2023/03/27 更新

写真a

ワタナベ ノリオ
渡邉 則生
WATANABE Norio
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科ビジネスデータサイエンス専攻博士課程前期課程
理工学研究科ビジネスデータサイエンス専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 理学博士 ( 東京工業大学 )

学歴

  • 1985年3月
     

    東京工業大学   総合理学研究科   システム科学専攻   博士後期   単位取得退学

経歴

  • 1998年4月 - 1998年9月

    東京工業大学非常勤講師

  • 1997年4月 -  

    中央大学理工学部教授

  • 1992年4月 - 1997年3月

    中央大学理工学部助教授

  • 1989年4月 - 1992年3月

    中央大学理工学部専任講師

  • 1985年4月 - 1989年3月

    自治医科大学医学部助手

所属学協会

  • 日本衛生学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本統計学会

  • 日本統計学会

  • 日本計量生物学会

  • 日本ファジィ学会

  • 応用統計学会

  • 応用統計学会

  • 応用経済時系列研究会

▼全件表示

研究キーワード

  • 統計科学

研究分野

  • 情報通信 / 統計科学  / 統計科学

論文

  • A k-means method for trends of time series 査読 国際誌

    Norio Watanabe

    Japanese Journal of Statistics and Data Science   5 ( 1 )   303 - 319   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s42081-022-00148-0

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s42081-022-00148-0/fulltext.html

  • Fuzzy theories and statistics—fuzzy data analysis 査読 国際誌

    Norio Watanabe

    Communications in Statistics: Case Studies, Data Analysis and Applications   7 ( 4 )   561 - 572   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/23737484.2021.1991854

    researchmap

  • Dissimilarity Measures for Time Series and Trend Analysis: Application to COVID-19 Cases Series

    Norio Watanabe

    Journal of Mathematics and System Science   11   1 - 12   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:David Publishing Company  

    researchmap

  • Fuzzy theories and statistics -- fuzzy data analysis --

    Norio Watanabe

    Proceedings of 6th Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference with Demographics Workshop   7 ( 4 )   565 - 575   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Taylor & Francis  

    researchmap

  • Models for time series whose trend has local maximum and minimum values 招待

    Norio Watanabe

    Proceedings of 5th Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference with Demographics Workshop   561 - 568   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An improved method for identification of patterns in the non-overlapping template matching test 査読

    Yuichi Takeda|rn|Mituaki Huzii|rn|Norio Watanabe|rn|Toshinari Kamakura

    J. of Japanese Society of Computational Statistics   30 ( 1 )   15 - 25   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JSCS  

    researchmap

  • On GARCH models with temporary structural changes

    Norio Watanabe|rn|Fumiaki Okihara

    Proceedings of the 17th Applied Stochastic Models and Data Analysis|rn|International Conference with the 6th Demographics Workshop   1059 - 1068   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ISAST  

    researchmap

  • An intervention analysis based on the GARCH model 査読

    Norio Watanabe|rn|Masaki Nagashima

    in "Proceedings of the 4th Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis |rn|International Conference with Demograhics Workshop" ( C.H.Skiadas ed.)   439 - 449   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ISAST  

    researchmap

  • Weighted multivariate fuzzy trend model for seasonal time series 査読

    Erika Watanabe, Norio Watanabe

    in "Stochastic Modeling, Data Snalysis and Statistical Applications" (L. Filus et al. eds.)   443 - 450   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ISAST  

    researchmap

  • Modified non-overlapping template matching test and proposal on setting template 査読

    Y. Takeda|rn|M. Huzii

    J. Jpn. Soc. Comp. Statist.   27   49 - 60   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Weighted multivariate fuzzy trend model for seasonal time series 査読

    Erika Watanabe|rn|Norio Watanabe

    3rd SMTDA Conference Proceedings   819 - 826   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A new model for time series with trend and searonal components 査読

    N. Watanabe

    20th International Conference on Computational Statistics, Book of Abstracts   18   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ファジィトレンドモデルによる多変量時系列のトレンドの分解

    太田 康貴, 渡邉 則生

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   28   761 - 766   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    株価データのような多変量時系列は複数の分野あるいは業種に分類でき、それぞれの分野ごとにトレンドが特徴を有している可能性がある。これまで提案されているモデルでは、各系列のトレンドを共通トレンドと独自部分に分解することができる。しかし、従来のモデルでは分野ごとのトレンドが考慮されていない。そこで、共通トレンドに加え、分野ごとのトレンドを考慮したモデルを提案する。シミュレーションにより提案したモデルの有用性を検討し、実際の株価データを用いた実証分析を行う。

    DOI: 10.14864/fss.28.0_761

    CiNii Books

    researchmap

  • 多変量ファジィトレンドモデルの一般化

    物部 昴, 渡邉 則生

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   28   751 - 754   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    時系列データに対してより柔軟にトレンドを捉えるためにファジィトレンドモデルが提案されており、多変量時系列データに適用できるモデルもある。しかし、これまで提案されているファジィトレンドモデルでは階段関数をファジィ化したものであり、パラメータ数が大きくなり、一部不自然な形状になる事がある。そこでより少ないパラメータでより自然なトレンドを表現できるようにモデルを一般化した。 提案した多変量ファジィトレンドモデルに対する推定法を与え、シミュレーションによって妥当性を検証した。また、実際の金融時系列データに対して適用した。

    DOI: 10.14864/fss.28.0_751

    CiNii Books

    researchmap

  • A statistical trend model based on a fuzzy system 査読

    N. Watanabe|r, S. Monobe

    Proceedings of International Statistical Institute 58th Session, 6pages   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Indices of Nonlinearity and Predictability for Time Series Models 査読

    N. Watanabe, K. Yokoyama

    19th International Conference on Computational Statistics, Book of Abstracts   335   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A multivariate fuzzy trend model for analysis of common and individual trends 査読

    M. Kuwabara, N. Watanabe

    Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems   110 - 114   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A fuzzy trend model for analyzing trend of time series 査読

    N. Watanabe, M. Kuwabara

    The 18th COMPSTAT symposium: International Conference on Computational Statistics   983 - 990   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ファジィトレンドモデルによる金融時系列データの解析 査読

    桑原優美, 渡辺則生

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   20 ( 2 )   244 - 254   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Computational indices of nonlinearity and predictability for stochastic nonlinear systems by neural networks 査読

    N. Watanabe

    Bulletin of the International Statistical Institute 56th Session   1 - 4   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Correlation analysis of long-term financial time series by a fuzzy trend model 査読

    Notio Watanabe, Masami Kuwabara

    PROCEDINGS OF THE 11TH IASTED INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL INTELLIGENCE AND SOFT COMPUTING   63 - 67   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACTA PRESS ANAHEIM  

    A method for analyzing multivariate financial time series such as stock returns is considered by introducing a fuzzy trend model. A fuzzy trend model is based on fuzzy if then rules and suitable for financial time series. The fuzzy trend model proposed in this note is for multivariate time series. This model provides a correlation analysis method for trends of long-term series. Such analysis cannot be achieved by usual models. Applicability of the proposed model is shown by applying to real time series data.

    Web of Science

    researchmap

  • 暗号に用いる乱数の統計的検定法 査読

    藤井光昭, 竹田裕一, 渡邊則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    日本統計学会誌   35-J ( 2 )   181 - 199   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    電子社会における安全な信号の送信のために暗号を用いることの重要度が増し,暗号理論において解読困難な暗号の作成方法が情報工学の分野等では活発に論じられてきている.そのなかの暗号の作成方法の一つとして,乱数を用いる方法がある.筆者らは中央大学でのCOEの関連プロジェクトに参加する機会を得,解読困難な暗号作成のためにどのような乱数を用いるべきであるか,そのための統計的検定法の研究を分担している.この活動を通じて筆者らが初めて知ったことは,この分野においては米国の政府機関NIST(National Institute of Standards and Technology)のSpecial PublicationのRukhin et al.(2000)で提案されている乱数のための16の統計的検定法があり,これがよく用いられていることである(情報処理振興事業協会セキュリティセンター(2003)).一方ではこれを用いたところの問題点等の指摘も非公式ではあるがなされている.筆者らは統計学の立場からこれらの統計的検定法について検討を加え,もう少しこれらを整理できないものかと考え,研究を進めている.ここでは,これらの統計的検定法の中には統計学の研究者にはあまりなじみのないものもあり,あまり知られていないものもあると考えられるので,まずこれらの紹介を簡単に行い,問題点の指摘,相関と解読可能性,Binary Matrix Rank Test, Template Test等に関して筆者らの加えたいくつかの検討結果を示すことにする.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10823047

  • Statistical test of randomness for cryptographic applications

    M. Huzii, Y. Takeda, N. Watanabe, T. Kamakura, T. Sugiyama

    CHUO-MATH   ( 62 )   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A fuzzy trend model for long-term financial time series and its identification 査読

    Masarni Kuwabara, Norio Watanabe

    NAFIPS 2006 - 2006 ANNUAL MEETING OF THE NORTH AMERICAN FUZZY INFORMATION PROCESSING SOCIETY, VOLS 1 AND 2   426 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The identification problem of a fuzzy trend model is considered for long-term financial time series such as stock returns. The fuzzy trend model is based on fuzzy if-then rules. Usually the level of time series is assumed to be constant when the ARCH or GARCH model, which is the typical model for financial time series, is fitted to time series. However this assumption does not hold for the long-term time series. The fuzzy trend model permits the changing level by introducing the latent variables. The applicability of the proposed modeling procedure is considered by a simulation study and the practical analysis is achieved for the real time series.

    Web of Science

    researchmap

  • A fuzzy model for long-term financial time series 査読

    N Watanabe, M Kuwabara

    Proceedings of the Ninth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing   76 - 81   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACTA PRESS  

    A time series model based on fuzzy if-then rules is introduced for long-term financial time series such as stock returns. Usually the level of time series is assumed to be constant when the ARCH or GARCH model is fitted to time series. However this assumption does not hold for the long-term time series. The proposed model permits the changing level by introducing the latent variables. The applicability of the proposed model is considered by applying to real time series, and the possibility of the detailed economical analysis is discussed by using estimated latent variables.

    Web of Science

    researchmap

  • A fuzzy model for financial time series 査読

    N Watanabe, T Imaizumi, T Kikuchi

    Proceedings of the Eighth IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing   132 - 137   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACTA PRESS  

    A time series model based on fuzzy if-then rules is introduced for financial time series such as stock returns. The proposed model is an application of the Takagi-Sugeno's fuzzy system and has similar properties to ARCH and GARCH models. However, the model is for the series itself, while the ARCH or GARCH model is for the volatility. Therefore the prediction of the series can be considered by the model. The applicability of the proposed model is considered by applying to real time series.

    Web of Science

    researchmap

  • A fuzzy rule based time series model 査読

    N Watanabe

    NAFIPS 2004: ANNUAL MEETING OF THE NORTH AMERICAN FUZZY INFORMATION PROCESSING SOCIETY, VOLS 1AND 2   936 - 940   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A time series model based on fuzzy if-then rules is introduced and its estimation problem is considered. The proposed model is an application of the Takagi-Sugeno's fuzzy system and is a generalization of the threshold autoregressive model for time series. The applicability of the proposed model is considered by applying to real time series.

    Web of Science

    researchmap

  • Architecture selection of multilayered neural networks in data analysis 査読

    N. Watanabe, T. Kikuchi

    Proceedings of the IASTED International Conference of Artificial Intelligence and Applications   654 - 659   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Fuzziness indices for fuzzy clustering 査読

    N Watanabe

    PROCEEDINGS OF THE 12TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS, VOLS 1 AND 2   1455 - 1458   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Some indices of fuzziness are introduced for providing helpful information in fuzzy clustering. These indices play an auxiliary role in fuzzy clustering and can be used for deciding the number of clusters by combining with another criterion. Numerical examples are given for demonstrating how these indices can be applied.

    Web of Science

    researchmap

  • Architecture selection of neural networks

    N.Watanabe, T.Kikuchi

    Proceedings of the 4th ARS Conference of the IASC   96 - 99   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fuzzy modeling by hyperbolic fuzzy k-means clustering 査読

    N Watanabe

    PROCEEDINGS OF THE 2002 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS, VOL 1 & 2   1528 - 1531   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A parameterized Takagi-Sugeno's model is proposed by introducing the classification function used in the hyperbolic fuzzy k-means method, and an identification procedure of this model is presented by applying the hyperbolic fuzzy k-means.

    Web of Science

    researchmap

  • Fuzzy k-means clustering with crisp regions 査読

    N Watanabe, T Imaizumi

    10TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS, VOLS 1-3   Vol.1 ( P064 )   199 - 202   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A new fuzzy k-means clustering method is proposed by introducing crisp regions of clusters. Boundaries of the regions are determined by hyperbolas and membership values are given by one or zero in each region. The area between crisp regions is a fuzzy region, where membership values are proportional to distances to crisp regions. A new method is a direct extension of the traditional hard k-means.

    Web of Science

    researchmap

  • A hyperbolic fuzzy k-means clustering and algorithm for neural networks 査読

    N Watanabe, T Imaizumi, T Kikuchi

    DATA ANALYSIS, CLASSIFICATION, AND RELATED METHODS   77 - 82   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    A new fuzzy k-means clustering algorithm is proposed by introducing crisp regions of clusters. Boundaries of the regions are determined by hyperbolas and membership values are given by one or zero in each region. The area between crisp regions is a fuzzy region, where membership values are proportional to distances to crisp regions. Though the traditional hard k-means is a limit of the usual fuzzy k-means, results of the latter are fuzzy and then are not the same as results of the former. On the other hand a new method can produce the same results as those by the hard k-means. An algorithm for neural networks is given and a numerical example is illustrated.

    Web of Science

    researchmap

  • On least squares methods in fuzzy modeling 査読

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    Proceedings of Seventh IFSA World Congress(Prague)   II   336 - 341   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IFSA' 97 Prague  

    researchmap

  • Fuzzy random variables and statistical inference 査読

    渡辺 則生

    日本ファジィ学会誌   8 ( 5 )   908 - 917   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジィクラスタリングと局所的重み付き回帰によるファジィモデリング 査読

    渡辺 則生

    日本ファジィ学会誌   8 ( 5 )   918 - 927   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    Takagi-Sugenoのファジィモデルの前件部を一般化したファジィモデルについて、入出力データによる同定法を提案した。この方法は、個々の観測値ごとに適用する局所的重み付き回帰と、得られた標本回帰係数に対するファジィクラスタリングから構成されている。提案した方法を、シミュレーションによる数値例、および実際のデータへ適用し、その有効性を示した。

    DOI: 10.3156/jfuzzy.8.5_918

    CiNii Books

    researchmap

  • ロジスティックモデルの重み付き最小二乗推定量について

    曹圭錫, 渡辺則生

    中央大学理工学部紀要   38 ( 38 )   127 - 133   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学理工学部  

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジィ数量化1類におけるファジィ群について 査読

    渡辺則生

    日本ファジィ学会誌   7 ( 6 )   1283 - 1287   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    ファジィ数量化I類におけるファジィ群の役割について、線形回帰モデルを用いて考察した。最初に、ファジィ群と非線形モデルの線形近似との関係について議論した。次に、ファジィ群と線形回帰モデルの誤差分散との関係を検討する必要があることを指摘するとともに、異なるファジィ群のデータを用いたとき、結果にどの程度の差が生じるかをシミュレーションによって示した。

    DOI: 10.3156/jfuzzy.7.6_1283

    CiNii Books

    researchmap

  • A statistical method for estimating membership functions 査読

    N.Watanabe

    Japanese J. Fuzzy Theory and Sysytems   5 ( 4 )   589 - 601   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Allerton Press  

    researchmap

  • Fuzzified statistical model selection 査読

    N.Watanabe

    Japanese J. Fuzzy Theory and Sysytems   5 ( 6 )   925 - 936   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Allerton Press  

    researchmap

  • ファジィ化された統計的モデル選択 査読

    渡辺則生

    日本ファジィ学会誌   5 ( 6 )   1372 - 1382   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    統計的モデル選択の問題において、選択規準の最適化にファジィネスを導入することにより、ファジィモデル選択法を提案した。最初に、ファジィモデル選択法の統計的性質を明かにした。次に、時系列モデルの次数決定および正規分布の未知パラメータ推定への応用例を示した。また、ファジィモデル選択法を応用した時系列の予測法についても考察した。

    DOI: 10.3156/jfuzzy.5.6_1372

    researchmap

  • Note on estimation of a membership function in a group 査読

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    First Asian Fuzzy Systems Symposium   636 - 641   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:National Univ. of Singapore  

    researchmap

  • 統計的時系列分析の現状と展望 査読

    藤井光昭

    日本統計学会誌   22 ( 3 )   375 - 411   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    researchmap

  • 統計的方法によるメンバシップ関数の推定 査読

    渡辺則生

    日本ファジィ学会誌   5 ( 4 )   816 - 826   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    メンバシップ関数の推定という問題を、ファジィ確率変数の期待値を推定することと定式化し、推定法に関する客観的な議論が可能であることを示した。そして、メンバシップ関数に関する情報が反復して得られる状況のもとでは、ファジィネスを推定することが可能であることを明らかにし、具体的な推定法を提案した。さらに、実際例に応用し、提案した方法の有効性を示した。また、従来の方法のひとつである、反復データの頻度に基づく方法についての理論的妥当性は得られないことを示した。

    DOI: 10.3156/jfuzzy.5.4_816

    researchmap

  • A fuzzy statistical test of fuzzy hypotheses 査読

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    Fuzzy Sets and Systems   53 ( 2 )   167 - 178   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IFSA  

    DOI: 10.1016/0165-0114(93)90170-M

    researchmap

  • A statistical model for fuzzy data 査読

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    Japanese J. Fuzzy Theory and Sysytems   3 ( 4 )   301 - 313   1992年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Allerton Press  

    researchmap

  • グルーピングデータおよびファジィデータの統計的モデル

    渡辺則生

    中央大学理工学部紀要   34 ( 34 )   235 - 246   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中央大学理工学部  

    CiNii Books

    researchmap

  • ファジィデータの統計的モデル 査読

    渡辺 則生, 今泉 忠

    日本ファジィ学会誌   3 ( 4 )   755 - 766   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    <p>ファジィネスおよびランダムネスをともに含むような観測値が得られる場合のモデルとして、ファジィ確率変数によるモデルを提案し、その有効性を明らかにした。さらに、このモデルにより、統計的推論の問題は、ファジィネスを含むような場合であっても、ランダムネスのみを含む通常の統計的推論の問題に帰着できる場合のあることを示した。また、ファジィ事象とファジィ確率変数の関係についても明らかにし、一般にファジィ確率変数を用いたモデルが有効であることを示した。</p>

    DOI: 10.3156/jfuzzy.3.4_131

    CiNii Books

    researchmap

  • S-P表に基づくテストの信頼係数について 査読

    横山英明, 渡辺則生, 菊地登志子

    自治医大紀要   12   61 - 67   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自治医科大学  

    researchmap

  • 中学、高校における身体活動が大学生の体力に及ぼす影響 査読

    渡辺則生

    自治医大紀要   12   179 - 185   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自治医科大学  

    researchmap

  • 比・率データに対する重み付き相関係数 査読

    渡辺則生, 横山英明

    日本公衆衛生雑誌   36 ( 5 )   294 - 300   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1991180304

  • S-P表分析指標の統計的性質(Ⅱ) 査読

    横山英明, 渡辺則生, 菊地登志子

    自治医大紀要   11   23 - 41   1988年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自治医科大学  

    researchmap

  • Distribution of weighted correlation coefficient between ratios or rates :Under the normality assumption 査読

    N.Watanabe, H.Yokoyama

    J. Japan Statist. Soc.   18 ( 1 )   65 - 70   1988年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • S-P表分析指標の統計的性質 査読

    横山英明, 渡辺則生, 菊地登志子

    自治医大紀要   10   55 - 67   1987年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自治医科大学  

    researchmap

  • PROSTHETIC REPLACEMENT OF THE SUPERIOR VENA-CAVA TREATED WITH ANTIPLATELET AGENTS 査読

    T HASEGAWA, S HASEGAWA, K FUKUSHIMA, N WATANABE, H YOKOYAMA

    SURGERY   102 ( 3 )   498 - 506   1987年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-YEAR BOOK INC  

    Web of Science

    researchmap

  • On the estimation error of the Kalman filter with unknown parameters 査読

    N.Watanabe

    J. Japan Statist. Soc.   17 ( 1 )   61 - 73   1987年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • On the strong consistency of maximum likelihood estimators for a linear system 査読

    N.Watanabe

    Tensor, N. S.   46   108 - 116   1987年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:テンゾル学会  

    researchmap

  • On the parameter estimation for an explosive process 査読

    N.Watanabe

    J. Japan Statist. Soc.   16 ( 2 )   123 - 131   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本統計学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 多肢選択試験における項目分析指標について 査読

    横山英明, 渡辺則生, 菊地登志子

    自治医大紀要   9   11 - 20   1986年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:自治医科大学  

    researchmap

  • NOTE ON THE KALMAN FILTER WITH ESTIMATED PARAMETERS 査読

    N. Watanabe

    Journal of Time Series Analysis   6 ( 4 )   269 - 278   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tieto Ltd.  

    Abstract. State estimation and prediction problems are considered for a stochastic process represented by a state space form which involves unknown parameters. We first study the stability of the Kalman filter corresponding to the state space form without assuming the stationarity of the process. Second, we consider the state estimation and prediction when the process is stationary, and show some asymptotic properties of the state estimates and predicted values obtained by the Kalman filter with estimated parameters which converge to the true parameters or to the equivalent classes of the true parameters with probability one. Copyright © 1985, Wiley Blackwell. All rights reserved

    DOI: 10.1111/j.1467-9892.1985.tb00415.x

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • ファジィ時系列解析 統計学 One Point 8

    渡辺則生( 担当: 単著)

    共立出版  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 統計科学百科事典

    日本統計学会訳( 担当: 共訳)

    丸善  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • ソフトコンピューティングと時系列解析

    渡辺則生( 担当: 単著)

    シーエーピー出版  2003年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:148   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 入門時系列解析と予測

    逸見功, 田中稔, 宇佐美嘉弘, 渡辺則生訳( 担当: 単訳)

    CAP出版  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「理工学辞典」(1859p.)項目執筆

    東京理科大学理工学辞典編集委員会編( 担当: 分担執筆)

    日刊工業新聞社  1996年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 「統計学辞典」(1185p.)項目執筆

    編集委員代表, 竹内啓( 担当: 単著)

    東洋経済新報社  1989年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「MARUZEN 物理学大辞典」(1560p.)のうち、「微分」ほか4項目訳出

    物理学大辞典編集委員会, 二郎( 担当: 単著)

    丸善  1989年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 「医学情報学実習書(1988年度版)」(140p.)

    横山英明, 渡辺則生( 担当: 単著)

    松井ピテオ印刷  1988年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • ファジィと統計学

    渡辺則生

    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   31 ( 3 )   59 - 64   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Non-overlapping template matching testを用いたテンプレートの同定法の改善案 (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 35 )   1 - 4   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • Non-overlapping template matching testを用いたテンプレートの同定 (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 380 )   7 - 10   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISECでは、改良型Non-overlapping template matching testを用いて、0と1が1/2の確率で独立に出現する数列より、多く含まれる未知のビット数を持つ0と1からなるあるパターン(以下これをテンプレートと呼ぶ)を同定する方法を提案した。提案した手法は、含まれているテンプレートが多くなるとともに同定できる割合(success.ratio)が上昇することが確認できたが、そのテンプレートの並び順によっては同定できる割合に差があることをシミュレーション実験で示した。本発表ではこの原因を示し、それをもとに同定の手法の改良を試みる。

    CiNii Books

    researchmap

  • 改良型Non-overlapping Template Matching Testにおけるテンプレートによる検出率の差について (情報セキュリティ)

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 342 )   21 - 23   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISECで提案した改良型Non-overlapping template matching testは、0,1数列の中に含まれるテンプレートとよばれる特定のパターンの出現個数を調べ、独立で一様な確率分布を特つ(以下SNHと略)乱数列の場合の出現個数よりも多く出現しているかどうかを調べる検定法である。この検定法の有効性を調べるため、SNHを満たす乱数列にあらかじめ特定のパターンを埋め込んでおき、それが発見できるかどうかのシミュレーション実験を行った。パターンの埋め込みの割合が増すに従って発見できる(検出に成功する)率が上昇するが、パターンによって上昇の仕方に差があることがわかった。この差が起こる原因を調査するため、帰無仮説および対立仮説のもとでの分布の導出を行う。

    CiNii Books

    researchmap

  • Kolmogorov-Smirnov の片側検定を用いた Non-overlapping template matching test の改善案

    竹田 裕一, 藤井 光昭, 鎌倉 稔成, 渡邉 則生

    電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ   112 ( 39 )   1 - 4   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    過去のISEC等の研究会において,Non-over lapping template matching testの改善案を提案してきた.今回,検定の手法としてKolmogorov-Smirnovの片側検定を用いることによって,大きな改善が見られた.これは検定部分を従来の両側検定ではなく片側検定を用いることによって,帰無仮説の下よりも多く含まれるテンプレートのみを検出することが可能になったためである.また,この片側検定の手法を用いることによって,テンプレートの特定する手法についてもある程度の精度で可能になった.

    CiNii Books

    researchmap

  • 理工学部だより

    渡辺則生

    草のみどり   94   50   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • Fuzzy Random Variables

    渡辺則生

    日本ファジィ学会誌   5 ( 4 )   42 - 43   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ファジィ学会  

    researchmap

  • ファジィ理論(教養講座)

    渡辺則生

    草のみどり   64   23 - 25   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:中央大学父母連絡会  

    researchmap

  • カルマンフィルタによる共通成分の推定

    渡辺則生

    統計数理研究所共同研究リポート   39   1 - 7   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    researchmap

  • 統計モデルによる翌日最大電力の予測

    小野賢治, 今泉忠, 渡辺則生

    TIMIS JOURNAL   21   1 - 13   1992年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:多摩大学  

    researchmap

  • 『理科系の作文技術』

    渡辺則生

    CUL中央大学図書館だより   131   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:中央大学図書館  

    researchmap

  • 独占禁止法第25に基づく損害額賠償請求訴訟における損害額の算定方法等について(全17頁)

    独占禁止法違反行為に係る損害額算定方法に関する研究会

    1991年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公正取引委員  

    researchmap

  • 非定常過程の予測について

    渡辺則生

    統計数理研究所共同研究リポート   21   11 - 26   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:統計数理研究所  

    researchmap

  • 「パソコンを主とした情法機器の導入によるへき地医療活動支援システムに関する研究」共著

    横山英明

    昭和62年度へき地医療の開発に関する啓発研究   145 - 171   1987年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:へき地振興財団  

    researchmap

  • 「パソコンを主とした情法機器の導入によるへき地医療活動支援システムに関する研究」共著

    横山英明

    昭和61年度へき地医療の開発に関する啓発研究   83 - 102   1986年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:へき地振興財団  

    researchmap

  • 「へき地における医療施設充足度と死亡率との関連に関する研究」共著

    横山英明

    昭和60年度へき地医療の開発に関する啓発研究   180 - 204   1985年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:へき地振興財団  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Fuzzy data analysis and fuzzy directional data 国際会議

    N. Watanabe

    18th Applied Stochastic Models and Data Analysis International Conference Florence, Italy  ( Florence, Italy )   2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 連の検定とNon-overlapping template matching testを用いた暗号解読に関する検討

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邉則生, 鎌倉稔成

    2018年度統計関連学会連合大会  ( 東京 )   2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Models for time series whose trend has local maximum and minimum values 国際会議

    N. Watanabe

    5th Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference with Demographics Workshop  ( Crete, Greece )   2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • On GARCH models with temporary structural changes

    Fumiaki Okihara

    17th Applied Stochastic Models and Data Analysis International Conference  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • An intervention analysis based on the GARCH model

    Nagashima, M

    4th Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference,|rn|Valetta, Malta  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Intervention analysis based on the GARCH model for stock returns

    Masaki Nagashima

    2015 Joint NZSA+ORSNZ Conference  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Non-overlapping template matching test を用いたテンプレートの同定の改善について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成

    2015年度統計関連学会連合大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Prediction by a fuzzy trend model for multivariate time series

    Erika Watanabe

    Applied Stochastic Models and Data Analysis 2015  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ファジィトレンドモデルによる予測について

    渡辺則生, 渡辺恵里華

    日本計算機統計学会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Non-overlapping Template Matching Testにおける対立仮説の下での Template数の分布について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 渡邉則生

    2014年度統計関連学会連合大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Intervention analysis for volatility of stock returns based on the GARCH model

    Masaki Nagashima|rn|Norio Watanabe

    The 21st International Conference on Computational Statistics  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A fuzzy trend model for multivariate time series with seasonal components

    Erika Watanabe|rn|Norio Watanabe

    3rd Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Some fuzzy correlation coefficients for bivariate fuzzy data

    Norio Watanabe|rn|Erika Watanabe

    3rd Stochastic Modeling Techniques and Data Analysis International Conference  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Non-overlapping Template Matching Testにおける統計量の漸近分布

    竹田裕一

    2013年度統計関連学会連合大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A fuzzy correlation coefficient for bivariate fuzzy data

    E. Watanabe, K. Yamamoto

    ASMDA2013  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファジィトレンドモデルによる多変量時系列のトレンドの分解

    Yasutaka Ohta

    Applied Stochastic Models and Data Analysis 2013  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 2変量ファジィデータのファジィ相関係数

    Erika Watanabe|rn|Kyohei Yamamoto

    Applied Stochastic Models and Data Analysis 2013  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Decomposition of trends by a fuzzy trend model for multivariate time series

    Y. Ohta, E. Watanabe

    ASMDA 2013  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多変量ファジィトレンドモデルの一般化

    物部昴

    第28回ファジィシステムシンポジウム|rn|講演論文集 pp. 751-754  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファジィトレンドモデルによる多変量時系列の分解

    太田康貴

    第28回ファジィシステムシンポジウム|rn|講演論文集 pp. 761-766  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2変量ファジィデータに対するファジィ相関係数

    山本恭平

    第28回ファジィシステムシンポジウム|rn|講演論文集 pp. 454-457  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 非線形確率システムにおける予測可能性と非線形性の指標について

    横山晃佑

    2010年度統計関連学会連合大会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Estimation of average trajectory of nearly periodic motion

    The 60th annual New Zealand Statistical Association Conference  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 同一人物の複数脈波データに対する時系列モデリング

    阿波基文

    2009年度統計関連学会連合大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テンプレート適合度検定のおけるテンプレートの選択について

    竹田裕一, 藤井光昭, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2009年度統計関連学会連合大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テンプレート適合度検定におけるテンプレート選択について

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡辺則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2008年度統計関連学会連合大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Multiple structural changes detection used a fuzzy trend model

    桑原優美, 渡辺則生

    日本計算機統計学会第21回大会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 指尖加速度脈波データの時系列モデリング

    西海宏樹, 渡辺則生

    2006年度統計関連学会連合大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 相関に関する検定の比較とNIST SP-800-22の乱数検定

    竹田裕一, 藤井光昭, 渡邊則生, 鎌倉稔成, 杉山高一

    2006年度統計関連学会連合大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ニューラルネットワークを用いた指尖脈波の時系列モデリング

    若林繁生, 渡邉則生

    2005年度統計関連学会連合大会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ARCH,GARCHモデルのある統計的特性について

    前田康智, 渡辺則生

    2005年度統計関連学会連合大会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 暗号で用いる乱数の検定方法について

    竹田裕一, 鎌倉稔成, 藤井光昭, 渡邉則生

    2005年度統計関連学会連合大会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ボラティリティの相関構造に関する研究

    茂木浩介, 渡辺則生

    第4回西東京統計研究会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 長期にわたるリターンのファジィモデルを用いた時系列解析

    桑原優美, 渡辺則生

    第4回西東京統計研究会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A study on models of stock returns for long terms

    桑原優美, 渡辺則生

    科研費基盤研究(B) シンポジウム 「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fuzzy k-Means Clustering with Crisp Regions,

    N. Watanabe, T. Imaizumi

    The 10th IEEE International Conference on Fuzzy Systems, Melbourne.  2001年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時系列データにおける構造変化の有無の検出法について

    大木聡, 渡辺則生

    第68回日本統計学会、札幌(講演報告集)  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • A hyperbolic fuzzy k-means clustering and algorithm for neural networks

    N.Watanabe, T.Imaizumi, T.Kikuchi

    The 7th Conference of the IFCS,Namur,Belgium.(Program and abstracts)  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • A fuzzy correlation coefficient for fuzzy random variables 国際会議

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    The 8th IEEE International Conference on Fuzzy Systems  ( Seoul )   1999年8月  The 8th IEEE International Conference on Fuzzy Systems

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 確率的カオスシステムについて

    渡辺則生

    TRIX Work Shop '99,多摩大学  1999年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時系列データによる相関次元推定法について

    茂刈聡, 渡辺則生

    第67回日本統計学会、岡山(講演報告集)  1999年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 階層型ニューラルネットワークの構造決定について

    黛邦行, 渡辺則生

    第67回日本統計学会、岡山(講演報告集)  1999年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Piecewise linear fuzzy random variables and their statistical application 国際会議

    N.Watanabe, T.Imaizumi

    The Third Asian Fuzzy Systems Symposium  ( Masan,Korea )   1998年6月  The Third Asian Fuzzy Systems Symposium

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファジィ確率変数の相関係数について

    渡辺則生

    講演論文集,第14回ファジィシステムシンポジウム、岐阜  1998年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時系列データによるリアプノフ指数の推定法について

    堀内浩治, 渡辺則生

    第65回日本統計学会,大阪 講演報告集,日本統計学会  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 重回帰分析におけるChow検定の拡張と応用

    渡辺 則生

    応用統計学会,札幌,講演予稿集  1996年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 線形項を含むニューラルネットのモデル選択について

    渡辺 則生, 竹上 大介

    第64回日本統計学会,千葉,講演報告集,日本統計学会  1996年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ファジィ情報のもとでの統計的決定問題について

    渡辺 則生, 佐々木 統一

    第12回ファジィシステムシンポジウム,東京,講演論文集,日本ファジィ学会  1996年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Threshold ARモデルの固定-ファジィモデリングの応用

    渡辺則生

    第17回応用統計学会講演予稿集,応用統計学会  1995年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ファジィ線形計画法における感度分析

    渡辺則生, 杉江浩之, 今泉忠

    第11回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,日本ファジィ学会  1995年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ニューラルネットによる時系列の予測について

    渡辺則生, 今泉忠

    第63回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1995年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 競合型ニューラルネットワークによるクラスタリング

    菊地登志子

    第11回研究報告予稿集,日本分類学会  1994年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • あるファジィ線形計画法について

    渡辺則生, 杉江浩之, 今泉忠

    第10回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,日本ファジィ学会  1994年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • あいまいな基準による次数推定と予測

    渡辺則生

    第61回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1993年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • あるファジィ回帰分析について

    渡辺則生, 今泉忠

    第9回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,日本ファジィ学会  1993年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 少年非行のパネルデータに対するモデルについて

    渡辺則生, 原田豊

    第60回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1992年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 気象変量と時間変量に基づく最大電力予測モデル

    小野賢治, 今泉忠, 渡辺則生

    第27回OR学会春期研究発表会予稿集,日本OR学会  1992年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 多変量時系列のカルマンフィルタによる共通成分の推定

    渡辺則生

    第5回応用経済時系列研究会報告集,応用経済時系研究会  1991年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • あいまいな仮説の検定について

    渡辺則生, 今泉忠

    第59回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1991年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ファジィ確率変数による相関分析について

    渡辺則生, 菊地登志子, 今泉忠

    第7回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,日本ファジィ学会  1991年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 時系列的変動を考慮した回帰モデルの利用-翌日最大電力予測モデルの開発-

    小野賢治

    第3回応用経済時系列研究会報告集,応用経済時系研究会  1990年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比・率を含むデータの標本相関について

    渡辺則生

    第58回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1990年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比・率データに対する標本相関係数

    渡辺則生

    第57回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1989年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 都道府県における比率データの相関

    渡辺則生, 横山英明

    日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会  1988年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比率データに対する重み付き相関係数の使用について

    渡辺則生, 横山英明

    日本衛生学雑誌,日本衛生学会  1988年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 重み付き相関係数の分布について

    渡辺則生, 横山英明

    第7回医療情報学連合大会論文集,第7回医療情連合学大会組委員会  1987年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比・率データの重み付き相関係数

    渡辺則生, 横山英明

    日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会  1987年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 集団健診受診行動の分析

    渡辺則生, 横山英明

    日本衛生学雑誌,日本衛生学会  1987年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 2X2分割表と2変量2項分布

    渡辺則生, 今泉忠

    第3回研究報告予稿集,分類の理論とに関する研究  1986年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 比・率データの相関分析

    渡辺則生, 横山英明

    第6回医療情報学連合大会論文集,第6回医療情学連合大会組委員会  1986年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 重み付き相関係数について

    渡辺則生, 横山英明

    日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会  1986年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 非定常時系列の予測誤差について

    渡辺則生

    第54回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1986年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • SMR 経年変化の相関分析

    渡辺則生, 横山英明

    日本衛生学雑誌,日本衛生学会  1986年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 未知パラメータを含むシステムの状態推定について

    渡辺則生

    第52回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1985年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 非定常線形システムのパラメータ推定について

    渡辺則生

    第52回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1984年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 線形システムの状態推定について

    渡辺則生

    第51回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1983年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 線形システムの最尤推定量について

    藤井光昭, 渡辺則生

    第50回日本統計学会講演報告集,日本統計学会  1982年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

▼全件表示

受賞

  • 著述賞

    2019年12月   日本知能情報ファジィ学会  

    渡辺則生

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 感性ロボティックス環境による共生的生活空間の創造

    2005年4月 - 2007年3月

    中央大学  中央大学共同研究費他 

    木下源一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:7000000円

    researchmap