergence Theorem for a Constructive Simplified Newton Method in Infinite Dimensional Spaces 査読

    Shin'ichi Oishi, Masahide Kashiwagi, Mitsunori Makino, Kazuo Horiuchi

    Proceedings of 1991 IEEE International Symposium on Circuits and Systems(ISCAS'91)   1236 - 1239   1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.  

    researchmap

  • 有限回の手順で終了することを保証した全解探索アルゴリズム 査読

    松田俊哉, 大石進一, 牧野光則, 柏木雅英

    電子情報通信学会第4回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集,(社)電子情報通信学会   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 単体近似による非線形方程式の精度保証付き数値解析法

    井上晃, 大石進一, 牧野光則, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 無限次元非線形システムの分岐の構成的解析法

    竹市正彦, 牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1991年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Constructive analysis for infinite‐dimensional nonlinear systems—infinite‐dimensional version of homotopy method 査読

    Mitsunori Makino, Shin'Ichi Oishi

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   74 ( 8 )   1 - 10   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Related to the problem such as determination of the operating point for the nonlinear resistor circuit equation, remarkable progress has recently been observed in the global solution method for the finite‐dimensional nonlinear equation, called the homotopy method. This paper attempts to extend the homo‐topy method to the infinite dimensional nonlinear equation (functional equation) such as the equation for the semiconductor devices. First, two streams are pointed out as the theoretical frameworks for the homotopy method for the finite‐dimensional equation, which are: (1) the characterization of the solution structure for the nonlinear equation
    and (2) the tracing of the solution trajectory. It is then pointed out that the Fredholm operator equation can be considered as a class of infinite‐dimensional equations, which can characterize the set of solutions as in item (1). The existence theorem for the solution in the finite‐dimensional homotopy method is extended to the class of Fredholm operator equations. Then it is pointed out that the A‐proper operator equation can be considered as a class of infinite‐dimensional equations, for which the computational algorithm for the solution can be described as in item (2). Based on the constructive theorem for the existence of the solution in the finite‐dimensional homotopy method, it is shown that the solution for the particular class of A‐proper operator equations can always be determined by numerical calculation. Finally, an application to the controllability problem is discussed. Copyright © 1991 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company

    DOI: 10.1002/ecjc.4430740801

    Scopus

    researchmap

  • Computational complexity of the homotopy method for calculating solutions of strongly monotonic resistive circuit equations

    Mitsunoai Makino, Shin'ichi Oishi, Masahide Kashiwagi, Kazuo Horiuchi

    Electronics and Communications in Japan (Part III: Fundamental Electronic Science)   74 ( 11 )   90 - 100   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A priori estimation is presented for a computational complexity of the homotopy method applied to a certain class of hybrid equations for nonlinear strongly monotonic resistive circuits. First, an explanation is given as to why a computational complexity of the homotopy method cannot be a priori estimated for calculating solutions of hybrid equations in general. In this paper, the homotopy algorithm is considered in which a numerical path‐following algorithm is executed based on the simplified Newton method. Then by introducing Urabe's theorem, which gives a sufficient condition guaranteeing the convergence of the simplified Newton method, it is shown that a computational complexity of the algorithm can be a priori estimated when applied to a certain class of hybrid equations for nonlinear strongly monotonic resistive circuits whose domains are bounded. This paper considers two types of path‐following algorithms: one with a numerical error estimation in the domain of a nonlinear operator
    and one with a numerical error estimation in the range of the operator. Copyright © 1991 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company

    DOI: 10.1002/ecjc.4430741109

    Scopus

    researchmap

  • Computational Complexity of Homotopy Method for Monotone Resistive Circuits

    Mitsunori Makino, Shin'ichi Oishi, Masahide Kashiwagi, Kazuo Horiuchi

    Proceedings of 1990 Joint Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications(JTC-CSCC'90),(社)電子情報通信学会   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Constructive Implicit Function Theorem and its Application to Circuit Simulation 査読

    Masahide Kashiwagi, Shin'ichi Oishi, Mitsunori Makino, Kazuo Horiuchi

    Proceedings of 1990 Joint Technical Conference on Circuits/Systems,Computers and Communications(JTC-CSCC'90),(社)電子情報通信学会   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Computational Complexity of Calculating Solutions for a Certain Class of Uniquely Solvable Nonlinear Equation by Homotopy Method 査読

    Mitsunori Makino, Shin'ichi Oishi, Masahide Kashiwagi, Kazuo Horiuchi

    Transactions of the IEICE   E73 ( 12 )   1940 - 1947   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • An Urabe Type Convergence Theorem for a Constructive Simplified Newton Method in Infinite Dimensional Spaces 査読

    Masahide Kashiwagi, Shin'ichi Oishi, Mitsunori Makino, Kazuo Horiuchi

    Transactions of the IEICE   E73 ( 11 )   1789 - 1791   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • レイ・トレーシング法における分光モデリングに関する検討 査読

    伊藤貴之, 牧野光則, 斎藤泰, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第6回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 構成的陰関数定理とその応用

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 非線形方程式を解くために必要な情報量について

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • On the Information Needed for Solving Nonlinear Equations 査読

    Shin'ichi Oishi, Kazuo Horiuchi, Mitsunori Makino, Masahide Kashiwagi

    Proceedings of 1990 International Symposium on Information Theory and Its Applications(ISITA'90)   307 - 310   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報理論とその応用学会  

    researchmap

  • 占部の定理の大域化について

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会第1回非線形理論とその応用学術研究集会論文集(NOLTA'90),(社)電子情報通信学会   1990年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Homotopy Method of Calculating Bifurcating Solutions for Infinite Dimensional Chaotic Systems 査読

    Mitsunori Makino, Shin'ichi Oishi, Kazuo Horiuchi

    Transactions of the IEICE   E73 ( 6 )   801 - 808   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 無限次元における構成的ニュートン法について

    柏木雅英, 竹市正彦, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 唯一解をもつ非線形方程式のホモトピー法による解の計算の複雑度 査読

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英

    電子情報通信学会第3回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集,(社)電子情報通信学会   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 無限次元非線形システムの構成的解析法―ホモトピー法の無限次元への拡張― 査読

    牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会論文誌(A)   J73-A ( 3 )   470 - 477   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 非線形方程式の大域的解法の収束性の補完について

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1990年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A Homotopy Method for Numerically Solving Infinite Dimensional Convex Optimization Problems 査読

    Mitsunori Makino, Shin'ichi Oishi

    Transactions of the IEICE   E72 ( 12 )   1307 - 1316   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 2変数ブレンディング関数を用いた自由形状曲面モデル

    佐々木康仁, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ホモトピー法と大域的収束性

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • レイ.トレーシング法を用いた不均質透明体の表現 査読

    斎藤泰, 牧野光則, 山口泰広, 佐々木康仁, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第5回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 無限次元ホモトピー法による多値作用素方程式の求解アルゴリズム

    大谷津裕, 大石進一, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A-regular作用素論を用いた無限次元ホモトピー法について

    林達雄, 牧野光則, 大石進一

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ホモトピー法による解の計算可能性の必要十分条件と解の計算可能性の延長定理

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則, 須見祐三

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ニュートンホモトピーを用いた無限次元凸計画問題の数値解析法 査読

    牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    電子情報通信学会第2回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集,(社)電子情報通信学会   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 物理現象をシミュレートするセルラコンピュータシステム

    大石進一, 牧野光則, 新籾純, 林達雄

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ホモトピー法による無限次元非線形システムの分岐の計算法

    大石進一, 堀内和夫, 牧野光則

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1989年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 情報の意味に関する試論 査読

    大石進一, 牧野光則, 新籾純, 大谷津裕, 林達雄, 堀内和夫

    情報理論とその応用学会第11回情報理論とその応用シンポジウム予稿集,情報理論とその応用学会   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • ホモトピー法による定常半導体デバイス方程式の解析

    大石進一, 牧野光則, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 自由形状曲面の2自由度ブレンディングによる生成

    牧野光則, 佐々木康仁, 山口泰広, 大竹竜人, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第4回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1988年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Fundamental Theory of Simulating Infinite Dimentional Nonlinear Systems 査読

    Shin'ichi Oishi, Kazuo Horiuchi, Mitsunori Makino, Jun Aramomi, Tatsuo Hayashi, Yutaka Oyatsu

    Proceedings of 1988 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications(JTC-CSCC'88),(社)電子情報通信学会   1988年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ホモトピーを用いた無限次元凸計画問題の数値解析法

    大石進一, 牧野光則, 新籾純, 大谷津裕, 林達雄, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1988年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 無限次元非線形システムの構成的解析法―ホモトピー法の無限次元への拡張―

    大石進一, 牧野光則, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1988年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 2変数ブレンディング関数を用いた自由形状曲面の生成

    大竹竜人, 牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   1988年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • レイ.トレーシングを用いた大気中のビーム光の表現

    牧野光則, 大石進一

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第3回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1987年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 大気中の微粒子を考慮したレイ.トレーシングによるビーム光の表現

    牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会   53 - 56   1987年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    CiNii Books

    researchmap

  • レイ.トレーシングの高速化に関する一手法

    佐藤証, 牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    日本コンピュータ・グラフィックス協会第2回NICOGRAPH論文コンテスト論文集,(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会   1986年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • Forensic Investigations and Risk Management in Mobile and Wireless Communications

    Kavita Sharma, Mitsunori Makino, Gulshan Shrivastava, Basant Agarwal( 担当: 共編者(共編著者))

    IGI Global  2019年6月  ( ISBN:9781522595540

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    Mobile forensics has grown from a relatively obscure tradecraft to a crucial part of many criminal investigations, and is now used daily by examiners and analysts within local, state, and federal law enforcement as well as within the military, US government organizations, and the private "e-Discovery" industry. Developments in forensic research, tools, and processes over the past decade have been very successful and continue to change at a rapid pace. Forensic Investigations and Risk Management in Mobile and Wireless Communications is a collection of innovative research on the methods and applications of analyzing mobile devices and data for collection of information pertaining to the legal evidence related to various security breaches and intrusion detection. While highlighting topics including cybercrime, neural networks, and smartphone security, this book is ideally designed for security analysts, IT professionals, researchers, practitioners, academicians, and students currently investigating the up-and-coming aspects surrounding network security, computer science, and security engineering.

    researchmap

  • グラフィックス(188p.)全体を通して共同執筆

    大石進一, 牧野光則( 担当: 単著)

    日本評論社  1994年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • リスクマネジメント支援のためのリスク連鎖の対話的可視化システムの研究

    新井豪, 牧野光則

    映像情報メディア学会技術研究報告   40 ( 11 )   65 - 68   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:映像情報メディア学会  

    業継続計画(BCP)策定に有効なリスクマップでは,他のリスクの誘発が一般的には明示されていない.このため,他のリスクの誘発を十分に考慮せずに策定されたBCPをもとに,事業者が不適切な初期対応を行う恐れがある.その結果,円滑な事業継続が困難となる.そこで本論文では,企業に関するリスクの誘発性を,容易かつ正しく理解することの支援を目的とし,アニメーション効果を用いて誘発関係を表示可能な対話的リスクマップを実装し,有益な情報の提示手法を提案する.提案手法は,誘発後のリスクの再プロット機能を有する.対話的なアニメーション描画を行えるD3.jsを用いて実装したシステムでユーザテストを行った.アンケート結果からは,企業に関するリスクの誘発性を可視化する手段としての有効性が示された.

    DOI: 10.11485/itetr.40.11.0_65

    researchmap

  • 容器の縁形状を考慮した液だれの数値シミュレーション

    瀬田陽平, 横山真男, 牧野光則, 矢川元基

    日本機械学会計算力学講演会論文集(CD-ROM)   28th   2015年

     詳細を見る

  • 中央大学理工学部における段階別コンピテンシー育成教育

    牧野光則

    看護展望   38 ( 7 )   34 - 41   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:メヂカルフレンド社  

    researchmap

  • NUIを用いたセキュリティインシデント体験学習システム

    鶴岡 亮平, 牧野 光則

    研究会講演予稿   265   232 - 235   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:画像電子学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 大型高精細ディスプレイ上におけるレイトレーシング法の視野特性に基づいた詳細度制御

    山田 達郎, 牧野 光則

    映像情報メディア学会技術報告   37 ( 17 )   153 - 156   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人映像情報メディア学会  

    本稿では,大型高精細ディスプレイ上でのレイトレーシング法の高速計算を行うために,人間の視野特性を利用した詳細度制御手法を提案する.提案手法では,ディスプレイ上の画素が視野のどの領域に属するかを判定し,画素毎に詳細度を設定する.そして,得た詳細度に基づいて各画素を通過するレイの追跡の可否を決める.これにより,反射・屈折によるレイの世代数を制御することで,利用者の視認性を損なわずに計算量の削減を図る.

    CiNii Books

    researchmap

  • システムと信号処理サブソの新たな展開を目指して

    石浦 菜岐佐, 牧野 光則, 宇佐美 公良, 山田 功, 平石 邦彦, 山口 真悟, 中村 正樹

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   111 ( 104 )   127 - 127   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    システムと信号処理サブソサイエティ4研専は,平成22年から合同研究会を開催している.合同研究会の意味をより深めるために,サブソ会長を座長に,各研専委員長または各研専の代表者をパネラーとしたパネルディスカッションを開催する.近年のICT技術の発展は,システムの高機能化・高信頼化・高安全性を実現したが,一方で大規模・複雑化し,高度なシステム・信号処理技術が必要となっている.システムと信号処理サブソサイエティの4研専は,システム・信号処理技術の基礎を支える研専として相補的な関係にある.そこで,お互いに各研専の研究分野を理解し,サブソのより一層の活性化につながるような研専の枠を超えた新たな活動を考えるキックオフ的なパネルディスカッションとなることを目指す.

    CiNii Books

    researchmap

  • AP-1-1 回路基礎教育の現状に関する調査結果について(AP-1.回路基礎教育 : 何をどこまで,パネルセッション,ソサイエティ企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011   "SS - 33"-"SS-34"   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 体感する技術:バーチャルリアリティによる発想支援

    牧野光則

    日本デザイン学会誌デザイン学研究特集号   17 ( 3 )   18 - 21   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本デザイン学会  

    DOI: 10.11247/jssds.17.3_18

    CiNii Books

    researchmap

  • 刊行500号までの道のりと次の節目に向けて : 本論文誌刊行の経緯と現状

    牧野 光則

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A   92 ( 8 )   527 - 528   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 深い階層情報に対応する円状配置を用いたアクセスログの詳細度制御付き可視化システム

    細田 英幸, 牧野 光則

    全国大会講演論文集   71   287 - 288   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • TK-1-2 Rubricsの演習への展開 : 中央大学理工学部情報工学科の場合(TK-1.今話題のRubrics:必要な学習成果評価ツール,大会委員会企画)

    牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009 ( 2 )   "SSS - 3"-"SSS-6"   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • シミュレーション分野の発展と表記に関する雑感

    牧野 光則

    シミュレーション   25 ( 4 )   229 - 229   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • セル・オートマトンを用いた緊急自動車通過時の交通流シミュレーション

    金井 大樹, 牧野 光則

    日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム   25   85 - 88   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • J-048 形状変化を伴うファイバー束物体モデルの適応的メッシュ化(J分野:グラフィクス・画像)

    相良 直哉, 桑原 明栄子, 牧野 光則, 趙 晋輝

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4 ( 3 )   289 - 292   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

    CiNii Books

    researchmap

  • J-042 螺旋階段 : 属性情報を用いた階層構造データの3次元一括可視化(J分野:グラフィクス・画像)

    桑原 明栄子, 相良 直哉, 牧野 光則

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4 ( 3 )   271 - 274   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

    CiNii Books

    researchmap

  • J-041 ビル街における歩行者のための3次元地図ビューア(J分野:グラフィクス・画像)

    秦 祥彰, 牧野 光則

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4 ( 3 )   269 - 270   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

    CiNii Books

    researchmap

  • K-027 線形Lie代数モデルを用いた3次元形状の対話的変形操作・表示法(K分野:ヒューマンコミュニケーション&インタラクション)

    金子 真理子, 相良 直哉, 牧野 光則, 趙 晋輝

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4 ( 3 )   415 - 416   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

    CiNii Books

    researchmap

  • J-043 注視点に依存するポリゴンモデルの適応的表示手法(J分野:グラフィクス・画像)

    松本 哲也, 牧野 光則

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4 ( 3 )   275 - 276   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 電子情報通信学会普及啓発活動事業小中高生に対する科学教室

    牧野 光則, 井戸 せい子, 白井 宏

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   86 ( 11 )   878 - 883   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本会の普及啓発活動事業の一つとして行われている,「小・中・高生に対する科学教室」は,約7年前から開始され,その後,「子供の科学教室基金」を設立・運用して,順調に展開している.平成12,13年度に文部科学省(開始時点では文部省)の委託事業として行われた「科学系博物館活用電子情報通信学会&中央大学ネットワーク推進協議会」の活動報告と併せて,その概要について報告する.

    CiNii Books

    researchmap

  • B-15-9 Bluetooth 端末を用いた屋内位置検出システムの構築

    米山 悠介, 牧野 光則, 篠田 庄司

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2003 ( 1 )   820 - 820   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 分散レイトレーシング法への自動微分の適用(輝度ならびに形状変化を考慮した適応的画像生成法に関する研究)

    牧野 光則, 趙 晋輝

    中央大学理工学研究所年報   ( 9 )   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • JABEE への電子情報通信学会の対応

    秋山 稔, 篠田 庄司, 牧野 光則

    電子情報通信学会誌   85 ( 12 )   875 - 877   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • JABEEに認定申請するためにはどうしたらよいのか-学部における技術者教育システムの改善と発展のために-

    牧野光則, 篠田庄司

    電子情報通信学会誌   85 ( 12 )   877 - 895   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 情報数理シリーズB-5, MATLABによる数値計算, 大石進一(著) ,"MATLABによる数値計算", 培風館(2001-07), A5判, 定価(本体2,800円+税)

    牧野 光則

    電子情報通信学会誌   85 ( 6 )   451 - 451   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 自動微分を援用した適応的オーバーサンプリングレイトレーシング法

    牧野 光則, 井下 雅美, 柏木 雅英, 大石 進一

    中央大学理工学研究所論文集   ( 7 )   45 - 55   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    In the field of computer graphics (CG), some adaptive methods have been proposed in order to make CG images more real in relatively low computational cost. As one of such adaptive methods, in this paper, an adaptive oversampling ray tracing algorithm will be proposed in the use of the automatic differentiation, which can detect edges of shapes and textures. By the method, each pixel is determined whether the pixel may include the edges or not by tracing a ray through its center. Then at the only pixels, which may have the edges, additional rays are defined and distributed in order to make the anti-aliasing. The method makes the conventional distributed ray tracing adaptive and more efficiently.【査読有】

    researchmap

  • RCS値を用いた凸型柱状散乱体の形状認識について

    小野 憲治, 白井 宏, 有竹 壮太, 牧野 光則, 趙 晋輝

    電気学会研究会資料. : The Papers of Technical Meeting on Electromagnetic Theory, IEE Japan. EMT, 電磁界理論研究会   2001 ( 96 )   1 - 6   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 基礎・境界ソサイエティの活性化の一活動 -ICFS 2002の活動計画-

    石井 六哉, 大石 進一, 石井 六哉, 牧野 光則

    電子情報通信学会誌   84 ( 9 )   676 - 676   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A-1-35 2次元都市空間における高周波電波伝搬の双対グラフを用いた解析法

    坂口 雄一, 牧野 光則, 篠田 庄司

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001   35 - 35   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 4編「電気回路」 4章「回路の応答」

    牧野光則

    電気学会編;電気工学ハンドブック第6版   141 - 146   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:オーム社  

    researchmap

  • ラジオシティ法における自動微分を用いた適応的メッシュ生成手法

    牧野 光則, 長谷部 貢史

    中央大学理工学研究所論文集   ( 7 )   57 - 65   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学理工学研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  • 移動体通信基地局配置支援のための双対グラフを用いた電波伝搬の解析法

    坂口 雄一, 牧野 光則, 篠田 庄司

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000   28 - 28   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 国際会議 1999 IEEE Region 10 Conference

    牧野光則

    電子情報通信学会誌   83 ( 3 )   173   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 地理情報に基づいた電磁波伝搬の可視化

    矢野, 橋口 弘一, 白井 宏, 牧野 光則, 篠田 庄司

    電子情報通信学会2000年総合大会講演論文集   21 - 21   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 0

    電子情報通信学会編, 編集委員, 用語担当

    改訂電子情報通信用語辞典   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:コロナ社  

    researchmap

  • 経営科学OR用語大事典

    森村英典, 大刀根薫, 伊理正夫監

    1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:朝倉書店  

    researchmap

  • 21世紀への回路理論への基礎(Ⅵ)-回路シミュレーション-

    牧野光則

    電子情報通信学会誌   81 ( 3 )   289 - 295   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ボリューム・レンダリングを利用した回転立体視の表現

    河野 真一, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1997   260 - 260   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    人間の視覚に起因する錯視現象をコンピュータ・グラフィックス(CG)により可視化することは, 人間がどのように感じているのかを再現できることから興味深い課題である. 錯視現象は, 運動などにより物体が実際には存在しない領域に物体を感じるので, CGで可視化する際には実際には物体が存在しない領域のモデル化が必要である. 本稿では錯視現象の一つである回転立体視による浮き上がり現象の可視化手法を提案する. はじめに, 浮き上がり度を回転半径, 速度などにより定義する. 次に, 浮き上がって物体が存在すると感じられる部分をボリュームデータとして保持し, レイ・キャスティング法により可視化する.

    CiNii Books

    researchmap

  • セル・オートマトンを用いた伝搬する火炎の可視化

    酒井 康孝, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1997   259 - 259   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    コンピュータ・グラフィックス(CG)の分野において, 自然現象を可視化することは大変興味深い課題となっている. その中でも, 質感の向上と計算時間の短縮が問題となっている. 火炎を表現する際には, その現象を記述する適当な式が無いので, 近似モデルを用いて表現している. これまでも火炎に関する研究はいろいろと行なわれている. しかし, 燃焼の領域が移動していく, すなわち伝搬する火炎の表現に関してはあまり行なわれていない. そこで, 本稿ではセル・オートマトン及びレイ・キャステイングを用いてマッチ棒を燃やしたような伝搬していく火炎の表現を行なうアルゴリズムを提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • CGによる結晶の表現

    武藤 一, 牧野 光則, 大石 進一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1997   155 - 155   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    1912年にW.L.Braggは、結晶の構造がどのようであろうとも、それが3次元的に繰り返しであるならば、そのうえにおける、原子配列が同じであるような平行平面の集まりを選ぶことが出来ることを指摘した。そのような平面をプラッグ面(原子網面)、その間隔をプラッグ間隔とよぶ。どんな結晶構造でも多くのそのような平面の集まりを選ぶことが出来る。このプラッグ面で多層膜の干渉に似た現象が起こっていることを説明し、原子レベルから、結晶の光学的表現について考えてみたい。

    CiNii Books

    researchmap

  • レイトレーシング法を用いた虹の表現

    諸林 操, 牧野 光則, 大石 進一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1997   156 - 156   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    現在, 自然物の CG による表現方法は数多く提案されているが, 見え方を重視しがちであることから, 物理法則に完全に基づくものは少ない. 虹は自然物の中でも分光現象の代表例として知られている. 以前提案された手法では, 水滴内部での反射により, ある方向に対して最も高いエネルギーを持つ波長の光が視点に到達するとして表現している. この手法では視点 (各ピクセル) に単一波長光以外の光も若干ではあるが到達しているで現実と異なる場合がある. そこで, 本稿では, 文献を発展させ複数波長に対応した手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • コンピュータ・グラフィックスの基本的テクノロジー

    伊藤貴之, 牧野光則

    情報処理   28 ( 3 )   176 - 181   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)情報処理学会  

    researchmap

  • 誕生から成長へ---ソサイエティ発足からの2年間

    牧野光則

    電子情報通信学会誌   80 ( 3 )   288 - 295   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)電子情報通信学会  

    researchmap

  • 特集「コンピュータ・グラフィックスの基本的テクノロジーと最近の話題」の編集にあたって

    牧野光則

    情報処理   28 ( 3 )   175 - 221   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)情報処理学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 教養講座:コンピュータ・グラフィックス

    牧野光則

    草のみどり   ( 102 )   21 - 24   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学父母連絡会  

    researchmap

  • レイ トレーシングによる光跡の表現

    金沢, 牧野 光則

    電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1997   377 - 377   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年コンピュータの発展に伴って, CG (コンピュータ・グラフィックス) も進歩し, 多くの現象が可視化されてきた. その中でも光が大気中の塵などの粒子によって拡散する光跡 (光の経路) は興味深いものであり, 様々な手法が提案されている. この光跡は舞台照明におけるスポットライトなどで積極的に用いられており, その効果は舞台照明シミュレーションやバーチャルスタジオにとっても重要なものである. 光跡を表現する為に, レンダリングの前処理として光が通る空間をボリューム化する手法が考えられるが, 反射・透過によりボリュームの形状が複雑になり, 計算時間も増大する. そこで計算時間を短縮するために, 複数の円柱, 円錐により光跡を定義する手法が提案された. しかし[3]は円錐が広がりすぎたときに本来影となる領域を光跡が覆ってしまう. そこで本稿では円錐の軸と広がりなどを保持し (光跡レイ), 隣接光跡レイとの関係から光跡レイを追加することにより, 効率的に光跡領域を定義し, レイ・トレーシングにより表現する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 太陽表面におけるサージ・プロミネンスの可視化

    中村 公信, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1996   447 - 447   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年コンピュータハードウェアの進歩に伴い,計算時間の関係から難しいとされてきたコンピュータ・グラフィックス(CG)も大きな進歩を遂げ,その中の一つである自然現象の可視化にも注目が集まっている.本稿では,太陽を可視化する際にこれまで提案されていないサージ・プロミネンスのモデルを提供すること,及びサイエンティフィック・ビジュアライゼーションモデルにより磁力線解析に役立つツールの基礎を構築すること,の二点を目的として太陽表面におけるサージ・プロミネンスを可視化する手法を提案する.具体的にはある磁場が与えられた場合に物理法則に従って運動するプロミネンスの行動モデル,及び行動モデルからボリュームデータ[1]を作成することにより運動中のプロミネンスを可視化する.

    CiNii Books

    researchmap

  • レイ・トレーシング法による全解探索アルゴリズムによる自由形状曲面の表現

    宮野 晴光, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1996   445 - 445   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    レイ・トレーシング法は,交点計算が可能な形状であれば可視化が可能である.しかし,自由形状曲面などの複雑な形状は一般に非線形性が強くなり,交点算出が容易ではない.このため,形状を細かい平面の集合で近似することが多い.これに対し,導出される非線形方程式を数値計算により解く研究が進められている.本稿では,柏木らが提案した区間演算を用いた全解探索アルゴリズム[2]をパラメトリック自由形状曲面との交点計算に修正の上導入し,その成果を検討する.

    CiNii Books

    researchmap

  • レイトレーシングにおける交点情報を基にしたアンチエイリアシング

    小野 博明, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1996   444 - 444   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    現在,3次元CGの可視化手法として最も一般的なものにレイトレーシングがある.この手法は,1つのピクセルに寄与する光を,1本の視線だけで探索する.このため,レイによる標本化不足により,ギザギザやモザイク模様(エイリアシング)がしばしば発生する.これらの除去法(アンチエイリアシング)として,今までに様々な方法が試みられてきた.本稿では,レイトレーシングで得られる交点情報により,画像の平滑化によるアンチエイリアシングを行なうべき箇所を検出する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • レイ トレーシング法による拡散炎の可視化

    加藤史也, 牧野 光則

    1996年電子情報通信学会情報 システムソサエティ大会   446 - 446   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    自然現象を可視化することは,コンピュータ・グラフィックス(CG)の分野において大変興味深い課題である.またいかに現実に近付けて表現するか,計算コストをいかに抑えて良質な画像を生成するかが重要なキーワードである.自然現象の中でもろうそくの炎などの拡散炎[1]の表現は以前から様々な手法により提案されてきた.レイ・トレーシング法により,炎を含む情景を表現する場合,炎そのものの形状・色の表現に加え,炎を光源とみなし陰影の表現を行なう必要があり,いままで効果的なアルゴリズムは提案されていない.そこで本稿ではレイ・トレーシング法にレイ・キャスティング法を付化し炎の形状・色及び炎を光源とみなした場合の陰影の表現を行なうアルゴリズムの提案を目的とする.

    CiNii Books

    researchmap

  • ボリュームレンダリングによる成長する積乱雲の表現

    清水 英之, 牧野 光則, 大石 進一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1995   244 - 244   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    一般に雲のような霧状物体の形状を定義するのは非常に困難である.また,定義される3次元形状をコンピュータに記憶させるには,データ量も膨大になってしまう.雲のモデリング手法として,マッピング処理をした楕円体など2次曲面を組み合わせて,積雲や積乱雲を表現する手法が提案されている.この手法では,雲表面の質感をうまく表現できるが,雲の内部に視点がある時の表示に疑問が生じる.また,上昇気流などの対流を表現するのは難しい.また,雲の形状を生成するのに等濃度線を入力データとして与える手法も提案されている.しかし,この手法は,雲が湧き上がるようなボリューム感のある積乱雲などの雲に摘要するのは困難である.雲の粒子の成長を考慮して,雲のモデル化を行なう手法も提案された.この手法では,雲の時間的変化を表現することは可能であるが,やはり,積乱雲の特徴であるボリューム感は表現されていない.本稿では成長する積乱雲の密度分布モデルを,渦場と粒子を用いて簡易的に定義し,ボリュームレンダリングを用いて可視化する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 視覚の群化特性に基づく遠近感の表現

    永野 彰, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1995   249 - 249   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    人間は網膜に投影された外界の情報を,ある「まとまり」や「構造」をもつ形状として把握・認識するメカニズムをもっている.群化(grouping)の現象はWertheimerにより視知覚等の感覚において提唱されたゲシュタルト(Gestalt)の法則で体系化されている.この法則は全体として,形態により秩序立ったまとまりのある簡単なものを見ようとする人間の情報処理系の特性を示すものであり,群化の特性は網膜上の2次元情報から元の3次元情報を再現する際,遠近感や方向性を与えるものとして作用する.本稿ではこの群化の特性を考慮し,遠近感や方向性のある画像を生成する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • レイ・トレーシング法によるオーロラの表現

    井上 太郎, 牧野 光則

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1995   245 - 245   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    極地方で見られる神秘的な現象であるオーロラをレイ・トレーシング法で表現することはCGにおいて興味深いテーマである.本稿では,レイ・トレーシング法によるオーロラの表現手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 書評:マルチメディアの冒険

    牧野光則

    中央評論   47 ( 1 )   176 - 178   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学出版部  

    researchmap

  • レイトレーシング法によるバンプ・マッピングされた物体の影の表現

    鎌田 知孝, 牧野 光則, 大石 進一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   1995 ( 2 )   393 - 393   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    バンプ・マッピングは,簡易的に物体表面の凹凸を表現する方法として知られている.バンプ・マッピングを施した物体では,物体表面の法線方向を変化させているので表面の凹凸が表現できるが,実際の表面形状は変形させないので,影を表現する際に問題が生じる.この問題を解決する方法として,バンプ・マップに従い実際に変位させた物体表面を形成する方法(Displacement Mapping)がある.この方法では,多数の微小平面により物体表面をモデリングするため,レイトレーシング法によるレンダリングの場合,計算量が増大する.そこで本稿では,レイトレーシング法において,バンプ・マッピングされた物体に伴う影の統一的な表現手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 自動微分を援用したオーバーサンプリングレイトレーシングの改良

    井下 雅美, 牧野 光則, 大石 進一

    電子情報通信学会秋季大会講演論文集   1994   373 - 373   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    通常レイトレーシング法では1つのピクセルに寄与する光を1本の視線だけで探索する.このため,レイによる標本化不足が目で見て確認できるほどのギザギザやモザイク模様として現れる(エイリアシング)ことが多い.このエイリアシングの除去法としてはオーバーサンプリングが知られており,効果的かつ汎用性のあるサンプリングアルゴリズムの開発が求められている.本稿ではレイトレーシング法の各計算を自動微分形式で行うことにより,より適切なオーバーサンプリングが行えることを提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 格子密度を考慮した適応的ボリュームレンダリング

    石崎 裕, 牧野 光則

    電子情報通信学会秋季大会講演論文集   1994   376 - 376   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    現在,科学技術分野を中心に様々な分野でボリュームビジュアライゼーション技術が利用されている.ボリュームデータの可視化においては,誤解を招かないような信頼性の高い画像を生成することが必要である.ボリュームデータは,正方格子のように3次元離散空間に規則正しく並んでいるデータ(構造格子データ)と,不規則な分布をしているデータ(非構造格子)とに分けられる.本稿では,レイキャスティングによる非構造格子データの可視化を効率的に行い,かつ,データ欠落のない信頼性の高い画像を生成する手法を提案する.

    CiNii Books

    researchmap

  • 研究部会便り―計算の品質研究部会―

    牧野光則

    応用数理   3 ( 2 )   66 - 67   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:岩波書店  

    researchmap

  • NICOGRAPH'92論文発表・基礎技術編

    牧野光則

    NICOGRAPH NEWS   41   30   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

    researchmap

  • 無限次元非線形システムの構成的解析法―ホモトピー法の無限次元への拡張―

    牧野光則

    早稲田大学情報科学研究教育センター紀要   13   87 - 89   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:早稲田大学情報科学研究教育センター  

    researchmap

  • 情報の可視化―コンピュータ・グラフィックス

    牧野光則

    早稲田大学情報科学研究教育センターWELCOM NEWS   19   3 - 5   1991年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:早稲田大学情報科学研究教育センター  

    researchmap

  • レイ.トレーシングを用いた大気中のビーム光の表現

    牧野光則

    PIXEL   87 ( 12月号 )   1987年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:図形処理情報センター  

    researchmap

  • NICOGRAPH'86 REPORT 第2回NICOGRAPH論文コンテスト●応用技術編

    牧野光則

    NICOGRAPH NEWS   81 ( 1 )   12   1987年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:(社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 教学監査基準と第三者評価・認定 招待

    牧野光則

    大学監査協会教学監査研究会議  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • MR環境で仮名文字を入力するための掌への文字盤重畳表示を用いたフリック入力システム

    足立 光, 牧野 光則

    第100回CG・可視化研究会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人形を用いた触覚付与により高臨場感を実現する新生児の沐浴疑似体験用システム

    井上 夏希, 牧野 光則

    第97回CG・可視化研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 効率的調理のためのハンズフリー操作による対話型手順重畳表示ARシステム

    藤本 千惠, 牧野 光則

    第97回CG・可視化研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パネル・ディスカッション: 「コンピテンシー育成の過去、現在、未来」 招待

    牧野光則

    お茶の水女子大学 コンピテンシー育成開発研究所 設立記念キックオフシンポジウム  ( お茶の水女子大学 )   2022年12月  お茶の水女子大学 コンピテンシー育成開発研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月    

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)   国名:日本  

    添付ファイル: 20221222_event2.pdf

    researchmap

  • VR/AR/MR技術を用いた自己学習・訓練支援システム 招待 国際会議

    2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)   国名:タイ王国  

    添付ファイル: 20221110_InvitedTalk.pdf

    researchmap

  • 拡張現実感を用いた和書へのふりがな重畳表示システム 招待

    楊 蔚沖, 牧野 光則

    第94回CG・可視化研究会  ( オンライン )   2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    本稿では、主として日本語を母語としない者が日本語文章を読む際に、読みがな調べを支援する拡張現実感システムを提案した。提案システムにより、利用者は視線を文章から外さずに読みがなを調べることができるため、効率的な読解が可能となる。また、入出力と処理を別の機器とすることで、利用者が把持する端末を軽くすることができ、肉体的負荷を低減した。今後の課題として、文字認識及び位置把握の精度の向上が、より実用的にするために求められる。

    添付ファイル: makino.pdf

    researchmap

  • 流体挙動を考慮した圧電素子型嗅覚ディスプレイ流路構造の提案

    瀬田 陽平, 牧野 光則, 坂内 祐一, 服部元史

    日本バーチャルリアリティ学会 第28回 香り・味と生体情報研究会  ( オンライン )   2022年3月  日本バーチャルリアリティ学会 香り・味と生体情報研究委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Trends in Engineering Education and Quality Assurance in the 21st Century 招待 国際会議

    牧野光則

    2021年回路とシステム、コンピュータ、通信に関する国際技術会議  ( 韓国済州、オンライン )   2021年6月  大韓電子工学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    In this keynote, the speaker would like to introduce his experience of more than 20 years in the development of accrediting projects and evaluation/education methods, while participating in and presenting his research at ITC-CSCC. In the first half of the keynote, he will first describe the Washington Accord and the learning outcomes that are required in engineering education. Next, he will give an overview of the current status of member institutions and introduce the cooperation between Japan and Indonesia. In the second half, he will introduce rubric-based competency development, which he has been working on for more than 10 years at Chuo University, and examples of learning support systems based on cross-reality (XR), which is his research field, as educational methods for evaluating and extracting learning outcomes.

    添付ファイル: 20210628.pdf

    researchmap

  • 「新しい生活様式」におけるVR・ARの活用に関する研究事例

    牧野光則

    第91回CG・可視化研究会  ( 中央大学理工学部 )   2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    COVID-19による感染症拡大は、我々の生活全般に強い影響を及ぼし、「withコロナ」「afterコロナ」等の用語に見られるように、もはや従来の生活には戻れないとの示唆も与えられている。このような状況下でも、QOL向上を目指して「新しい生活様式」に適合したICTの研究開発が続けられている。特に、クロスリアリティの分野では、遠隔・非接触という条件との整合性が強いため、様々な提案がこの1年間でもなされている。 本稿では、中央大学理工学部情報工学科システム解析・可視化研究室にて2020年度になされた「新しい生活様式」を意識した仮想現実感(VR)、拡張現実感を用いたシステム開発研究を2点報告する。

    添付ファイル: makino.pdf

    researchmap

  • 個人嗜好に応じた観光地および関連情報を提示するVRシステム

    島村勇太朗, 牧野光則

    第86回CG・可視化研究会(CAVE研究会)  ( 中央大学後楽園キャンパス )   2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • VR環境における手腕動作の学習支援システム

    土師好栄

    第82回CG・可視化研究会(CAVE研究会)  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Oculus Riftを用いたVRでの没入感の向上

    蘆田璃奈, 牧野光則

    第72回CG・可視化研究会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラウドコンピューティングとCG/VR/可視化技術との関わりについて

    第18回コンピュータ科学と工学に関する国際会議  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    Recent trends on big data and cloud computing encourages computer graphics (CG) and visualization (Vis) technology represent more fruitful information on generating images/movies. On the other hand, displays, especially in mobile environments, have much lower resolution for such information as well as local computing power (including graphics processing) is much smaller than the one over the internet. In this talk, some cases of CG, Vis and augmented reality (AR) with big data and cloud computing will be shown, with a view of the relationship between local computing and cloud computing with the network.

    researchmap

  • 体験する技術-バーチャルリアリティからの発想

    日本デザイン学会平成21年度秋季企画大会  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高周波電磁波伝搬の対話的可視化による無線通信システムの信頼性提示

    曹暁逸, 中野宏亮, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    日本セキュリティ・マネジメント学会第2回情報セキュリティ学際シンポジウム2005論文概要集,日本セキュリティ・マネジメント学会  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 適応的ビーム分割による高周波電磁波伝搬の高速可視化

    曹暁逸, 牧野光則, 白井宏, 篠田庄司

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ビル街における歩行者のための3次元地図ビューア

    秦祥彰, 牧野光則

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 螺旋階段: 属性情報を用いた階層構造データの3次元一括可視化

    桑原明栄子, 相良直哉, 牧野光則

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 注視点に依存するポリゴンモデルの適応的表示手法

    松本哲也, 牧野光則

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 形状変化を伴うファイバー束物体モデルの適応的メッシュ化

    相良直哉, 桑原明栄子, 牧野光則, 趙晋輝

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 線形Lie代数モデルを用いた3次元形状の対話的変形操作・表示法

    金子真理子, 相良直哉, 牧野光則, 趙晋輝

    情報処理学会/電子情報通信学会 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)講演論文集,情報処理学会/電子情報通信学会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 没入感システムにおける入力インタフェース

    須賀雄介, 牧野光則

    芸術科学会2005年第4回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • パーティクルシステムによる炎・水の統合可視化モデル

    笹田真也, 牧野光則

    芸術科学会2005年第4回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 螺旋階段: 属性を用いた情報の3次元一括可視化

    桑原明栄子, 牧野光則

    芸術科学会2005年第4回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元GISを利用した高周波電磁波の到達性の可視化

    中野宏亮, 牧野光則

    芸術科学会2005年第4回NICOGRAPH春季大会論文&アート部門コンテスト論文集,芸術科学会 芸術科学会  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「電子社会の信頼性向上と情報セキュリティ」研究におけるCAVE利用

    牧野光則

    埼玉大学情報メディア基盤センター年報,埼玉大学情報メディア基盤センター 埼玉大学情報メディア基盤センター  2005年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「電子社会の信頼性向上と情報セキュリティ」研究におけるCAVE利用

    牧野光則

    第13回CAVE研究会資料集,埼玉大学総合情報処理センター  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アメリカにおけるVR・CG研究の現状と将来動向

    牧野光則

    芸術科学会 平成16年度6月 月例セミナー,芸術科学会  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Bluetooth端末を用いた屋内位置検出システムの構築

    米山悠介, 牧野光則, 篠田庄司

    電子情報通信学会2003年総合大会講演論文集、B-15-9,(社)電子情報通信学会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • パーティクルシステムを用いた紙の燃焼のシミュレーション

    宝迫敦, 牧野光則, 柏木雅英

    電子情報通信学会2001年情報・システムソサイエティ大会講演論文集  2001年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 2次元都市空間における高周波電波伝搬の双対グラフを用いた解析法

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    電子情報通信学会2001年総合大会講演論文集  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 線形リー代数を用いた適応的品質メッシュ生成

    佐野太保, 牧野光則

    2000年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 粒子系を用いた自由形状変化を持つ水滴のモデリング

    吉田直史, 牧野光則, 柏木雅英

    2000年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Reeb Graphによる動画系列の記述法とアニメーションへの適用

    岡林正純, 鈴木正樹, 牧野光則, 趙晋輝

    2000年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 移動体通信基地局配置支援のための双対グラフを用いた電波伝搬の解析法

    坂口雄一, 牧野光則, 篠田庄司

    2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2000年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 地理情報に基づいた電磁波伝搬の可視化

    矢野貴啓, 橋口弘一, 白井宏, 牧野光則, 篠田庄司

    2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集  2000年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 分布関数によるポリゴンオブジェクト間の融合接続の一手法

    高崎大輔, 牧野光則, 大石進一, 柏木雅英

    1999年電子情報通信学会総合大会講演論文集  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Reeb Graphによる動画系列の記述法

    玉川宏志, 中島将輝, 牧野光則, 趙晋輝

    1998年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • セル・オートマトンを用いた伝搬する火災の可視化

    酒井康孝, 牧野光則

    1997年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ボリューム・レンダリングを利用した回転立体視の表現

    河野真一, 牧野光則

    1997年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • CGによる結晶の表現

    武藤一, 牧野光則, 大石進一

    1997年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイトレーシング法を用いた虹の表現

    諸林操, 牧野光則, 大石進一

    1997年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイ・トレーシングによる光跡の表現

    金沢 雄一郎, 牧野 光則

    1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1997年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイ・トレーシング法による拡散炎の可視化

    加藤 史也, 牧野 光則

    1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ講演論文集,(社)電子情報通信学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイ・トレーシング法による全解探索アルゴリズムによる自由形状曲面の表現

    宮野 晴光, 牧野 光則

    1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイトレーシングにおける交点情報を基にしたアンチエイリアシング

    小野 博明, 牧野 光則

    1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 太陽表面におけるサージプロミネンスの可視化

    中村 公信, 牧野 光則

    1996年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ボリュームレンダリングによる成長する積乱雲の表現

    清水英之, 牧野光則, 大石進一

    1995年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1995年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイ・トレーシング法によるオーロラの表現

    井上太郎, 牧野光則

    1995年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1995年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 視覚の群化特性に基づく遠近感の表現

    永野彰, 牧野光則

    1995年電子情報通信学会情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1995年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 非線形方程式のホモトピー法による求解における区間演算を用いた求解成功の保証と計算量の事前評価

    牧野光則

    1995年電子情報通信学会総合大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1995年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイトレーシング法によるバンプ・マッピングされた物体の影の表現

    鎌田知孝, 牧野光則, 大石進一

    1995年電子情報通信学会総合大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1995年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ホモトピー法による等式制約付き凸計画問題の求解成功の保証と計算量の事前評価

    牧野光則

    1994年電子情報通信学会秋季大会-ソサイエティ先行大会-講演論文集,(社)電子情報通信学会  1994年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 自動微分を援用したオーバーサンプリングレイトレーシングの改良

    井下雅美, 牧野光則, 大石進一

    1994年電子情報通信学会秋季大会-ソサイエティ先行大会-講演論文集,(社)電子情報通信学会  1994年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 格子密度を考慮した適応的ボリュームレンダリング

    石崎裕, 牧野光則

    1994年電子情報通信学会秋季大会-ソサイエティ先行大会-講演論文集,(社)電子情報通信学会  1994年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 等式制約付き凸計画問題のホモトピー法による求解の事前評価

    牧野光則

    1994年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1994年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ニュートンホモトピー方程式の解曲線の存在範囲と計算量の事前評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一

    1993年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1993年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 唯一解を持つ非線形方程式に対するニュートンホモトピーによる解曲線の存在領域の評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一, 堀内和夫

    1993年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1993年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 非線形強単調方程式の数値解析におけるホモトピー法の計算量の上界の事前評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一, 堀内和夫

    1992年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 離散力学系の解軌道の精度保証について

    大石進一, 小林龍, 井上晃, 柏木雅英, 牧野光則

    1992年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 唯一解を持つ非線形方程式のニュートンホモトピーによる求解の計算量の上界の事前評価

    牧野光則, 柏木雅英, 大石進一, 堀内和夫

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 成分毎の占部の定理による全解探索アルゴリズム

    松田俊哉, 大石進一, 牧野光則, 柏木雅英

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 有理数演算による精度保証付きニュートン法

    井上晃, 柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 指の先端位置情報による手の形状モデリングに関する研究

    淡路哲彦, 細谷健, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ラジオシティ法における鏡面反射の表現に関する研究

    山主誠司, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ラジオシティ法による透明凸多面体の陰影・集光の表現(2)

    伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1992年電子情報通信学会春季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1992年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 占部の定理を援用した全解探索アルゴリズム

    松田俊哉, 大石進一, 牧野光則, 柏木雅英

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 構成的陰関数定理と予測子修正子法の改良

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 奇ホモトピーを用いた無限次元凸計画問題の数値解析法

    野中俊昭, 牧野光則, 大石進一

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • FredholmかつA-プロパーな無限次元非線形方程式の無限次元ホモトピー法による数値解析法

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 有理数演算による非線形方程式の近似解の精度保証

    井上晃, 大石進一, 牧野光則, 柏木雅英

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 光覚の変化を考慮した回転物体の色彩表現法

    細谷健, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ラジオシティ法による透明凸多面体の陰影・集光の表現

    伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 透明球による間接光を考慮した陰影の表現

    横山琢, 伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1991年電子情報通信学会秋季大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1991年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 簡易ニュートン法を援用したホモトピー法による非線形方程式の解の計算複雑度

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英, 堀内和夫

    1990年電子情報通信学会秋季全国大会論文集,(社)電子情報通信学会  1990年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 有限次元射影を用いた無限次元における構成的ニュートン法

    柏木雅英, 牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    1990年電子情報通信学会秋季全国大会論文集,(社)電子情報通信学会  1990年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 単体近似ホモトピー法の収束性の補完

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 唯一解をもつ非線形方程式のホモトピー法による解の計算の複雑度

    牧野光則, 大石進一, 柏木雅英

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 無限次元ホモトピー法による平衡問題(EP)の数値解析

    井上晃, 牧野光則, 大石進一

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 隣接パッチの影響を考慮したテクスチャ.マッピング

    岡本宗寿, 佐々木康仁, 牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • レイ.トレーシングにおける虹の表現

    伊藤貴之, 牧野光則, 大石進一

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 『張力』を付加したB-スプライン曲面の生成

    寺西謙治, 牧野光則, 大石進一

    1990年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1990年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 無限次元ホモトピー法によるLeray-Schauder作用素方程式の数値解析法

    牧野光則, 大石進一

    1989年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ホモトピー法による解の計算可能性とその延長定理

    柏木雅英, 大石進一, 牧野光則, 須見祐三

    1989年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 無限次元作用素の写像度とホモトピー法

    竹市正彦, 牧野光則, 大石進一

    1989年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ニューラルネットワークとセルラオートマタによるシステムシミュレーションの可能性について

    大石進一, 牧野光則, 新籾純, 林達雄

    1989年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • コンピュータ・グラフィックスによる不均質透明体の表現

    斎藤泰, 牧野光則, 山口泰広, 佐々木康仁, 大石進一

    1989年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 非決定性作用素方程式に対する堀内.飯野の定理の構成的証明

    大谷津裕, 大石進一, 牧野光則, 倉島俊樹

    1989年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ニュートンホモトピーによる無限次元凸計画問題の数値解析法

    牧野光則, 大石進一, 飯尾和彦, 堀内和夫

    1989年電子情報通信学会春季全国大会講演論文集,(社)電子情報通信学会  1989年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 2変数ブレンディング関数を用いたCoons曲面の改良

    大竹竜人, 牧野光則, 大石進一, 堀内和夫

    情報処理学会第36回全国大会講演論文集,(社)情報処理学会  1988年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • パッチ分割を用いたBezier曲面の接続

    佐々木康仁, 牧野光則, 大竹竜人, 堀内和夫

    昭和63年電子情報通信学会春季全国大会予稿集,(社)電子情報通信学会  1988年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • B-スプライン曲線における位置ベクトルの中間点設置法

    山口泰広, 牧野光則, 大竹竜人, 堀内和夫

    昭和63年電子情報通信学会春季全国大会予稿集,(社)電子情報通信学会  1988年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 大気中の微粒子を考慮したレイ.トレーシングによるビーム光の表現

    牧野光則, 大石進一

    昭和62年電子情報通信学会総合全国大会予稿集,(社)電子情報通信学会  1987年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

▼全件表示

Works(作品等)

受賞

  • フェロー

    2020年3月   電子情報通信学会   電子情報通信と関連分野の学習成果保証型教育の質の向上及び保証

    牧野 光則

  • 電子情報通信学会教育優秀賞

    2017年6月   電子情報通信学会   段階別コンピテンシーによる教育の実践・評価

    牧野光則

  • 社会人基礎力を育成する授業30選

    2014年3月   経済産業省   画像・映像コンテンツ演習 (段階別コンピテンシー育成教育プログラム情報工学科主対応科目群)

    牧野光則, 鈴木寿, 趙晋輝, 鳥海重喜, 高松瑞代, 森口昌樹

  • 第17回工学教育賞

    2013年8月   日本工学教育協会   段階別コンピテンシー育成システム

    牧野光則, 鈴木寿, 田口東, 鳥海重喜, 高松瑞代

  • 学術奨励賞

    2008年3月   中央大学  

    牧野光則

  • 第23回NICOGRAPH論文コンテスト審査員特別賞

    2007年11月   芸術科学会   視覚特性を利用した詳細度制御による没入型システムでの高速表示

    松本茂, 牧野光則

  • 学術研究奨励賞

    2006年3月   中央大学   Lie代数曲面モデルの詳細度制御付きJava Viewer

    牧野光則, 趙晋輝

  • 第21回NICOGRAPH論文コンテスト審査員特別賞

    2005年11月   芸術科学会   Lie代数曲面モデルの詳細度制御付きJava Viewer

    相良直哉, 桑原明栄子, 牧野光則, 趙晋輝

  • 学術研究奨励賞

    2004年3月   中央大学  

  • 第18回電気通信普及財団賞テレコムシステム技術賞奨励賞

    2003年3月   電気通信普及財団   Detection of Edges and Approximation of Surfaces in the Use of Automatic Differentiation in Computer Graphics

    牧野光則

  • 学術研究奨励賞

    2001年3月   中央大学  

  • 第16回NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト審査委員特別賞

    2000年11月   芸術科学会  

  • 学術研究奨励賞

    1996年3月   中央大学  

  • 第11回NICOGRAPH論文コンテスト奨励賞(2件)

    1995年11月   (社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

  • 論文賞

    1992年5月   (社)電子情報通信学会  

  • 第7回NICOGRAPH論文コンテスト奨励賞

    1991年11月   (社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

  • 平成2年度篠原記念学術奨励賞

    1991年3月   (社)電子情報通信学会  

  • 平成2年度大川賞(優秀賞)

    1991年1月   早稲田大学  

  • 第4回NICOGRAPH論文コンテスト奨励賞

    1988年11月   (社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

  • 第3回NICOGRAPH論文コンテスト佳作

    1987年11月   (社)日本コンピュータ・グラフィックス協会  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 感性的等価性に基づくQOS概念の拡張に関する研究

    研究課題/領域番号:21650045  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究  中央大学

    加藤 俊一, 牧野 光則, 趙 晋輝, 多田 昌裕

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:300000円 )

    主に視覚・聴覚情報を対象に、マルチメディアコンテンツをマルチモーダルに知覚する過程にみられる感性的な特徴をモデル化する手法を試作した。本研究では、それぞれの感覚で受容される刺激の強さの絶対値ではなく、刺激の特徴を表す情報量に注目してこれらを統合する方式を考案した。これにより、コンテンツのマルチモーダルな提示方法に対する感性的等価性の概念を詳細化すると共に、これを精密にモデル化するための枠組みを構築することができた。

    researchmap

  • CG技術による視認性の数値化・可視化に関する研究

    2007年4月 - 2010年3月

    本学研究所からの研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ユビキタス情報通信ネットワーク構築のための電波伝搬推定に関する研究

    研究課題/領域番号:20360176  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  中央大学

    白井 宏, 牧野 光則, 佐藤 亮一

      詳細を見る

    配分額:19110000円 ( 直接経費:14700000円 、 間接経費:4410000円 )

    都市空間に存在する複雑な多層構造ビル内外を伝搬する電磁波を高速かつ正確に予測し、その結果を表示するためのシステムを構築した。主となるシステム開発ポイントは次のようなものである。i)建物の壁による反射や透過を推定する上で重要となる建築材料の電気定数を効率よく推定する測定法の開発。ii)壁の厚みによる内部多重反射効果を効率よく組み入れるための解析手法の開発。iii)人体影響等、複雑な伝搬環境における電磁波散乱を解析するための数値解法の開発。iv)三次元空間上の電磁波伝搬を効率よく解析して、その結果をわかりやすく表示する可視化システムの開発。

    researchmap

  • 対話性を考慮した情報の立体視を含む高品質可視化技法に関する研究

    2005年4月 - 2007年3月

    中央大学  中央大学特定課題研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1216000円

    researchmap

  • ユビキタス高度情報通信のための電波伝搬予測に関する研究

    研究課題/領域番号:17560349  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  中央大学

    白井 宏, 牧野 光則, 佐藤 亮一

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:210000円 )

    将来の高速大容量のユビキタス情報通信に対応して,今後使用される電波の周波数は,さらに高くなると予想される。そこでこうした電波の伝搬量推定予測のための効率のよい解析手法について検討した結果,高周波漸近解析手法の一つであるSBR(Shooting and Bouncing Rays)法が最適であると結論した。
    SBR法は,電波を光線近似し,波源から放射された電波を逐次追跡しながら,その伝搬量を解析していく方法であり,散乱体となる建築物の壁等による反射,透過,回折等の物理的な散乱過程に沿って解を組み立てることができるため,わかりやすく都合がよい。しかしその反面,複雑な伝搬環境の予測に対しては,多数の散乱体があることにより,膨大な多重散乱伝搬路が存在するため,個々の散乱波の寄与をすべて含めた解析は,事実上無理である。したがってそれぞれの観測点において,主となる寄与を与える成分を見極め,それらのみによってどのくらいの時間で,どのくらいの精度が得られるかを把握する必要があった。ある限定した条件をつけた伝搬環塊については,別解法によって解析が可能であるので,それらの結果との比較により本研究で考案した解析手法の計算精度を検討し,高周波の室外電波伝搬環境においては,直接波,多重反射波と一次回折波の寄与が重要であること,室内の伝搬環境においては,壁による多重反射波と多重透過波の寄与が重要なことを示した。特に建築物の壁は損失誘電体とみなされ,その壁を透過する場合の光線追跡の方法について詳しく検討した。加えて実測結果との比較を行い,本手法による解析結果の妥当性を確認した。
    電波伝搬予測は,電波が目に見えないためにわかりにくい。そこで解析で得られた多量の電磁界計算量を利用して,電界,磁界の強度分布を色付けで表したり,電磁界ベクトルの方向,大きさを三次元的に可視化したり,また伝搬方向や電磁界の力線の時間的変化をアニメーション表示したりして,電波伝搬の様子を理解しやすい表現法の検討も行った。

    researchmap

  • Lie代数モデルを用いた3D画像の表現方式と認識・合成方式に関する研究

    研究課題/領域番号:15560335  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  中央大学

    趙 晋輝, 牧野 光則

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    現在最もよく使われているポリゴン即ち単体モデルは単に点データを記録しているため、莫大なデータ量と処理量を必要とする。これまで提案された多くの手法は、単体モデルより能率よく3次元自由曲面形状を表現するために,物体表面から曲率や捩率あるいは多項式パッチなどの局所的または半局所的な不変特徴量を抽出することを基本としている.これらの局所的な表現は,一般的な自由曲面を表すためには依然と多大なデータと処理量を必要とする.一方,形状を有限個のパラメータで表現できる大域的な物体モデルが望まれているが、一般的な自由曲面に対しては、このような大域モデルは現在知られておらず、一般的に存在しないであろうと考えられている.その代わりに,現在は一般化円筒或は超二次曲面やB-スプラインのようなモデルがよく使われている。しかし形状の不変特徴量は一般に存在せず,また仮に存在しても物体形状を一意に復元するための不変量の完全集合を見つけることが困難である.
    そこで、このような局所モデルと大域モデルの問題点を解決すべく,本研究では、形状の接線若しくは法線ベクトル場のLie代数を用いて、物体の局所特徴と大域形状を融合できる3次元物体の表現方式を開発している。
    このモデルを以降3D物体のLie代数モデルと称する。具体的に、物体をLie群という滑らかな多様体と見なすことで、、大域的な形状はexplicitに記述できないが、これを局所ベクトル場のLie代数のパラメータによって一意に定めることができる。しかも、物体の不変量の完全集合は、Lie代数から簡単に求めることができ、それを用いることで、少ないパラメータで物体を記述、認識そして合成復元することができる。また、従来の方式に比べてより豊かな表現能力が期待できる。本研究では、線形Lie代数モデルによる物体の不変量の抽出と領域分割そして、認識合成方式も開発している。
    さらに、任意母線と線形Lie代数の1-parameter群の局所直積となるファイバー束曲面モデルも開発している。このモデルは、厳密にいうと線形Lie代数の1-parameter群をファイバーとするファイバー束であり、極めて豊かな表現力が期待できると同時に、合成する際の数値積分は一切要せずに、高速且つ高密度な形状モデルとして実用性が高い。ファイバーとなる線形Lie代数の不変量により一意の物体を特徴づけることができ、認識合成符号化に適している。

    researchmap

  • 連続変形を利用した非線形システムの数値シミュレーション技法に関する研究

    研究課題/領域番号:04750363  1992年    

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  奨励研究(A)  中央大学

    牧野 光則

      詳細を見る

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

  • 安定性と大域収束性を保証する新しいIIR型適応信号処理アルゴリズムに関する研究

    中央大学  基盤研究(C) 

    趙 晋輝

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    researchmap

  • 大域的な収束性と汎化能力を保証する多層人工神経網の新しい学習方式に関する研究

    中央大学  一般研究(C) 

    趙 晋輝

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    researchmap

▼全件表示

知的財産権

  • 視認対象物の視認性評価方法および評価装置

    古畑 剛志

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-379396  出願日:2004年12月28日

    公開番号:特開2006-185270  公開日:2006年7月13日

    登録番号:特許第4652045号  登録日:2010年12月24日 

    出願人(機関):学校法人中央大学

その他

  • 講演「研究とはどのようなものか~問いの立て方~」

    2020年1月    

     詳細を見る

    中央大学附属高等学校SSH講演会

    researchmap

委員歴

  • 2017年4月 - 2018年3月

    白門美術同好会   部長  

社会貢献活動

  • 日本技術者教育認定機構

    役割:運営参加・支援

    日本技術者教育認定機構  2019年5月 -  

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:その他

    researchmap

  • 平成14年度社団法人日本技術士会技術試験委員(電気技術分科会)

    2002年11月 - 2003年3月

     詳細を見る