2024/06/12 更新

写真a

イイヅカ アツシ
飯塚 敦
Atsushi Iizuka
所属
研究開発機構 機構教授
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 京都大学 )

学歴

  • 1986年3月
     

    京都大学   工学研究科   土木工学専攻   博士後期   その他

経歴

  • 2024年4月 -  

    中央大学   研究開発機構   専任研究員(機構教授)

  • 2005年4月 -  

    神戸大学   都市安全研究センター   教授

  • 2004年7月 -  

    神戸大学   都市安全研究センター   助教授

  • 1997年4月 -  

    神戸大学   工学部   助教授

  • 1993年12月 -  

    金沢大学   工学部   助教授

  • 1988年12月 -  

    金沢大学   工学部   助手

  • 1986年4月 -  

    京都大学   工学部   助手

▼全件表示

所属学協会

  • 土木学会

  • 地盤工学会

研究キーワード

  • 地盤工学

  • 地盤環境工学

  • 地盤力学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学

論文

  • Constitutive model for swelling properties of unsaturated bentonite buffer materials during saturation 査読

    Shinji Ito, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Atsushi Iizuka

    Soils and Foundations   62 ( 4 )   101161 - 101161   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2022.101161

    researchmap

  • Separation of the primary and secondary consolidation of freeze-dried clay 査読

    H. Ohta, T. Kondo, T. Hashimoto, T. Sakagami, A. Iizuka

    Proc. 20th Int. Conf. Soil Mech. And Geotechnical Engineering   Vol. 2   179   2022年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical analysis of the axial and radial swelling of unsaturated compacted bentonite 査読

    Shinya Tachibana, Daisuke Hayashi, Tomoko Ishii, Tomohide Takeyama, Atsushi Iizuka

    International Journal of GEOMATE   22 ( 92 )   1 - 8   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21660/2022.92.1673

    researchmap

  • 液状水と水蒸気の流れを考慮した不飽和土の連続条件式の定式化

    有井拓也, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 26 )   1 - 9   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 民間企業による国土強靭化への ESG 投資の活用

    野村拓馬, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 26 )   29 - 41   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 地盤応答解析コードの GPU 並列化

    堂ヶ原健, 竹山智英, 銭谷誠司, 橘伸也, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 26 )   10 - 19   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Automatic Construction of Three-Dimensional Ground Model by Data Processing 査読

    Takeyama,T, O-tani,H, Oishi,S, Hori,M, Iizuka,A

    IEEE-ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS   26 ( 6 )   2881 - 2887   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    There have been attempts to improve the operational efficiency of construction projects and plan response countermeasures for estimated damage following disasters through the utilization of accumulated electronic data, which constructs a digital twin that can reproduce a physical space in cyberspace and feedback the cyberspace simulation results to physical space. However, the application of such simulations is limited, unless numerical models can be automatically constructed from the data. In this study, we develop a program that utilizes a data processing platform to read, transform, and integrate data to create mediated data with a common data structure. This mediated data can be used to construct analytical models for various numerical analyses. Using the program developed, a grid model of 3-D ground surface as the mediated data was constructed based on borehole data obtained through a ground survey. Each grid point has basic material parameters of soil, and these parameters are estimated from borehole data and other investigation reports. Each grid point has general geotechnical parameters and can be easily converted to a 3-D finite-element model. When the borehole data is added or changed, the analytical model can be updated with almost no cost, whereas it would be very costly to create the model manually.

    DOI: 10.1109/TMECH.2021.3105062

    Web of Science

    researchmap

  • Liquefaction risk assessment in the 23 wards of Tokyo using elastoplastic analysis 査読

    Honda,K, Takeyama, T. Tachibana,S, Iizuka,A

    International Journal of GEOMATE   21 ( 86 )   48 - 54   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2021.86.j2270

    Web of Science

    researchmap

  • A procedure to determine material parameters based on borehole data in dynamic analysis 査読

    Tomohide Takeyama, Kazuya Honda, Shinya Tachibana, Atsushi Iizuka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE   21 ( 85 )   1 - 9   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEOMATE INT SOC  

    Recently, the occurrence of large earthquakes has become a concern in Japan, prompting the need for a numerical method that can accurately predict real phenomena, such as the elastoplastic soil-water coupled finite element method. Because the elastoplastic constitutive model requires many material parameters, various soil tests and specialized knowledge are needed to determine these material parameters. In this study, a new method was proposed to determine the material parameters from the limited ground information obtained by borehole inspections and the method was validated by comparing the numerical results with monitored seismic behavior. One-dimensional seismic analyses were conducted using the material parameters estimated from borehole data near the target sites. It was confirmed that the amplitude and predominant period obtained by numerical simulation were consistent with the monitored data. As a result, it was found that the dynamic numerical result was more consistent with the monitored data when the compression index was set to be larger than that in the static analysis.

    DOI: 10.21660/2021.85.j2228

    Web of Science

    researchmap

  • Leaning Pagoda of Ayutthaya Analysis with Three-Dimensional Effects and Ground Uncertainty 査読

    Ito,H, Ishida,Y, Sansaard,V, Takeyama,T, Iizuka,A

    International Journal of GEOMATE   20 ( 82 )   161 - 169   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    The pagoda of Wat Krasai, built in the 17th century on the outskirts of the Ayutthaya district in the Kingdom of Thailand, tilts approximately 2 degrees to the north and may continue to tilt further. The cause of this tilt is thought to be the uneven settlement of the foundation ground, but no supporting evidence has been presented. Three cohesive soil layers that may cause uneven settlement have been confirmed in the foundation ground around the pagoda, but soil tests are inadequate, leading to uncertainty in proving the cause of inclination. Hence, the cause of inclination was investigated in this study by calculating the inclination that can occur within the realistic ranges of the soil properties through numerical analysis using the finite element method. A method of correcting plane strain analysis, which has a low computational cost, with a three-dimensional effect coefficient, was utilized to assess over 500 cases considering ground material uncertainties, and the probability distribution of the possible inclinations was calculated. This method is useful as it considers fluctuations in the ground material parameters to address land settlement, which is largely influenced by the three-dimensional effects. This approach will also be applicable to future predictions aimed at pagoda preservation.

    DOI: 10.21660/2021.82.j2108

    Web of Science

    researchmap

  • 盛立ておよび降雨過程における盛土の圧縮挙動の有限要素解析

    難波智徳, 伊藤真司, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   62 - 74   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 粘土鉱物の変質に起因する間隙水圧の上昇とスロースリップ

    酒井貴寛, 土居優斗, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   51 - 61   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成動的解析を用いたアーチ効果の液状化への影響の解析的検討

    林啓太, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   42 - 50   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 機械学習による過圧密比の深度分布推定

    陳冉, 竹山智英, 銭谷誠司, 橘伸也, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   33 - 41   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 粘土緩衝材を対象とした熱/水/空気/応力連成解析手法の開発

    太田有祐, 伊藤真司, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   22 - 32   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 自然災害への対峙的な防災・減災からの脱却

    飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 25 )   181 - 190   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Numerical study on the axial and radial swelling behaviors of unsaturated compacted bentonite 査読

    S. Tachibana, D. Hayashi, T. Ishii, T. Takeyama, A. Iizuka

    Proc. of 11th Conference on Geotchnique   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Construction Materials & Environment  

    researchmap

  • 温度勾配による不飽和ベントナイト中の水分移動シミュレーション 査読

    有井拓也, 太田有祐, 橘伸也, 竹山智英, 飯塚敦

    Proceedings of the Kansai Geo-Symposium   9   218 - 222   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 高レベル放射性廃棄物地層処分における性能設計 査読

    飯塚 敦

    原子力バックエンド研究   27 ( 2 )   115 - 118   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本原子力学会  

    researchmap

  • 都市デジタルツインによる防災減災パラダイムシフト 査読

    飯塚 敦

    土木構造・材料論文集   ( 36 )   15 - 19   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:九州橋梁・構造工学研究会  

    researchmap

  • Practical method to estimate parameters of elasto-plasticconstitutive model for unsaturated soils from compaction curve 査読

    Shinya Tachibana, Masayoshi Matsumoto, Atsushi Iizuka

    Soils and Foundations   60 ( 5 )   1287 - 1298   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2020.08.005

    researchmap

  • Three-dimensional Effects of Rectangular Embankment Loading Placed on Soft Ground 査読

    Ito,H, Iizuka,A, Ohta,H

    International Journal of GEOMATE   19 ( 73 )   148 - 155   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2020.73.96594

    researchmap

  • ベントナイトの膨潤圧試験における壁面摩擦の影響に関する数値解析的検討

    小山円香, 伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   66 - 76   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 最適化手法を用いた土/水連成問題に対する分離型解法の収束性に関する研究

    北野井智希, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   53 - 65   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 層間水の脱水による土粒子密度変化を考慮した連続条件式

    前川慎太郎, 岩木友哉, 飯塚敦, 橘伸也

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   34 - 43   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 室内試験に基づく繰り返し挙動を表現できる構成モデルのパラメータ同定方法

    加藤知彦, 山本百華, 竹山智英, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   44 - 52   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • ベイズ推定を用いた被害規模予測モデルの改善

    小林宗一郎, 本田和也, 橘伸也, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   25 - 33   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • せん断強度に基づく飽和度変化に起因する硬化特性の定量的評価

    有井拓也, 林啓太, 橘伸也, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 24 )   18 - 24   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Constitutive model with a concept of plastic rebound for expansive soils 査読

    Shinya Tachibana, Shinji Ito, Atsushi Iizuka

    Soils and Foundations   60 ( 1 )   179 - 197   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2020.02.007

    researchmap

  • Extension of unsaturated soil mechanics and its applications 査読

    Atsushi Iizuka, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Yuri Sugiyama, Shun Nomura, Hideki Ohta

    Geotechnical Research   6 ( 3 )   156 - 176   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICE Publishing  

    Although the soil, water and air coupling theory has been deductively derived from the three-phase mixture theory, assumptions and interpretations inherent in soil mechanics are also conveniently introduced in this theory. Mechanical properties of unsaturated soils are phenomenologically integrated into the constitutive equation for a deformation problem, with effective stress expressed as a combination of partial stresses acting on each phase of the mixture. The governing equations of two seepage problems describing the movements of pore water and pore air are formulated by a priori introduction of Darcy's law. Consequently, the coupling theory consists of a deformation problem and two seepage problems, in which the soil-water retention characteristics play the role of a mediator connecting these problems. If the theoretical structure is clarified in this way, an extension of this theory is easily made. In this paper, the extension of the theory to each of four examples and their performance is demonstrated. The features of settlement caused by absorption of soil water due to vegetation; dissolution, advection and diffusion of substances in groundwater; desaturation and state change due to vaporisation of dissolved gas from pore water; and the liquefaction potential of unsaturated soil are presented.

    DOI: 10.1680/jgere.18.00004

    Web of Science

    researchmap

  • The Risk of Liquefaction Associated with Water Head Fluctuation in the Low-lying Area of Tokyo 査読

    Tomohide Takeyama, Kazuya Honda, Atsushi Iizuka

    Journal of Civil Engineering and Construction   8 ( 2 )   41 - 47   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tech Reviews Ltd  

    In the wide area of the eastern part of Tokyo, the ground level is less than mean sea level. This area is more vulnerable to disasters than other areas. If large flood damage such as storm surge should occur in this area, the disaster would be a long-term catastrophe. On the coast of Tokyo Bay, countermeasures have been taken by tide embankments and floodgates. However, considering the damage scale when it occurs, an analysis in this area is very important. In this area, ground settlement occurred and groundwater head dropped because groundwater excessively withdrew by the industrial purpose during the period of economic growth. Currently, the groundwater head recovers and the ground settlement has been subsided. However, due to the groundwater head fluctuation, pore water pressure distribution had been different from hydrostatic pressure distribution. Therefore, in the analysis in this area, it is necessary to consider past groundwater head fluctuation. In this research, the ground settlement and the distribution of pore water pressure are simulated from groundwater level fluctuation over the past 100 years. Then, we conducted the seismic analysis by input the distribution of effective stress calculating from the simulated ground water pressure. The sites analyzed in this research are Tokyo Sea Life Park at the mouth of Arakawa River.

    DOI: 10.32732/jcec.2019.8.2.41

    researchmap

  • Elasto-plastic modelling of shear failure of the plate boundary decollement zone 査読

    Y Sugiyama, S Tachibana, H Sakaguchi, A Iizuka

    Geophysical Journal International   216 ( 3 )   1890 - 1900   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    DOI: 10.1093/gji/ggy499

    researchmap

  • 深海底プレート境界デコルマ帯を想定した過圧密化の発現

    上原 拓真, 飯塚 敦, 橘 伸也, 杉山 友理

    都市安全研究センター研究報告   ( 23 )   26 - 36   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 不飽和土の締固め曲線と硬化則の関連性について

    松本 昌祥, 橘 伸也, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 23 )   37 - 54   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Application of partitioned iterative coupling approach to multi-physics 査読

    Takeyama, T, Tachibana, S, Kitanoi, T, Iizuka, A

    Journal of Civil Engineering and Construction   8 ( 1 )   13 - 18   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.32732/jcec.2019.8.1.13

    researchmap

  • ベイズ推定を用いた被害予測と死亡者数再現関数の検討 査読

    本田 和也, 橘 伸也, 飯塚 敦

    土木学会論文集(F部門)   75 ( 1 )   31 - 39   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejsp.75.31

    researchmap

  • Solute transfer during consolidation based on a solid–fluid–solute coupling model 査読

    Nomura,S, Kawai,K, Tachibana,S, Iizuka,A

    International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics   42 ( 10 )   1172 - 1196   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/nag.2787

    Web of Science

    researchmap

  • Analytical investigation of disturbance of seabed-sampled soil specimens and its influence on unconfined strength 査読

    Sugiyama Yuri, Tachibana Shinya, Sakaguchi Hide, Iizuka Atsushi

    Soils and Foundations   Vol.58 ( No.3 )   pp.689 - 701   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Geotechnical Society  

    In view of the need to utilize ocean space and to develop seabed resources, the assessment of the stability of deep seabed soil has emerged as an important challenge in the field of geomechanics. To study seabed stability, the strength and stiffness of the natural ground must be ascertained. Accordingly, it is necessary either to conduct laboratory testing on soil specimens sampled from the seabed or to estimate the strength and stiffness by in-situ tests. While in the future it may be reasonable to conduct in-situ tests to estimate the stiffness and strength of seabed soil, it will still be necessary to compare the physical properties measured by in-situ testing with those measured by laboratory testing in advance of these determinations. In short, soil specimens must be sampled from the actual deep seabed, and laboratory mechanical tests must be conducted on the sampled soil specimens. However, soil sampled from the ocean bottom is subject to effects that differ from those exerted on soil sampled from the earth. More specifically, the non-negligible effects of disturbance are expected with soil sampled from the ocean bottom. The effects of disturbance occur during the sampling process due to the vaporization of dissolved gases, as these soil specimens are under relatively higher pressure and contain pore water with a high amount of dissolved gases. Therefore, numerical simulations were conducted in the present study to investigate the effects of vaporized dissolved gases on the mechanical behavior of soil specimens during sampling and on the undrained shear strength as determined by laboratory tests. The analyses revealed that the combination of the decreasing effective stress caused by the sampling and factors such as overconsolidation and unsaturation is attributable to the difference between the soil strength ascertained by laboratory testing and the in-situ soil strength.

    DOI: 10.1016/j.sandf.2018.02.026

    Scopus

    researchmap

  • Numerical analysis of vacuum consolidation considering dissolved gasses 査読

    Nagaura, T, Sugiyama, Y, Takeyama, Y, Iizuka, A

    Proceedings of the 7th International Conference on Unsaturated Soils   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Finite strain finite element formulation of coupled solid-fluid mixture for dynamic problems 査読

    Bhuddarak Charatpangoon, Aiko Furukawa, Junji Kiyono, Shinya Tachibana, Tomohide Takeyama, Atsushi Iizuka

    International Journal of GEOMATE   15 ( 51 )   1 - 8   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEOMATE International Society  

    Currently, finite element codes for small-strain have been widely applied in geotechnical engineering problems. However, the limitations of these codes are recognized, especially when the strain is large. To overthrow such limitations, finite-strain finite element code for porous media is needed. Therefore, this study aims to implement the finite element code for coupled solid-fluid at finite strain for static and dynamic problems. Firstly, the governing equation for porous media at finite-strain was introduced. Then, the mixed formulation of both phases with respect to the reference coordinates by deriving the governing equations with respect to the reference or current coordinates and by considering the solid and fluid as separate, was given. At present, the code is developed only for elastic regime as its preliminary step. In this study, the proposed code has been verified with the static and dynamic problem. And, the result of the finite-strain finite element code is then compared with the result of the analytical solution and small-strain finite element code within the small-strain regime. Thereafter, the proposed code was used to estimate the response of the earthen dam when subjected to a dynamic load. Finally, the results, discussion, and comparison between small- and finite-strain finite element analyses were presented.

    DOI: 10.21660/2018.51.86896

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of specific surface area of bentonite-engineered barriers for Kozeny-Carman law 査読

    Kobayashi, I, Owada, H, Ishii, T, Iizuka, A

    Soils and Foundations   57 ( 5 )   683 - 697   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sandf.2017.08.001

    Web of Science

    researchmap

  • Simulation of saturation process in a transuranium disposal facility 査読

    Yusuke Takayama, Atsushi Iizuka, Katsuyuki Kawai

    Environmental Geotechnics   4 ( 5 )   339 - 352   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICE Publishing  

    Bentonite materials have been considered as a candidate material for engineered barriers in transuranium (TRU) waste disposal facilities due to their physical and chemical characteristics. Bentonite materials will be initially compacted and unsaturated. After closing the cavern, the bentonite material will become saturated through exposure to a percolating groundwater. It is therefore important to understand the behaviour of bentonite during saturation, which provides an initial condition of the disposal facilities. This paper explains a mathematical model which can express the saturation process. Subsequently, a series of numerical simulations were carried out. First, the swelling pressure of buffer and backfill was examined to verify the numerical model. It was confirmed that the simulated swelling pressure rises with water absorption, and swelling pressure test results from the literature are shown to be satisfactorily predicted by the numerical model, although these were slightly overestimated. Next, the mechanical behaviour of bentonite materials in a TRU waste disposal facility during the saturation process was examined using soil/ water/ air coupled finite-element method. Although it is difficult to examine the validity of analysis results because of the difficulty of an extremely long-term measurement, the qualitative behaviour of the saturation process could be inferred.

    DOI: 10.1680/jenge.14.00041

    Web of Science

    researchmap

  • TC106 General Report; Unsaturated Soils 査読

    Iizuka,A, Tachibana,S

    Proc. 19th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   pp.1113 - 1120   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • H-M-C coupling analysis considering several scenarios of long-term alteration in cement-bentonite system 査読

    Tachibana, S, Ito, S, Iizuka, A, Owada, H, Hayashi, D

    Proc. of 2nd Annual Workshop of the Cebama Project   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • B 値に与える影響因子とB 値測定手法がせん断挙動に及ぼす影響

    宇治 亮佑, 杉山 友理, 竹山 智英, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   49 - 62   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 地盤動的解析のための試験結果のばらつきを考慮したパラメータ範囲の検討

    鹿瀬 一希, 飯塚 敦, 竹山 智英

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   27 - 35   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 海底地盤におけるサンプリング時の応力解放に伴う乱れに関する検討

    岡田 真理子, 杉山 友理, 橘 伸也, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   36 - 48   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 化学変質を考慮したベントナイト緩衝材の長期挙動評価

    神藤 卓哉, 飯塚 敦, 橘 伸也

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   83 - 90   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • デコルマ帯における変質を考慮したせん断挙動モデル

    妹川 賢司, 杉山 友里, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   73 - 82   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • ジオテキスタイル補強土の補強効果の評価手法

    織田 裕至, 飯塚 敦, 橘 伸也

    都市安全研究センター研究報告   ( 21 )   63 - 72   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Constitutive modeling for compacted bentonite buffer materials as unsaturated and saturated porous media 査読

    Yusuke Takayama, Shinya Tachibana, Atsushi Iizuka, Katsuyuki Kawai, Ichizo Kobayashi

    SOILS AND FOUNDATIONS   57 ( 1 )   80 - 91   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    Bentonite has remarkable swelling characteristics and low permeability that enhance the stability of the buffer materials in repositories for the geological disposal of radioactive waste. It is necessary to apply reliable numerical simulation techniques to assess the safety and mechanical stability of repositories over a long period of time. Having a constitutive model that can describe the mechanical behavior of bentonite is key to such numerical simulations. This paper proposes an elasto-plastic constitutive model to describe the changes in the mechanical properties of bentonite due to saturation in the progress of a repository becoming submerged under groundwater. In the proposed model, the swelling index is formulated as a function of the degree-of-saturation to express not only the swelling behavior, but also the dependency of the degree-of-saturation on the dilatancy characteristics. The montmorillonite content is used as a material parameter to determine the normal consolidation line. The experimental results of swelling volume and swelling pressure tests in previous literature are shown to have been satisfactorily predicted by the proposed model. (C) 2017 Production and hosting by Elsevier B.V. on behalf of The Japanese Geotechnical Society.

    DOI: 10.1016/j.sandf.2017.01.006

    Web of Science

    researchmap

  • Research activities at RWMC on the bentonite re-saturation process (2) Laboratory and numerical evaluation 査読

    Ito, S, Tachibana, S, Sakai, J, Iizuka, A, Kobayashi, I. Ishii, T, Kawakubo, M

    BEACON Initial Workshop   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Elastoplastic prediction of clay-buffer homogenization due to swelling behavior 査読

    Tachibana, S, Ito, S, Sakai, J, Iizuka, A, Ishii, T, Kawakubo, M, Kobayashi, I

    7th International Conference on Clays in Natural and Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 地層処分施設内における温度・密度・飽和度を考慮したベントナイト緩衝材の力学特性 査読

    武藤 尚樹, 金澤 伸一, 林 久資, 石山 宏二, 飯塚 敦

    環境地盤工学シンポジウム論文集   Vol.12   567 - 570   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • 水質の違いによるベントナイトの膨潤特性 査読

    市川 希, 金澤 伸一, 林 久資, 石山 宏二, 飯塚 敦

    環境地盤工学シンポジウム論文集   Vol.12   557 - 560   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • 解析による施工時期の違いが盛土の初期応力に与える影響 査読

    金澤伸一, 五十嵐日菜, 飯塚敦

    土木学会論文集 A2 (応用力学)   73 ( 2 )   I_489 - I_496   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of selection of secondary minerals on H-M-C coupling calculation 査読

    Owada,H, Hayashi,D, Iizuka,A

    Proceedings of the First Annual Workshop of the HORIZON 2020 CEBAMA Project   269 - 274   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.5445/KSP/1000068889

    researchmap

  • Detailed FE analysis of E-Defense shake table test on soil-underground structure 査読

    Pal,M.K, Yamashita,T, Ohno,S, Iizuka,A

    Proc. of Computational Engineering Conference JSCE   Vol.22   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Expression of air pressure distribution using soil/water/air coupled analysis 査読

    Kawai, K, Kawakatsu,T, Iizuka,A

    Proc. of 6th Int. Conf. GEOMATE 2016   233 - 238   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effects of stress conditions on B-value measurement 査読

    Sugiyama, Yuri, Kawai, Katsuyuki, Iizuka, Atsushi

    SOILS AND FOUNDATIONS   56 ( 5 )   848 - 860   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    The B-value, measured after setting up a specimen for triaxial testing, is used for evaluating the degree of saturation of a specimen. However, the stress conditions used when measuring the B-value have not been standardized. Although some experimental approaches have been pursued, no detailed analyses have evaluated the effects of the measurement conditions on the B-value results. In this study, the B-values of nearly saturated specimens under various stress conditions were investigated, using a smart triaxial test apparatus capable of elaborate stress control, and comparisons among measurement results were conducted. Moreover, by applying Henry's law, which governs the dissolution of the gas phase into the liquid phase, to an existing constitutive model for unsaturated soil, a new soil model was proposed. This new model accurately represents the behaviors of pore air even under nearly saturated conditions. In addition, the effects of the stress conditions on the B-values were investigated through numerical simulations of B-value measurements. (C) 2016 The Japanese Geotechnical Society. Production and hosting by Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.sandf.2016.08.009

    Web of Science

    researchmap

  • 放射性廃棄物の地下空洞型物処分施設に用いる側部低透水層の転圧工法による施工品質の評価 査読

    山田 淳夫, 千々松 正和, 秋山 吉弘, 小峯 秀雄, 飯塚 敦

    土木学会論文集C (地圏工学)   72 ( 2 )   164 - 178   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • 応力条件がB値計測に及ぼす影響

    田中 博之, 杉山 友理, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 20 )   18 - 31   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 海底地盤からのサンプリングに伴う応力変化が強度特性に及ぼす影響

    中谷 奈央, 杉山 友理, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 20 )   32 - 39   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Soil/water/air coupled F. E. simulation of phreatic surface generation process within a river levee 査読

    Kawai,K, Phommachanh,V, Iizuka,A

    Japanese Geotechnical Society Special Publication (The 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering)   2 ( 49 )   p. 1714 - 1717   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    In this study, the generation process of the phreatic surface within a river levee is investigated through soil/water/air coupled simulation. Here, the effects of river level fluctuation and rainfall on changes in soil moisture distribution within a river levee are considered. The constitutive model proposed by Ohno et al.1) is formulated to the initial and boundary value problems in accordance with Borja's multi phases' concept and is used for simulation. Consequently, it is first found that high groundwater level is maintained for ground consisting of low permeability and high soil water retentivity. Moreover, it is found that the fluctuation of river level directly influences the phreatic surface, and that, in contrast, the effect of rainfall appears after a time lag.

    DOI: 10.3208/jgssp.JPN-078

    researchmap

  • Explanation of Dry Density Distribution Induced by Compaction through Soil/Water/Air Coupled Simulation 査読

    Kawai, Katsuyuki, Phommachanh, Viradeth, Kawakatsu, Takuya, Iizuka, Atsushi

    ADVANCES IN TRANSPORTATION GEOTECHNICS III   143   276 - 283   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Most onshore earth structures, such as earthen dams, embankment, and river levees, are constructed by compaction. Transportation geotechnics also includes construction of compacted earth structures, such as road and railway embankment. Optimum compaction can increase shear strength, while decreasing compressibility and permeability of earth structures. For this reason, compaction has been used for earthworks since the dawn of times. Generally, a series of lab compaction tests is conducted to obtain a compaction curve before constructing these structures. The shape of the compaction curve, which determines the maximum dry density at the optimum water content, is very important in the design and construction of structures. However, it is difficult to control compaction quality on the basis of lab tests alone, as soil materials are inhomogeneous. Furthermore, there are differences in the compaction methods used in lab tests and at construction sites. Therefore, it is necessary to explain the mechanisms of compaction in the framework of soil mechanics. In this study, compaction of earthworks is simulated in a similar way. The effect of compaction layer thickness and the number of compaction layers on the distribution of dry densities in an earth structure was investigated through soil/water/air coupled simulation. Consequently, it was found that multi-layered compaction can create a gap in the dry density between two layers and that this gap can be reduced by thinner layer compaction. On the other hand, though the average dry density in a compacted earth structure can be increased by increasing the number of compacted layers, some gap between compaction layers was inevitable. Through these findings, this study contributes to the performance design of compacted earth structures.

    DOI: 10.1016/j.proeng.2016.06.035

    Web of Science

    researchmap

  • 木造低層住宅の地震時における完全倒壊を防止するための屋外設置フレームの提案 査読

    太田 秀樹, 清田 泰行, 菅原 禎, 畠山 寛之, 中村 勝則, 飯塚 敦

    地盤工学シンポジウム論文集   Vol.60   pp.213 - 216   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • Influence of stress release after sampling on shear characteristics 査読

    Sugiyama,Y, Kawai,K, Iizuka,A, Nakatani,N

    Proc. of Int. Conf. on Soft Ground Engineering   pp.553 - 559   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 廃砂堆積場の表面止水層性能評価

    生田勇輝, 岡田真理子, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   10 - 27   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 放射性廃棄物地層処分におけるベントナイト緩衝材の変質評価手法の開発

    樋野隆太, 飯塚敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   28 - 44   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 深海底デコルマ帯におけるせん断破壊モデル

    戎健次, 杉山友理, 飯塚敦, 河井克之, 佐々木陽亮

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   45 - 58   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 弾塑性動的地盤モデルのためのパラメータの同定

    吉富力, 妹川賢司, 飯塚敦, 河井克之, ロハニ タラニディ

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   85 - 100   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 粒度分布に注目した土粒子吸着物質の除去方法の検討

    西門優, 飯塚敦, 河井克之

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   75 - 84   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成解析によるキャピラリーバリアシステムの性能評価

    中村翔一, 河井克之, 飯塚敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   67 - 74   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • ベルセロ法を用いた高容量テンシオメータの開発

    松尾直人, 飯塚敦, 河井克之

    都市安全研究センター研究報告   ( 19 )   59 - 66   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 放射性廃棄物の地下空洞型処分施設に用いる底部低透水層の転圧工法による施工品質の評価 査読

    山田 淳夫, 千々松 正和, 藤原 斉郁, 矢田 勤, 秋山 吉弘, 小峯 秀雄, 飯塚 敦

    土木学会論文集 C (地圏工学)   71 ( 3 )   147 - 162   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    低レベル放射性廃棄物のうち比較的放射能レベルの高い放射性廃棄物を対象とする余裕深度処分では,ベントナイトで構成される低透水層は人工バリアとして重要な機能を期待されている.この低透水層の設計や施工方法の検討にあたり,地下空洞内において実規模で実際に施工を行い,施工のしやすさ,実現性の確認と低透水性等の性能の確認を行うことは重要である.そこで,ベントナイトを用いた底部低透水層を対象とした,施工試験と室内試験による性能確認試験を実施した.その結果,施工のしやすさ,実現性を確認するとともに,施工後の品質として低透水層に求められる透水係数をはじめとする性能が確保可能なことを確認した.

    DOI: 10.2208/jscejge.71.147

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20013233950?from=CiNii

  • 深海底プレート境界デコルマ帯におけるせん断破壊モデル 査読

    杉山 友理, 戎 健次, 飯塚 敦, 河井 克之, 佐々木 陽亮

    土木学会論文集A2(応用力学)   71 ( 2 )   I_605 - I_612   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    researchmap

  • 降雨時における傾斜地盤内空気の挙動について 査読

    川勝 拓哉, 河井 克之, TIWARI Binod, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   71 ( 2 )   I_171 - I_180   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejam.71.I_171

    researchmap

  • 急性期災害医療におけるDMAT配置モデルに関する考察 査読

    小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之

    土木学会論文集F6(安全問題)   71 ( 1 )   32 - 45   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    近年,自然災害における被害は甚大であり,災害医療におけるDMAT (Disaster Medical Assistance Team)の役割が,人的被害最小化に大きく貢献する.しかし,情報が錯綜する災害時に医療活動を必要とする場所・規模等を掌握し,適切なDMAT派遣を行うことは難しい.そこで本研究では,過去の地震災害の経過時間に伴う累積報告死者数から導いた被災者推定式を用いて,死者数を最小にする最適化問題を考える.<br> その結果,早期派遣が有効であり,条件(DMAT数,被災地の状況)によって累積死亡者数を最小にするDMAT派遣が求められた.また,被災地状況の設定により,妥当なDMAT派遣のあり方を考察することができた.よって,チーム数に限りがあるDMATの有効的派遣のあり方を提案できることで意思決定の一助となり得ると考える.

    DOI: 10.2208/jscejsp.71.32

    researchmap

  • ワイブル分布を用いた被災者数情報のベイズ推定 査読

    小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之

    土木学会論文集F6(安全問題)   71 ( 1 )   46 - 57   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    災害時の不確実な情報から,意思決定者は災害対応の決断をしなければならない.この決断を下す際に「対応の迅速性」と「情報の正確性」のどちらを優先するかといった意思決定者のジレンマが存在する.この優先度の違いによって,災害対応の結果は異なってくる.そこで本研究では,災害発生後の死亡者数の時間変化をワイブル分布で近似し,逐次得られる死亡者数から最終死亡者数を求めるベイズ推定モデルを構築した.過去の地震災害事例を用いた最終死亡者数を考察することにより,災害対応の決断を下す時間帯を見積もることができ,これは意思決定者のジレンマ軽減に資するものと考える.

    DOI: 10.2208/jscejsp.71.46

    researchmap

  • 盛土構造物の排水能力に対する解析的検討 査読

    金澤伸一, 橘伸也, 飯塚敦

    土木学会論文集 A2(応用力学)   71 ( 2 )   I_429 - I_436   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.71.i_429

    researchmap

  • Expression of the pore-pressure coefficient B with numerical simulation 査読

    Sugiyama, Y, H. Tanaka, K. Kawai, A. Iizuka

    Proc. 14th International Conference of International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics (IACMAG)   403 - 408   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical simulation of saturation process in TRU disposal facility 査読

    Takayama, Y, R. Hino, A. Iizuka, K. Kawai

    Proc. 14th International Conference of International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics (IACMAG)   409 - 414   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Application of soil/water/air coupled F.E. code to predict seepage and deformation on sandy slope 査読

    Phommachanh,V, Matsuo,N, Ienaga,K, Kawai,K, Iizuka,A, Tiwari,B

    Proc. International Conference on Unsaturated Soils: Research and Applications (UNSAT2014)   Vol.1   621 - 627   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Derivation of mass transfer model for unsaturated soil and its applications 査読

    Nomura,S, Sugiyama,Y, Kawai,K, Iizuka,A

    Proc. International Conference on Unsaturated Soils: Research and Applications (UNSAT2014)   Vol.2   1179 - 1187   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Compaction simulation with soil/water/air coupled FEA code and parametric study 査読

    K Kawai, V Phommachanh, S Sakamoto, A Iizuka

    Proc. International Conference on Unsaturated Soils: Research and Applications (UNSAT2014)   1   545 - 552   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:CRC Press  

    DOI: 10.1201/b17034-76

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical evaluation of a multiple soil barrier system preventing water infiltration 査読

    Y Takayama, Y Ikuta, A Iizuka, K Kawai, T Taki, R Sakao, Y Ichikawa

    Proc. International Conference on Unsaturated Soils: Research and Applications (UNSAT2014)   1   659 - 665   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:CRC Press  

    DOI: 10.1201/b17034-91

    Web of Science

    researchmap

  • マルチング材料としての粉砕汚泥焼成煉瓦の有効活用について 招待 査読

    河井克之, 佐伯拓也, 野村瞬, 杉山友理, 飯塚敦

    骨材資源   185   13 - 23   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 間隙気体の溶解を考慮した不飽和力学モデル

    杉山 友理, 田中 博之, 飯塚 敦, 河井 克之

    都市安全研究センター研究報告   ( 18 )   32 - 39   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011440

    CiNii Books

    researchmap

  • 土/水/空気/溶解物質連成有限要素解析プログラムを用いた塩害抑制手法の検討

    田中 琢, 飯塚 敦, 河井 克之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 18 )   44 - 53   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011442

    CiNii Books

    researchmap

  • 土の粒度分布に注目した放射性物質吸着土壌の減容化に関する検討

    吉井 大貴, 西門 優, 飯塚 敦, 河井 克之

    都市安全研究センター研究報告   ( 18 )   40 - 43   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011441

    CiNii Books

    researchmap

  • 長期化学的変質を考慮したベントナイト緩衝材の力学モデル化

    鶴見 修平, 飯塚 敦, 河井 克之

    都市安全研究センター研究報告   ( 18 )   23 - 31   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011439

    CiNii Books

    researchmap

  • Coupled Hydraulic-Mechanical-Chemical Modeling for Cement-Bentonite Barrier System (2) Mechanical Modeling of Bentonite Engineered Barrier in Consideration of Long Term Chemical Alteration 査読

    Takayama,Y, Iizuka,A, Ohwada,H, Ishii,T, Kobayashi,I

    Proc. International Conference on the Performance of Engineered Barriers: Backfill, Plugs & Seals, Physical and Chemical Properties, Behaviour & Evolution   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BGR  

    researchmap

  • Effect of montmorillonite content on mechanical and hydraulic properties of bentonite and its numerical modelling 査読

    Yusuke Takayama, Shuhei Tsurumi, Ichizo Kobayashi, Hitoshi Ohwada, Tomoko Ishii, Ryoji Yahagi, Atsushi Iizuka

    CLAYS IN NATURAL AND ENGINEERED BARRIERS FOR RADIOACTIVE WASTE CONFINEMENT   400   221 - 235   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEOLOGICAL SOC PUBLISHING HOUSE  

    Recently, the hydraulic/mechanical/chemical (HMC) analytical method has been studied with the aim of evaluating the long-term performance of Trans-Uranium (TRU) geological repositories. In this particular research, the hydraulic/mechanical modelling of bentonite materials for HMC analyses has been studied, with bentonite materials considered as the engineered barrier. It is said that the bentonite material in the TRU disposal facilities is altered chemically by cement leachate. Moreover, there is a concern that chemical alteration changes the expansion characteristics and water permeability of the bentonite material. In this paper, using past test results, the influence of montmorillonite content and the exchange of sodium and calcium ions on mechanical and hydraulics behaviour is examined. Hydraulic/mechanical mathematical modelling is also presented, describing the mechanical behaviour of bentonite from an initially unsaturated state while also taking into account the hydraulic and mechanical characteristics of bentonite mentioned above. We also simulate the saturation process from an initially unsaturated state in a TRU disposal facility, which is modelled one-dimensionally.

    DOI: 10.1144/SP400.13

    Web of Science

    researchmap

  • 東名牧の原盛土の崩壊時強度の推定と今後の維持管理への提言

    森山 陽一, 藤岡 一頼, 木村 勝, 石垣 勉, 林 雄介, 飯塚 敦, 齋藤 邦夫, 太田 秀樹

    地盤工学シンポジウム論文集   Vol.59   pp.163 - 170   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • 土/水/空気三相連成モデルによる間隙圧係数B値の解釈 査読

    杉山 友理, 河井 克之, 田中 博之, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   70 ( 2 )   I_145 - I_153   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    三軸試験を行う場合に,供試体設置後に計測されるB値は,供試体の飽和化の度合いを知るために用いられる.しかしながら,このB値に及ぼす要因については,飽和度以外には詳細な力学的説明は加えられていない.本論文では,極めて飽和に近い不飽和状態でも,間隙空気の挙動を精緻に表現できるように,まず既存の不飽和土構成モデルの枠組みに,空気相の液相への溶解を規定するヘンリーの法則を適用し定式化した.次に,得られたモデルを用いて,供試体の飽和度や拘束圧,背圧がB値計測に及ぼす影響を数値シミュレーションによって検討した.その結果,同じ飽和状態であっても,応力条件によって計測されるB値が異なることが分かった.

    DOI: 10.2208/jscejam.70.I_145

    researchmap

  • 新しい三軸試験装置の紹介 : SMART triaxial testing apparatus

    小林 一三, 中山 栄樹, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    地盤工学シンポジウム論文集   Vol.59   pp.115 - 120   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:地盤工学会  

    researchmap

  • Salt damage and soil contamination caused by the East Japan Earthquake and Tsunami 査読

    62   141 - 148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.62.141

    Scopus

    researchmap

  • Coupled chemical-hydraulic-mechanical modelling of long-term alternation of bentonite 査読

    Clay Minerals - Journal of Fine Particle Science   48 ( 2 )   331 - 341   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1180/claymin.2013.048.2.13

    Web of Science

    researchmap

  • ベントナイトの特異性の解明と構成関係の導出

    前田 圭介, 飯塚 敦, 河井 克之, 高山 裕介

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 17 )   39 - 48   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011407

    CiNii Books

    researchmap

  • 土/水/空気連成解析手法による異なる含水比の締固め地盤の品質評価

    佐藤 武斗, ポムマチャン ヴィラデス, 河井 克之, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 17 )   31 - 38   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011406

    CiNii Books

    researchmap

  • 災害派遣医療チームの配置モデルに関する考察

    小谷 稔, 飯塚 敦

    都市安全研究センター研究報告   ( 17号 )   23 - 30   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 過圧密粘土の吸水軟化による正規圧密粘土化現象の検証

    安原 昇平, 吉富 力, 河井 克之, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 17 )   49 - 60   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011408

    CiNii Books

    researchmap

  • Expression of mechanical characteristics in compacted soil with soil/water/air coupled F.E. simulation 査読

    Kawai, K, Iizuka,A, Kanazawa,S

    Proc. Int. Conf. on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   1   1129 - 1132   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • 廃棄物処分場の遮水構造に内在する破損確率と ライフサイクルコストの関係 査読

    佐藤毅, 長江剛志, 飯塚敦

    ジオシンセティックス論文集   28 ( 0 )   109 - 116   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.28.109

    researchmap

  • Stress–Strain relationship for the singular point on the yield surface of the elasto-plastic constitutive model and quantification of metastability 査読

    Tomohide Takeyama, Thirapong Pipatpongsa, Atsushi Iizuka, Hideki Ohta

    Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering   25   229 - 239   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    © Springer Science+Business Media Dordrecht 2013. In this chapter, the stress–strain relationship on the singular point of the yield surface of the original Cam clay model and the Sekiguchi-Ohta’s model is derived in order to compute the volume change correctly. Metastable space, the range of increment of strain in which effective stress does not get away from the singular point of yield surface, was theoretically derived. In metastable space, the increment of volumetric strain is larger than the increment of deviatoric strain.

    DOI: 10.1007/978-94-007-5675-5_15

    Scopus

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils with subloading surface concept 査読

    Shintaro Ohno, Katsuyuki Kawai, Atsushi Iizuka, Shinya Tachibana, Shin ichi Kanazawa, Hideki Ohta

    Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering   25   215 - 228   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    © Springer Science+Business Media Dordrecht 2013. An elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils is improved to realize numerical stability of computations at the singular point on the yield surface and an accurate prediction of the mechanical behavior of overconsolidated (or elastic state) soils in this chapter. The authors introduce the exponential contractancy model (EC model) by Ohno et al. (J Appl Mech JSCE 9:407–414, 2006) and the subloading surface model by Hashiguchi and Chen (Int J Numer Anal Method Geomech 22:197–227, 1998) to the elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils by Ohno et al. (J JSCE 63(4):1132–1141, 2007). The applicability of the constitutive model is verified by simulating triaxial shear tests under constant net stress undrained conditions.

    DOI: 10.1007/978-94-007-5675-5_14

    Scopus

    researchmap

  • 二次圧密による先行効果を考慮した弾・粘塑性構成モデルの拡張 査読

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会論文集C(地圏工学)   Vol.69 ( No.4 )   pp.404 - 416   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    粘土の二次圧密やクリープ,ひずみ速度依存性といった時間依存性挙動を表現するため,これまで数多くの弾・粘塑性構成モデルが提案されている.しかしながら,塑性や粘性による非可逆変形を単一の物理量として評価する粘塑性論を基本とした弾・粘塑性構成モデルでは,関連流動則の適用を正当化することができず,時間経過に伴う先行効果(擬似的な過圧密挙動)も定量的に評価することができないという問題が指摘されている.そこで本研究では,飯塚・太田が提案する"塑性論的粘塑性論"を基に,時間経過に伴う先行効果を評価することが可能な拡張型の弾・粘塑性構成モデルを提案し,各種室内試験の要素シミュレーションを実施することで,提案する構成モデルの有効性および適用性について検討を行った.

    DOI: 10.2208/jscejge.69.404

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10024601176?from=CiNii

  • Evaluation of long-term interaction between cement and bentonite for geological disposal, (4) Effect of montmorillonite content on mechanical and hydraulics properties of bentonite and its numerical modeling 査読

    Takayama,Y, Tsurumi,S, Iizuka,A, Kobayashi,I, Ohwada,H, Ishii,T, Yahagi,R

    Proc. 5th Clays in Natural and Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Evaluation of long-term interaction between cement and bentonite for geological disposal, (4) Chemical alteration analysis of bentonite in consideration of hydraulic/mechanical properties 査読

    Ishii,T, Yahagi,R, Ohwada,H, Kobayashi,I, Takazawa,M, Yamaguchi,K, Takayama,Y, Tsurumi,S, Iizuka,A

    Proc. 5th Clays in Natural and Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement,   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Interpretation of Mechanical Properties of Bentonite as a Non-linear Elastic Material 査読

    Takayama Y., Tsurumi S., Iizuka A.

    International journal of GEOMATE : geotechnique, construction materials and environment   3 ( 1 )   357 - 362   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The GEOMATE International Society  

    researchmap

  • 不飽和土の力学によるジオテキスタイル補強効果の検討

    藤原 鉄也, 飯塚 敦, 河井 克之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 16 )   45 - 54   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011372

    CiNii Books

    researchmap

  • 地下水位変動に伴う地盤の長期沈下

    籠橋 慶太, 飯塚 敦, 河井 克之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 16 )   23 - 32   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011370

    CiNii Books

    researchmap

  • Expression of self-hardening property of coal fly-ash 査読

    Phommachanh, V, Maegawa, F, Kawai, K, Iizuka, A

    Proc. 5th Asia-Pacific Conf. on Unsaturated soils   489 - 494   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 神戸空港島の経年品質評価

    荒金 延明, 宮本 郁美, 飯塚 敦, 河井 克之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 16 )   33 - 43   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011371

    CiNii Books

    researchmap

  • 自硬性を考慮した石炭灰のモデル化

    Phommachanh,V, 前川太, 河井克之, 飯塚敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 16 )   63 - 74   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011374

    CiNii Books

    researchmap

  • The role of unsaturated geomechanics in desertification due to salt damage 査読

    Proc. 5th Asia-Pacific Conference on Unsaturated Soils (AP-UNSAT2011)   31 - 44   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Mathematical model of soil/water/air coupled problem for unsaturated soils considering mass transfer within pore-water 査読

    Nomura, S, Kawai, K, Iizuka, A, Tachibana, S, Kanazawa, S

    Proc. 5th Asia-Pacific Conf. on Unsaturated Soils   287 - 292   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive model for expansive soils with a concept of fully saturation curve 査読

    S. Tachibana, Y. Takayama, A. Iizuka, K. Kawai, S. Ohno, I. Kobayashi

    5th Asia-Pacific Conference on Unsaturated Soils 2012   1   303 - 308   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This study presents a new constitutive model for expansive soils. Under any arbitrary state of degree-of-saturation, the mechanical void ratio predicted by the elasto-plastic constitutive models, i.e. EC model and Se-hardening model are combined with the additional void ratio in order to characterize the typical swelling behavior of expansive soil. Herein, the fully saturation curve which derived from compaction and consolidation experimental tests are taken into consideration. The proposed model is examined by simulating the typical experimental test on expansive soil, i.e. normally consolidation and swelling pressure tests. © 2012 IEEE.

    Scopus

    researchmap

  • 地盤内塩分移動シミュレーションによる陸前高田一本松の生育環境評価 査読

    河井克之, 杉山友理, 野村 瞬, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   68 ( 2 )   I_345 - I_352   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.68.i_345

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析による締固め特性に及ぼす土質定数の影響の検討 査読

    河井 克之, 坂本 諭, Phommachanh Viradeth, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   68 ( 2 )   I_299 - I_306   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    Compacted soil is widely used for earth structures. However, the mechanism of compaction has not been explained, so it is difficult to grasp distributions of stress, void ration, and soil moisture within compacted earth structure. Therefore, estimation of safety and stability of compacted earth structures exposed to natural disaster is complicated. Compaction is decreasing void ratio by applying stress under certain water content and pushing air out of soil mass. Thus, the mechanics of unsaturated soil, which includes air within void, is needed for understanding of compaction. In this study, we regarded compaction as compression and expansion phenomenon of unsaturated soil under drained air and undrained water conditions and formulated it in initial-boundary-value problem. Here, the influences of permeability and soil water retention characteristics on compaction were considered and static compaction tests were simulated. Moreover, multi-layered compaction was examined.

    DOI: 10.2208/jscejam.68.I_299

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素法を用いた締固め土の力学挙動の解析 査読

    金澤伸一, 豊嶋拓馬, 河井克之, 橘伸也, 飯塚敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   68 ( 2 )   I_291 - I_298   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.68.i_291

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 自硬性を考慮した石炭灰のモデル化及び埋立て模型地盤の解析シミュレーション 査読

    Phommachanh,V, 前川 太, 河井克之, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   68 ( 2 )   I_307 - I_315   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.68.i_307

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Protective measures of the monumental pine in Rikuzentakada with soil-water-air-solved material coupled model 査読

    Sugiyama, Y, Nomura,S, Kawai,K, Iizuka,A

    Proc. of 2nd Int. Conf. GEOMATE 2012   828 - 833   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An interpretation of mechanical properties of bentonite as a non-linear elastic material 査読

    Takayama, Y, Tsurumi,S, Iizuka,A, Kawai,K

    Proc. of 2nd Int. Conf. GEOMATE 2012   666 - 671   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influences of soil material parameters in compaction simulation with soil/water/air coupled F. E. code 査読

    Sakamoto, S, Kawai,K, Phommachanh,V, Iizuka,A

    Proc. of 2nd Int. Conf. GEOMATE 2012   391 - 396   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Simulations of Static Compaction with Soil/Water/Air Coupled F.E. Analysis 査読

    Katsuyuki Kawai, Masaki Shibata, Takeru Ohtsuki, Viradeth Phommachanh, Shinichi Kanazawa, Atsushi Iizuka

    Unsaturated Soils: Research and Applications   181 - 187   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    DOI: 10.1007/978-3-642-31343-1_23

    researchmap

  • Static pressure distribution beneath granular wedges sloped at angle of repose 査読

    Pipatpongsa,T. Heng, S. Iizuka,A, Ohta,H

    Proc. International Symposium on Deformation Characteristics of Geomaterials (IS-Seoul 2011)   Vol.2   924 - 932   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3233/978-1-60750-822-9-924

    Web of Science

    researchmap

  • 飽和/不飽和地盤内における水溶性物質移動モデルの構築 査読

    野村瞬, 河井克之, 角井駿祐, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦

    土木学会論文集A2(応用力学論文集)   14   I_231 - I_240   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejam.67.i_231

    researchmap

  • ベントナイト材料の力学挙動のモデル化

    飯塚 敦, 河井 克之, 高山 裕介, 前田 圭介

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 15 )   13 - 20   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011336

    CiNii Books

    researchmap

  • Theoretical Evaluation of the Mechanical Behavior of Unsaturated Soils 査読

    Michinori Honda, Shintaro Ohno, Atsushi Iizuka, Katsuyuki Kawai, Hideki Ohta

    Geotechnical and Geological Engineering   29 ( 2 )   171 - 180   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An evaluation method for the mechanical behavior of unsaturated soils is studied in this paper. Although the mechanical behavior of unsaturated soils is complicated, a simple modeling is preferable in practice. This is because the soil properties are not homogeneous and ground data is limited when structures are being designed. In addition, in order to evaluate the reliability of the design, the physical meanings of the parameters applied in the prediction model should be clear. Firstly, the authors study the relationship between compaction curves and compression indexes in the unsaturated state that is used in the proposed constitutive model. Based on the constitutive model, the stress paths for constant volume shear tests are formulated under a constant void ratio condition and the stress paths for undrained shear tests are calculated under a constant water content condition. In the case of unsaturated specimens, the volume of these specimens changes with the shear deformation and the stress paths depend on the initial degree of saturation. The results of the calculation qualitatively describe the test results by considering the changes in effective confining pressure in the undrained condition and the water retention curves. © 2010 Springer Science+Business Media B.V.

    DOI: 10.1007/s10706-010-9340-6

    Scopus

    researchmap

  • スマート三軸試験装置を用いた三軸圧縮せん断試験

    河津 次郎, 安原 昇平, 河井 克之, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 15 )   41 - 50   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011339

    CiNii Books

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムを用いた締固め土の強度発現メカニズムの検討

    柴田 昌輝, 大槻 剛瑠, 河井 克之, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 15 )   51 - 58   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011340

    CiNii Books

    researchmap

  • 土/水/空気/溶解物質連成問題の定式化とその応用

    野村 瞬, 河井 克之, 金澤 伸一, 橘 伸也, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 15 )   21 - 28   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011337

    CiNii Books

    researchmap

  • 盛土材料の初期含水条件が初期応力状態に及ぼす影響

    田中 麻穂, 河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 15 )   29 - 40   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011338

    CiNii Books

    researchmap

  • A numerical interpretation of density homogenization of bentonite material in wetting process 査読

    Atsushi Iizuka, Yusuke Takayama, Shinya Tachibana, Shintaro Ohno, Ichizo Kobayashi, Katsuyuki Kawai

    Proceedings of the International Conference on Radioactive Waste Management and Environmental Remediation, ICEM   ( PARTS A AND B )   949 - 954   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Due to its low permeability and excellent expansion characteristics, bentonite is an excellent candidate with potential use as a buffer in the disposal of nuclear waste. Its expansion characteristics, activated by wetting, can be interpreted based on the full saturation line, depicted as a unique line on the density and the confining pressure relationship as proposed by Kobayashi et al. (2007). In addition, its elasto-plastic constitutive relation can also be formulated by introducing additional irreversible strain component describing the expansion of the montmorillonite present in the bentonite material. A constitutive model can consistently express the mechanical behavior of the compacted bentonite material from the unsaturated to the fully saturated state. This paper describes the density homogenization process that was conducted through a series of soil-water coupled elasto-plastic finite element simulations. Specifically, bentonite specimens, with different initial densities, were permeated with a constant water head. Stresses and strains developing in bentonite, particularly the density change, were carefully examined. A series of numerical simulations, performed on the two specimens, showed that specimens did not homogenize to a unique value of density upon reaching the fully saturated state. To confirm the simulation results, we carried out a series of experiments. The experimental results also support our simulation results. Copyright © 2011 by ASME.

    DOI: 10.1115/ICEM2011-59153

    Scopus

    researchmap

  • Statics of loose triangular embankment under Nadai’s sand hill analogy 査読

    Pipatpongsa,T, Heng,S, Iizuka,A, Ohta,H

    Journal of the Mechanics and Physics of Solids   58   1506 - 1523   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmps.2010.07.013

    Scopus

    researchmap

  • Banking simulation with a constitutive model for unsaturated soil 査読

    Tanaka, M, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka, A, Tachibana, S, Ohno, S, Takeyama, T

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   1337 - 1342   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 締固め方法の違いが締固め土構造物の品質に及ぼす影響 査読

    柴田 昌輝, 河井 克之, 尾崎 早希子, 金澤 伸一, 橘 伸也, 飯塚 敦

    応用力学論文集   Vol.13   363 - 370   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 築堤シミュレーションにおける設定条件が盛土内応力分布に及ぼす影響 査読

    田中 麻穂, 河井 克之, 金澤 伸一, 橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 竹山 智英

    応用力学論文集   Vol.13   423 - 430   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study of stratification resistant to salt damage 査読

    Nomura, S, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   2   1133 - 1139   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Desertification due to salt damage has recently become a serious problem throughout the world. Salt damage is a phenomenon where salt in the groundwater gets concentrated at the ground surface and kills vegetation. In this study salt damage due to disequilibrium of water balance was simulated with unsaturated soil/water coupled simulation code, as applied the material transport equation. Evaporation and precipitation cycles were applied to a model of ground that contained salty groundwater in its deep region. This allowed the successful reproduction of the phenomenon of salt accumulation on the ground surface. Additionally, identical climatic conditions were applied to model grounds consisting of two types of soil, different in terms of their soil-water retention characteristics. It was found that two methods of overlay and insertion of a layer of coarse-grade material, known as 'mulching', are effective in the prevention of salt accumulation. © 2011 Taylor & Francis Group, London.

    Scopus

    researchmap

  • Simulation of static compaction with unsaturated soil/water coupled F. E. analysis 査読

    Shibata, M, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   965 - 971   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Mechanical behaviors and water retention characteristics of micro-porous ceramic particles produced by burning sludge 査読

    Kawazu, J, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   277 - 282   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 神戸空港における地盤変形解析手法の構築 査読

    山本 卓生, 坂上 敏彦, 高橋 嘉樹, 柳浦 良行, 南部 光広, 飯塚 敦

    土木学会論文集C   Vol.66 ( No.3 )   457 - 471   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 超軟弱地盤における道路盛土の変形挙動要因とその抑制対策 査読

    平田 昌史, 木藤 政則, 山田 耕一, 飯塚 敦, 荒井 克彦

    土木学会論文集C   Vol. 66 ( No. 2 )   356 - 369   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 不飽和土/水連成解析による築堤シミュレーション

    河井 克之, 田中 麻穂, 金澤 伸一, 橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 竹山 智英

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 13 )   1 - 8   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Analyses of pressure distribution using arching criteria in 2D sand heaps 査読

    Pipatpongsa,T, Ohta,H, Iizuka,A

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   58   41 - 48   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • A finite element simulator for mechanical behavior of unsaturated earth structures exposed to evaporation and moisturization 査読

    Kanazawa.S, Kawai,K, Ohno,S, Tachibana,S, Pipatpongsa,T, Takeyama,T, Iizuka,A

    Proc. 4th Asia-Pacific Conference on Unsaturated Soils   711 - 718   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • HPMを用いた土/水連成有限要素解析における水頭の空間離散化 査読

    平田 昌史, 藤山 哲雄, 竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    応用力学論文集   Vol.12   187 - 194   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた静的締固めシミュレーション 査読

    河井克之, 柴田昌輝, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 本田道識

    応用力学論文集   12   429 - 436   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Stress-strain and water retention characteristics of micro-porous ceramic particles made with burning sludge 査読

    Kawai,K, Iizuka,A, Kanazawa,S, Fukuda,A, Tachibana,S, Ohno,S

    Proc. of the International Symposium on Prediction and Simulation Methods for Geohazard Mitigation (IS-Kyoto 2009)   339 - 345   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • 二次元砂山における静止土圧係数解析の原理 査読

    Pipatpongsa Thirapong, Heng Sokbil, 飯塚 敦

    応用力学論文集   Vol.12   383 - 394   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • The critical state theory applied to porous rock considering the distructuration effects

    Tachibana, S, Iizuka, A, Kuwano, J

    Proceeding of 6th Regional Symposium on Infrastructure Development   1   25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Stress propagation in semi-infinite planar heap of granular medium possessing self-weight in loose condition 査読

    Pipatpongsa, T, Heng,S, Kanazawa,S, Iizuka,A

    Proc. the Asian Pacific Conference for Materials and Mechanics 2009   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • On the vertex singularity of the Sekiguchi-Ohta model 査読

    Pipatpongsa,T, Takeyama,T, Ohta,H, Iizuka,A

    Theoretical and Applied Mechanics Japan   57   89 - 94   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.57.89

    Scopus

    researchmap

  • Effect of yield function’s form on performance of the Backward-Euler stress update algorithm for the original Cam-clay model 査読

    Khosravi, M. H, Pipatpongsa, T, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc.11th JSCE International Summer Symposium   161 - 164   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:JSCE  

    researchmap

  • 耐塩害性地盤構造及び塩害地盤浄化手法の検討 査読

    河井克之, 野村瞬, 大野進太郎, Thirapong Pipatpongsa, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦

    応用力学論文集   12   421 - 428   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Impacts of plant-induced uptake on the stability of the earth structure 査読

    K. Kawai, A. Iizuka, S. Tachibana, S. Ohno

    Proceedings of the 17th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering: The Academia and Practice of Geotechnical Engineering   1   526 - 529   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    It is empirical knowledge that vegetation can influence the behavior of earth structure. It prevents surface failure and erosion due to rain and wind, and contributes to the stability of earth structure. Moreover, it encourages water circulation with transpiration, fixes atmospheric nitrogen and carbon via photosynthesis, and improves the environment. Therefore, surface seeding is purposely performed when an earth structure, such as an embankment or an earth dam, is constructed. Typically, vegetation grows on unsaturated soil. Consequently, a constitutive model for unsaturated soil is needed for understanding the effects of vegetation on the ground. In this study, we focus on the effect of vegetation-induced water uptake. The effect of water uptake due to evapo-transpiration can be regarded as reduction of water content within soil and appropriately represented in simulation studies. The constitutive model proposed by Ohno et al. (2007) is used for the simulation. In this model, the effective degree of saturation is treated as a parameter expressing hardening/softening. Moreover, the 'root element,' where the reduction of water content occurs, is applied to the soil/water coupled analysis with unsaturated soil mechanics. To verify the applicability of this model, the accident in Poland where non-uniform settlement and building damage were caused by water uptake of vegetation was simulated. The results show that water uptake increased suction and induced non-uniform settlement. This method is effective for understanding the effects of vegetation on the ground. © 2009 IOS Press.

    DOI: 10.3233/978-1-60750-031-5-526

    Scopus

    researchmap

  • さまざまな工学部学科・専攻で行われた教育改革の実例 査読

    堀宗朗, 木村定雄, 飯塚敦, 大塚悟, 熊谷健一, 齋藤利晃, 田村武, 橋本親典, 平出純一, 山口栄輝

    土木学会論文集H(教育)   1   135 - 143   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejeep.1.135

    researchmap

  • Theoretical undrained shear behavior of unsaturated soils 査読

    Honda Michinori, Ohno Shintaro, Iizuka Atsushi, Kawai Katsuyuki, Ohta Hideki

    Proc. of 12th Int. Conf. of IACMAG   pp.992-997   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 不飽和土/水連成有限要素解析における空間離散化手法の検討 査読

    金澤伸一, 橘伸也, 河井克之, 大野進太郎, 飯塚敦

    応用力学論文集   11   331 - 338   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 植生の吸水作用が地盤の安定性に及ぼす影響 査読

    河井克之, 山田竜太郎, 飯塚敦, 橘伸也, 大野進太郎

    応用力学論文集   11   443 - 450   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Numerical modelling for life cycle planning of highway embankments on soft foundations 査読

    S Omoto, H Ohta, A Iizuka, T Takeyama, T Ishigaki

    Advances in Transportation Geotechnics   389 - 395   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:CRC Press  

    DOI: 10.1201/9780203885949.ch52

    Web of Science

    researchmap

  • Introduction about the Plan of Course System in Lectures of Japanese Geotechnical Society 査読

    Furuya,H, Iizuka,A

    Proc. the first International Conference on Education and Training in Geo-engineering Sciences   489 - 492   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ジョグジャカルタ近郊集落における地盤条件の調査報告

    橘伸也, ジョコ・ソエラノ, 飯塚敦

    都市安全研究センター報告   ( 12 )   33 - 42   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • タイ東北部における塩害と地盤変状シミュレータを用いた国際協力の可能性

    ピパットポンサー・テュラポン, 飯塚敦, 河井克之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 11 )   43 - 50   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Analysis of embankment by nonlinear contractancy description 査読

    Ohno,S, Takeyama,T, Pipatpongsa,T, Ohta,H, Iizuka,A

    Proc. 13th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   1097 - 1100   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Modelling of compression/swelling behavior of compacted bentonite using constant water-content line and constant degree-of-saturation line 査読

    Kobayashi,I, Toida,M, Sasakura,T, Iizuka,A, Ohta,H

    Proc. International Workshop on Long-term Performance of Smectitic Clays Embedding Canisters with Highly Radioactive Waste   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 膨張性土質材料の過圧密時の摩擦を考慮した弾朔性構成則の改良

    平井 卓, 重野喜政, 高治一彦, 飯塚 敦

    建設工学研究所論文報告集   ( 49 )   67 - 76   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • An application of performance-based design concept to design of compacted ground 査読

    Honda,M, Iizuka,A, Kawai,K

    Proc. 1st International Symposium on Geotechnical Safety & Risk   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 植生の吸水作用が地盤に及ぼす効果 査読

    河井克之, 飯塚敦, 霜永勝之, 橘伸也

    応用力学論文集   10   375 - 382   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Inhomogeneous Deformation Developing in a Clay Specimen 査読

    Tachibana,S, Iizuka,A, Kawai,K, Kobayashi,I, Pipatpongsa,T, Ohta,H

    Proc 16th Southeast Asian Geotechnical Conference   289 - 296   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Coefficient of Earth Pressure at rest derived from the Sekiguchi-Ohta modell 査読

    Pipatpongsa,T, Takeyama,T, Ohta,H, Iizuka,A

    Proc. 16th Southeast Asian Geotechnical Conference   289 - 296   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A study on yield stress in unsaturated clay 査読

    Honda,M, Ohno,S, Iizuka,A, Kawai,K, Ohta,H

    Proc. 3rd Asian Conference on Unsaturated Soils   219 - 233   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The salt disaster problem and its mathematical modeling 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Tachibana,S, Honda,M, Fujikawa,K, Pipatpongsa,T, Wang,W

    Proc. 3rd Asian Conference on Unsaturated Soils   347 - 352   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The influences of evapo-transpiration on the ground 査読

    Kawai,K, Iizuka,A, Tachibana,S

    Proc. of the 3rd Asian Conference on Unsaturated Soils   359 - 364   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Non-uniform settlement problem of compacted soil caused by the deformation characteristics of unsaturated soil on wetting 査読

    Kawai,K, Iizuka,A, Hayakawa,E, Wang,W

    Soils and Foundations   47 ( 2 )   195 - 206   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    The soil/water-coupled analysis for unsaturated soil mechanics with the finite element method is used to express the behavior of compacted earth structures exposed to rainfall. The constitutive model, which is proposed by Karube et al. (1996, 1997) and modified by Karube and Kawai (2001), is formulated for initial and boundary problems and coded as DACSAR-U (lizuka et al., 2000). A deep fill, which consists of compacted, unsaturated soil, was analyzed with DACSAR-U. Different patterns of rainfall were applied to deep fills in finite element simulations. As a result, non-uniform settlement of deep fill can be calculated and the magnitude of settlement of deep fills is dependent on the amount of collapse, namely, the compression due to the decrease in suction. Moreover, delayed settlement due to rainfall and an accumulation of an irreversible settlement due to cyclic rainfall was observed.

    Web of Science

    researchmap

  • 神戸空港護岸築造工事における沖積粘性土層の挙動とその考察 査読

    長谷川 憲孝, 柳浦 良行, 高橋 嘉樹, 和田 昌大, 飯塚 敦

    地盤工学ジャーナル 2007年3月号   2 ( 1 )   25 - 35   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on constitutive model of elastoplastic behavior for swelling buffer material 査読

    Takashi Hirai, Yoshimasa Shigeno, Kazuhiko Takaji, Atsushi Iizuka

    Structural Engineering/Earthquake Engineering   24 ( 2 )   102 - 111   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A new constitutive model of swelling soil material is proposed to evaluate its mechanical characteristics. In the case of the compacted bentonite material, nonlinear behavior appears more dominantly than ordinary clay materials in the consolidation test. The original Cam-clay model cannot describe these characteristics observed in the compacted bentonite materials. Therefore, a new modeling that strain increment consists of linear summation of the swelling component and the elast-plastic component is introduced to describe the nonlinear behavior in the unloading stage. From the result of the simulation of the triaxial compression test, it is demonstrated that the stress pass and the stress and strain relationship are well simulated by the new model.

    DOI: 10.2208/jsceseee.24.102s

    Scopus

    researchmap

  • Comparison of original and modified cam clay models extended for Ko-consolidated clays 査読

    Ohta,H. Pipatpongsa,T, Takeyama,T, Ohno,S, Iizuka,A

    Proceedings of the Sri Lankan Geotechnical Society’s First International Conference on Soil & Rock Engineering   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Soil/water coupled F.E. Simulation of field performance of 5 embankments placed on homogeneous clay 査読

    Takeyama, T, Pipatpongsa, T, Iizuka, A, Mizuta, T, Ohno, S, Ohta, H

    First Sri Lankan Geotechnical Society International Conference on Soil and Rock Engineering   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 土/水連成解析を用いた道路アセットマネジメント支援の試み 査読

    石垣勉, 尾本志展, 竹山智英, Thirapong PIPATPONGSA, 飯塚敦, 太田秀樹

    応用力学論文集   10   971 - 982   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.10.971

    CiNii Books

    researchmap

  • Numerical investigation on the failure of normally consolidated clays 査読

    Tachibana,S, Iizuka,A, Kawai,K, Kobayashi,I, Pipatpongsa,T, Ohta,H

    International Journal for Numerical and Analytical Methods in Geomechanics   31   809 - 833   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • New trend toward performance-based design in the construction industry 査読

    Horikoshi,K, Honjo,Y, Iizuka,A

    TAIPEI2006 International Symposium on New Generation Design Codes for Geotechnical Engineering Practice   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive modeling for dilative geomaterials in swelling 査読

    Hirai,T, Shigeno,Y, Iizuka,A

    Proc. of 3rd International Workshop on New Frontiers in Computational Geotechnics   91 - 96   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Soil cantilever reinforced by geosynthetics and pre-stressed steel bars 査読

    Iizuka, A, Hirata, M, Ohta, H, Yokota, Y

    Proc. of 8th International Conference on Geosynthetics (CD-ROM)   1213 - 1218   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:MILLPRESS SCIENCE PUBLISHERS  

    In this paper, the authors focus on the confining effect brought by geosynthetic-reinforcement. The reinforcement effect is not brought by the geosynthtics itself but mobilized complexly as a composite material consisting of geosynthetics and compacted soils. If the geosynthetics and the compacted soils are unified more tightly, higher reinforcement effect may be expected. Then, in this paper, presented is an experiment, that is, making soil cantilevers with compacted soils wrapped by geosynthetics which are tightly unified by prestressed steel bars. Two types of soil cantilevers were constructed. The soil structures were, first, constructed and wrapped by geosynthetics on the bases of styrene forms and, next, prestressed through the steel bars penetrated from the top surface to the bottom of the geosynthetic-reinforced soil structures. The soil cantilever was formed by melting and removing the styrene forms in order from the edge with monitoring the vertical displacements. It was found that amazing reinforcement effect appears by tightly confining the dilative deformation of compacted soils with the geosynthetics and the prestressed steel bars. The reinforcement effect is numerically investigated. A series of elasto-plastic FE numerical simulation was carried out. The compacted soil was modelled to be elasto-plastic body and the geosynthetics was expressed by the elastic material.

    Web of Science

    researchmap

  • 膨張性土質材料の弾朔性構成則に関する研究 査読

    平野 卓, 重野 善政, 高治 一彦, 飯塚 敦

    応用力学論文集   9   471 - 478   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 非線形コントラクタンシー表現を用いた土の弾朔性構成モデル 査読

    大野 進太郎, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    応用力学論文集   9   407 - 414   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On the Strategic viewpoints for Mitigation and Reconstruction for the Mid-Java Earthquake Disaster from the Lessons of Disasters in Japan

    Tsutomu Shigemura, Yoshimitsu Shiozaki, Hisashi Nanba, Akihiko Hokugo, Tamotsu Asai, Hiroshi Adachi, Atsushi Iiduka, Yasuko Kuwata

    International Symposium on Earthquake Engineering & Infrastructure & Building Retrofitting (EE & IBR)   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 掘削工事における周辺地盤の変形予測手法の検討 査読

    小島 謙一, 太田 秀樹, 館山 勝, 飯塚 敦

    土木学会論文集   No.652/III-51,pp.217-228   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 物質移動を考慮した不飽和土/水連成問題の数理モデルと有限要素解析手法 査読

    藤川和彦, 飯塚敦, 河井克之, ピパットポンサー・ティラポン

    応用力学論文集   9   377 - 384   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • An evaluation method for the volume change characteristics of compacted soil 査読

    M. Honda, A. Iizuka, S. Ohno, K. Kawai, W. Wang

    Geotechnical Special Publication   ( 147 )   837 - 848   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper discusses the volume change characteristics of compacted soil based on oedometer test results. After making specimens with different water contents and under different compaction loads, compression tests are conducted under both saturated and unsaturated conditions. The effects of the compaction conditions on the compression curves are discussed. It is confirmed that the yield stress and the water content are important factors when evaluating a compression curve, while dry density and suction are important factors when evaluating the yield stress. Copyright ASCE 2006.

    DOI: 10.1061/40802(189)66

    Scopus

    researchmap

  • 締固め土の圧縮特性に関する評価手法の検討 査読

    本田道識, 飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, 汪偉川

    土木学会論文集   No.806/III-73   33 - 44   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive model to describe soil contractancy in a wide variety under axi-symmetric stress condition 査読

    Ohno,S, Iizuka, A, Ohta, H

    Proc. of the Fifth Workshop on Safety and Stability of Infrastructures against Environmental Impacts   192 - 203   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 軟弱盛土基礎地盤の挙動予測における地盤調査結果の差異の影響

    飯塚敦, 西田博文, 河井克之

    建設工学研究所論文報告集   47 ( 47 )   87 - 100   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • 地盤動態解析の基礎理論

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, Pipatpongsa Thirapong, 太田秀樹

    東京工業大学 都市地震工学センター,第96回工学地震学・地震工学談話会,地震工学研究レポート   ( No.96 )   35 - 46   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 膨潤性を有する緩衝材の弾朔性構成モデル化 査読

    平井 卓, 重野 善政, 飯塚 敦

    応用力学論文集   Vol.8   395 - 402   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 膨張性を有する緩衝材の弾塑性構成則に関する研究 査読

    平井 卓, 重野 喜政, 飯塚 敦

    土木学会応用力学論文集   Vol.8   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Influence of ground improvement on the quality of man-made islands 査読

    Iizuka,A, Nishida,H, Kawai,K

    Proc. 11th International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics   327 - 332   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Mechanical behavior of partly saturated ground considering the effect of evaporation and transpiration 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Wang,W

    The International Symposium on Numerical Simulation of Environmental Problems, Journal of the Faculty of Environmental Science and Technology   203 - 209   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Changes in the Instantaneous Shear Modulus of Normally Consolidated Clay with Shear History (IWS-ATHENS 2003「地盤力学における予測とシュミレーション手法」特集号) 査読

    飯塚 敦, 橘 伸也, 河井 克之, 太田 秀樹

    地盤工学会論文報告集 = Journal of the Japanese Geotechnical Society : soils and foundation   45 ( 2 )   135 - 143   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:地盤工学会  

    Changes in the instantaneous shear modulus associated with the non-coaxiality of NC clay materials are presented. A series of hollow cylindrical shear tests was performed to measure the changes in the instantaneous shear modulus with shear history. After each normally consolidated clay specimen was compressively sheared until a prescribed shear level, it was continuously torsionally sheared under a constant volume to measure the instantaneous shear modulus. Coaxial constitutive relations, such as these of the conventional Cam-clay type of models, predict that the instantaneous shear modulus obtained, does not change regardless of the compressive shear history. On the contrary, it is known that non-coaxial constitutive relations theoretically bring about changes in the instantaneous shear modulus in relation to the compressive shear history. The test results supported the predictions made by the non-coaxial constitutive models. Finally, the proper formulation for the non-coaxiality between the stress and the incremental plastic strain is discussed.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10424246

  • Changes in the instantaneous shear modulus of normally consolidated clay with shear history 査読

    Iizuka,A, Tachibana,S, Kawai,K, Ohta,H

    Soils and Foundations   45 ( 2 )   135 - 143   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    Changes in the instantaneous shear modulus associated with the non-coaxiality of NC clay materials are presented. A series of hollow cylindrical shear tests was performed to measure the changes in the instantaneous shear modulus with shear history. After each normally consolidated clay specimen was compressively sheared until a prescribed shear level, it was continuously torsionally sheared under a constant volume to measure the instantaneous shear modulus. Coaxial constitutive relations, such as these of the conventional Cam-clay type of models, predict that the instantaneous shear modulus obtained, does not change regardless of the compressive shear history. On the contrary, it is known that non-coaxial constitutive relations theoretically bring about changes in the instantaneous shear modulus in relation to the compressive shear history. The test results supported the predictions made by the non-coaxial constitutive models. Finally, the proper formulation for the non-coaxiality between the stress and the incremental plastic strain is discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • 河川水位上昇に伴う不飽和堤防盛土内の応力状態の変化予測

    飯塚 敦, 道奥 康治, 藤川 和彦

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 9 )   97 - 109   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • The effect of evapo-transpiration through vegetation on unsaturated ground deformation 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Wang,W

    Proc. of Symposium on Elasto-plasticity   37 - 46   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive equation to describe re-liquefaction phenomenon 査読

    OHNO Shintaro, IIZUKA Atsushi, KAWAI Katsuyuki, OHTA Hideki

    Plasticity, Damage and Metal Forming : Material Response and Multiscale Modeling, Proc. Of PLASTICITY'05: the 11th International Symposium on Plasticity and its Current Applications, edited by A.S.Khan and A.R.Khoei.   286 - 288   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The non-coaxiality induced by stress rate on the instantaneous shear modulus of clays 査読

    Iizuka,A, Tachibana,S, Kawai,K, Ohta,H

    in the book of Dislocations, Plasticity, Damage and Metal Forming : Material Response and Multiscale Modeling, Key-note-lecture, Proc. Of PLASTICITY'05 : the 11th International Symposium on Plasticity and its Current Applications, edited by A.S.Khan and A   265 - 267   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A simple evaluation method of adjacent ground settlement due to excavation work 査読

    Kojima, K, Ohta, H, Iizuka, A, Tateyama, M

    5th International Conference on Getechnical Aspects of Underground Construction in Soft Ground   719 - 723   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    The prediction of back-fill settlement due to the excavation work is getting important, particularly in the urban area. The finite element simulation would be a suitable choice to answer it. However, it is less feasible in practice to carry it out because input parameters needed in the F.E. simulation are not sufficiently provided in advance at the stage of design work. In the past, some simple evaluation methods for predicting the back-fill settlement due to excavation works were presented by Peck, Long and Moormann et al. and so on. In this paper, a new method capable for predicting the back-fill settlement at the stage of design work is proposed, taking account of design parameters, i.e. soil parameters, retaining wall parameters and construction sequences. The proposed method is built up based on a lot of monitored records obtained from sites and the numerical results obtained from a series of F.E. simulations for imaginary excavation works. It is designed to be simple and useful at the stage of design work. This method consists of two parts, predictions of the maximum amount of back-fill settlement and the distance from the retaining wall. Finally, some case studies in which the proposed new method was applied to actual excavation sites in Japan are presented.

    Web of Science

    researchmap

  • Modeling of the confining effect due to the geosynthetic wrapping of compacted soil specimens 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Kim,E.R, Hirata,M

    Journal of Geotextiles and Geomembranes   22 ( 5 )   329 - 358   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    This paper presents the modeling of the composite soil-geosynthetic structure and discusses the effect of the reinforcement arising from the confining of the deformation of the soil by geosynthetics. A series of compressive shear tests for compacted sandy soil specimens, wrapped in geosynthetics, is carried out for the purpose of quantitatively examining the effect of the geosynthetic reinforcement arising from the confining of the deformation of compacted soils during shearing. Furthermore, an elasto-plastic modeling for compacted soil and a rational determination procedure for input parameters, needed in the elasto-plastic modeling, are presented. In this paper, the subloading yielding Surface is introduced to the elasto-plastic modeling in order to describe the irreversible deformation characteristics of compacted soil during shearing. Since compacted soil is essentially unsaturated and its mechanical behavior is influenced by the suction working in the compacted soil media, the suction effect is taken into account in estimating of the degree of compaction. Finally, an elasto-plastic finite element simulation is conducted and the geosynthetic-reinforcement effect is presented. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.geotexmeml.2004.01.001

    Web of Science

    researchmap

  • 既存の不飽和土構成モデルの解釈および水分特性曲線ヒステリシスを考慮したモデルの一般的な表現方法 査読

    河井克之, 汪偉川, 飯塚敦

    応用力学論文集   Vol.7 ( No.1 )   505 - 513   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    There are some constitutive models for unsaturated soil. However, their mathematical structures, particularly for expression of collapse phenomenon, are essentially the same. Therefore, it is possible to unify the constitutive models which were proposed in the past. In this paper, a generalized constitutive model for unsaturated soils is presented. First, we outline existing constitutive models for unsaturated soil and, next, we propose a comprehensive constitutive model for unsaturated soils in terms of the effective stress for unsaturated soils. To this new elasto-plastic model, it is easier to introduce sophisticated methods such as a rotational hardening, a subloading surface and so forth. This model is formulated in the form of incremental general stress and strain relationship and is incorporated into a finite element code, DACSAR-U, for unsaturated soils. The performance of the new constitutive model is demonstrated by comparing with the models proposed by Karube et at and by Honda et al

    DOI: 10.2208/journalam.7.505

    CiNii Books

    researchmap

  • 土構造物の維持補修への構成式の応用 査読

    石井 武司, 村上 章, 飯塚 敦

    土と基礎   52 ( No.8(Ser.No.559) )   25 - 27   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Modeling of the confining effect due to the geosynthetics wrapping of compacted soil specimen considering suction effect 査読

    Kim, E.R, Kim, Y.S, Iizuka,A, Kawai,K

    Proceedings of the 3rd Asian regional Conference on Geosynthetics   707 - 714   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The role of numerical simulation for geosymthetic reinforced soil structures - from laboratory tests to full scale structures - 招待 査読

    GeoAsia2004, invited Lecture at ISSMGT TC9 Sponsored Session, Proceedings of the 3rd Asian regional Conference on Geosynthetics, Seoul Korea   153 - 172   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 適用性の高いダイレイタンシーの表現式の提案とそれを用いた土の弾塑性構成式の導出

    大野 進太郎, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39   261 - 262   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    柴田(1963)、柴田・軽部(1965)、太田・畠(1971)による一連の研究によって提案された弾塑性構成式(太田・畠モデル)において、土のダイレイタンシー挙動は、間隙比(e)と応力比(q/p')との関係において直線としてモデル化されている。しかし、これまでの研究により、土によっては、その関係が必ずしも直線とならないことがわかっている。本研究では、柴田(1963)、柴田・軽部(1965)、太田・畠(1971)による一連の研究を踏襲しながら、より適用性の高いダイレイタンシーの表現式を提案することで、新しい土の弾塑性構成式を導出している。

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.261.0

    researchmap

  • 関口・太田モデルにおける塑性論的粘塑性論に基づく負荷判定法の適用性

    西田 博文, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39   913 - 914   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    これまで,土構造物の挙動予測を行う際に関口・太田による弾(粘)塑性構成モデルが組み込まれた二次元土/水連成弾(粘)塑性有限要素解析プログラム(DACSAR)が多く用いられてきた.しかし,現行のDACSARで適用されている負荷判定法は粘塑性体積ひずみと定める閾値の大小関係で行われているため,閾値の定め方によって負荷判定結果が左右される.そこで,本報告は飯塚らが提案した閾値を必要としない負荷判定法をDACSARに組み込み,K0圧密および静的非排水繰返しせん断の解析結果を比較することにより,新しく提案した負荷判定法の適用性について検討したものである.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.913.0

    researchmap

  • Safety and Symbiosis' form Viewpoint of geomechanics 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Wang,W

    Proc. KU-UW International Symposium #1 on Design Strategy towards Safety and Symbiosis of Urban Space   81 - 88   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 対数ひずみを用いた有限変形Cam-clayモデルの陰解法アルゴリズム

    橘 伸也, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    地盤工学研究発表会 発表講演集   39   259 - 260   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.259.0

    researchmap

  • Constitutive parameters of compacted sandy soils 査読

    Iizuka, A. Hirata, M, Ohta, H

    Proc. 13th Regional Conference for Africa, The Involvement of Geotechnical Engineering in Infrastructure development in Africa   713 - 719   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The change of instantaneous shear modulus associated with non-coaxiality of normally consolidated clays 査読

    Iizuka,A, Tachibana,S, Kawai,K, Ohta,H

    Proc. of the International Workshop on Prediction and Simulation Methods in Geomechanics (IWS-Athens 2003)   21 - 24   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Deformation analysis of soft subsoil on sloping bedrock loaded by highway embankment with stabilization methods 査読

    Iizuka,A, Yamamoto,N, Sueoka,M, Satou,N, Kawaida,M, Ohta,H

    Soils and Foundations   43 ( 5 )   81 - 92   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    A highway embankment built in Akita prefecture using ground stabilization methods was constructed on very soft peat and clay deposits on a sloping base. This paper presents a case study of a soil/water coupled elasto-viscoplastic finite element simulation of an actual embankment construction, that is, the deformation analysis of a soft clayey foundation deposited on an inclined base with embankment loading. For execution of the numerical simulation, determining the input parameters needed in the analysis and evaluating the shape of sloping bedrock under the ground were problems. The former is discussed for a practical procedure of determining input parameters using unconfined compression strengths and the latter is accomplished by drawing a contour map of the top face of the bedrock under the ground, with reference to the geographical features of the area around the site and to a topographic map. The performance of the numerical simulation is discussed in comparison with in-situ monitored records. The effectiveness of ground stabilization methods employed at the site is also a topic of discussion.

    Web of Science

    researchmap

  • 施工履歴の違いを考慮したCAES地下空洞掘削シミュレーション 査読

    西田博文, 飯塚敦, 河井克之, 伊藤文雄

    応用力学論文集   6   1131 - 1139   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 15 years continuous settlement of a highway embankment on very soft clay 査読

    太田 秀樹, 飯塚 敦, 稲垣 太浩, 野津 光夫, 竹山 智英

    Proc. International Workshop on Geotechnics of Soft Soils   pp.49-62   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Soil/water coupled response to repeated loading 査読

    Ohno,S, Iizuka,A, Ohta,H

    Proc. of JSPS Core University Program on Environmental Engineering Symposium   381 - 390   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Undrained strength measured in lab/in-situ tests and strength mobilized at failure in the field 査読

    Ohta, H, Nishihara, A, Iizuka, A

    Proc. JSPS Core University Program on Environmental Engineering Symposium   391 - 408   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influence of water level change on the behavior of unsaturated zone 査読

    Kawai,K, Iizuka,A, Umehara,H. Wang, Kato,S

    Proc. of 13th European Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   1   735 - 738   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical assessment of long term non-uniform settlement of man-made island 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Nishida,H

    Proc. of 13th European Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   1   709 - 712   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical interpretation of a shape of yield surface obtained from stress probe tests 査読

    Kobayashi,I, Soga,K, Iizuka,A, Ohta,H

    Soils and Foundations   43 ( 3 )   95 - 104   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE GEOTECHNICAL SOC  

    Experimental evidence suggests that a mutual relationship between anisotropy and structure of clays exists. It was hypothesized that development and decay of the structure of clays (called structuralizing and destructuralizing) can be regarded as development of anisotropy and decay of anisotropy (isotropization), respectively. Using this hypothesis, an anisotropic rotational hardening rule was incorporated in the Sekiguchi-Ohta elasto-plastic constitutive model. The subloading surface concept was also introduced to model the plastic deformation inside the yield surface more accurately.
    The proposed model provided some rational as well as physical explanations for the experimental facts. Using the proposed model, it was possible to simulate the apparent softening behavior observed in anisotropically consolidated specimens. For isotropically consolidated specimens, no softening was observed, which is consistent with the experimental data. At the critical state, the undrained shear strength of the anisotropically consolidated specimens was the same as that of the isotropically consolidated specimens. This is due to both specimens having the same soil structure after large shearing. The shape of yield surface obtained from stress probe tests was investigated by simulating the tests with the proposed model. Typical data of the stress probe tests of natural clays shows that the yield surface generally has a smooth elliptical shape. By modeling the rotation of yield surface, the proposed model was capable of simulating this 'apparent' yield surface.

    Web of Science

    researchmap

  • A study of the relation between volume change characteristics of compacted soil and the condition of compaction 査読

    Honda,M, Seguchi,H, Kim,E, Kawai,K, Iizuka,A, Karube,D

    Proc. of 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils   177 - 180   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The deformation and the moisture characteristics of unsaturated soils under isotropic loading and undrained condition 査読

    Kawai,K, Wang,W, Sakurai,K, Iizuka,A

    Proc. of 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils   171 - 176   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Suction change of compacted soils during static compaction test 査読

    Kawai,K, Nagareta,H, Hagiwara,M, Iizuka,A

    Proc. of 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils   429 - 434   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Estimation of the consolidated yielding stress of compacted soil considering the effects of suction 査読

    Kim,E., Kawai,K., Iizuka,A.

    Proc. of 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils   271 - 276   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Computational soil/water coupled unsaturated soil behavior 査読

    Iizuka,A, Kawai,K, Nishida,H, Honda,M, Karube,D

    Proc. of 2nd Asian Conference on Unsaturated Soils   299 - 304   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Settlement of an embankment placed on the old seabed in a polder 査読

    H Ohta, A Iizuka

    Soft Ground Engineering in Coastal Areas   397 - 407   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1201/9781439833919.ch45

    Web of Science

    researchmap

  • 地盤材料の構造の劣化と異方化/等方化を考慮した弾塑性構成モデルの開発

    小坂部 和也, 小林 一三, 飯塚 敦, 大野 進太郎, 鈴木 章浩, 太田 秀樹

    地盤工学研究発表会 発表講演集   38   283 - 284   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    既存のモデルでは,構造・過圧密の変化を表す概念として上・下負荷面モデル,異方性の変化を表す概念として回転硬化則を用いていたが,両者の関係に関しては十分な議論がなされていなかった.本研究では,構造の劣化と異方性の変化には不可分な関係があると考え,関口・太田モデルに上・下負荷面の概念と回転硬化則を導入し,構造・過圧密・異方性の変化を統一的に取扱える構成モデルを開発した.具体的には,回転硬化の発展則を上負荷面の発展則の関数で表すことによって,構造と異方性を結びつけた.開発した構成モデルを用いて,構造を持った土の各種室内力学試験を解析し,これまで表すことができなかった実験事実を説明し,妥当性を示した.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS38.0.283.0

    researchmap

  • Mises規準から見た境界非排水粘土供試体の破壊シミュレーション -Mises型かMohr-Coulomb型か-

    橘 伸也, 飯塚 敦, 河井 克之, 太田 秀樹

    地盤工学研究発表会 発表講演集   38   293 - 294   2003年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    本研究の目的は,室内試験を境界値問題と捉え,正規圧密粘土の非排水三軸圧縮・伸張試験,平面ひずみ圧縮試験をシミュレーションし,供試体の破壊挙動を解析的に検討することである.計算を行う道具として,有限変形弾塑性理論に基づく土/水連成3次元有限要素プログラムを開発した.シミュレーションにはMises型のCam-clayモデルを用いているため,解析解として得られる破壊強度に圧縮側,伸張側あるいはその中間で違いがあれば,一般に実験で得られるMohr-Coulombの規準は粘土の材料としての性質ではなく,他の要因に起因するものと考えられる.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS38.0.293.0

    researchmap

  • Mechanical influence of a large-scale excavation on the adjacent embankment 査読

    Kojima,K, Tateyama,M, Iizuka,A, Ohta,H, Fujita,K

    roc. of 4th International Symposium on Geotechnical Aspects of Underground Construction in Soft Ground   IS-Toulouse   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A series of trial embankments of reinforced earth 査読

    Ohta,H, Maeda,Y, Nishimoto,T, Ohmori,K, Yamakami,T, Iizuka,A, Kobayashi,I

    Proc of 7th International Conference on Geosynthetics   307 - 312   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 不飽和土の力学を用いた締固め土における圧密降伏応力の簡易予測手法 査読

    河井克之, 金銀羅, 流田寛之, 飯塚敦, 本田道識

    応用力学論文集   5   785 - 792   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.5.785

    CiNii Books

    researchmap

  • 地盤沈下の予測理論と実際 査読

    飯塚 敦, 村上 章, 宮田 喜壽, 中角 功

    施工過程を考慮した地盤の変形・破壊予測に関するシンポジウム発表論文集   17 - 24   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 水分特性曲線ヒステリシスの表現と不飽和土の応力変化 査読

    河井克之, 汪偉川, 飯塚敦

    応用力学論文集   5   777 - 784   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    The mechanical behavior of unsaturated soils strongly depends on the pore water distribution as well as the suction. The water characteristic curve (W. C. C) specifying the pore water content and the suction value plays a very important role in describing the mechanical modeling for unsaturated soils. However, the W. R. 0 shows the hysteresis loop in the wetting/drying processes. This paper emphasizes the importance of considering the hysteresis of W.C.C in the modeling. The accumulation of irreversible strains in the soil structures caused by rainfalls cannot be explained well without considering the hysteresis of W. C. C. An existing model of W. C. C is modified so as to express the accumulation of irreversible strains as the cyclic suction loading. Finally, it is shown that the modified model well explains the experimental results.

    DOI: 10.2208/journalam.5.777

    CiNii Books

    researchmap

  • 施工履歴の違いを考慮した人工島の品質評価に対する検討 査読

    飯塚敦, 西田博文, 河井克之, 井内崇也

    応用力学論文集   5   767 - 776   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Compressive shear tests of compacted soils wrapped by geosynthetics 査読

    Iizuka,A, Hirata,M, Yokota,Y, Ohta,H, Kim,E.R, Kubo,T

    Proc of 7th International Conference on Geosynthetics   1133 - 1136   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 地盤沈下の予測理論と実際 -施工に伴う荷重や変位の履歴による地盤応答- 査読

    飯塚敦, 村上章, 宮田喜壽, 中角功

    土と基礎   Vol.50 ( No.8 (Ser.No.535) )   6 - 8   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 開削トンネル設計時における周辺地盤の簡易沈下予測 査読

    小島謙一, 太田秀樹, 館山勝, 飯塚敦

    土と基礎   Vol.50 ( No.7 (Ser.No.534) )   28 - 30   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • FEM formulation for analysis of soil constitutive model with a corner on the yield surface 査読

    Pipapongsa,T, Iizuka,A, Kobayashi,I, Ohta,H

    Journal of Structural Engineering   Vol.48A ( 1 )   185 - 194   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 締固め土のサクションと圧密降伏応力の関係について

    河井克之, 金銀羅, 流田寛之, 飯塚敦, 鳥居宣之

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   6 ( 6 )   397 - 408   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/00317653

    CiNii Books

    researchmap

  • 下負荷面弾塑性構成モデルを用いた土/水連成動的FE解析 査読

    飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, 建山和由

    応用力学論文集   5   601 - 610   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.5.601

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Application of Dilatancy Models with Subloading Surface to Soils Reinforced by Geosynthetics

    Kim Eun-ra, Iizuka Atsushi, Hirata Masafumi, Kawai Katsuyuki

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   761 - 762   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.761.0

    researchmap

  • Stress Probe Testから得られる降伏曲面の解析的解釈

    小林 一三, 鈴木 章浩, 飯塚 敦, 太田 秀樹, 曽我 健一

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   327 - 328   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.327.0

    researchmap

  • 転硬化を導入した下負荷面関口·太田モデルによるK0値の算出

    鈴木 章浩, 小林 一三, 太田 秀樹, 飯塚 敦, 曽我 健一

    地盤工学研究発表会 発表講演集   37   325 - 326   2002年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    DOI: 10.11512/jiban.JGS37.0.325.0

    researchmap

  • Geological approach to the void ratio distribution for aged clays based on Bjerrum's hypothesis 査読

    Saito,T, Iizuka,A, Kitamura,A, Ohta,H

    Journal of Geotechnical Engineering   Vol.32 ( No.3 )   153 - 164   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Applicability of an elasto-plastic model for reinforced soil structures 査読

    Yoshida,T, Mori,K, Iizuka,A, Maegawa,F, Amano,S

    Proc. of the International Symposium on Landmarks in Earth Reinforcement (IS-Kyushu 2001)   Vol.1   507 - 510   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The reinforcement technique using flexible materials such as geosynthetics has been widely employed in the current engineering practice. However, the reinforcement mechanism has not revealed sufficiently, i.e. the mechanical interaction between the reinforcements and soils, the confining effect induced by reinforcements and so forth, and then it has not yet led into a proposal of rational design procedure. This paper reports in-situ loading tests carried out on the compacted soil structure reinforced by flexible beltlike materials. Elasto-plastic finite element simulations were also performed considering dilatancy characteristics of compacted soils during shearing. Throughout comparison with the field records monitored in the site and the results obtained from the conventional elastic computation, discussed are the applicability of the elasto-plastic analysis and the role of dilatancy characteristics of compacted soils in the reinforcement mechanism.

    Web of Science

    researchmap

  • セルフボーリングプレッシャーメータから得られる強度に間隙水の移動が及ぼす影響 査読

    小林一三, 曽我健一, 飯塚敦, 太田秀樹, Dalton,C

    応用力学論文集   Vol.4   285 - 294   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Nonlinear analysis for stress-strain-strength of clays using return-mapping algorithms 査読

    Pipatpongsa,T, Iizuka,A, Kobayashi,I, Ohta,H, Suzuki,Y

    Journal of Applied Mechanics   Vol.4   295 - 306   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 体積変化を考慮したせん断帯生成理論 査読

    森川嘉之, 飯塚敦, 太田秀樹

    応用力学論文集   Vol.4   367 - 374   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Integration algorithms for soil constitutive equations with a singular hardening vertex 査読

    Pipatpongsa, T, Ohta, H, Kobayashi, I, Iizuka, A

    Proc. 3rd Int. Summer Symposium   201 - 204   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ジオシンセティックスによるダイレイタンシー拘束効果 査読

    飯塚 敦, 平田 昌史, 太田 秀樹

    土木学会論文集   2001 ( No.680/III-55 )   15 - 28   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    本論文では, ジオシンセティックスによる補強効果を定量的に検討することを目的に, モデル実験および有限要素シミュレーションを実施している. 土を円柱形状に締固め, その外周が簀巻き状にジオシンセティックスで覆われている. このような供試体に外力を載荷し, 供試体の変形とジオシンセティックスに作用する力を調べている. 土の締固め度合いを変えた実験を行い, 土の変形と補強効果の関係を調べている. さらに, このような補強材と締固め土の力学的相互作用を模擬できる有限要素解析手法を提案している. ジオシンセティックス補強材に作用する力は, 締固め土のダイレイタンシー変形を拘束することによって生じ, 締固め度合いの違いにより, ジオシンセティックスによる補強効果に差が生じることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscej.2001.680_15

    researchmap

  • 異方性地盤材料の構成モデルの陰解法有限要素解析への適用 査読

    ピパットポンサー ティラポン, 小林 一三, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    第51回理論応用力学講演会講演論文集   51 ( 0 )   91 - 91   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/japannctam.tam51.0.91.0

    researchmap

  • 掘削時における現場計測データを用いた周辺地盤の沈下管理手法 査読

    小島謙一, 飯塚敦, 太田秀樹, 館山勝

    土木学会論文集   ( 694 )   67 - 79   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscej.2001.694_67

    researchmap

  • A repair work of a bridge abutment suffering from excessive deformation of soft clay foundation 査読

    Kawaida,M, Morii,Y, Horikoshi,K, Iizuka,A, Kobayashi,I, Ohta,H

    Proc. of 3rd Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering   373 - 380   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 不飽和土の応力-ひずみ関係式 査読

    本田道識, 飯塚敦, 河井克之, 軽部大蔵

    土木学会論文集   659 ( No.659/III-52 )   153 - 164   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 間隙水分布の違いを考慮した不飽和土/水連成解析 査読

    飯塚敦, 本田道識, 西田博文, 河井克之, 軽部大蔵

    土木学会論文集   659 ( No.659/III-52 )   165 - 178   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of some parameters on braced-excavation of soft clay by numerical studies 査読

    Pipatpongsa,T, Ohta,H, Iizuka,A, Hashimoto,M

    Proc. of Coastal Geotechnical Engineering in Practice (IS-Yokohama)   Vol.1   351 - 356   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    Apart from following general outlines for input procedures and parameter findings when performing excavation analysis using FEM, some additional considerations should be taken. The influences of appropriate soil stiffness, pre-load efficiency, actual strut stiffness, soil/wall interface, crack in concrete retaining wall, and foundation piles installed before excavation have been investigated to weight the impact on analysis quality, enhancing acceptability in practice. Computed deformations and strut axial loads of a case study agreed quite well with field responses after applying these effects.

    Web of Science

    researchmap

  • 開削工事における周辺地盤変形要因に関する解析的研究

    小島 謙一, 太田 秀樹, 館山 勝, 飯塚 敦

    鉄道総合技術論文誌鉄道総研報告   14 ( 8 )   25 - 30   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 掘削工事における周辺地盤の簡易沈下予測手法

    小島 謙一, 太田 秀樹, 舘山 勝, 飯塚 敦

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   652   217 - 227   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    開削工法などの掘削工事では, 周辺地盤や構造物に及ぼす変形が大きな問題となる場合がある. 特に都市部における掘削工事では周辺構造物の密度は増す一方であり, 十分な検討が必要となる. しかし, 土留め工設計に関わる各規準においては具体的な検討手法を記述したものは少なく, どのような方法が優れているか, 未だ定見はない. また, 比較的煩雑な手法が多く, 設計時に得られている少ない情報から容易に周辺地盤の変形を予測する手法が求められる. 本研究は, モデル地盤による有限要素法解析結果と現場で計測されたデータから求めた周辺地盤への変形の影響要因を評価し, 設計計算に用いるパラメータ (主としてN値および土留め壁の剛性) を用いて, 掘削時の周辺地盤変形を簡便に予測するための新しい手法を提案するものである.

    DOI: 10.2208/jscej.2000.652_217

    CiNii Books

    researchmap

  • 掘削工事における周辺地盤の変形予測手法の検討 査読

    小島謙一, 太田秀樹, 館山勝, 飯塚敦

    土木学会論文集   ( No.652/III-51 )   217 - 228   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 締固め土の圧縮挙動に関する弾朔性構成モデルの適用

    本田 道織, 軽部 大蔵, 飯塚 敦, 河井 克之

    神戸大学大学院自然科学研究科紀要   18-B   51 - 59   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 道路盛土の除去およびEPS置換に伴う軟弱地盤の挙動解析 査読

    川井田実, 森川慶行, 堀越研一, 飯塚敦, 太田秀樹

    土木学会論文集   ( ,No.645/III-50 )   209 - 221   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Shear strength mobilization in shear box test under constant volume 査読

    Kobayashi,I, Iizuka,A, Ohta,H, Hirata,M

    Proc. of International Symposium on Slope Stability Engineering, Geotechnical and Geoenvironmental Aspects (IS-Shikoku)   763 - 768   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The specification of strength parameters is an important task in the design work of slope stability. Usually laboratory shear tests are employed to determine the strength parameters. The specimen in the laboratory tests is intended and generally assumed to represent a single point in the in-situ soil medium. And, the strength parameters obtained are interpreted as material properties of the soil element. However, since the uniformity of stress/strain distribution within the specimen is hardly achieved during shearing, the strength parameters thus obtained cannot be essentially regarded as material properties. In this paper, the shear box test under the condition of constant volume is considered and the distribution of stress/strain within the specimen is rigorously examined through numerical simulations based on finite incremental deformation theory. The mobilization of strength is explained associated with the development of shear bands in the specimen during shear.

    Web of Science

    researchmap

  • ダイレタンシーを考慮したジオシンセティックス補強盛土有限要素解析 査読

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹, 山上 尚幸, 横田 善弘, 大森 晃治

    土木学会論文集   No.631/III-48   179 - 192   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 土留め掘削周辺地盤の挙動と三次元解析事例 査読

    杉江茂彦, 上野孝之, 太田秀樹, 飯塚敦, 秋野矩之, 崎本純治

    土と基礎   Vol.47-9 ( No.498 )   13 - 16   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 粘土供試体の圧縮せん断破壊-観察とシミュレーション- 査読

    飯塚 敦, 小林 一三, 太田 秀樹

    土と基礎   Vol.47 ( No.5 )   21 - 24   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 正規粘土供試体せん断時における局所変形の遷移 査読

    小林 一三, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会論文集   No.617/III-46   1 - 18   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Dilatancy localization in clay specimen under shearing 査読

    Iizuka,A, Kobayashi,I, Ohta,H

    Proc. of 4th International Workshop on Localization and Bifurcation Theory for Soils and Rocks   345 - 354   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The strain localization developing inside clay specimens during shear is examined through the experimental observation and numerical F.E. simulation. In the experiment, clay specimens of column and hollow-cylinder shapes are uniaxially sheared and the development of shear bands is observed. The numerical simulation of compression shear is carried out under the plane strain condition for normally consolidated clay specimens with impermeable boundaries by using the elasto-plastic soil/water coupled finite element computation technique based on the finite deformation theory. Although the geometric boundary conditions are different in the experiment and simulation, discussed are the development of shear bands on/in the specimen and the transition of the localization mode which are found commonly in the experiment and simulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of undrained strengths obtained from three shear tests 査読

    Iizuka,A, Hirose,T, Shin,D, Ohmori,K, Ohta,H

    Proc. of 1st International Conference on Site Characterization   Vol.2   1265 - 1271   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    This paper presents evaluation of undrained strengths obtained from unconfined compression tests, constant volume shear box tests and field vane shear tests which were carried out in a site. Theoretical expressions of these undrained strengths derived from the elasto-plastic constitutive model are summarized. And discussed are the correction factors that help converting the undrained strengths obtained from tests to ideal undrained strengths comparable to the theoretical strengths. Throughout comparison of the measured strengths and the theoretical predictions, reliable specification of the constitutive parameters for the model from the measured strengths is examined.

    Web of Science

    researchmap

  • Interpretation of in-situ and laboratory tests on soft clays 査読

    Ohta,H, Iizuka,A, Yamakami,T, Ohmori,K, Morikawa,Y

    Proc. of 1st International Conference on Site Characterization   Vol.1   403 - 408   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    Mechanical properties of soft clays, such as deformability and strength, are estimated using data obtained from in-situ and laboratory tests. These test methods were developed through experience gained in the development of geotechnical engineering. The undrained strength, for instance, of a soft clay estimated by using any one of these in-situ or laboratory tests is not usually the same as that estimated by another one of these tests. There are many possible reasons for the apparently different response of the clay to each of these testing methods. The differences caused by factors such as disturbance, stress history, detailed testing procedures, are sometimes surprisingly influential. This paper shows examples of the above mentioned complications encountered in engineering practice. The paper also describes the interpretation of such complications by means of an elasto-plastic constitutive model which was proposed by Sekiguchi and Ohta in 1977.

    Web of Science

    researchmap

  • Application of dilatancy models to soils reinforced by geosynthetics 査読

    Ohta,H, Hirata,M, Iizuka,A, Yamakami,T, Yokota,T, Ohmori,K

    Proc. of 6th International Conference on Geosynthetics   Vol.2   551 - 556   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 粘性土の等体積一面せん断強さ 査読

    森川 嘉之, 古田 康裕, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会論文集   No.582/III-41   173 - 182   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析に基づいた限界盛土高さ推定法 査読

    小林 一三, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会論文集   No.575/III-40   207 - 217   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Seismic deamplifying effect of soft clay layers 査読

    Ohta,H, Hagino,Y, Udaka,T, Demura,Y, Iizuka,A

    Proc. of 14th International Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering (ICSMFE)   Vol.2   859 - 862   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    The seismic deamplifying effect of soft clay layers is described. This deamplifying effect of soft clay layers on the propagated waves due to an earthquake is significantly influenced by the degree of consolidation of the soft clay underlying the site. In this paper, two buildings on Rokko Island are analysed. First, the static soil/water coupled analyses are carried out to assess the initial equilibrium conditions of the site just before the earthquake and, secondly, the dynamic response analyses are performed based on the data obtained from the static analyses. The emphasis is placed on evaluating the factor of safety against liquefaction at the various stages of consolidation and at the completion of consolidation. The results seem to be consistent with the overall phenomena observed in Port island and Rokko Island.

    Web of Science

    researchmap

  • ジオシンセティックスで補強された盛土構造物の変形挙動 査読

    Goren,S, 太田秀樹, 飯塚敦, 山上尚幸

    地盤工学における逆解析の適用と施工管理に関するシンポジウム論文集   145 - 150   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 軟弱地盤上に施工された高速道路盛土による変形とその数値シミュレーション 査読

    太田 秀樹, 飯塚 敦, 石川 勇, 菅井 一嘉

    地盤工学における逆解析の適用と施工管理に関するシンポジウム論文集   123 - 132   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 沈下予測解析における基準と初期条件の重要性 査読

    飯塚敦

    土と基礎   ( 2 )   11 - 14   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Numerical simulation of beam-shaped soil structure reinforced by geosynthetics 査読

    Ohta,H, Goren,S, Iizuka,A, Yamakami,T, Yamagishi,K, Moroto,Y

    Proc. of International Symposium on Earth Reinforcement (IS-Kyushu)   Vol.1   255 - 260   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    A full-scale model test was conducted to investigate the mechanism of soil reinforcement by geosynthetic materials, A beam shaped soil structure reinforced by geosynthetics was designed and the global momentum stiffness was examined. This paper presents a brief description of the theoretical estimate of the global momentum stiffness of the reinforced structure for the laboratory model test and the numerical simulation of the full scale model test. The numerical simulation and the field test indicate that the effect of soil confinement by the geosynthetic material was particularly significant. A comparison of the numerical and field results is also presented.

    Web of Science

    researchmap

  • 間隙水の移動を考慮した極限解析 査読

    小林 一三, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第40回地盤工学シンポジウム論文集   237 - 242   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 梁形状のジオシンセティックス補強土構造物の力学挙動 査読

    太田秀樹, Goren,S, 飯塚敦, 山上尚幸, 山岸克彰, 諸戸靖史

    第40回地盤工学シンポジウム論文集   331 - 338   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • “自然堆積粘土に対するベーンせん断試験結果の解釈”に対する討議回答 査読

    太田 秀樹, 西原 晃, 飯塚 敦, 杉江 茂彦

    土木学会論文集   No.517,III-31   209 - 215   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 一面せん断試験の力学的意義と結果の解釈 査読

    太田 秀樹, 森川 嘉之, 勝山 克二, 森田 悠紀雄, 飯塚 敦

    直接型せん断試験の方法と適用に関するシンポジウム論文集   147 - 154   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Pore water migration during plane strain triaxial test 査読

    Sugie,S, Iizuka,A, Ohta,H

    Proc. of International Symposium on Compression and Co nsolidation of Clayey Soils (IS-Hiroshima)   Vol.1   189 - 194   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • 都市型CAESタンクの周辺軟岩安定性に関する数値解析-関口・太田の弾粘塑性モデルによる予備的考察- 査読

    大森 剛志, 飯塚 敦, 太田 秀樹, 林 正夫

    岩の力学'95(岩の力学連合会、東京)   1022 - 1025   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Non-linear soil/water coupled formulation and choice of element type used in deformation/stability analysis 査読

    Sugie,S, Iizuka,A, Ohta,H

    Proc. of International Conference on Computational Methods in Structure and Geotechnical Engineering   Vol.4   1516 - 1520   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 海成粘土の一面せん断特性と一軸圧縮強度・ベーン強度の力学的関連性 査読

    太田 秀樹, 勝山 克二, 森田 悠紀雄, 飯塚 敦

    第39回土質工学シンポジウム論文集   187 - 194   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 粘性土の弾朔性構成式の一表現 査読

    飯塚 敦, 前川 英範, 森川 嘉之

    地盤の破壊とひずみの局所化に関するシンポジウム論文集   135 - 142   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 破壊近傍での有限要素の特性変化 査読

    飯塚 敦, 太田 秀樹, 杉江 茂彦

    地盤の破壊とひずみの局所化に関するシンポジウム論文集   181 - 188   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 3次元土/水連成FEMにおける種々の離散化と計算精度・効率 査読

    杉江 茂彦, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    構造工学における数値解析法シンポジウム論文集   18   33 - 38   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 粘土地盤におけるベーンせん断強度の発現メカニズム 査読

    杉江 茂彦, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会論文集   No.487/III-26 ( 487 )   227 - 236   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    3次元土/水連成FEMにより, 原位置ベーンせん断試験で予想されるベーン孔壁近傍での部分排水および材料粘性の影響を調べている. 非排水条件が完全に満足されて, しかも十分に遅い速度でせん断された時 (理想的なベーンせん断試験) には, ベーン端面と側面とで強度に差はない. しかし, 部分排水と材料特注の影響の度合いが, ベーン端面と側面とで異なるため, 結果として, それぞれの強度がことなってくることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscej.1994.487_227

    CiNii Books

    researchmap

  • Progressive failure of soft clay under embankment 査読

    Ohta,H, Iizuka,A, Monda,S, Kuwahara,M, Muta,T

    Proc. of 13th International Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering (ICSMFE)   Vol.2   751 - 754   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    Web of Science

    researchmap

  • 自然堆積粘土に対するベーンせん断試験結果の解釈 査読

    太田 秀樹, 西原 晃, 飯塚 敦, 杉江 茂彦

    土木学会論文集   No.481/III-25   145 - 154   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ジオテキスタイルで補強された複合地盤の曲げ剛性

    太田 秀樹, 山上 尚幸, GOREN S, 石垣 勉, 飯塚 敦

    金沢大学工学部紀要   第26巻(通巻第65号)   19 - 26   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • ハダカ中空円筒供試体によるKo圧密非排水せん断試験装置

    太田 秀樹, 山上 尚幸, 飯塚 敦, 坪内 正記, 武内 秀樹

    金沢大学工学部紀要   27 - 33   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Use of field vane test data in analysis of soft clay foundation 査読

    Ohta,H, Nishihara,A, Iizuka,A, Morita,Y

    Proc. of C.P.Wroth Memorial Symposium: Predictive soil mechanics   387 - 405   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:THOMAS TELFORD SERVICES LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • The effect of stress induced anisotropy on shear band formation 査読

    Iizuka,A, Yatomi,C, Yashima,A, Sano,I, Ohta,H

    Archive of Applied Mechanics   62   104 - 114   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    This paper describes the effect of non-coaxiality arising from material anisotropy on bifurcation phenomena such as shear band formation. The elasto-plastic model originally proposed by Sekiguchi and Ohta [7] is one of the typical models which include anisotropy and it is used to examine the effect of anisotropy on shear band formation. First, we shall extend this elasto-plastic model for infinitesimal strain to a model for finite strain and discuss the mathematical structure of this model. The stress induced anisotropy is found to bring about a vertex-like effect, such as the non-coaxiality between the Cauchy stress tensor and a plastic stretching tensor, into the constitutive relation. Then, we shall examine the effect of this non-coaxiality on bifurcation conditions in relation to the material rigidity which changes with the angle of simple shear. Finally, it will be concluded that this non-coaxiality arising from the anisotropy does not contribute much to triggering instability by localization of the deformations which result in shear band formation, while on the other hand, the non-coaxiality due to the yield vertex effect is rather inclined towards instability by localization of the deformations.

    Web of Science

    researchmap

  • 3-D analysis of soil/water coupling problems using elasto-viscoplastic constitutive relationship 査読

    Ohta,A, Iizuka,A, Omote,Y, Sugie,S

    Proc. of International Conference on Computer Methods and Advances in Geomechanics   Vol.2   1191 - 1196   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • Deformation analysis of anisotropically consolidated clay foundation loaded by 5 embankments 査読

    Ohta,H, Iizuka,A, Mitsuhashi,Y, Nabetani,M

    Proc. of International Conference on Computer Methods and Advances in Geomechanics   Vol.2   1017 - 1022   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • Design strength Su derived from pressuremeter tests 査読

    Ohta,H, Iizuka,A, Nishihara,A, Fukagawa,R, Morita,Y

    Proc. of International Conference on Computer Methods and Advances in Geomechanics   Vol.1   273 - 278   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA  

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of post peak behaviour of foundations 査読

    Ichimoto,E, Nozu,M, Okuyama,K, Ohta,H, Iizuka,A

    Proc. of International Conference on Computer Methods and Advances in Geomechanics   Vol.2   1165 - 1170   1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ひずみ軟化を示す地盤挙動の有限要素解析 査読

    一本 英三郎, 野津 光夫, 奥山 一典, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    第35回土質工学シンポジウム論文集   39 - 46   1990年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Strength of compacted earth fill 査読

    Ohta,H, Kaneko,Y, Ohtake,M, Iizuka,A

    Proc. of 11th International Conference of the Terrian-Vehicle Systems   1123 - 1128   1990年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effects of drainage on interpretation of pressuremeter tests in clay 査読

    Fukagawa,R, Ohta,H, Iizuka,A, Nishihara,A, Morita,Y

    Proc. of 3rd International Conference on Pressuremeters   189 - 198   1990年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:THOMAS TELFORD SERVICES LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Shear bands formation numerically simulated by a non-coaxial Cam-clay model 査読

    Yatomi,C, Yashima,A, Iizuka,A, Sano,I

    Soils and Foundations   Vol.29 ( No.4 )   1 - 13   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • せん断(すべり線)の生成機構と応力誘導異方性 査読

    飯塚 敦, 矢富 盟祥, 八嶋 厚, 佐野 郁雄, 太田 秀樹

    第34回土質工学シンポジウム論文集   225 - 232   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 平面ひずみ試験におけるせん断帯生成シミュレーション 査読

    八嶋 厚, 矢富 盟祥, 飯塚 敦, 佐野 郁雄, 太田 秀樹

    第34回土質工学シンポジウム論文集   pp.233-240   233 - 240   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 大深度竪坑の掘削シミュレーションと施工上の問題点 査読

    太田秀樹, 松本樹典, 飯塚敦

    第34回土質工学シンポジウム論文集   287 - 294   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • General theory of shear bands formation by a non-coaxial Cam-clay model 査読

    Yatomi,C, Yashima,A, Iizuka,A, Sano,I

    Soils and Foundations   Vol.29 ( No.3 )   41 - 53   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 種々の掘削工法を検討できる山留め計算法 査読

    柏木淳男, 熊谷俊雄, 菅井正澄, 飯塚敦

    土と基礎   Vol.37 ( No5 )   47 - 52   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 不撹乱試料の残留有効応力と1軸圧縮強度 査読

    太田 秀樹, 飯塚 敦, 西原 晃, 森田 悠紀雄, 深川 良一, 荒井 克彦

    サンプリングシンポジウム論文集   35 - 40   1989年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Unconfined compression strength of soft aged clays 査読

    Vol.1   71 - 74   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Soil-structure interaction related to actual construction sequences 査読

    Ohta, H, Iizuka

    Proc. of 6th International Conference on Numerical Methods in Geomechanics   Vol.3   2043 - 2050   1988年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Coupled elasto-plastic deformation-flow finite element analysis using imaginary viscosity procedure 査読

    Shoji,M, Matsumoto,T, Morikawa,S, Ohta,H, Iizuka,A

    Proc. of 6th International Conference on Numerical Methods in Geomechanics   Vol.1   299 - 304   1988年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 仮想粘性法による弾塑性変形・浸透流連成解析 査読

    庄司 幹雄, 松本 喬, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    土木学会論文集   No.388/III-8 ( 388 )   121 - 130   1987年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    Coupled elasto-plastic deformation-flow finite element analysis has been frequently used for the prediction of displacements, stresses and pore water pressures in geotechnical problems. However, the analysis is not suitable for the stability problems since its numerical results often become unstable after the stress paths of elements arrive at the critical state.<br>The analytical method including &ldquo;imaginary viscosity method&rdquo; which is a usual viscoplasticity computation scheme is developed to analyse the behavior of soil from the initial stress stage to the failure one.<br>In order to assess the validity and the applicability of this method, a problem of bearing capacity and an actual embankment are examined.

    DOI: 10.2208/jscej.1987.388_121

    CiNii Books

    researchmap

  • A Determination Procedure of Input Parameters In Elasto-Viscoplastic Finite Element Analysis 査読

    Atsushi Iizuka, Hideki Ohta

    Soils and Foundations   27 ( 3 )   71 - 87   1987年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.3208/sandf1972.27.3_71

    researchmap

  • 極限支持力と地盤内応力変化の有限要素解析 査読

    飯塚敦, 良峰透, 太田秀樹, 畠昭治郎

    土木学会論文集   No.382/III-7 ( 382 )   255 - 263   1987年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    The finite element technique using the imaginary viscoplastic calculation scheme is employed to compute the perfect plasticity region such as failure state. And the calculation of bearing capacity of footing in anisotropic normally consolidated ground is performed by incorporating theoretical equation of anisotropic undrained shear strength into yield function. The influences of anisotropy of ground are analytically investigated with taking notice of stress distribution near and in the applied footing stress at collapse of ground.

    DOI: 10.2208/jscej.1987.382_255

    researchmap

  • 沈下予測解析における基準と初期条件の重要性 査読

    飯塚 敦

    土と基礎   No.2,pp.11-14   1972年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 美しい未来をつくるひとのための15のはなし

    祇園, 景子( 担当: 分担執筆 範囲: 第5章 安全と未来,15未来に対する私たちの責任(飯塚敦))

    神戸大学出版会,神戸新聞総合出版センター (発売)  2021年3月  ( ISBN:9784909364135

     詳細を見る

    総ページ数:140p   担当ページ:pp.118–125   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Chapter 208. A method of measuring the specific surface area of bentonite for evaluation of the hydraulic performance of bentonite engineered barriers, Geomechanics from Micro to Macro

    Kobayashi,I, Owada,H, Ishii,T, Iizuka,A( 範囲: Chapter 208. A method of measuring the specific surface area of bentonite for evaluation of the hydraulic performance of bentonite engineered barriers)

    2014年  ( ISBN:9781138027077

     詳細を見る

    総ページ数:2 v.   担当ページ:pp.1285–1290   記述言語:英語  

    DOI: 10.1201/b17395-232

    researchmap

  • 国土強靱化,日本を強くしなやかに (その3)

    自由民主党国土強靭化総合調査会, 国土強靱化総合研究所( 担当: 分担執筆 範囲: 15.防災・減災における国土強靱化について,-超広域・複合災害に備える-)

    国土強靱化総合研究所,相模書房 (発売)  2013年11月  ( ISBN:9784782413050

     詳細を見る

    総ページ数:冊   担当ページ:pp.343-366   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Geotechnical Predictions and Practice in Dealing with Geohazards, Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering Series

    Chu, Jian, Wardani, Sri P. R, Iizuka, Atsushi( 担当: 共編者(共編著者) 範囲: Prologue. Chapter 1. Chapter 7. Chapter 10. Chapter 11. Chapter 14.Chapter 15. Chapter 22.)

    Springer  2013年7月  ( ISBN:9789400756748

     詳細を見る

    総ページ数:xxiii, 394 p.   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Chapter 13 Soil Mechanics "Constitutive Modelling for Soft Cohesive Soils", Geotechnics and Earthquake Geotechnics towards Global Sustainability

    Ohta, H, Iizuka, A, Ohno, S( 範囲: Chapter 13 Soil Mechanics "Constitutive Modelling for Soft Cohesive Soils")

    Springer Dordrecht Heidelberg London New York  2011年3月  ( ISBN:9789400704695

     詳細を見る

    総ページ数:294   担当ページ:pp.231-251   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 設計用地盤定数の決め方-土質編-

    三島 信雄, 飯塚 敦( 担当: 共著 範囲: 第3章3.2.1,第3章3.3.6)

    地盤工学会  2007年12月  ( ISBN:9784886440792

     詳細を見る

    担当ページ:p.82 pp.128-137   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 地盤技術者のためのFEMシリーズ② 弾塑性有限要素法がわかる

    鵜飼 恵三, 飯塚 敦( 担当: 共著)

    地盤工学会  2003年9月  ( ISBN:4886440673

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • Unsaturated Soils -Geotechnical and Geoenvironmental Issues-

    軽部 大蔵, 飯塚 敦, 加藤 正司, 河井 克之, 建山 和由( 担当: 共著)

    TC6 of International Society of Soil Mechanics and Geotechnical Engineering  2003年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 地盤工学理論シリーズ 地盤の変形解析

    太田 秀樹, 飯塚 敦( 担当: 共著)

    地盤工学会  2002年8月  ( ISBN:4886449506

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 地盤力学

    柴田 徹, 飯塚 敦( 担当: 共著)

    山海堂  2000年3月  ( ISBN:4381012747

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 構造工学シリーズ7 構造工学における計算力学の基礎と応用

    増田 陳紀, 飯塚 敦( 担当: 共著)

    土木学会  1996年12月  ( ISBN:4810601730

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 地盤の破壊とひずみの局所化

    岡 二三生, 飯塚 敦( 担当: 共著)

    土質工学会  1994年10月  ( ISBN:4886440487

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • デコルマ帯での間隙水圧上昇に伴う滑り現象の力学解析

    高橋亮太, 橘伸也, 飯塚敦, 杉山友理

    地盤工学研究発表会(Web)   58th   2023年

     詳細を見る

  • デジタルツインに基づくスマート防災がもたらすパラダイムシフト

    飯塚 敦

    月刊フェスク   22 ( 12月 )   26 - 31   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 【神戸大学コラム 安心の素】災害リスク 定量化の試み

    飯塚敦

    神戸新聞   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ベイス推定を用いた災害即時の被害予測による応急対応タイムラインの実効性の向上

    飯塚敦

    高速道路と自動車   63 ( 9 )   9 - 10   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公益財団法人高速道路調査会  

    researchmap

  • Paradigm shift of disaster prevention and mitigation by city scale simulation, Special Contribution

    Iizuka,A

    IPA News Letter   5   5 - 8   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 受け身の「受注」から課題解決型の「提案」へ - 都市丸ごとシミュレーション技術の活用 -

    飯塚 敦

    土木学会誌   105 ( 1 )   36 - 39   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 研究報告(都市丸ごとのシミュレーション技術研究組合)

    飯塚敦

    神戸大学暁木会ニュース   Vol.41   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 報告,不飽和土の圧縮特性と締固め曲線との関連性

    本田道識, 飯塚敦

    地盤工学会誌   67 ( No.9、Ser。No.740 )   28 - 31   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Part 1特別寄稿 「神戸モデル」の社会実装 -3次元都市丸ごとのシミュレーション技術による防災・減災パラダイムシフト-

    飯塚敦

    JACIC情報   120   9 - 13   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 海底地盤の原位置強度推定方法に関する解析的検討

    杉山友理, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   53rd   2018年

     詳細を見る

  • 地層処分における緩衝材の再冠水挙動に関する解析的検討

    吉野修, 石山宏二, 金澤伸一, 飯塚敦

    西松建設技報(CD-ROM)   40   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デコルマ帯におけるスロースリップの弾塑性論的解釈

    小松美樹, 杉山友理, 橘伸也, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 深海底地盤からのサンプリング試料のモデル化に関する考察

    田窪尭, 岡田真理子, 杉山友理, 橘伸也, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 様々な応力条件におけるB値測定手法の繰返し載荷の影響

    上原拓真, 宇治亮佑, 杉山友理, 橘伸也, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 溶存気体の気化が真空圧密時の地盤内圧力変化に及ぼす影響

    杉山友理, 長浦崇晃, 竹山智英, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 不飽和地盤の液状化強度発現に関する解析的研究

    長浦崇晃, 杉山友理, 竹山智英, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   52nd   2017年

     詳細を見る

  • 土の骨格構造の発達・劣化を考慮した弾・粘塑性構成モデルの検討

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    前田建設技術研究所報   Vol.57   14 - 14   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海底地盤から採取したサンプリング試料の強度発現メカニズム

    杉山友理, 中谷奈央, 竹山智英, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   2016年

     詳細を見る

  • 間隙保水特性と非可逆変形特性がB値発現に及ぼす影響

    宇治亮佑, 杉山友理, 田中博之, 竹山智英, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   2016年

     詳細を見る

  • デコルマ帯における固着メカニズムの解明

    麻生勇人, 杉山友理, 佐々木陽亮, 竹山智英, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   51st   2016年

     詳細を見る

  • 論説 実務における数値解析技術の国際展開

    飯塚 敦

    地盤工学会誌,10月号   64 ( 10 )   6 - 9   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 性能設計化地層処分技術への期待

    飯塚 敦

    土木技術3月号   Vol.70 ( No.3 )   8 - 13   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:理工図書  

    researchmap

  • 応力履歴がB値発現に及ぼす影響(実験)

    玉井三友紀, 杉山友理, 田中博之, 河井克之, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   50th   2015年

     詳細を見る

  • スメクタイトの変質作用がデコルマ帯におけるせん断特性に及ぼす影響

    佐々木陽亮, 杉山友理, 戎健次, 飯塚敦, 河井克之

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   50th   2015年

     詳細を見る

  • 粘性曲面モデルを用いた関口・太田による弾・粘塑性構成モデルの定式化

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    前田建設技術研究所報 Maeda Corporation report of Technical Research Institute   56   8p   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:前田建設工業  

    CiNii Books

    researchmap

  • 応力履歴がB値発現に及ぼす影響(解析)

    田中博之, 杉山友理, 河井克之, 飯塚敦, 玉井三友紀

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   50th   2015年

     詳細を見る

  • 深海底デコルマ帯の変質を考慮したせん断破壊モデル

    戎健次, 杉山友理, 佐々木陽亮, 飯塚敦, 河井克之

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   50th   2015年

     詳細を見る

  • 防災・減災に対する国土強靭化

    飯塚 敦

    中央復建コンサルタンツ広報誌   3 - 4   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央復建コンサルタンツ  

    researchmap

  • 超広域・複合災害に備える:第1回南海トラフ地震(平成26年2月18日,3面),第2回科学的知見による被害想定(平成26年2月25日,6面),第3回レジリエントな国土強靭化(平成26年3月4日,6面),第4回専門的知見の総結集(平成26年3月11日,6面)

    飯塚 敦

    自由民主党機関紙「自由民主」連載記事   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • タイ東北部における塩害抑制手法の検討

    田中琢, 杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   49th   2014年

     詳細を見る

  • 土壌種類に起因する塩類の移動性の違い

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   68th   2013年

     詳細を見る

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    理論応用力学講演会講演論文集(Web)   62nd   2013年

     詳細を見る

  • 土構造物における観測化施工-性能設計下における建設イノベーションを目指して

    飯塚 敦

    ベース設計資料,No.158土木編(2013年後期版)   ( No.158 )   56 - 59   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:建設工業調査会  

    researchmap

  • 津波堆積物とその特性 (< 特集> 汚染土壌・廃棄物等の処理)

    高井敦史, 肴倉宏史, 八村智明, 打木弘一, 大嶺聖, 飯塚敦

    地盤工学会誌   Vol.62 ( No.2 )   16 - 19   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • アーチ作用による盛土中央の圧力減少が基礎の沈下によって引き起こされる液状化に及ぼす影響

    ピパットポンサー ティラポン, 竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    理論応用力学講演会 講演論文集   62 ( 0 )   114 - 114   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」  

    2011年3月11日に発生した東日本大震災後、道路・堤防の盛土の地震による被害が多く報告された。国土交通省東北地方整備局の調査によると,地震による堤防被 害の主要因の一つは,地盤上に砂質系材料を用いて築堤した堤体下部において、圧密沈下により基礎地盤表層が凹状となり、ゆるみが発生し,その上部で堤体基礎地盤に浸透した雨水がたまり、飽和領域を形成した部分において,地震動により間隙水圧が上昇して,液状が発生したと報告されている。この研究では、基礎地盤の沈下のたわみに跨る受働アーチが形成された場合の初期応力状態が,液状化に対する抵抗を低下させるメカニズムに与える影響を検討し,地震時の堤防の安定性評価に貢献することを目的とする。

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.114.0

    researchmap

  • 圧密沈下(2)(4.地盤挙動,総括,<特集>第47回地盤工学会研究発表会)

    飯塚 敦

    地盤工学会誌   60 ( 12 )   17 - 17   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 沈降海浜部地盤内の塩分移動予測及び一本松保護

    杉山友理, 河井克之, 野村瞬, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   47th   2012年

     詳細を見る

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害の調査・分析

    野村瞬, 河井克之, 杉山友理, 飯塚敦

    地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM)   47th   2012年

     詳細を見る

  • 東日本大震災における津波由来土壌汚染調査

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   67th   2012年

     詳細を見る

  • 国際的な性能設計化の潮流における地盤解析技術の役割

    飯塚 敦

    土木技術 7月号   66 ( 7 )   23 - 27   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 地盤工学における数値解析技術

    飯塚 敦

    地盤工学会60周年記念号,地盤工学会誌   58 ( 1 )   40 - 41   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地盤変状・塩害シミュレータを用いた合意形成の試み

    飯塚敦

    平成22年度 第28回神戸大学工学部公開講座・ひょうご講座,テーマ:スーパーコンピューティングが拓く明日の暮らし-システム情報学研究科発足によせて-   11 - 16   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 不飽和土の力学理論から見た土の締固め

    河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦

    基礎工   7   32 - 35   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 二次元砂山における静止土圧係数解析の原理

    ピパットポンサー ティラポン, ヘン ソクビル, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    土木学会応用力学論文集   12   383 - 394   2009年

     詳細を見る

  • アーチ効果を考慮した二次元砂山底面での圧力分布解析

    ピパットポンサー ティラポン, ヘン ソクビル, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    理論応用力学講演会 講演論文集   58 ( 0 )   190 - 190   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」  

    Statics of a sand heap under gravity associates to stress indeterminacy. The additional relationship is usually given by constitutive relations. Thus, radial stress field function satisfying plane equilibrium, constitutive relation and stress initial-boundary condition can provide a basic solution. Since stress distribution in sand heap is also depended on stress history during formation, therefore it is difficult to specify the constitutive relation which can characterize this complicated problem. The recent researches has linked arching criterion to describe a local constitutive relation and successfully captured a phenomenon of vertical pressure dip. However, a clear degree of arching effect to a stress distribution beneath the base of the heap has not been clarified. This study investigated the influence of arch shapes formed in sand heap and found particular patterns which are acceptably agreed with the experimental data. Therefore, arch formed during formation could be considered as stress memories of sand heap.

    DOI: 10.11345/japannctam.58.0.190.0

    researchmap

  • Study of the stratigraphic architecture resistant for salt damage and the method to purify salty ground

    Katsuyuki KAWAI, Shun NOMURA, Shintaro OHNO, Pipatpongsa THIRAPONG, Shinya TACHIBANA, Shinichi KANAZAWA, Atsushi IIZUKA

    Journal of Applied Mechanics JSCE   12   421 - 428   2009年

     詳細を見る

  • 平成19年度地盤工学会技術開発賞を受賞して,学会賞受賞報告

    太田秀樹, 飯塚敦

    地盤工学会誌   Vol.56 ( No.8 )   52 - 52   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 密な豊浦砂の降伏面と塑性ひずみ方向についての実験的検討

    大川 広, 桑野 二郎, 飯塚 敦, 日下部 治, 太田 秀樹

    土/水連成有限要素解析を用いた各種外的要因による地盤内水分布変化   CD-ROM(pp.399-400)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地盤工学の限界と可能性 (技術者交流特別セッション,< 小特集> 第 42 回地盤工学研究発表会)

    高橋章浩, 本多眞, 飯塚敦, 宮田喜壽

    土と基礎   Vol.55 ( No.12 )   14 - 16   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地球環境解析学―まずは小さな一歩から

    飯塚 敦

    神戸大学最前線   22 - 23   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • タイ東北部の塩害調査と「ジグソー・ピーシス作戦」,論説

    Pipatpongsa Thirapong, 飯塚敦, 河井克之

    土と基礎   Vol.55 ( No.3,Ser.No.590 )   22 - 24   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:地盤工学会  

    By a consequence of surveys on salt damage areas in the northeastern part of Thailand during October, 13-20, 2005 and November 26-29, 2006, a co-organized workshop on numerical method for unsaturated soil behaviors prediction was held in Bangkok on November 27, 2006. The sites and related organizations were visited to investigate the backgrounds of salt disaster. It was found that though each organization has clear different missions, there are some missing links among organizations to solve the salt disaster which is caused by multiple factors. It is expected that the workshop will be benefit to Thai experts while promoting mutual cooperation together.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://t2r2.star.titech.ac.jp/cgi-bin/publicationinfo.cgi?q_publication_content_number=CTT100542937

  • 地盤工学会・本部主催講習会のあり方について,論説

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.55 ( No.1,SerNo.588 )   6 - 7   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土質工学会  

    This manuscript discusses the current problem in the short courses held by the Japanese Geotechnical Society and proposes a reform plan. Each short course held by the headquarters of JGS has been planned and managed under a single year system, considering the current trend and needs in our geotechnical engineering field. However, the number of participants has decreased year by year and the income and expenditure balance has been getting worse. A drastic reform is required. Then, the committee for the JGS short course organized a working group, in which the problems are examined and a desirable reform plan is proposed. In this manuscript, a report from the working group, that is, all short courses should be categorized and rearranged into several main courses and so on, is presented.

    CiNii Books

    researchmap

  • 平成18年(2006年)5月27日ジャワ島中部地震被害調査速報

    飯塚 敦

    自然災害科学   Vol.25 ( No.2 )   233 - 249   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 価値観の混沌を抜け出し,次世代の手本となるトップランナーたれ,土木学会誌×建築雑誌 共同企画「子どもたちへのメッセージ」,40人の提言

    飯塚 敦

    土木学会誌,Vol.91,p.21 建築雑誌,Vol.121,No.1548,p.22   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「土構造物の品質」における圧密・変形予測

    飯塚敦

    基礎工 特集:圧密沈下の予測・対策の現状,総説   34 ( 6 )   8 - 11   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 欧州における性能設計を支える制度に関する調査報告 土木学会地盤工学委員会,土構造の性能評価に関する小委員会

    飯塚敦,他

    関連報告:土木学会地盤工学委員会,土構造の性能評価に関する小委員会・WG(1):盛土構造物の性能規定化における課題と展望,委員会報告,土木学会論文集C,土木学会   Vol.63 ( No.4 )   993 - 1000   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地盤工学における技術者教育の意義と学会の役割,総説

    飯塚 敦

    地盤工学会誌「土と基礎」   Vol.54 ( No.1,Ser.No.576 )   1 - 4   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新しい地圏環境を探る、環境・安全・情報

    三田地 利之, 飯塚 敦, 川口 貴之, 本多 眞, 金子 治

    土と基礎   Vol.53 ( No.12 )   21 - 24   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地盤動態解析の基礎理論

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, Pipatpongsa Thirapong, 太田秀樹

    21世紀COEプログラム「都市地震工学の発展と体系化」   96 ( No. )   35 - 46   2005年

     詳細を見る

  • Technical session 1b: Laboratory testing(II): Strength, Large deformation and hydraulic properties

    Ohta,H, Alonso,E, Iizuka,A, Kuwano,R

    Proceeding of the 16th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering   3145 - 3147   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 総括,ディスカッションセッション18 土構造物の品質評価 -技術的アプローチを探るⅡ

    前川 太, 飯塚 敦

    第39回地盤工学研究発表会特集号 土と基礎   Vol.52 ( No.12,Ser.No.563 )   46   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第3期技術者教育委員会の取り組み, -試案プログラムの実施と国際化教育-

    飯塚敦,他4名

    土と基礎   Vol.52 ( No.12,Ser.No.563 )   115 - 118   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地盤工学における継続教育 -G-CPDシステムの活用状況と今後-,「第3期技術者教育委員会の取り組み」

    飯塚敦,他11名

    第39回地盤工学研究発表会,ディスカッションセッション2   8 - 15   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第2回アジア地域不飽和土国際会議開催報告

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.52 ( No.4,Ser.No.555 )   37   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 盛土構造物の建設における軟弱地盤対策工の工学的評価

    稲垣太浩, 飯塚敦, 竹山智英, 太田秀樹

    第39回地盤工学研究発表会講演論文集   39   1325 - 1326   2004年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 地盤工学会  

    盛土構造物の土/水連成弾・粘塑性有限要素プログラムによる動態解析は,過去何年かの実績によって高い再現性が確認されている.そこで,本研究では軟弱地盤上に盛土構造物を建設する際に講じる対策工法を評価する手段として有限要素プログラムを利用することを目的とし,秋田県,大沢郷に建設された道路盛土を対象に解析を行った.軟弱地盤対策工に関する仮想的なケーススタディの解析結果を用いて軟弱地盤対策工の評価を行った.

    DOI: 10.11512/jiban.JGS39.0.1325.0

    researchmap

  • 土構造物の品質評価-技術的アプローチを探る

    飯塚 敦, 前川 太

    土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering   51 ( 12 )   29 - 30   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 総括,ディスカッションセッション12 土構造物の品質評価-技術的アプローチを探る

    飯塚 敦, 前川 太

    第38回地盤工学研究発表会特集号,土と基礎   Vol.51 ( No.12 )   19 - 20   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地盤の変形解析の現状と将来展望,技術の現状とこれから求められるもの

    飯塚敦

    地質と調査 (通巻第97号)   ( ’03第3号 )   10 - 15   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • DEFORMATION ANALYSIS OF SOFT SUBSOIL ON SLOPING BEDROCK LOADED BY HIGHWAY EMBANKMENT WITH STABILIZATION METHODS

    飯塚 敦, 山本 延隆, 末岡 真純, 佐藤 信雄, 河井田 実, 太田 秀樹

    地盤工学会論文報告集 = Journal of the Japanese Geotechnical Society : soils and foundation   43 ( 5 )   81 - 92   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:地盤工学会  

    A highway embankment built in Akita prefecture using ground stabilization methods was constructed on very soft peat and clay deposits on a sloping base. This paper presents a case study of a soil/water coupled elasto-viscoplastic finite element simulation of an actual embankment construction, that is, the deformation analysis of a soft clayey foundation deposited on an inclined base with embankment loading. For execution of the numerical simulation, determining the input parameters needed in the analysis and evaluating the shape of sloping bedrock under the ground were problems. The former is discussed for a practical procedure of determining input parameters using unconfined compression strengths and the latter is accomplished by drawing a contour map of the top face of the bedrock under the ground, with reference to the geographical features of the area around the site and to a topographic map. The performance of the numerical simulation is discussed in comparison with in-situ monitored records. The effectiveness of ground stabilization methods employed at the site is also a topic of discussion.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10424030

  • 継続教育の具体案-次期委員長として,「知識社会における地盤技術者の生涯教育と学会の役割」平成13年度~平成14年度技術者教育委員会成果報告書より

    飯塚敦 編集

    第38回地盤工学研究発表会資料   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • NUMERICAL INTERPRETATION OF A SHAPE OF YIELD SURFACE OBTAINED FROM STRESS PROBE TESTS

    小林 一三, 曽我 健一, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    地盤工学会論文報告集 = Journal of the Japanese Geotechnical Society : soils and foundation   43 ( 3 )   95 - 103   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:地盤工学会  

    Experimental evidence suggests that a mutual relationship between anisotropy and structure of clays exists. It was hypothesized that development and decay of the structure of clays (called structuralizing and destructuralizing) can be regarded as development of anisotropy and decay of anisotropy (isotropization), respectively. Using this hypothesis, an anisotropic rotational hardening rule was incorporated in the Sekiguchi-Ohta elasto-plastic constitutive model. The subloading surface concept was also introduced to model the plastic deformation inside the yield surface more accurately. The proposed model provided some rational as well as physical explanations for the experimental facts. Using the proposed model, it was possible to simulate the apparent softening behavior observed in anisotropically consolidated specimens. For isotropically consolidated specimens, no softening was observed, which is consistent with the experimental data. At the critical state, the undrained shear strength of the anisotropically consolidated specimens was the same as that of the isotropically consolidated specimens. This is due to both specimens having the same soil structure after large shearing. The shape of yield surface obtained from stress probe tests was investigated by simulating the tests with the proposed model. Typical data of the stress probe tests of natural clays shows that the yield surface generally has a smooth elliptical shape. By modeling the rotation of yield surface, the proposed model was capable of simulating this 'apparent' yield surface.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10423982

  • 荷重履歴の違いによる過剰間隙水圧の発生

    西田博文, 和泉大祐, 飯塚敦, 河井克之

    地盤工学研究発表会発表講演集   38th   1351 - 1352   2003年6月

     詳細を見る

  • 上・拡張下負荷面,回転硬化を導入した弾塑性構成モデルによる砂の再液状化特性の表現

    大野進太郎, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹

    地盤工学研究発表会発表講演集   38th   495 - 496   2003年6月

     詳細を見る

  • 神戸アラカルト-写真で見る-,親土木入門

    飯塚 敦

    土木学会誌   Vol.88   62 - 65   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • ,

    Hideki Ohta, Atsushi Iizuka

    Soft Ground Engineering in Coastal Areas   397 - 407   2003年

     詳細を見る

  • ,

    Hideki Ohta, Atsushi Iizuka

    Soft Ground Engineering in Coastal Areas   397 - 407   2003年

     詳細を見る

  • 地盤の弾・(粘)塑性構成式 -地盤の変形シミュレーション-

    飯塚敦

    第16回塑性加工技術フォーラム「非金属材料の塑性変形」講演集   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本塑性加工学会・シミュレーション統合システム分科会  

    researchmap

  • Application of an elasto-plastic model with subloading surface to compacted soils

    Iizuka,A, Kim, E.R, Kawai,K, Hirata,M

    Proc. of 1st International Workshop on New Frontiers in Computational Geotechnics   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 編集後記

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.49 ( No.12 )   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Geotechnical education using full-scaled experiments

    Ohta,H, Iizuka,A, Kobayashi,I, Arai,K

    Task Report, TC31 of ISSMGE, Proc. of 15th International Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Enginerring (ICSMGE)   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 6.地盤の変形、講座:有限要素法の基礎と地盤工学への応用

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.49 ( No.8 )   31 - 36   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 5.土と水の連成問題, 講座:有限要素法の基礎と地盤工学への応用

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.49 ( No.7 )   37 - 43   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本号の編集にあたって

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.49 ( No.6(巻頭言) )   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 沈下・変形を予測する,特集「理論」と「経験」と地盤問題に挑む

    飯塚 敦

    土木学会誌5月号   Vol.86   16 - 18   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • 物理数学的にみた土質力学

    田村 武, 飯塚 敦 他20名

    「地盤工学における物理数学の応用に関する研究委員会」サマースクールテキスト   1 - 245   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 地盤の変形、弾性論から見た地盤変形

    飯塚 敦

    現場技術3者のための土質工学講習会⑧テキスト   1 - 36   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 土質力学のバックグラウンド

    田村武, 飯塚敦 他20名

    「地盤工学における物理数学の応用に関する研究委員会」プレ・サマースクールテキスト   1 - 151   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 「現在」を知って「将来」を予測する―ジオシンセティックス補強土構造物を例にとって

    太田秀樹, 飯塚敦, 平田昌史, 山上尚幸, 横田善弘, 大森晃治

    ジオシンセティックス技術情報11月号   Vol.14 ( No.3 )   54 - 61   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • ジオシンセティックス補強土構造物の限界状態設計 Proc.A.McGownによるKeynote lectureの紹介

    飯塚 敦

    ジオシンセティックス技術情報7月号   Vol.13 ( No.2 )   27 - 30   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地下構造物の施工事例と現場計測

    飯塚 敦

    土と基礎 = Soil mechanics and foundation engineering   46 ( 3 )   26 - 26   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 第14回国際地盤工学会議報告,ディスカッションセッション,4.2地下構造物の施工事例と現場計測

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.46 ( No.3 )   26 - 26   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 構成式・有効応力解析の基礎と静的解析事例

    飯塚敦

    地盤工学会講習会,これからの数値解析テキスト   1 - 31   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • ベーン試験と一軸試験

    飯塚 敦

    講座 土と基礎テキスト   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • A note on the elasto-viscoplastic formulation, Research Report

    Iizuka,A

    Research Report, Dept. of Civil Engineering, Virginia Polytechnic Institute and State University   1 - 56   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 同一教官による同一講義の実験

    飯塚 敦

    土木学会誌3月号   Vol.81   32 - 35   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第29回土質工学研究発表会 総括,せん断(粘性土)

    飯塚敦

    土と基礎   Vol.42 ( No.12 )   21 - 21   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第13回 国際土質基礎工学会議報告 ディスカッションセッション 2・3地盤工学教育

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.42 ( No.7 )   37 - 38   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Lecture note of analytical methods in geotechnical engineering

    Iizuka,A, Sugimoto,M

    AIT (Asia Institute of Technology) Library   GT32-1993   1 - 129   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 有限要素法による盛土地盤の変形と安定

    飯塚 敦

    土質工学における数値解析手法とその適用テキスト   28 - 47   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • コロラド見聞録

    村上 章, 飯塚 敦

    土と基礎   Vol.41 ( No.9 )   55 - 56   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 地盤の変形解析への適用―弾塑性もしくは弾粘塑性構成モデルを用いた試み

    飯塚 敦

    地盤工学における有限要素法入門講習会テキスト   21 - 72   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • せん断帯生成シミュレーションにおける有限要素の選択について

    飯塚 敦

    地盤の変形の局所化に関する研究委員会、土質工学会 報告   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 第25回土質工学研究発表会 総括・一般報告,地盤の応力と変形

    飯塚 敦

    土と基礎   Vol.38 ( No.10 )   59 - 59   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地盤の応力と変形 (第25回土質工学研究発表会<特集>) -- (第25回土質工学研究発表会総括および一般報告)

    松井 保, 前田 恭男, 飯塚 敦, 熊本 直樹, 荒井 克彦

    土と基礎   38 ( 10 )   p57 - 60   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:地盤工学会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10435921

  • 奨励賞を受賞して

    八嶋 厚, 飯塚 敦, 佐野 郁雄

    土と基礎   38 ( 8 )   83 - 84   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 非共軸Cam-Clayモデルによるせん断帯の生成に関する基礎理論(『土質工学会論文報告集』Vol. 29,No.3 (1989年9月発行)掲載論文の概要)

    矢富 盟祥, 八嶋 厚, 飯塚 敦, 佐野 郁雄

    土と基礎   37 ( 9 )   142 - 143   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 非共軸Cam-Clayモデルによるせん断帯生成の数値シミュレーション(『土質工学会論文報告集』Vol. 29,No.4 (1989年12月発行)掲載論文の概要)

    矢富 盟祥, 八嶋 厚, 飯塚 敦, 佐野 郁雄

    土と基礎   37 ( 12 )   148 - 148   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 非共軸Cam-clay有限変形弾塑性論によるせん断帯の生成

    矢富盟祥, 八嶋厚, 飯塚敦, 佐野郁雄

    第36期第5回塑性工学部門委員会, 材料学会   1 - 30   1988年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DACSAR (Deformation Analysis Considering Stress-induced Anisotropy and Reorientation) Soil/water coupled F.E. program and its manual

    Ohta,H, Iizuka,A

    Research Report of Construction Laboratory, Dept. of Civil Engineering, Kyoto University   1 - 36   1987年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 弾・粘塑性有限要素解析における入力パラメーターの決定手順(『土質工学会論文報告集』Vol. 27,No. 3)

    飯塚 敦, 太田 秀樹

    土と基礎   35 ( 9 )   101 - 101   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土質工学会  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 地盤グリッドモデルを用いた数値解析モデルの自動生成

    田村彩奈, 本田和也, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第56回地盤工学研究発表会(山形,オンライン)  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 動的解析を用いたアーチ効果の液状化への影響評価

    林啓太, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第56回地盤工学研究発表会(山形,オンライン)  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 過圧密比の深度分布と地表面加速度の相関性

    林勇佑, 本田和也, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    2021年度土木学会関西支部年次学術講演会(オンライン)  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 飽和ベントナイト供試体の吸水による側方膨潤シミュレーション

    入江弘樹, 伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦

    令和2年度土木学会全国大会(講演概要集 CS12-18)  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和ベントナイト供試体の吸水膨潤による隙間充填過程シミュレーション

    太田有祐, 伊藤真司, 浅妻大樹, 橘伸也, 飯塚敦, 林大介, 石井智子

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)21-2-3-05  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • せん断強度から不飽和土の圧縮・硬化特性を類推する方法の提案

    有井拓也, 林啓太, 橘伸也, 飯塚敦

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)23-1-4-08  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベントナイト緩衝材を対象とした不飽和弾塑性構成モデルとパラメータ推定手法の提案

    伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)23-7-3-08  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 盛土の遠心模型実験に対する動的数値シミュレーション

    山本百華, 加藤知彦, 竹山智英, 飯塚敦

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)22-7-2-08  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液状化後の地盤沈下現象に着目した都市全体解析に関する研究~千葉県浦安市における測量結果との比較検討~

    末光明信, 佐藤毅, 飯塚敦, 竹山智英

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)21-11-4-07  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液状化後の地盤沈下現象に着目した都市全体解析に関する研究~解析パラメータの同定~

    末光明信, 佐藤毅, 飯塚敦, 竹山智英

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)21-11-4-06  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粘性曲面モデルを用いた二次圧密における層厚~載荷時間関係の表現

    平田昌史, 太田秀樹, 飯塚敦

    第55回地盤工学研究発表会(オンライン)21-10-1-07  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土水連成問題における分離型解法における反復試行の収束時のパラメータの推定

    吉村侑起, 飯塚敦, 竹山智英, 北野井智希, 長浦崇晃

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ベントナイト緩衝材を対象とする不飽和弾塑性構成モデルの再現性評価

    太田有祐, 松尾颯大, 伊藤真司, 橘伸也, 飯塚 敦

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 隙間充填過程を経たベントナイト緩衝材の変状シミュレーション

    橘伸也, 伊藤真司, 田中芳典, 飯塚敦, 石井智子, 今井政孝

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • ベントナイト緩衝材の膨潤圧発生機構についての解析的検討

    伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 不飽和土弾塑性構成モデルパラメータの同定法とその検証

    林啓太, 松本昌祥, 伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • Influence of Geometry and Soil Parameters in the Modelling of Embankment on Soft Soil Foundation

    伊藤肇, William Cheang, 太田秀樹, 飯塚敦

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 東京海抜ゼロメートル地帯における液状化解析

    本田和也, 大山和貴, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第 54 回地盤工学研究発表会  ( さいたま市 )   2019年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   国名:日本  

    researchmap

  • 分離型解法を用いた土/水連成問題の検討

    北野井智希, 竹山智英, 飯塚敦, 橘伸也

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.1737-1738)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和土の弾塑性構成モデルにおける硬化則に関するパラメータの推定手法

    松本 昌祥, 豊香都樹, 橘伸也, 飯塚敦, 佐藤毅

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.699-700)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 東京海抜ゼロメートル地帯における地下水位変動に伴う液状化リスク

    本田和也, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.1879-1880)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地層処分における再冠水から超長期変質過程の力学−水理−化学連成解析

    酒井城, 伊藤真司, 橘伸也, 飯塚敦, 林大介, 高沢真由美, 小林一三

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.741-742)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nonlinearity and Uncertainty of Geotechnical Finite Element Analysis

    Hajime ITO, William Cheang, Hideki OHTA, Atsushi IIZUKA

    第53回地盤工学研究発表会 (793-794)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bjerrumの仮説に基づいた年代効果による疑似過圧密粘性土の圧密降伏応力の試算

    齋藤禎二郎, 飯塚敦, 北村晃寿, 太田秀樹

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.757-758)  ( 高松氏 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 除荷過程における地盤材料の塑性軟化特性を考慮した弾塑性構成モデルの提案

    伊藤 真司, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第53回地盤工学研究発表会(pp.365-366)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海底地盤の原位置強度推定方法に関する解析的検討

    杉山 友理, 飯塚 敦

    第53回地盤工学研究発表会 (pp.211-212)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • デコルマ帯における変質を考慮したせん断シミュレーション

    前川慎太郎, 麻生勇人, 飯塚敦, 橘伸也, 竹山智英, 杉山友里

    第53回地盤工学研究発表会(pp.345-346)  ( 高松市 )   2018年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Elastoplastic prediction of clay-buffer homogenization due to swelling behavior 国際会議

    Tachibana, S, Ito, S, Sakai, J, Iizuka, A, Ishii, T, Kawakubo, M, Kobayashi, I

    7th International Conference on Clays in Natural and Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement  ( Davos, Switzerland )   2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ベイズ推定を用いた被害予測における死亡者数再現関数の検討

    本田 和也, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会(T – 06 pp.61-62)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 溶存気体の気化が真空圧密時の地盤内圧力変化に及ぼす影響

    杉山 友理, 長浦 崇晃, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 02 pp.757-758)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 様々な応力条件におけるB 値測定手法の繰返し載荷の影響

    上原 拓真, 宇治 亮佑, 杉山 友理, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (D – 07 pp.591-592)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 密度差のある二つの締固めベントナイト供試体の直列膨潤圧試験シミュレーション

    酒井 城, 伊藤 真司, 橘 伸也, 飯塚 敦, 石井 智子, 小林 一三

    第52 回地盤工学研究発表会 (D – 05 pp.2055-2056)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和地盤の液状化強度発現に関する解析的研究

    長浦 崇晃, 杉山 友理, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 00 pp.1621-1622)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不確かさを考慮した地盤解析結果の評価法

    伊藤 肇, 太田 秀樹, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会(E – 02 pp.783-784)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地盤動的解析のための試験結果のばらつきを考慮したパラメータ範囲の検討

    嶋田倫昌, 飯塚敦, 竹山智英, 鹿瀬一希

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 07 pp.1541-1542)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先行効果を考慮した弾・粘塑性構成モデルの動的解析への適用

    田中 直人, 竹山 智英, 飯塚 敦, 田中 麻穂, 平田 昌史

    第52 回地盤工学研究発表会(E – 13 pp.1579-1580)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深海底地盤からのサンプリング試料のモデル化に関する考察

    田窪 尭, 岡田真理子, 杉山友理, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 02 pp.587-588)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 三成分系状態図による締固め土の強度評価

    松本 昌祥, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 02 pp.583-584)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 化学変質によるベントナイト緩衝材の超長期挙動に及ぼす初期密度分布の影響

    伊藤 真司, 神藤 卓哉, 橘 伸也, 飯塚 敦, 林 大介, 小林 一三, 高沢 真由美

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 02 pp.2069-2070)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • デコルマ帯におけるせん断破壊モデル

    麻生 勇人, 妹川 賢司, 杉山 友理, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 02 pp.655-656)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • デコルマ帯におけるスロースリップの弾塑性論的解釈

    小松 美樹, 杉山 友理, 橘 伸也, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 00 pp.303-304)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオテキスタイルを用いた補強土の補強効果の評価手法

    飯塚 敦, 織田 裕至, 橘 伸也

    第52 回地盤工学研究発表会 (K – 14 pp.489-490)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SPH 法を用いた仮置き盛土に対する安全性検討

    上野山裕己, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第52 回地盤工学研究発表会 (E – 13 pp.1805-1806)  ( 名古屋市 )   2017年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Research activities at RWMC on the bentonite re-saturation process (2) Laboratory and numerical evaluation

    Ito, S, Tachibana, S, Sakai, J, Iizuka, A, Kobayashi, I. Ishii, T, Kawakubo, M

    BEACON Initial Workshop  2017年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年    

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 放射性廃棄物地層処分におけるベントナイト緩衝材の変質評価

    伊藤 真司, 飯塚 敦, 橘 伸也

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0365 pp.729-730)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粘性曲面モデルを用いた構造の発達・劣化の表現

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0188 pp.375-376)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 間隙保水特性と非可逆変形特性が B 値発現に及ぼす影響

    宇治亮佑, 杉山友理, 田中博之, 河井克之, 竹山智英, 飯塚敦

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0347 pp.693-694)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海底地盤から採取したサンプリング試料の強度発現メカニズム

    杉山 友理, 中谷 奈央, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0346 pp.691-692)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベイズ推定を用いた被害予測モデルと災害対応におけるタイムライン分析

    本田 和也, 小谷 稔, 飯塚 敦

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0059 pp.117-118)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • デコルマ帯における固着メカニズムの解明

    麻生 勇人, 飯塚 敦, 竹山 智英, 杉山 友理, 佐々木 陽亮

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0369 pp.737-738)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオテキスタイル補強土構造物における補強効果の検討

    織田 裕至, 川勝 拓哉, 飯塚 敦, 竹山 智英

    第51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0786 pp.1571-1572)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TC106 Unsaturated soils における世界的な動向

    飯塚 敦

    51回地盤工学研究発表会 (CD-ROM0035 pp.69-70)  ( 岡山市 )   2016年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高レベル放射性廃棄物の地層処分における緩衝材の再冠水挙動に関する解析的検討

    吉野 修, 石山 宏二, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    平成28年度土木学会全国大会,第71回年次学術講演会 (CS13-039 pp.77-78)  ( 仙台市 )   2016年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ワイブル分布を用いた災害死亡者数のベイズ推定モデル

    小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之

    日本災害情報学会第17回研究発表大会  ( 甲府 )   2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 応力履歴がB 値発現に及ぼす影響(実験)

    玉井三友紀, 杉山友理, 田中博之, 河井克之, 飯塚敦

    第50回地盤工学研究発表会 (D-00 pp.693-694)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 応力履歴がB 値発現に及ぼす影響(解析)

    田中博之, 杉山友理, 河井克之, 飯塚敦, 玉井三友紀

    第50回地盤工学研究発表会(E-00 pp.695-696)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Albany硅砂の弾塑陸構成パラメータの同定

    吉富力, 河井克之, 飯塚敦, Lohani, Tara Nidhi

    第50回地盤工学研究発表会(E-02 pp.447-448)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粒度分布に注目した土粒子吸着物質の除去法の検討

    西門優, 飯塚敦, 河井克之

    第50回地盤工学研究発表会 (T-14 pp.2295-2296)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 覆土工における排水能力の評価

    岡田真理子, 生田勇輝, 飯塚敦, 河井克之, 坂尾亮太, 小原義之

    第50回地盤工学研究発表会 (E-07 pp.63-64)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数種の補強繊維を使用した軽量セラミックスの強度特性について

    横江勇, 河野純子, 宮崎健次朗, 金尾茂樹, 飯塚敦

    平成27年度土木学会全国大会,第70回年次学術講演会 (Ⅴ-302)  ( 岡山 )   2015年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非線形コントラクタンシー表現式を用いた弾塑性構成モデルの破壊規準の改良

    京川裕之, 大野進太郎, 飯塚敦

    第50回地盤工学研究発表会 (D-06 pp.365-366)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地層処分における緩衝材の再冠水挙動に関する解析的検討

    吉野 修, 石山 宏二, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    平成27年度土木学会全国大会,第70回年次学術講演会 (CS12-031)  ( 岡山 )   2015年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地層処分におけるベントナイト緩衝材の変質挙動評価

    神藤 卓哉, 樋野 隆太, 飯塚 敦, 河井 克之

    第50回地盤工学研究発表会 (H-11 pp.2375-2376)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 深海底デコルマ帯の変質を考慮したせん断破壊モデル

    戎 健次, 杉山 友理, 佐々木 陽亮, 飯塚 敦, 河井 克之

    第50回地盤工学研究発表会 (B-06 pp.369-370)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降雨時の傾斜地盤内における空気圧の挙動について

    川勝 拓哉, 大川 紀郁, 河井 克之, 飯塚 敦

    第50回地盤工学研究発表会 (E-07 pp.2101-2102)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気相の影響を考慮した河川堤防の外水位変動シミュレーション

    織田 裕至, 川勝 拓哉, 河井 克之, 飯塚 敦

    第50回地盤工学研究発表会 (H-07 pp.1069-1070)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田による弾・粘塑性構成モデルにおける応力緩和項の定式化について

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第50回地盤工学研究発表会 (E-13 pp.399-400)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海底地盤からのサンプリングに伴う応力変化が強度特性に及ぼす影響

    中谷 奈央, 杉山 友理, 飯塚 敦, 河井 克之

    第50回地盤工学研究発表会 (E-00 pp.711-712)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ワイブル分布による被災者数のベイズ推定

    小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之

    平成27年度土木学会全国大会,第70回年次学術講演会 (Ⅳ-043)  ( 岡山 )   2015年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベンダーエレメントを用いた不飽和供試体のせん断弾性定数

    妹川 賢司, 吉富 力, 飯塚 敦, 河井 克之, Lohani Tara Nidhi

    第50回地盤工学研究発表会 (D-00 pp.735-736)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スメクタイトの変質作用がデコルマ帯におけるせん断特性に及ぼす影響

    佐々木陽亮, 杉山友理, 戎健次, 飯塚敦, 河井克之

    第50回地盤工学研究発表会(B-06 pp.371-372)  ( 札幌 )   2015年9月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベイズ推定を用いた災害時の被災者数予測

    小谷稔, 飯塚敦, 河井克之

    日本災害情報学会第16回研究発表大会  ( 長岡 )   2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 廃砂たい積場の覆土設置による沈下の評価

    佐々木陽亮, 飯塚敦, 高山裕介, 河井克之, 生田勇輝, 坂尾亮太, 瀧富弘

    第69回土木学会年次学術講演会(Ⅲ-364 pp.727-728)  ( 大阪 )   2014年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土の粒度分布に注目した放射性物質吸着土壌の減容化に関する検討

    吉井 大貴, 飯塚 敦, 河井 克之, 西門 優

    第69回土木学会年次学術講演会(CS9-010 pp.19-20)  ( 大阪 )   2014年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液相への間隙空気溶解を考慮した室内要素試験シミュレーション

    田中博之, 杉山友里, 河井克之, 飯塚敦

    第49回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD/352 pp.703-704)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気有限要素解析を用いた河川堤防における浸潤面の形成メカニズムの再現(1)

    戎健次, 坂本諭, 河井克之, 飯塚敦

    第49回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD/348 pp.695-696)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析を用いた河川堤防における浸潤面の形成メカニズムの再現(2)

    坂本諭, 戎健次, 河井克之, 飯塚敦

    第49回地盤工学研究発表会(講演概要集DVD/347 pp.693-694)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長期化学的変質を考慮したベントナイト緩衝材の力学モデルと境界値問題の定式化

    鶴見修平, 森本晃樹, 高山祐介, 生田勇輝, 飯塚敦, 河井克之

    第49回地盤工学研究発表会(講演概要集DVD/1052 pp.2103-2104)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 東名牧の原崩壊盛土の原位置強度推定の試み

    太田秀樹, 齋藤邦夫, 横田聖哉, 藤岡一頼, 阿部文彦, 林雄介, 木村勝, 渡邉真一, 石垣勉, 飯塚 敦

    第49回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD/503 pp.1005-1006)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成モデルによる降雨浸透解析

    中谷 奈央, 河井 克之, 飯塚 敦, Viradeth Phommachanh

    第49回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD/447 pp.893-894)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降雨浸透シミュレーションにおける浸透能の影響について

    川勝 拓哉, 家永 康平, Viradeth Pommachanh, 飯塚 敦, 河井 克之

    第49回地盤工学研究発表会(講演概要集DVD/448 pp.895-896)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 化学変質を考慮したベントナイト緩衝材の力学モデル

    森本 晃樹, 高山 裕介, 鶴見 修平, 飯塚 敦, 河井 克之, 大和田 仁

    第49回地盤工学研究発表会(講演概要集DVD/1051 pp.2101-2102)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • タイ東北部における塩害抑制手法の検討

    田中 琢, 杉山 友理, 飯塚 敦, 河井 克之, 野村 瞬

    第49回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD/445 pp.889-890)  ( 北九州 )   2014年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長期的化学変質作用を考慮するためのベントナイト緩衝材の力学モデル化

    高山裕介, 鶴見修平, 飯塚敦, 河井克之, 小林一三, 大和田仁

    第68回土木学会年次学術講演会(CS部門 pp.41-42)  ( 東京 )   2013年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 廃砂たい積場の覆土設置による沈下及び覆土の排水機能の評価

    生田勇輝, 高山裕介, 鶴見修平, 市川康明, 飯塚敦, 河井克之, 瀧富弘, 坂尾亮太

    第68回土木学会年次学術講演会(III部門 pp.377-378)  ( 東京 )   2013年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ベントナイト材料の実験結果から得た構成モデルを用いた各種室内試験の解析

    前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 高山裕介

    第68回土木学会年次学術講演会 (CS部門 pp.59-60)  ( 東京 )   2013年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土質力学から見たベントナイト材料の特異性と構成モデル化

    高山裕介, 前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 小林一三

    第68回土木学会年次学術講演会 ( CS部門 pp.57-58)  ( 東京 )   2013年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土壌種類に起因する塩類の移動性の違い

    杉山 友理, 野村 瞬, 飯塚 敦, 河井 克之

    第68回土木学会年次学術講演会 (III部門 pp.373-374)  ( 東京 )   2013年9月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 粒度分布を考慮した土粒子のイオン吸着試験

    西門 優, 吉井 大貴, 河井 克之, 飯塚 敦

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.2159-2160 )  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 二次圧密による擬似過圧密化を考慮した弾・粘塑性構成モデル

    平田 昌史, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.1001-1002)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 東名牧の原崩壊盛土材料の締固め-定体積単純せん断強度特性

    木村勝, 石垣勉, 横田聖也, 藤岡一頼, 阿部文彦, 飯塚敦, 齋藤邦夫, 太田秀樹

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.481-482)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素法を用いた降雨時斜面安定に関する各種要因の検討

    松尾直人, 家永康平, PhommachanhViradeth, 河井克之, 飯塚敦

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.1959-1960)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 数値計算による異なる含水比で締固め度の等しい締固め地盤の品質評価

    佐藤 武斗, Phommachanh Viradeth, 河井克之, 飯塚敦

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.391-392)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 構造物に近接する埋立て工事に対するロバスト制御アプローチの適用

    綿地 規文, 田中 琢, 佐藤 毅, 飯塚 敦, 河井 克之

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.229-230)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 過圧密粘土の三軸繰返しせん断による変形強度特性の変化

    吉富 力, 安原 昇平, 河井 克之, 飯塚 敦

    第 48 回地盤工学研究発表会 (講演概要集DVD pp.465-466)  ( 富山 )   2013年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    第62回理論応用力学講演会(NCTAM2013),OS20-01  ( 東京都 )   2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 東日本大震災における津波由来土壌汚染調査

    杉山友理, 野村瞬, 飯塚敦, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 竹山智英

    第67回土木学会年次学術講演会 (III部門 pp.131-132)  2012年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Weight transmission in conical sand pits stored in a rectangular bin, The 47th Japan National Conference on Geotechnical Engineering

    Tang, L, Thay, S, Pipatpongsa, T, Iizuka, A

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.636-364)  2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 神戸空港島の経年沈下解析

    荒金延明, 宮本郁美, 飯塚敦, 河井克之

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.745-746)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 沈降海浜部地盤内の塩分移動予測及び一本松保護

    杉山友理, 河井克之, 野村瞬, 飯塚敦

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.37-38)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムによる締固め施工を考慮した築堤シミュレーション

    Phommachanh,V, 河井克之, 佐藤武斗, 飯塚敦

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.21-22)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 締固めシミュレーションに及ぼす土質物性の影響

    坂本諭, Phommachanh Viradeth, 河井克之, 飯塚敦

    第47回地盤工学研究発表会(pp.23-24)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害の調査・分析

    野村瞬, 河井克之, 杉山友理, 飯塚敦

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.1957-1958)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • TRU廃棄物処分場における緩衝材の力学・化学連成解析

    鶴見修平, 飯塚敦, 高山裕介, 河井克之

    第47回地盤工学研究発表会 (pp.1945-1946)  ( 八戸 )   2012年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析プログラムを用いた「締固め」の力学的説明

    柴田昌輝, 大槻剛瑠, 後藤浩司, 河井克之, 飯塚敦

    第46回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.697-698)  ( 神戸 )   2011年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 弾塑性構成理論に基づくベントナイトの吸水膨潤特性の表現

    高山裕介, 前田圭介, 飯塚敦, 河井克之, 大野進太郎, 橘伸也, 金澤伸一

    第46回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.685-686)  ( 神戸 )   2011年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 荷重載荷による飽和/不飽和地盤内溶解物質の移動表現

    野村瞬, 角井駿祐, 河井克之, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦

    第46回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.1009-1010)  ( 神戸 )   2011年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Saline soil problems in the northeastern part of Thailand and development of a computing tool for inter-organization collaboration

    Pipatpongsa,T, Kawai,K, Iizuka,A

    弟21回国際開発学会全国大会(The Proc 21st Annual Conference of the Japan Society for International Development 「弟21回国際開発学会全国大会報告論文集」 pp. 227-228)  ( 東京 )   2010年12月  国際開発学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下負荷面・上負荷面を考慮した関口・太田モデルの特異点処理法

    平田昌史, ピパットポンサー・ティラポン, 飯塚敦, 太田秀樹

    第45回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.231-232)  ( 愛媛 )   2010年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた締固め土の品質の検討

    尾崎 早希子, 柴田 昌輝, 河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    第45回地盤工学研究発表  ( 松山 )   2010年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析による締固めシミュレーション

    山田 竜太郎, 金澤 伸一, 河井 克之, 飯塚 敦

    第45回地盤工学研究発表会  ( 松山 )   2010年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地下水位変動による地盤挙動の解釈

    島本 恵梨子, 籠橋 慶太, 飯塚 敦, 河井 克之

    第45回地盤工学研究発表会  ( 松山 )   2010年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下負荷面を用いた不飽和土における降伏面内の弾塑性挙動のモデル化

    Phommachanh Viradeth, 河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    第45回地盤工学研究発表会  ( 松山 )   2010年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 斜面形状による築堤時の発現応力の違い

    田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦

    第64回土木学会年次学術講演会 (議講演概要集 III部門 pp.669-670)  ( 福岡 )   2009年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和土弾塑性構成モデルを用いた築堤シミュレーション

    田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦

    第44回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.973-974)  ( 横浜 )   2009年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多孔質セラミック粒状体の一次元圧縮特性と破砕性

    河津次郎, 河井克之, 金澤伸一, 飯塚敦

    第44回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.481-482)  ( 横浜 )   2009年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 気候条件に伴う塩害の被害及び対策

    野村瞬, 河井克之, 大野進太郎, Thirapong Pipatpongsa, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦

    第44回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.913-914)  ( 横浜 )   2009年8月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた締固め曲線の表現

    柴田昌輝, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 本田道識

    第44回地盤工学研究発表会(講演集 pp.655-656)  ( 博多 )   2009年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Analyses of pressure distribution under 2D sand heap by considering arching effect「アーチ効果を考慮した二次元砂山底面での圧力分布解析」

    Pipatpongsa,T. Heng, S. Ohta,H, Iizuka,A

    第58回理論応用力学講演会 NCTAM2009 (講演論文集 pp.391-392)  2009年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Statics of a sand heap under gravity associates to stress indeterminacy. The additional relationship is usually given by constitutive relations. Thus, radial stress field function satisfying plane equilibrium, constitutive relation and stress initial-boundary condition can provide a basic solution. Since stress distribution in sand heap is also depended on stress history during formation, therefore it is difficult to specify the constitutive relation which can characterize this complicated problem. The recent researches has linked arching criterion to describe a local constitutive relation and successfully captured a phenomenon of vertical pressure dip. However, a clear degree of arching effect to a stress distribution beneath the base of the heap has not been clarified. This study investigated the influence of arch shapes formed in sand heap and found particular patterns which are acceptably agreed with the experimental data. Therefore, arch formed during formation could be considered as stress memories of sand heap.

    researchmap

  • 陰解応力積分法を導入した地盤構成式の検討

    金澤伸一, T. Pipatpongsa, 竹山智英, 橘伸也, 飯塚敦

    第5回地盤工学会関東支部発表会「Geo-Kanto 2008」(pp.350-355)  2008年11月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 1次元圧密解析による盛土の沈下計算-現場実測データならびに2次元土・水連成解析とくらべて-

    太田秀樹, 竹山智英, 尤龍涛, 石垣勉, 飯塚敦

    第5回地盤工学会関東支部発表会 (発表講演集 地盤工学会 pp.40-45)  2008年10月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 破砕によるコントラクタンシー特性変化を考慮した岩石材料の弾塑性構成モデル

    佐伯拓也, 橘伸也, 飯塚敦

    第63回年次学術講演会 (講演概要集 III部門 pp.483-484)  2008年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 施工速度の違いが盛土基礎地盤の変形に与える影響

    鈴木 佑介, 竹山 智英, 飯塚 敦

    第63回年次学術講演会 (講演概要 III部門 pp.627-628)  2008年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 汚泥焼成土の基礎力学特性

    渡瀬梓, Djoko S Agung, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一

    第63回年次学術講演会(講演概要集 III部門 pp.901-902)  ( 仙台 )   2008年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 密な豊浦砂の降伏面と塑性ひずみ方向についての実験的検討

    大川広, 桑野二郎, 飯塚敦, 日下部治, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.399-400 CD-ROM)  2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 軟弱地盤上の道路盛土における性能指標の検討

    石垣 勉, 飯塚 敦, 太田 英樹

    第43回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.1113-1114 CD-ROM)  2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 静止土圧係数の解析

    ピパットポンサー ティラポン, 大野進太郎, 飯塚敦, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.265-266 CD-ROM)  2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルの特異点における負荷判定法

    平田昌史, 竹山智英, Pipatpongsa Thirapong, 飯塚敦, 太田秀樹

    第43回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.289-290 CD-ROM)  2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 植生の吸水作用が地盤の変形に及ぼす影響

    山田竜太郎, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一

    第43回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.2155-2156 CD-ROM)  ( 広島 )   2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析を用いた各種外的要因による地盤内水分布変化

    寺島裕樹, 河井克之, 飯塚敦, 橘伸也, 金澤伸一

    第43回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.715-716 CD-ROM)  2008年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Domain of metastability at the corner of the Sekiguchi-Ohta model

    T. Pipatpongsa, T. Takeyama, H. Ohta, A. Iizuka

    理論応用力学講演会 (講演論文集 pp.355-356)  2008年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    本研究では関口・太田モデルの尖り点におけるメタスタビリティーの領域を定式化し、主ひずみ増分空間に表現した。体積ひずみ増分一定平面において、この領域は楕円に囲まれていることが確認できた。提案されたテンソル転換を使用することによって、降伏曲面上の降伏応力、メタスタビリティーの領域を適切に表現することができた。メタスタビリティーの領域の中心は一次元の静止ひずみ状態であると考えられる。

    researchmap

  • オリジナル・カムクレイと修正カムクレイの比較―故きを温ね,新しきを知る-

    太田秀樹, 飯塚敦, ティラポン ピパットポンサー, 竹山智英

    第4回地盤工学会関東支部発表会 (発表講演集 pp.455-460)  2007年10月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 弾塑性構成モデルのMetastability 特性とその定量化

    竹山 智英, 大野 進太郎, ピパットポンサー ティラポン, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.263-264 CD-ROM)  2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 盛土を載荷した軟弱地盤の力学挙動に対するClass A 予測

    倉本匠, 太田秀樹, 飯塚敦, 大野進太郎, 竹山智英

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.253-254 CD-ROM)  2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルにおける陽解積分法を用いた応力更新アルゴリズム(Substepping schemes for the numerical integration of the Sekiguchi-Ohta model)

    ピパットポンサー・ティラポン, 竹山智英, 大野進太郎, 飯塚敦, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.265-266 CD-ROM)  2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田による弾粘塑性構成モデルにおける負荷判定の改良

    大野進太郎, 竹山智英, 飯塚敦, ピパットポンサー, ティラポン, 太田秀樹

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.261-262 CD-ROM)  2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ダイレタンシー特性の表現の異なる弾塑性構成モデルに対するせん断帯生成解析

    橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.227-228 CD-ROM)  2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 締固め曲線と圧縮曲線の関連性について

    本田 道識, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 河井 克之, 太田 秀樹

    第42回地盤工学研究発表会 (講演概要集 地盤工学会 CD-ROM)  ( 名古屋 )   2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地球環境問題の階層的整理と砂漠化問題の位置付け

    杉田芙紗子, 飯塚敦, 河井克之, PIPATPONGSA Thirapong

    第42回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.1-2 CD-ROM)  ( 名古屋 )   2007年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 数値シミュレーションによる地圏・気圏間水循環に影響を及ぼす地下ダムの影響検討

    大昇弘樹, 飯塚敦, 河井克之

    平成19年度土木学会関西支部年次学術講演会(講演概要集 第3部門 CD-ROM)  2007年5月  土木学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 境界端面の潤滑性に注目した粘土供試体のせん断シミュレーション

    三好絵里子, 橘伸也, 飯塚敦, 河井克之

    平成19年度土木学会関西支部年次学術講演会(講演概要集 第3部門 CD-ROM)  2007年5月  土木学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 異方圧密粘土を想定した弾塑性構成モデルの破壊条件とKo条件の理論式;Geo-Kanto 2006

    太田秀樹, 大野進太郎, 飯塚敦, ピパットポンサー・ティラポン, 竹山智英

    第3回地盤工学会関東支部研究発表会 (発表講演集 地盤工学会 pp.309-312)  2006年11月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田による弾・粘塑性モデルにおける応力緩和項へのマクローリン展開の適用

    飯塚 敦, 竹山 智英, 大野 進太郎, ピパットポンサー ティラポン, 太田 秀樹

    第41回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.315-316 CD-ROM)  2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 拡張下負荷面を導入した弾塑性構成モデルの陰解積分アルゴリズム

    大野 進太郎, 青木 孝憲, 飯塚 敦, 太田 秀樹, ピパットポンサー ティラポン

    第41回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.317-318 CD-ROM)  2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 陰解積分アルゴリズムの境界値問題への適用性の検討

    青木 孝憲, 大野 進太郎, 太田 秀樹, 飯塚 敦, ピパットポンサー ティラポン

    第41回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.319-320 CD-ROM)  2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 一次関数近似を用いた水頭の空間離散化

    竹山 智英, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第41回地盤工学研究発表会 (講演概要集 pp.321-322 CD-ROM)  2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の排気非排水せん断挙動の表現方法

    古村隆博, 大野進太郎, 本田道識, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹

    第41回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.849-850 CD-ROM)  ( 鹿児島 )   2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上負荷面を用いた締固め粘性土の等体積せん断挙動の表現方法

    本田道識, 大野進太郎, 古村隆博, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹

    第41回地盤工学研究発表会(講演概要集 pp.847-848 CD-ROM)  ( 鹿児島 )   2006年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 共生への国際技術協力の可能性 タイ東北部における塩害調査

    飯塚 敦

    第10回震災技術展,神戸会場,「安全・安心」への国際協力の現状と課題  ( 神戸 )   2006年1月  神戸市防災安全公社

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 締固め土の体積圧縮挙動に着目した応力ひずみ関係の定式化

    本田道識, 飯塚敦, 大野進太郎, 河井克之, 汪偉川

    第60回年次学術講演会 (講演概要集 III部門 pp.247-248 CD-ROM)  ( 東京 )   2005年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 締固め土の圧縮特性に関する評価方法

    本田 道識, 飯塚 敦, 大野 進太郎, 河井 克之, 汪 偉川

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.899-900)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 植生による蒸発散量を考慮した不飽和地盤の変形挙動予測

    汪 偉川, 小羽根 憲司, 飯塚 敦, 河井 克之

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.941-942)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルの圧密特性と粘塑性パラメータ

    西田 博文, 飯塚 敦, 河井 克之, 太田 秀樹

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.983-984)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 下負荷面を導入した弾塑性構成モデルの陰解積分アルゴリズム

    大野進太郎, 飯塚敦, 太田秀樹, ピパットポンサー・ティラポン

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集,pp.411-412)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 陰解法アルゴリズムに基づく有限変形弾塑性有限要素解析

    橘 伸也, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.405-406)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 陰解積分法を用いた関口・太田による弾・粘塑性モデルに対する応力更新アルゴリズム

    竹山智英, 大野進太郎, ピパットポンサー・ティラポン, 飯塚敦, 太田秀樹

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集,pp.573-574)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SCP工法を伴う防波堤の長期的品質予測

    和泉 大祐, 西田 博文, 飯塚 敦

    第40回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.1099-1100)  ( 函館 )   2005年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of ground improvement on the quality of man-made islands 国際会議

    飯塚 敦, 西田 博文, 河井 克之

    11th International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics  ( プラハ )   2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和地盤への降雨のモデル化

    杉田芙紗子, WANG Weichuan, 飯塚敦, 河井克之

    土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2005年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 実験土槽における降雨浸透特性

    須谷元保, 飯塚敦, 河井克之, WANG Weichuan

    土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)  2005年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 蒸発散に伴う地盤の応答

    汪 偉川, 河井 克之, 飯塚 敦

    植生学会第9回大会  2004年10月  植生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和地盤―気圏間の水収支における植生の影響

    飯塚 敦

    平成16年度京都大学防災研究所研究集会(一般)「流体―不飽和土系ダイナミクスの最近の進歩と環境防災への適用」  2004年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不飽和地盤に及ぼす植物の吸水作用の影響

    霜永 勝之, 岸本 康照, 汪 偉川, 河井 克之, 飯塚 敦

    第59回年次学術講演会 (概要集 III部門 pp.103-104 CD-ROM3-052)  2004年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 正規圧密年度の瞬間せん断剛性の軸圧縮履歴依存性

    高木 智哉, 岸本 鉄太郎, 飯塚 敦, 河井 克之, 橘 伸也

    第59回年次学術講演会 (概要集 III部門 pp.551-552 CD-ROM3-276)  2004年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 初期値境界値問題における地表面水理境界による降雨表現の検討

    桜井 健一, 藤川 和彦, 汪 偉川, 河井 克之, 飯塚 敦

    第59回年次学術講演会 (概要集 III部門 pp.655-656)  2004年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 降雨に伴う土槽内の飽和度サクション分布の変化

    藤川 和彦, 汪 偉川, 桜井 健一, 河井 克之, 飯塚 敦

    第59回年次学術講演会 (概要集 III部門 pp.651-652)  2004年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 対数ひずみを用いた有限変形Cam-clayモデルの陰解法アルゴリズム

    橘 伸也, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第39回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.259-260)  2004年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルにおける塑性論的粘塑性論に基づく負荷判定法の適用性

    西田 博文, 飯塚 敦, 太田 秀樹

    第39回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.913-914)  2004年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 適用性の高いダイレイタンシーの表現式の提案とそれを用いた土の弾塑性構成式の導出

    大野進太郎, 飯塚敦, 太田秀樹

    第39回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.261-262)  2004年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 盛土構造物の建設における軟弱地盤対策工の工学的評価

    稲垣太浩, 飯塚敦, 竹山智英, 太田秀樹

    第39回地盤工学研究発表会講演論文集  2004年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年    

    researchmap

  • Mises規準から見た境界非排水粘土供試体の破壊シミュレーション -Mises型かMohr-Coulomb型か-

    橘 伸也, 飯塚 敦, 河井 克之, 太田 秀樹

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM147 pp.293-294)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地盤改良時期および位置が残留沈下に及ぼす影響

    和泉 大祐, 西田 博文, 飯塚 敦, 河井 克之

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM677 pp.1353-1354)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    道路盛土および人工島などに挙げられる土構造物が供用後の不同沈下等により要求される性能(要求性能)が低下する事例がよく見られる.このため,初期投資だけでなく維持補修時に要するコストを含めたライフサイクルコストの低減できるような技術システムを構築が求められている.本報告はサンドドレーンによる地盤改良時期・場所の違いにより埋立地がどのように長期的に変状するかを二次元土/水連成弾・粘塑性有限要素解析により検討したものである.

    researchmap

  • 谷地形盛土の不同沈下シミュレーション

    早川 英司, 霜永 勝之, 小羽根 憲司, 河井 克之, 飯塚 敦

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM456 pp.911-912)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    近年、谷地形に大規模な盛土を行った土構造物が多く見られるが、長期の雨水浸透により盛土の品質が劣化し、盛土表面に不同沈下が生じてしまうという事例が報告されている。締固め土のような不飽和土は水浸させることにより,水浸沈下(コラプス)が生じることがわかっている。長期にわたり降雨が繰り返されることにより地盤内に局所的で短時間の水浸状態が繰り返し発生していると考えられ、盛土内に局所的な変形が生じることで不同沈下が生じていると考えられる。そこで仮想の谷地形盛土を想定し、不飽和土/水連成有限要素解析によって、水浸沈下による盛土の不同沈下を表現した。

    researchmap

  • 上・拡張下負荷面,回転硬化を導入した弾塑性構成式による砂の再液状化特性の表現

    大野 進太郎, 飯塚 敦, 河井 克之, 太田 秀樹

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集,地盤工学会,CD-ROM248 pp.495-496)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    砂の再液状化特性は、その内部構造と密接に関わっていると考えられている。本研究では、この砂の再液状化特性を数値解析により表すことを目的としている。本研究では、砂の粒子配列を応力の異方性(降伏面の傾き)と考える。さらに、砂の嵩高な構造を考慮するために、上負荷面の概念を導入する。また、繰返し載荷への適用性を考慮し、拡張下負荷面、回転硬化を弾塑性構成式に導入する。応力振幅一定繰返し非排水せん断シミュレーションを通して、本弾塑性構成モデルの再液状化現象への適用性を検討した。結果として、砂の内部構造を、応力の異方性と上負荷面としてモデル化することの妥当性を示すことができた。

    researchmap

  • 荷重履歴の違いよる過剰間隙水圧の発生

    西田 博文, 和泉 大祐, 飯塚 敦, 河井 克之

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM676 pp.1351-1352)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    従来,道路盛土および人工島などに挙げられる土構造物の設計は,施工(荷重)履歴の違いが与える構造物自身あるいは基礎地盤の品質の影響を考慮するには至らなかった.これに対し,最近では多次元土/水連成弾(粘)塑性有限要素解析のアプローチから,荷重履歴の違いにより土構造物の品質が異なることが報告されている.本報告では簡単な地盤モデルを想定し,二次元土/水連成弾・粘塑性有限要素解析を用いて荷重履歴の違いがもたらす過剰間隙水圧の発生形態に重点を置き,土構造物の設計において考慮すべき事項について再認識を行った.

    researchmap

  • FEM for the Sekiguchi-Ohta Model considering non-smooth yield surface

    Yuttapongtada, Y, Pipatpongsa, T, Iizuka, A, Ohta, H

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM143 pp.285-286)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    The FEM program for stress-deformation analysis considering non-smooth yield surface of constitutive model was developed. The consideration and handling for the singular point on non-smooth yield surface of the Sekiguchi-Ohta model was carried out based on Koiter&prime;s associated flow rule. The extra implementation for solving the difficulty at the singular point is added to FEM program called DACSAR (without any modification to the whole procedure). The numerical results from this program with and without the extra implementation was compared.

    researchmap

  • Consistent tangential tensor in regard to rate-independent Sekiguchi-Ohta model

    Pipatpongsa, T. Iizuka, A, Kobayashi, I, Ohta, H

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM563 pp.1125-1126)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Mohr-Coulombモデルは,地盤材料の構成式の研究に大きな影響を与えてきた.しかしながら,Mohr-Coulombモデルは降伏曲面に尖り点を持つため,その点で塑性ひずみ増分の方向が定まらないという欠点が知られている.本研究では,Koiter (1953, 1960)によって提案された関連流れ則の考えを援用したSimo, Kennedy and Govindjee (1988)による手法を用いて,Kuhn-Tucker条件,consistency条件などから複数の関数からなる降伏曲面の尖り点(各降伏関数の交点)における塑性ひずみ増分を求めることを目的としている.

    researchmap

  • 地盤材料の構造の劣化と異方化/等方化を考慮した弾塑性構成モデルの開発

    小坂部 和也, 小林 一三, 飯塚 敦, 大野 進太郎, 鈴木 章浩, 太田 秀樹

    第38回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM142 pp.283-284)  2003年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mises規準から見た境界非排水粘土供試体の破壊シミュレーション―Mises規準かMohr‐Coulomb規準か―

    橘伸也, 飯塚敦, 河井克之, 太田秀樹

    地盤工学研究発表会発表講演集  2003年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 回転硬化を導入した下負荷面関口・太田モデルによるKo値の算出

    鈴木章浩, 小林一三, 太田秀樹, 飯塚敦, 曽我健一

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM164 pp.325-326)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 互層地盤からなる土留め掘削の変形に対する2次元FEM解析の適用例

    森建二, 吉田次男, 飯塚敦, 前川太

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM512 pp.1017-1018)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Stress Probe Testから得られる降伏曲面の解析的解釈

    小林一三, 鈴木章浩, 飯塚敦, 太田秀樹, 曽我健一

    第37回地盤工学研究発表会(講演集 CD-ROM165 pp.327-328)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Application of Dilatancy Models with Subloading Surface to Soils Reinforced by Geosynthetics

    Kim,Eun-ra, Iizuka,A, Hirata,M, Kawai,K

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM383 pp.761-762)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土/水連成弾塑性動的有限要素解析手法の開発

    大野 進太郎, 飯塚 敦, 河井 克之, 橘 伸也

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM947 pp.1885-1886)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 施工過程の違いによる人工島の品質への影響

    西田 博文, 井内 崇也, 飯塚 敦, 河井 克之

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM484 pp.961-962)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルに適用する陰解法応力更新アルゴリズム

    ピッパットポンサー・ティラポン, 小坂部和也, 飯塚敦, 小林一三, 太田秀樹

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM167 pp.331-332)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • せん断に伴う応力-塑性ひずみ増分の非共軸性

    辰巳 雅俊, 高木 智哉, 飯塚 敦, 河井 克之

    第37回地盤工学研究発表会(講演集 CD-ROM125 pp.247-248)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Interpretation of Koiter's associated flow rule to the corner of the Sekiguchi-Ohta model

    ピッパットポンサー・ティラポン, ユッタポンターダー・ヨサック, 飯塚敦, 小林一三, 太田秀樹

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM177 pp.351-352)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Consistent tangential moduli for rate-independent Sekiguchi-Ohta model

    ピッパットポンサー・ティラポン, 小坂部和也, 飯塚敦, 太田秀樹, 小林一三

    第37回地盤工学研究発表会 (講演集 CD-ROM166 pp.329-330)  2002年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 異方性地盤材料の構成モデルの陰解法有限要素解析への適用

    Pipapongsa,T, 小林一三, 太田秀樹, 飯塚敦

    第51回理論応用力学講演会 (講演論文集(NCTAM2002)pp.211-212)  2002年1月  JSPS日本学術振興会メカニクス・構造研究連絡委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 締固め土における圧密降伏応力の推定

    金 銀羅, 河井 克之, 飯塚 敦, 谷内 世依子

    第57回土木学会年次学術講演会(講演概要集 III部門 pp.703-704)  2002年  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The vertex singularity in the Sekiguchi-Ohta model

    Pipatpongsa Thirapong, 小林一三, 太田秀樹, 飯塚 敦

    第56回年次学術講演会 (講演概要集 III部門 pp.682-683)  2001年10月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 補強工法盛土における弾・塑性解析の適用性

    森建二, 吉田次男, 飯塚敦, 前川太, 天野真輔

    第36回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.2073-2074)  2001年6月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田モデルによる有効内部摩擦角とK0値の関係

    PipatpongsaThirapong, 太田秀樹, 小林一三, 飯塚敦

    第36回地盤工学研究発表会 (発表講演集 pp.937-938)  2001年6月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 塑性ポテンシャル関数の尖り点における関連流則の処理

    Pipapongsa,T, 太田秀樹, 小林一三, 飯塚敦

    第36回地盤工学研究発表会(講演集 pp.935-936)  2001年6月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中央遮水壁型ロックフィルダムの築堤および湛水シミュレーション

    吉牟田竜太, 本田道識, 早川英司, 河井克之, 飯塚敦

    第36回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.897-898)  2001年  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関口・太田による弾塑性構成モデルへの下負荷面の導入

    橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 小林 一三

    平成13年度土木学会関西支部年次学術講演会 III-25  2001年  土木学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仮想ロックフィルダムの築堤・湛水シミュレーション

    早川 英司, 吉牟田 竜太, 本田 道識, 河井 克之, 飯塚 敦

    平成13年度土木学会関西支部年次学術講演会 III-20  2001年  土木学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有限要素法を用いた掘削工事における周辺地盤変形の影響範囲の検証

    小島 謙一, 飯塚 敦, 太田 秀樹, 舘山 勝

    第55回年次学術講演会 (講演概要集 III部門-B184 pp.366-367)  2000年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオシンセティックスによる補強効果と有限要素シミュレーション

    鈴木宏一郎, 平田昌史, 飯塚敦, 太田秀樹

    第55回年次学術講演会 (講演概要集 III部門-B309 pp.616-617)  2000年9月  土木学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 締固め土の圧縮特性に及ぼす供試体作成条件の影響

    瀬口均, 本田道識, 河井克之, 飯塚敦, 軽部大蔵

    第35回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.1283-1284)  2000年6月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 掘削工事の現場計測データに基づく周辺地盤変形の影響範囲の予測

    小島謙一, 飯塚敦, 太田秀樹, 館山勝

    第35回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.1337-1338)  2000年6月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオシンセティックス補強土遠心実験の有限要素解析

    大野 進太郎, 飯塚 敦, 軽部 大蔵

    平成12年度土木学会関西支部年次学術講演会(講演概要集 pp.III-69-1-III-69-2)  2000年6月  土木学会関西支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 間隙水分布を考慮した不飽和土の土/水連成解析

    西田博文, 本田道識, 飯塚敦, 軽部大蔵

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.749-750)  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 不飽和土の応力~ひずみ関係の定式化

    本田道識, 軽部大蔵, 飯塚敦, 河井克之

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.747-748)  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 塑性論的粘塑性論による関口・太田モデルの解釈

    飯塚敦, 太田秀樹

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.595-596)  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 柴山潟干拓地における道路盛土施工沈下予測

    刈田 裕亮, 飯塚 敦, 軽部 大蔵, 金子 智之

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.1073-1074 )  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオシンセティックスによる拘束効果―有限要素シミュレーション―

    平田昌史, 野室明久, 太田秀樹, 横田善弘, 飯塚敦

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.791-792)  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオシンセティックスによる拘束効果―モデル実験―

    西脇 健志, 平田 昌史, 太田 秀樹, 河合 寿, 飯塚 敦

    第34回地盤工学研究発表会 (講演集 pp.789-790)  1999年7月  地盤工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジオシンセティックスで補強した盛土の変形解析パラメータの決定

    南詠 健志, 平田 昌史, 太田 秀樹, 野室 明久, 飯塚 敦, 山上 尚幸

    第34回