2024/07/11 更新

写真a

イエモト シゲル
家本 繁
IEMOTO Shigeru
所属
理工学部 准教授
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 東京工業大学 )

  • 修士(理学) ( 東京工業大学 )

学歴

  • 2009年3月
     

    東京工業大学   情報理工学研究科   数理・計算科学専攻   博士   修了

  • 2006年3月
     

    東京工業大学   情報理工学研究科   数理・計算科学専攻   修士   修了

  • 2004年3月
     

    東京工業大学   理学部   情報科学科   卒業

経歴

  • 2023年4月 - 現在

    中央大学   理工学部   准教授

  • 2010年4月 - 2023年3月

    中央大学杉並高等学校   数学科   専任教諭

  • 2017年4月 - 2020年3月

    明治大学   理工学部   兼任講師

  • 2013年5月 - 2018年3月

    慶應義塾大学   研究所・センター等 自然科学研究教育センター   共同研究員

  • 2009年10月 - 2010年3月

    麗澤大学   非常勤講師

  • 2009年10月 - 2010年3月

    東京都市大学   非常勤講師

  • 2009年4月 - 2010年3月

    慶應義塾大学   商学部   訪問研究員

  • 2009年4月 - 2010年3月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員(PD)

  • 2008年4月 - 2009年3月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員(DC2)

  • 2007年10月 - 2008年3月

    東京工業大学   グローバルCOE「計算世界観の深化と展開」   リサーチ・アシスタント

  • 2006年5月 - 2007年9月

    一橋大学   経済研究所   ネットワーク・サーバ管理補助

▼全件表示

所属学協会

  • 2023年4月 - 現在

    情報処理学会

  • 2023年4月 - 現在

    日本シミュレーション&ゲーミング学会

  • 2023年4月 - 現在

    日本情報科教育学会

  • 2023年4月 - 現在

    日本教育工学会

  • 2023年4月 - 現在

    人工知能学会

  • 2011年11月 - 現在

    日本数学教育学会

  • 2009年10月 - 現在

    日本数学会

▼全件表示

研究キーワード

  • 非線形最適化

  • 非線形関数解析学

  • 情報科教育法

  • 数学科教育法

  • 凸解析学

  • 不動点理論

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学  / 数学科教育法・情報科教育法

  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学

論文

  • Development of an Evaluation Method for Teaching Materials based on Item Response Theory Using Practice and Logs of Gaming Instructional Materials 査読

    Kentaro Nagahara, Shigeru Iemoto, Ikuo Tatsumi

    Proceedings of EdMedia + Innovate Learning 2024 Brussels, Belgium: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)   646 - 651   2024年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 単射な逆強単調作用素に対する変分不等式問題の解の逐次近似法

    家本 繁

    非線形解析学と凸解析学の研究 (Y. Kimura and K. Aoyama Eds.), 京都大学数理解析研究所講究録   2274   152 - 161   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Development and Practice of Gaming Instructional Materials Based on a New Backward Design Method for Problem Solving Using Mathematics 査読

    Kentaro Nagahara, Shigeru Iemoto

    Proceedings of the EdMedia + Innovate Learning 2023 Vienna: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)   778 - 783   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Convergence theorems for some classes of nonlinear mappings in Hilbert spaces 査読

    Sachiko Atsushiba, Shigeru Iemoto, Rieko Kubota, Yukio Takeuchi

    Linear and Nonlinear Analysis   2 ( 1 )   125 - 153   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Some results on approximate solutions of variational inequality problems for inverse strongly monotone operators 査読

    Shigeru Iemoto

    Fixed Point Theory and Applications   2015 ( 1 )   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1186/s13663-015-0337-y

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s13663-015-0337-y/fulltext.html

  • Approximate solutions to variational inequality over the fixed point set of a strongly nonexpansive mapping 査読

    Shigeru Iemoto, Kazuhiro Hishinuma, Hideaki Iiduka

    Fixed Point Theory and Applications   2014 ( 1 )   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    Variational inequality problems over fixed point sets of nonexpansive mappings include many practical problems in engineering and applied mathematics, and a number of iterative methods have been presented to solve them. In this paper, we discuss a variational inequality problem for a monotone, hemicontinuous operator over the fixed point set of a strongly nonexpansive mapping on a real Hilbert space. We then present an iterative algorithm, which uses the strongly nonexpansive mapping at each iteration, for solving the problem. We show that the algorithm potentially converges in the fixed point set faster than algorithms using firmly nonexpansive mappings. We also prove that, under certain assumptions, the algorithm with slowly diminishing step-size sequences converges to a solution to the problem in the sense of the weak topology of a Hilbert space. Numerical results demonstrate that the algorithm converges to a solution to a concrete variational inequality problem faster than the previous algorithm.

    MSC:47H06, 47J20, 47J25.

    DOI: 10.1186/1687-1812-2014-51

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/1687-1812-2014-51/fulltext.html

  • Nonlinear operators, fixed points and completeness of metric spaces 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi, Hatairat Yingtaweesittikul

    Proceedings of the 9th International Conference on Fixed Point Theory and its Applications (Changhua, Taiwan, 2009)   93 - 101   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Fixed point and ergodic theorems for $\lambda$-hybrid mappings in Hilbert spaces 査読

    Koji Aoyama, Shigeru Iemoto, Fumiaki Kohsaka, Wataru Takahashi

    Journal of Nonlinear and Convex Analysis   11 ( 2 )   335 - 343   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ヒルベルト空間における非拡大写像と非伸張写像の共通不動点への弱収束定理

    家本 繁, 高橋 渉

    非加法性の数理と情報:凸解析との接点 (Y. Okazaki and A. Honda Eds.), 京都大学数理解析研究所講究録   1683   1 - 8   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 弱準縮小写像の不動点定理と完備距離空間の特徴付け

    家本 繁

    非線形解析学と凸解析学の研究 (T. Tanaka and W. Takahashi Eds.), 京都大学数理解析研究所講究録   1685   59 - 66   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Approximating common fixed points of nonexpansive mappings and nonspreading mappings in a Hilbert space 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Nonlinear Analysis: Theory, Methods & Applications   71 ( 12 )   e2082 - e2089   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.na.2009.03.064

    researchmap

  • A weak convergence theorem for nonexpansive mappings and nonspreading mappings in a Hilbert space 査読

    Shigeru Iemoto, Kenta Takahashi, Wataru Takahashi

    Proceedings of the Asian Conference on Nonlinear Analysis and Optimization (Matsue, 2008)   63 - 73   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Strong convergence theorems by a Hybrid Steepest Descent Method for countable nonexpansive mappings in Hilbert spaces 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Scientiae Mathematicae Japonicae   69 ( 2 )   227 - 240   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Viscosity approximation methods for equilibrium problem and nonexpansive mapping in Hilbert spaces 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Yokohama Mathematical Journal   54 ( 2 )   1 - 16   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • A strong and weak convergence theorem for resolvents of accretive operators in Banach spaces 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Taiwanese Journal of Mathematics   11 ( 3 )   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Mathematical Society of the Republic of China  

    DOI: 10.11650/twjm/1500404765

    researchmap

  • Strong and weak convergence theorems for resolvents of maximal monotone operators in Hilbert spaces 査読

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Proceedings of the Fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis (Okinawa, 2005)   149 - 162   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Banach空間上のm-増大作用素のリゾルベントに関する強収束・弱収束定理

    家本 繁, 高橋 渉

    バナッハ空間及び関数空間の構造の研究 (K. Saito Eds.), 京都大学数理解析研究所講究録   1520   31 - 43   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Nadler's fixed point theorem with a vector-valued distance 査読

    Shigeru Iemoto, Tomonari Suzuki, Wataru Takahashi

    Proceedings of the Third International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis (Tokyo, 2003)   107 - 114   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 数学B : Advanced

    俣野 博, 河野 俊丈 他57名( 担当: 共編者(共編著者))

    東京書籍  2023年2月  ( ISBN:9784487166138

     詳細を見る

  • 数学C : Advanced

    俣野 博, 河野 俊丈 他57名( 担当: 共編者(共編著者))

    東京書籍  2023年2月  ( ISBN:9784487166190

     詳細を見る

  • 数学II : Advanced

    俣野 博, 河野 俊丈 他70名( 担当: 共編者(共編著者))

    東京書籍  2022年2月  ( ISBN:9784487166107

     詳細を見る

    総ページ数:277p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 数学A : Advanced

    俣野 博, 河野 俊丈 他57名( 担当: 共編者(共編著者))

    東京書籍  2022年2月  ( ISBN:9784487166077

     詳細を見る

    総ページ数:185p, 図版   記述言語:日本語  

    researchmap

MISC

  • デザイン思考と生成AIペルソナを活用した「情報I」探究教材開発の有効性検証

    家本 繁

    日本情報科教育学会 第17回全国大会講演論文集   45 - 46   2024年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • ゲーミング教材のログを用いた項目反応理論による教材評価手法の開発

    永原 健大郎, 家本 繁, 辰巳育男

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2024年度春期全国大会論文報告集, 日本シミュレーション&ゲーミング学会   7 - 8   2024年5月

     詳細を見る

  • 測定を通した数学的な探究活動を行う3Dプリンター教材の開発と実践

    永原 健大郎, 辰巳 育男, 家本 繁

    第30回大学教育研究フォーラム 発表論文集   101 - 101   2024年3月

     詳細を見る

  • 数学的な課題発見と問題解決を体験する 3Dプリンター教材の開発と実践

    永原 健大郎, 辰巳 育男, 家本 繁

    日本教育工学会 2024年春季全国大会   347 - 348   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生成AIを取り入れたPBLの授業設計と実践

    家本 繁, 永原 健大郎

    日本教育工学会研究報告集   2023 ( 4 )   129 - 134   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 新・逆向き設計に基づくゲーミング教材の実践と項目反応理論による教材評価手法の開発

    永原 健大郎, 家本 繁

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2023年度秋期全国大会論文報告集, 日本シミュレーション&ゲーミング学会   28 - 29   2023年11月

     詳細を見る

  • 数学「課題学習」の導入を支援する新・逆向き設計に基づくゲーミング教材の開発と実践

    永原 健大郎, 家本 繁

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2023年度春期全国大会論文報告集, 日本シミュレーション&ゲーミング学会   30 - 35   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 教職の意義とチーム学校の実現に向けて ―事務的業務のICT化―

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   32   1 - 9   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 総合学習・総合探究「プログラミング入門」実践報告

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   30   47 - 52   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 生徒の作問活動とTeXによるレポート作成

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   30   53 - 59   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • PBL版グローバルスタディーズ 〜カンボジアで学ぶSDGs~ 2018年度 実践報告

    家本 繁, 山田 篤史

    中央大学杉並高等学校紀要   29   1 - 34   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 考察力育成のための1つの試み ~数学Cのレポート課題を通して~

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   23   37 - 54   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Nadler's fixed point theorem on ordered topological vector spaces

    Shigeru Iemoto

    中央大学杉並高等学校紀要   22   59 - 66   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 土曜講座「英語で学ぶ数学」実践研究

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   21   23 - 37   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • ヒルベルト空間上の不動点問題と極大単調作用素に対する零点問題との関係について

    家本 繁

    中央大学杉並高等学校紀要   20   3 - 15   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • (第5回講師)デザイン思考で未来の教育を創造する

    家本 繁

    2024年度 文理共創科目:「理系」を伝え深めるということ— 専門と教育の視点から —[2](東京工業大学)  2024年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • デザイン思考と生成AIペルソナを活用した「情報I」探究教材開発の有効性検証

    家本 繁

    2024年度 日本情報科教育学会(JAEIS)第17回全国大会  2024年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年7月    

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of an Evaluation Method for Teaching Materials based on Item Response Theory Using Practice and Logs of Gaming Instructional Materials

    Kentaro Nagahara, Shigeru Iemoto, Ikuo Tatsumi

    EdMedia + Innovate Learning 2024 Brussels, Belgium, Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)  2024年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ゲーミング教材のログを用いた項目反応理論による教材評価手法の開発

    永原 健大郎, 家本 繁, 辰巳育男

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2024年度春期全国大会  2024年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月    

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 測定を通した数学的な探究活動を行う3Dプリンター教材の開発と実践

    永原 健大郎, 辰巳 育男, 家本 繁

    第30回大学教育研究フォーラム  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月    

    researchmap

  • 数学的な課題発見と問題解決を体験する 3Dプリンター教材の開発と実践

    永原 健大郎, 辰巳 育男, 家本 繁

    日本教育工学会 2024年春季全国大会  2024年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生成AIを取り入れたPBLの授業設計と実践

    家本 繁, 永原 健大郎

    日本教育工学会 研究会「学習科学/一般」(職業能力開発総合大学校(小平市))  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新・逆向き設計に基づくゲーミング教材の実践と項目反応理論による教材評価手法の開発

    永原 健大郎, 家本 繁

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2023年度秋期全国大会(江戸川大学)  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Some results on approximate solutions of variational inequality problems for inverse strongly monotone operators

    家本 繁

    京都大学数理解析研究所 共同研究 (公開型)「非線形解析学と凸解析学の研究」  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development and Practice of Gaming Instructional Materials Based on a New Backward Design Method for Problem Solving Using Mathematics

    Kentaro Nagahara, Shigeru Iemoto

    EdMedia + Innovate Learning 2023 Vienna, Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 数学「課題学習」の導入を支援する新・逆向き設計に基づくゲーミング教材の開発と実践

    永原 健大郎, 家本 繁

    日本シミュレーション&ゲーミング学会 2023年度 春期全国大会, 日本シミュレーション&ゲーミング学会  2023年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fixed point algorithms for nonexpansive mappings in Hilbert spaces

    家本 繁

    2009-2010 Mathematical Economics Monday Seminar in Keio University  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Fixed point theorems for weakly quasi-contractive mappings and metric completeness

    Shigeru Iemoto

    非線形解析学と凸解析学の研究, 京都大学数理解析研究所  2009年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月 - 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒルベルト空間における非拡大写像と非伸張写像の共通不動点への弱収束定理

    家本 繁, 高橋 渉

    非加法性の数理と情報:凸解析との接点, 京都大学数理解析研究所  2009年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Recent results for approximating a common fixed point of nonexpansive mappings and nonspreading mappings in Hilbert spaces

    Shigeru Iemoto

    The Ninth International Conference on Fixed Point Theory and Its Applications, National Changhua University of Education, Changhua, Taiwan  2009年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Approximation of a solution to the variational inequality problem over the fixed points set of countable nonexpansive mappings

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahahsi

    The Sixth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan  2009年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Strong convergence by a Hybrid Steepest-Descent Method of countable nonexpansive mappings in Hilbert spaces

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    Asian Conference on Nonlinear Analysis and Optimization, Kunibiki Messe, Shimane, Japan  2008年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Strong convergence theorem of a Hybrid Steepest-Descent Type Method for countable nonexpansive mappings in Hilbert spaces 招待

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    The Fifth World Congress of Nonlinear Analysts, Hyatt Grand Cypress Resort,Orlando, Florida, USA  2008年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Approximation methods for equilibrium problem and nonexpansive mapping in Hilbert spaces

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    東京工業大学グローバルCOE「計算世界観の深化と展開」発足シンポジウム, 東京工業大学  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Proximal point algorithms in Banach spaces

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    バナッハ空間及び関数空間の構造の研究, 京都大学数理解析研究所  2006年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月    

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Weak convergence of a trinomial iterative algorithm in a Hilbert space

    Shigeru Iemoto, Wataru Takahashi

    The Fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan  2005年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月 - 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nadler's fixed point theorem with a vector-valued distance

    Shigeru Iemoto, Tomonari Suzuki, Wataru Takahashi

    International Conference on Analysis and its Applications), National Changhua University of Education, Changhua, Taiwan  2004年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Nadler's fixed point theorem with a vector-valued distance

    Shigeru Iemoto, Tomonari Suzuki, Wataru Takahashi

    The Third International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan  2003年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月    

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • デザイン思考による数学科, 情報科及び探究学習における課題解決学習の方法論

    研究課題/領域番号:23K18917  2023年8月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援  中央大学

    家本 繁

      詳細を見る

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    researchmap

  • バナッハ空間上の極大単調作用素による非線形半群の生成について

    研究課題/領域番号:08J08592  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費  慶應義塾大学

    家本 繁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

    本研究は、Crandall-Liggette(1971)による一般のバナッハ空間上のm-増大作用素による非拡大半群の生成定理を動機として、バナッハ空間で増大作用素と同様に単調性を満たす作用素である単調作用素による非線形半群の生成を研究の目的としたものである。単調作用素の一つの例である劣微分に関する劣微分発展方程式は、超伝導現象の研究との関連が知られており、また数理最適化におけるアルゴリズムの研究等の深化に少なからず影響を与えるものとして本研究の意義を認めることができる。
    今年度は昨年度の研究成果を踏まえて、構成したい非線形半群がもつことが見込まれる写像である非伸張写像と強非拡大写像に注目した研究を中心に行った。これらの写像がもつ性質は、本研究で扱うバナッハ空間上の単調作用素から定義されるリゾルベントが満たしているものである。このリゾルベントの概念は、Crandall-Liggette(1971)による方法においても重要な役割を果たしている。我々が目標としている非線形半群において写像の合成が閉じていることが要請されるが、今年度の研究において非伸張写像のみならず、現在投稿中の論文で非伸張写像の拡張として新しく定義した写像でさえ、写像の合成が閉じていないことが明らかになった。一方、強非拡大写像は写像の合成が閉じていることはすでに既知の事実であるが、ほぼ同時期から盛んに研究されていた非拡大写像と比べ、研究が遅れている写像である。この強非拡大写像を用いて信号処理等の工学的応用を目的とした研究成果を得ており、それに関する論文も現在投稿中である。この研究成果は、微分作用素を扱うものであり本研究と密接に関わる発展方程式と結びつく可能性を秘めている。これは、第二年度に提示した本研究の問題解決のアプローチによるものである。

    researchmap

その他

  • 第11回 江戸川大学 情報教育研究会

    2023年7月 -  

     詳細を見る

    参加(対面)@江戸川大学 駒木キャンパス

    researchmap

  • 日本情報科教育学会第16回全国大会

    2023年6月 -  

     詳細を見る

    参加(対面)@東海大学 品川キャンパス

    researchmap

  • 2023年度 日本教育工学会 研究会「思考支援/一般」

    2023年5月 -  

     詳細を見る

    参加(対面)@同志社大学 今出川キャンパス

    researchmap

担当経験のある科目(授業)

  • 教職実践演習

    2023年9月 - 現在   機関名:中央大学

  • 数学科教育法4

    2023年9月 - 現在   機関名:中央大学

  • 情報科教育法

    2023年9月 - 現在   機関名:中央大学

  • 教育実習Ⅱ

    2023年9月 - 現在   機関名:中央大学

  • 数学科教育法3

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 教育実習Ⅰ

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 教養演習Ⅰ

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 教育の方法と技術(情報通信技術の活用を含む)

    2023年4月 - 現在   機関名:中央大学

  • 文理共創科目:「理系」を伝え深めるということ— 専門と教育の視点から —[2](第9回ゲスト講師)

    2024年7月       機関名:東京工業大学

  • 情報処理・演習1・2

    2017年4月 - 2020年3月   機関名:明治大学

  • 情報処理実習1・2

    2017年4月 - 2018年3月   機関名:明治大学

  • 微分積分学(2)

    2009年10月 - 2010年3月   機関名:東京都市大学

  • 数理科学B

    2009年9月 - 2010年3月   機関名:麗澤大学

▼全件表示

学術貢献活動

  • 非線形解析学と凸解析学の研究

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    京都大学数理解析研究所 共同研究(公開型)研究代表者 木村寛,青山耕治  2023年8月 -  

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  • Journal of Inequalities and Applications

    役割:査読

    2013年1月 - 2013年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Fixed Point Theory and Applications

    役割:査読

    2009年2月 - 2012年5月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Optimization

    役割:査読

    2010年5月 - 2010年7月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

メディア報道

  • 高校の「情報Ⅰ」どう教える 新聞・雑誌

    朝日新聞社  25面  2021年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • プログラミングの技術を学ぶ 新聞・雑誌

    日本教育新聞社  9面  2020年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap