2024/04/15 更新

写真a

コミネ ツトム
小峯 力
KOMINE Tsutomu
所属
理工学部 教授
その他担当機関
理工学研究科都市人間環境学専攻博士課程前期課程
理工学研究科都市人間環境学専攻博士課程後期課程
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(救急救命学) ( 国士舘大学 )

  • 修士(体育学) ( 日本体育大学 )

学歴

  • 2016年3月
     

    国士舘大学   救急システム研究科   博士   修了

  • 1992年3月
     

    日本体育大学   体育学研究科   修士   修了

  • 1987年3月
     

    日本体育大学   体育学部   体育学科   卒業

経歴

  • 2020年4月 -  

    明治国際医療大学 客員教授

  • 2017年4月 -  

    中央大学大学院理工学研究科都市人間環境学専攻 教授

  • 2013年4月 -  

    中央大学理工学部 教授

  • 2007年4月 - 2010年3月

    流通経済大学スポーツ健康科学部 准教授

所属学協会

  • 日本体育学会

  • 日本蘇生学会

  • 日本体力医学会

  • 日本臨床救急医学会

  • 土木学会

  • 日本海洋人間学会

  • 日本救護救急学会

▼全件表示

研究キーワード

  • 救急医学

  • スポーツ医科学

  • スポーツ医学

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学  / スポーツ科学

  • ライフサイエンス / 救急医学  / 救急医学

論文

  • ポケットビーチにおける溺水事故発生特性の検討 査読

    戸口 陽生, 石川 仁憲, 島田 良, 小峯 力

    土木学会論文集   79 ( 17 )   論文ID: 23-17181   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-17181

    researchmap

  • 画像解析による波の遡上高の観測方法と茅ヶ崎海岸への適用 査読

    島田 良, 石川 仁憲, 戸口 陽生, 小峯 力

    土木学会論文集   79 ( 17 )   論文ID: 23-17188   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-17188

    researchmap

  • 鎌倉由比ガ浜における離岸流検知AIモデルの構築と離岸流の発生特性 査読

    石川 仁憲, 島田 良, 小峯 力

    土木学会論文集   79 ( 17 )   論文ID: 23-17012   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.23-17012

    researchmap

  • A Study of Hie and LBP: The First Step to Improve Subjective Well-Being. 査読

    Mayumi Watanabe, Chikako Tomiyama, Takuya Nikaido, Masae Ryufuku, Nozom Mandai, Tokimasa Takeda, Tsutomu Komine

    Health   15 ( 10 )   1013 - 1023   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Research Publishing, Inc.  

    DOI: 10.4236/health.2023.1510069

    researchmap

  • ライフセービング活動における情報要求のストラテジー:SERCトレーニングにおける要救助者(傷病者)への声掛けを中心に

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通經濟大學論集   57 ( 3 )   361 - 370   2023年

     詳細を見る

  • AIを用いた海水浴場での遊泳条件判断手法の検討 査読

    戸口 陽生, 島田 良, 匂坂 量, 石川 仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   78 ( 2 )   I_757 - I_762   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejoe.78.2_i_757

    researchmap

  • VRを用いた海水浴場における迷子の原因に関する基礎的研究 査読

    和田 健杜, 匂坂 量, 島田 良, 石川 仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   78 ( 2 )   I_751 - I_756   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejoe.78.2_i_751

    researchmap

  • 海水浴場での溺水事故発生確率を予測可能なAIモデルの信頼性の検討 査読

    戸口 陽生, 島田 良, 石川 仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B2(海岸工学)   78 ( 2 )   I_1021 - I_1026   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/kaigan.78.2_i_1021

    researchmap

  • 画像解析を用いた離岸流発生有無の自動判別手法の検討 査読

    島田 良, 石川 仁憲, 澤頭 良介, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   78 ( 2 )   I_229 - I_234   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejoe.78.2_i_229

    researchmap

  • 画像解析による突堤に沿った離岸流の発生特性 査読

    島田 良, 石川 仁憲, 澤頭 良介, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   78 ( 2 )   I_223 - I_228   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejoe.78.2_i_223

    researchmap

  • AIを用いたサーファーの利用状況のデータ化と砕波点や海底地形の変化に関する考察 査読

    島田 良, 石川 仁憲, 戸口 陽生, 小峯 力

    土木学会論文集B2(海岸工学)   78 ( 2 )   I_1015 - I_1020   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/kaigan.78.2_i_1015

    researchmap

  • 特徴の異なる離岸流を検知可能なAIモデルの構築 査読

    石川 仁憲, 島田 良, Mika Viljam KONTTO, 小峯 力

    土木学会論文集B2(海岸工学)   78 ( 2 )   I_391 - I_396   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/kaigan.78.2_i_391

    researchmap

  • コロナ禍におけるライフセーバー養成に関する一考察 : 学生の現場活動の実態とコミュニケーション意識の変容

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通經濟大學論集   56 ( 4 )   71 - 82   2022年

     詳細を見る

  • AIを用いたCovid-19危機下における海岸利用状況の変化に関する研究 査読

    島田 良, 石川 仁憲, 澤頭 良介, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   77 ( 2 )   I_199-I_204   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • AIによる海岸利用者の救助要請サイン検知の実用化に向けた研究 査読

    澤頭 良介, 島田 良, 石川 仁憲, 小峯 力

    土木学会B3(海洋開発)   77 ( 2 )   I_163-I_168   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Can the visualization of rip currents prevent drowning accidents? Consideration of the effect of optimism bias 査読

    Shintaro Endo, Ryo Shimada, Toshinori Ishikawa, Tsutomu Komine

    Natural Hazards   110 ( 3 )   2017 - 2033   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11069-021-05023-x

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s11069-021-05023-x/fulltext.html

  • Sustaining improvement of dispatcher-assisted cardiopulmonary resuscitation for out-of-hospital cardiac arrest patients in Japan: An observational study 査読

    R.Sagisaka, K.Nakagawa, M.Kayanuma, S.Tanaka, H.Takahashi, T.Komine, H.Tanaka

    Resuscitation Plus   3   100013   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resplu.2020.100013

    Scopus

    researchmap

  • 離岸流検出のための画像平均化の適切な解析時間の検討 査読

    島田 良, 石川仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B2(海岸工学)   76 ( 2 )   I_1339 - I_1344   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • AIを用いた海水浴場利用者数と離岸流への人立入の関係性の分析 査読

    島田 良, 石川仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   76 ( 2 )   I_1031 - I_1036   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • 海水浴場における紫外線強度の特性と決定要因の検討 査読

    佐藤 結, 石川仁憲, 島田 良, 匂坂 量, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   76 ( 2 )   I_923 - I_928   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • 海水浴場における傷病の発生特性と早期救護システムの提案 査読

    伊藤夢衣, 石川仁憲, 島田 良, 匂坂 量, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   76 ( 2 )   I_1025 - I_1030   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • AIによる溺水者検知機能の開発 査読

    田中理久, 島田 良, 石川仁憲, 小峯 力

    土木学会論文集B3(海洋開発)   76 ( 2 )   I_1019 - I_1024   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • The Effects of Bystander Cardiopulmonary Resuscitation in Patients with Epinephrine Administration 査読

    Otani H, Sagisaka R, Tanaka H, Takyu H, Shirakawa T, Tanaka T, Komine T

    EC Cardiology   6 ( 10 )   1049 - 1059   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ecronicon  

    researchmap

  • ライフセーバー養成課程におけるコミュニケーション指導パイロットスタディ―ボードレスキューに関するミニシナリオ教材の作成―

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   11   19 - 30   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00006928/

  • “いのち”のプロジェクト~「救命教育」の授業概要及びその成果(その1)~

    稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   11   33 - 40   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • “いのち”のプロジェクト~「救命教育」研修会の概要及びその成果(その3)~

    小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   10   9 - 19   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of Life Saver Resuscitation for Drowning|rn|OHCA Victims on Good Neurological Outcome 査読

    Komine, T, Tanaka, H, Takyu, H, Sagisaka, R, Sakurai, M, Ishikawa, T, Nakagawa, T

    AsiaN EMS JournaL   2   7 - 13   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 海水浴場における海岸利用者の安全性に関するリスク評価手法の提案 査読

    石川仁憲, 風間隆宏, 中川儀英, 青木伸一, 田中秀治, 小峯力, 中山昭

    土木学会論文集B3(海洋開発)   72 ( 2 )   l_826 - l_831   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    わが国の海水浴場では,毎年多くの溺水事故が発生している.海水浴場における意識なしの溺者を含む救助は毎シーズン1,000~3,000件,応急処置は10,000~25,000件であり,溺水の要因は主に離岸流,風等であった.また,海水浴場における具体的な傷病として,刺胞毒を有するクラゲやエイ等による被害が多いことが分かった.溺水や傷病を未然に防ぐためには,海水浴場の危険性を明らかにし,海岸利用者に周知することで事故防止を図るとともに,適切なリスク管理による海水浴場の運営が望まれる.そこで,わが国の海水浴場における溺水の要因や傷病の特徴,監視救助体制の課題などを考慮した海岸利用者の安全性に関するリスク評価手法を検討し,安全な海岸利用に影響を与える要因(ハザード)とそれによる溺水や傷病(ケガ等)が起こりうる可能性を考慮したHazards & Risksと,事故防止・監視救助体制などのBeach management & Patrol systemに関わる評価項目,評価指標,評価方法,さらに安全性の高い海水浴場の条件(総合評価)について提案した.

    DOI: 10.2208/jscejoe.72.I_826

    researchmap

  • 若狭和田海水浴場における海岸利用に対する多角的なリスク評価の試み 査読

    風間隆宏, 石川仁憲, 中川儀英, 青木伸一, 田中秀治, 小峯力, 中山昭, 細田直彦

    土木学会論文集B3(海洋開発)   72 ( 2 )   l_832 - l_837   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    毎年,海水浴中に多くの水難事故が発生し,尊い命が失われている.本研究では,若狭和田海水浴場において,筆者らが開発したリスク評価に基づき,自然環境に対するHazards & Risks(18項目)及び利用及び海岸管理状況(Beach management & Patrol system)(13項目)に関する多角的なリスク評価を行った.その結果,安全性がHazards & Risksでは80%,Beach management & Patrol systemでは94%満たしており,かつ重大なリスクや安全性を著しく損なう可能性がないことから,安全性が高い海水浴場と評価された.また抽出されたリスク(離岸流やライフセーバー数等)に対してリスク緩和策を提案すると共に,この評価手法の適用性を確認した.

    DOI: 10.2208/jscejoe.72.I_832

    researchmap

  • “いのち”のプロジェクト〜「救命教育」研修会の概要及びその成果(その2)〜

    稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   9   27 - 35   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

    researchmap

  • 海辺のライフセービング活動におけるコミュニケーションに関する小考―館山・西浜・新島での大学生ライフセーバーの実践を中心に―

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   9   11 - 25   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学スポーツ健康科学部  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00006703/

  • “いのち”のプロジェクト―中学生が担う一次救命の可能性―

    小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   8   19 - 24   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003611/

  • ライフセーバー養成現場でのコミュニケーションに関する意識について

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   8   39 - 48   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003613/

  • 月経随伴症状が女子大学生ライフセーバーの監視救助活動に及ぼす影響

    稲垣裕美, 山本利春, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   8   13 - 17   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003610/

  • Characteristics of Rip Current Drowning on the Shores of Japan 査読

    Ishikawa, T, Komine, T, Aoki, S, Okabe, T

    Journal of Coastal Research   72   44 - 49   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 海浜実習における実施プログラムと教育効果の関連

    大槻毅, 荒井宏和, 小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯力, 上野裕一

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   7   7 - 14   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003595/

  • “いのち”のプロジェクト―子供たちが担う一次救命の可能性―

    稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   7   1 - 6   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003594/

  • サーフパトロールにおける言語活動とコミュニケーション能力の育成―緊急時の談話の構造と特性―

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   6   63 - 73   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

  • “いのち”のプロジェクト―防災力へつなげるLifesaving教育―

    小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   6   23 - 33   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003578/

  • 小学校における心肺蘇生教育の実態調査

    田中秀治, 千田いずみ, 高橋宏幸, 喜熨斗智也, 白川透, 牧亮, 小峯力, 島崎修次

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   6   1 - 10   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003576/

  • GPSセンサネットワークを用いた表層流観測システムの開発と海水浴場への適用 査読

    芝田浩, 岡辺拓巳, 石川仁憲, 堀口敬洋, 青木伸一, 小峯力

    土木学会論文集B2(海岸工学)   59 ( 2 )   l_1476 - l_1480   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 海浜実習の教育効果に関するアンケート調査研究-学部の教育目標を達成するために- 査読

    大槻毅, 荒井宏和, 小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯力, 上野裕一

    大学体育学   9 ( 1 )   101 - 107   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:全国体育連合  

    researchmap

  • ライフセービングにおけるオーラルコミュニケーションについて

    立川和美, 稲垣裕美, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   5   19 - 28   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • “いのち”のプロジェクト―Junior Lifesaving教育の実践モデル―

    小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   5   51 - 60   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003568/

  • GPSセンサネットワークを用いた表層流観測システムの開発と海水浴場への適用 査読

    芝田浩, 岡辺拓巳, 石川仁憲, 堀口敬洋, 青木伸一, 小峯力

    土木学会論文集 B2(海岸工学)   68 ( 2 )   I_1476 - I_1480   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/kaigan.68.I_1476

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ライフセーバーの事故対応に関する実状と課題 査読

    中川儀英, 青木弘道, 日上滋雄, 辻友篤, 渡辺泰江, 山本利春, 小峯力, 稲垣裕美, 猪口貞樹

    日本臨床救急医学会誌   14 ( 6 )   649 - 655   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本臨床救急医学会  

    researchmap

  • 夏期海水浴場開設期間中に千葉県の海水浴場で発生した事故調査研究 査読

    江川陽介, 鳥居俊, 岡浩一朗, 小峯力, 小林俊樹

    臨床スポーツ医学   28 ( 7 )   797 - 804   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:文光堂  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2011306516

  • プールの一般開放時における安全管理対策

    稲垣裕美, 小峯力, 小粥智浩

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   4   21 - 26   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003551/

  • 流通経済大学スポーツ健康科学部 学部共通教授法の検討 第一報 TeachingからLearningへ : IRBのエデュケーター教育をもとに

    上野裕一, 荒井宏和, 稲垣裕美, 大槻毅, 小粥智浩, 亀山巌, 黒岩純, 小峯力, 坂元充, 柴田一浩, 鈴木麻理子, 高松薫, 高松潤二, 田崎健太郎, 田畑亨, 田簑健太郎, 西機真, 久川太郎, 松田哲, 山田睦雄

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   4   69 - 85   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • いのちのプロジェクト・救命教育研修成果の検討

    稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   4   27 - 32   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 非医療従事者に対する定着のよい心肺蘇生法講習会の検討

    田中秀治, 高橋宏幸, 張替喜世一, 中山友紀, 喜熨斗智也, 中尾亜美, 白川透, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   4   47 - 52   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • Accuracy of Pulse Checks in Terms of Basic Life Support by Lifesavers, as Lay Persons 査読

    Yoshihide Nakagawa, Sadaki Inokuchi, Seiji Morita, Kazuki Akieda, Arito Kaji, Tsutomu Komine, Yuumi Inagaki, Toshiharu Yamamoto

    CIRCULATION JOURNAL   74 ( 9 )   1895 - 1899   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE CIRCULATION SOC  

    Background: The lifesavers responsible for lifesaving at the waterside routinely undergo cardiopulmonary resuscitation (CPR) training, but in Japan, they are considered as lay persons Lifesavers are likely to have better basic life support skills than lay persons. The objective of this study is to demonstrate that the accuracy of carotid pulse checks by lifesavers is not inferior to that of paramedics and is superior to that of lay persons by using CPR training mannequins
    Methods and Results: This was an observational study in which the subjects included 48 lifesavers certified by the Japan Lifesaving Association, as well as 16 paramedics and 15 lay persons. The accuracy of the examinees' answers and the time taken to answer in the 3 groups were compared. The accuracy rate was 93% in lifesavers. 94% in paramedics, and the difference was not significant (P=1). The accuracy rate of the lay persons' answers was 63%, with significant differences between this group and the lifesavers (P<0.001) and the paramedics (P< 0 001) The average time taken to answer the questions was 6 6s for the lifesavers and 7 Os for the paramedics, and the difference was not significant (P=0.44). The average time taken to answer the questions from the lay persons group was 20.5s, with significant differences between this group and the lifesavers (P<0 001) and the paramedics (P<0 001)
    Conclusions: The results of this evaluation, using CPR-training mannequins, to test the accuracy of carotid pulse checks by lifesavers were equivalent to those of paramedics and superior to those of lay persons (Circ J 2010, 74: 1895-1899)

    DOI: 10.1253/circj.CJ-10-0081

    Web of Science

    researchmap

  • 学校教育内における心肺蘇生法講習会の問題点と改善策

    高橋宏幸, 田中秀治, 中山友紀, 前住智也, 中尾亜美, 白川透, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   3   43 - 48   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • いのちのプロジェクト・CPR教育の試み

    小峯力, 小粥智浩, 稲垣裕美

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   3   91 - 96   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 海浜における水難事故の発生要因と予防策 査読

    小峯力, 石川仁憲, 風間隆宏, 堀口敬洋

    海洋開発論文集   25   1335 - 1340   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    researchmap

  • いのちのプロジェクト・RKUWEEKに於ける試み

    小粥智浩, 稲垣裕美, 小峯 力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   2   39 - 46   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003517/

  • 軽運動が監視時のヴィジランス保持と心理的コンディショニングに与える影響

    中塚健太郎, 坂入洋右, 荒井宏和, 稲垣裕美, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   2   97 - 102   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    本研究では,長時間・長期間監視活動に従事する作業員のヴィジランス保持と心理的コンディショニングに有効な休息法について調査するため,ライフセーバー19名を被験者とし軽運動(積極的休息)と安静(通常の休息)の有効性を,以下の観点から多面的に比較検討した。A)注意集中の保持(グリッドエクササイズ),B)心理的覚醒水準(二次元気分尺度),C)心理・生理的疲労(自己評定尺度/臨界融合頻度:CFF)結果として,注意集中の保持については軽運動の方が有効であることが確認された(p<.05)。さらに,心理的覚醒水準においても,軽運動実施後にのみ活性度・安定度の上昇(回復)が確認された(p<.05)。一方,心理・生理的な疲労に関しては両群間に差はなかった。以上の結果より,監視期間中の休息法として軽運動を実施することは,ヴィジランス保持と心理的コンディショニングに有効であることが示された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003524/

  • 海洋教育・スポーツにおける安全対策

    小峯 力, 風間隆宏

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   2   29 - 38   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 学校内における簡易型蘇生法人形を用いた心肺蘇生法教育の効果

    田中秀治, 小峯力, 高橋宏幸, 中尾亜美, 毛呂花子

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   2   81 - 88   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 海水浴場における安全管理体制構築に関する基礎的研究 査読

    風間隆宏, 小峯力, 稲垣裕美, 中塚健太郎, 川地政夫, 磯部雅彦

    海洋開発論文集   24   267 - 272   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    A lot of water accidents have occurred at sea bathing areas in Japan, and an honorable life of 200 people or more has been lost every year. The purpose of this study is to create a lifesaving system at sea bathing areas to reduce water accidents. Our investigations are three kinds of parts. In the first place, we examine a situation of a lifesaving system in Japan. In the Second place, we analyze facilities of a lifesaving system at 73 sea bathing areas. Furthermore, we investigate the management system of lifesaving at KATASENISIHAMA in KANAGAWA prefecture.<BR>As a result, we show a concept of creating a lifesaving system. Moreover we propose that how many facilities are necessary to create a lifesaving system and how a management system of a lifesaving is created.

    DOI: 10.2208/prooe.24.267

    researchmap

  • 海岸の安全利用からみた静穏時離岸流の現地調査 査読

    青木 伸一, 上野 成三, 西 隆一郎, 小峯 力, 石川 仁憲, 堀口 敬洋

    海洋開発論文集   24   255 - 260   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    An investigation team comprised of coastal researchers and engineers carried out field measurements of rip currents and experienced drift by the current on Sagara Sun Beach during August 23-24, 2007 with help of lifesavers and surfers. The waves and rip currents were observed near the breakwaters and the data were analyzed from the viewpoint of the safety of the beach users such as sea bathers and surfers. Various water safety problems related to the rip currents were discussed based on the field data, real experience of the drift and information of the lifesavers. A steady rip current around 0.25m/s generated along a breakwater under calm sea condition yields dangerous situation to sea bathers and the degree of the dangerousness depends on the water depth as well as current velocity.

    DOI: 10.2208/prooe.24.255

    researchmap

  • 簡易型蘇生人形を用いたBLS講習会が中学生に与える意義の変化について

    田中秀治, 津波古憲, 高橋宏幸, 前住智也, 中尾亜美, 毛呂花子, 鈴木靖奈, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   1   79 - 85   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003498/

  • 水難救助活動における監視作業に有効な走査法

    中塚健太郎, 坂入洋右, 荒井宏和, 稲垣裕美, 小峯力

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   1   87 - 97   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    本研究では,水難救助活動の監視において溺者を早期発見するために重要な走査法の特徴を明確にするため,監視のシミュレーション課題を用い,ライフセーバー9名を被験者として走査法〔中心視走査法(FS)と周辺視走査法(PS)〕の有効性を,以下の観点から多面的に比較検討した。(1)作業成績(溺者発見時間),(2)注意集中の持続,(3)心理的覚醒水準(二次元気分尺度),(4)心理的疲労,(5)生理的疲労(Critical Flickering Frequency)結果として,作業成績は走査法の両条件間に差はなかったが,注意集中の持続についてはPSの方が有効であることが確認された(p<.05)。さらに,心理的覚醒水準においては,PS条件でネガティブ覚醒と快適度への悪影響が相対的に小さく,良好な心理状態で監視をする上でPSの方がFSに比べ有効な技法であることが示唆された(p<.05)。一方,心理・生理的な疲労に関しては両条件ともに疲労の蓄積がみられ(p<.05),技法間に差はなかった。PSが作業成績においてFSと同等であるにも関わらず,良好な心理状態と注意集中を保持する点で優れていたことから,監視作業における走査法では総合的にはPSが有効であることが確認された。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003499/

  • 体育スポーツ系大学におけるLifesaving教育の体系化―救命・トレーナーの視点からBLSへの試み―

    小峯 力, 小粥智浩, 稲垣裕美

    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要   1   45 - 53   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    This paper arranges an element of Basic Life Support (BLS) which is the major premise as a non-medical worker in the leader training of physical education. Both a lifesaver and a trainer get a social citizenship in many foreign countries because lifesaving and training are regarded as a social activity which values life of oneself and others in the sphere of pre-hospital care. A real medical control must be to avoid accidents as much as it could, in order that, it should measure and estimate the cause of accidents or injuries. It is supposed that the rate of a comeback to normal life by Advance Life Support (ALS) in sports spot would improve when the concept of lifesaving, building a new safe base of physical education sportsdom, is established and this lifesaving education is full.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1473/00003495/

  • 日豪の海浜におけるレジャー空間形成の比較文化

    東 美晴, 小峯 力

    流通経済大学社会学部論叢   18 ( 1 )   99 - 113   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 非医療従事者に対する自動体外式除細動器(AED)の使用法を含めた心肺蘇生法講習会の検討

    田中秀治, 小峯力

    スポーツ健康科学部開校記念論集   1 ( 1 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 我が国における海洋教育・海洋スポーツの将来展望

    小峯 力

    スポーツ健康科学部開校記念論集   1 ( 1 )   70 - 90   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 体育・スポーツ系大学に於けるトレーナー教育の役割

    小粥智浩, 小峯力

    スポーツ健康科学部開校記念論集   1 ( 1 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 海水浴場における津波に対する危機管理の現状と課題 査読

    小峯力, 風間隆宏, 大國浩太郎, 石川仁憲, 堀 口敬洋, 川地政夫

    海洋開発論文集   22   559 - 564   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:土木学会  

    The 2004 Indian Ocean Tsunami took a heavy toll of lives among beach users. Accordingly, we have to recognize the absolute necessity of countermeasures against Tsunami for bathing beach. The purpose of this study is to examine present problems in crisis management of bathing beach for Tsunami disaster. We sent out questionnaires to lifesavers at 31 bathing beaches, and analyzed the results. As a result, we see that if an appropriate system of shelter is constructed, it will be possible to highly decrease the damages at a lot of bathing beaches. And we suggest that it is important to construct a cooperative relationship with lifesavers and coast management entities etc.

    DOI: 10.2208/prooe.22.559

    researchmap

  • 海洋スポーツ・レクリエーションに於ける一次救命教育の意義

    小峯 力

    体育指導センター紀要   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通経済大学  

    researchmap

  • 水中ウオーキングにおける効果と期待

    小峯 力, 三木英之, 石毛勇介

    臨床スポーツ医学   19 ( 4 )   391 - 396   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:文光堂  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2002163033

  • 水難救助活動の実践と学校教育に於ける水辺教育の必要性 査読

    荒井宏和, 小峯力, 稲垣裕美

    大学体育研究   30 ( 23 )   79 - 84   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:筑波大学  

    researchmap

  • 海洋スポーツ団体の安全普及構築

    小峯 力

    海洋スポーツ研究   23 ( 6 )   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿屋体育大学  

    researchmap

  • 「泳ぐから救う」ライフセービング教育

    小峯 力

    学校体育   53 ( 7 )   38 - 42   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育社  

    researchmap

  • 生命尊重を普遍としたレスキュースポーツ

    小峯 力

    体育の科学   50 ( 7 )   545 - 550   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:杏林書院  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000248041

  • 海水浴場における溺水事故とライフセービング

    深山元良, 小峯力, 山本利春

    臨床スポーツ医学   16 ( 8 )   879 - 885   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:文光堂  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000041436

  • ライフセーバーにとって必要な技術と体力的資質

    山本利春, 小峯力, 荒井宏和

    臨床スポーツ医学   16 ( 8 )   903 - 912   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:文光堂  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000029784

  • 21世紀に於けるライフセービングの展望

    小峯 力

    臨床スポーツ医学   16 ( 8 )   873 - 878   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:文光堂  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000041435

  • 体育・教育学系大学における心肺蘇生法教育に関する一考察 査読

    荒井宏和, 河野一郎, 山本利春, 小峯直総, 深山元良

    大学体育研究   21   11 - 19   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:筑波大学  

    researchmap

  • 水難事故防止教育の課題

    小峯 力

    体育科教育   45 ( 10 )   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:大修館書店  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 安保徹の免疫学ノート: 世界一わかりやすい健康免疫学

    安保徹, 吉村豊, 小峯力, 渡邉真弓( 担当: 共著)

    三和書籍  2022年9月  ( ISBN:4862514677

     詳細を見る

    総ページ数:194   記述言語:日本語  

    ASIN

    researchmap

  • ウォーターセーフティ教本

    上野真宏( 担当: 共著 範囲: 共同執筆につき抽出不可能)

    大修館書店  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 健康スポーツ50講

    村井剛( 担当: 共著 範囲: 第8章第2節, 第4節)

    中央大学出版部  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:431-435, 447-453   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • スポーツに伴う救急事故を防ぐ

    小峯 力( 担当: 共著)

    日本体育大学  2017年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:80-88   記述言語:日本語  

    researchmap

  • オープンウォータースイミング教本

    公益財団法人, 日本水泳連盟( 担当: 共著)

    大修館書店  2014年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:103-107,118-124   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Tsunami and the Role of the Japan Lifesaving Association

    Ishikawa, T, Komine, T( 担当: 共著)

    Springer Berlin Heidelberg  2013年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:1001-1008   記述言語:英語  

    researchmap

  • サーフライフセービング教本

    小峯 力, 山本利春, 中川儀英, 鍛冶有登( 担当: 共著 範囲: 第1章:ライフセービング概論)

    大修館書店  2008年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-16   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • アスレティックトレーナーテキスト

    小峯 力, 山本利春( 担当: 共著 範囲: 第8巻 救急処置)

    文光堂  2007年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:67-82   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 心肺蘇生法教本

    ( 担当: 共著 範囲: 共同執筆につき抽出不可能)

    大修館書店  2007年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-33   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 心肺蘇生法マニュアル

    小峯 力, 山本利春( 担当: 共著 範囲: 共同執筆につき抽出不可能)

    ブックハウスHD  2005年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-32   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 海の百科事典

    近藤健二( 担当: 共著 範囲: ライフセービングの歴史と展開)

    丸善株式会社  2003年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:577-578   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ライフセービング 歴史と教育

    千原英之進, 小峯 力 深山元良( 担当: 共著 範囲: ライフセービングの歴史|rn|ライフセービング競技の歴史|rn|ライフセービングの現状|rn|ライフセービングの実際|rn|ライフセービングと教育)

    学文社  2002年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:5-12,25-33,44-52,80-83,88-104   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 水辺活動のための指導者用テキスト

    土方幹夫, 柳, 敏晴 小峯( 担当: 共著 範囲: 第2章 水辺教育の安全対策)

    日本マリンスポーツ普及教育振興財団  2000年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:16-24   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 心肺蘇生法

    小峯 力, 山本利春( 担当: 共著 範囲: 共同執筆につき抽出不可能)

    ブックハウスHD  1997年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • LIFESAVING AND SOCIAL WELFARE

    千原英之進, 小峯 力 深山元良( 担当: 共著 範囲: 共同執筆につき本人担当抽出不可能)

    学文社  1997年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-167   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ライフセービング

    中見隆男( 担当: 共著 範囲: 第4章「ライフセービング競技に於ける現状と課題」 |rn|第6章「体育指導者とライフセービング」)

    ブックハウスHD  1994年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:32-35,39-42   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 日本体育・スポーツ教育体系(第1巻)

    正木健雄( 担当: 共著 範囲: 日本の体育教育の歩みと展望)

    教育出版センター  1994年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:82-107   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

  • 日本体育・スポーツ教育体系(第13巻)

    大河内保雪( 担当: 共著 範囲: 女性とスポーツ)

    教育出版センター  1994年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:54-63   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • 心肺蘇生法に対する自己効力感尺度(CPR-SES)開発の試み

    匂坂量, 遠藤伸太郎, 佐治恭眞, 三代覚, 梅津匠, 久徳康史, 田中秀治, 小峯力, 小峯力, 小峯力

    日本臨床救急医学会雑誌   26 ( 3 )   2023年

     詳細を見る

  • 監修:Life Saving Vol.13

    小峯 力

    2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.12

    小峯 力

    2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.11

    小峯 力

    2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.10

    小峯 力

    2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.9

    小峯 力

    2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.37

    小峯 力

    2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.8

    小峯 力

    2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 地域の救助活動の体制強化に関する調査・研究会結果報告書

    2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:総務省消防庁国民保護・防災部  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.7

    小峯 力

    2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.6

    小峯 力

    2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 資料:ジュニア・ライフセービング教育指導指針

    小峯 力

    2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.5

    小峯 力

    2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 調査報告書:ジュニア・ライフセービング教育の実態調査報告書

    小峯 力

    2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 監修;Life Saving Vol.4

    小峯 力

    2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.3

    小峯 力

    2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 資料:東京人 Vol.230

    小峯 力

    2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:都市出版  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.2

    小峯 力

    2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 監修:Life Saving Vol.1

    小峯 力

    2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:舵社  

    researchmap

  • 海洋教育における危機回避能力への有効性

    小峯 力

    海と安全   40 ( 529 )   31 - 35   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本海難防止協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 短報:てあて Nol.36

    小峯 力

    2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:東京消防庁  

    researchmap

  • 資料:体育科教育

    小峯 力

    2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:大修館書店  

    researchmap

  • 海洋教育における安全の自立性への期待

    小峯 力

    沿岸域学会誌   17 ( 2 )   48 - 50   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本沿岸域学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 資料:剣道時代

    小峯 力

    2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 調査報告書:「財団法人港湾空間高度化環境研究センター報告書」58-80

    小峯 力

    2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:国土交通省  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.29

    小峯 力

    2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 調査報告書:「中期的展望に立った海岸保全に関する基本指針」1-29

    小峯 力

    2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:国土交通省  

    researchmap

  • 資料:海となぎさ No.154

    小峯 力

    2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:港湾海岸防災協会  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.28

    小峯 力

    2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 生命教育を使命に

    小峯 力

    海と安全   36 ( 513 )   13 - 17   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本海難防止協会  

    CiNii Books

    researchmap

  • 資料:海洋オピニオン/シップ・アンド・オーシャン

    小峯 力

    2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本財団  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.27

    小峯 力

    2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.25

    小峯 力

    2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • 資料:Swimming Magazine 第22巻10号

    小峯 力

    1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 資料:Swimming Magazine 第22巻11号

    小峯 力

    1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 資料:Swimming Magazine 第22巻9号

    小峯 力

    1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 資料:Swimming Magazine 第22巻8号

    小峯 力

    1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 資料:Swimming Magazine 第22巻7号

    小峯 力

    1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベースボールマガジン社  

    researchmap

  • 研究ノート:体育の科学 第46巻4号

    小峯 力

    1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:杏林書院  

    researchmap

  • 短報:東京消防 No.780

    小峯 力

    1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:東京消防庁  

    researchmap

  • 短報:THE RESCUE Vol.11

    小峯 力

    1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ライフセービング協会  

    researchmap

  • ライフセービング競技の意義と実際

    小峯 力

    Training Journal   15 ( 2 )   76 - 79   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 論評:第三文明

    小峯 力

    1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:第三文明社  

    researchmap

  • 短報:文部時報 No.1387

    小峯 力

    1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:文部科学省  

    researchmap

  • ライフセービング・スピリッツ

    小峯 力, 山本利春

    Training Journal   14 ( 5 )   18 - 22   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 資料:女子体育 第33巻9号

    小峯 力

    1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本女子体育連盟  

    researchmap

  • 研究ノート:測定評価専門分科会 「CIRCULAR」No.52

    小峯 力

    1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本体育学会  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • AED による除細動実施を妨げる心理的・行動的要因の分析:質的研究

    加藤歓太, 小峯力, 匂坂量, 吉田司

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • BLS 実施と心的外傷後成長(PTG) の関係

    吉田司, 匂坂量, 加藤歓太, 小峯 力

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • AED 音声ガイダンスの音声条件が聴取者に与える影響

    松﨑寿々乃, 匂坂量, 梅津匠, 上久保真紘, 小峯力

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • AI と機械学習を用いた胸骨圧迫位置推定手法の適用範囲拡張の試み

    洲村建都, 匂坂量, 戸口陽生, 小峯力

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 救急現場に即した心停止3D人体モデル自作の試み

    梅津匠, 匂坂量, 小峯力

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 心肺蘇生法自己効力感評価尺度(CPR-SES) の信頼性と妥当性の検証

    上久保真紘, 匂坂量, 都城治, 小峯力

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 心肺蘇生実施意思評価尺度(BICPRS)の妥当性と安定性の検証

    匂坂量, 上久保真紘, 都城治, 小峯力, 田中 秀治

    日本蘇生学会第42回大会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 鎌倉由比ガ浜における離岸流検知AIモデルの構築と離岸流の発生特性

    石川仁憲, 島田良, 小峯力

    第70回海岸工学講演会  2023年11月 

     詳細を見る

  • ポケットビーチにおける溺水事故発生特性の検討

    戸口陽生, 石川仁憲, 島田良, 小峯力

    第70回海岸工学講演会  2023年11月 

     詳細を見る

  • 画像解析による波の遡上高の観測方法と茅ヶ崎海岸への適用

    島田良, 石川仁憲, 戸口陽生, 小峯力

    第70回海岸工学講演会  2023年11月 

     詳細を見る

  • Bystander cardiopulmonary resuscitation self-efficacy scale: development and validation among university students in Japan

    Kamikubo M, Sagisaka R, Komine T

    ERC Congress 2023  2023年11月 

     詳細を見る

  • Gender disparities in AED applications among Japanese university students

    Inoue Y, Sagisaka R, Komine T

    ERC Congress 2023  2023年11月 

     詳細を見る

  • Validation of chest compression position estimation accuracy using AI and machine learning models

    Sumura K, Tamura M, Sagisaka R, Komine T

    ERC Congress 2023  2023年11月 

     詳細を見る

  • Development of self-made 3D human models of cardiac arrests for emergency medical education

    Umetsu T, Sagisaka R, Komine T

    ERC Congress 2023  2023年11月 

     詳細を見る

  • Behavioral intention of cardiopulmonary resuscitation scale: validation in different populations in Japan

    Sagisaka R, Kamikubo M, Komine T, Tanaka H

    ERC Congress 2023  2023年11月 

     詳細を見る

  • AIを用いた胸骨圧迫位置推定手法における最適な機械学習モデルの検討

    洲村建都, 匂坂量, 戸口陽生, 小峯力

    第8回日本救護救急学会 総会・学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

  • 病院前救急救命教育のための3D人体モデルのリアリティ向上の試み

    梅津匠, 匂坂量, 小峯力

    第8回日本救護救急学会 総会・学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

  • バイスタンダーの心肺蘇生法己効力感評価尺度の開発

    上久保真紘, 匂坂量, 小峯力

    第8回日本救護救急学会 総会・学術集会  2023年10月 

     詳細を見る

  • TUDY OF DETERMINING RISK LEVEL REGARDING SWIMMING CONDITION ON BATHING BEACH USING AI

    Toguchi H, Shimada R, Ishikawa T, Komine T

    Proceedings of 37th Conference on Coastal Engineering  2023年9月 

     詳細を見る

  • STUDY OF METHODS FOR DETECTING OCCURANCE OF RIP CURRENT USING IMAGE ANALYSIS

    Shimada R, Ishikawa T, Komine T

    Proceedings of 37th Conference on Coastal Engineering  2023年9月 

     詳細を見る

  • RIP CURRENT DETECTION IN AN OPEN AREA AND ALONG JETTY USING AI

    Ishikawa T, Shimada R, Komine T

    Proceedings of 37th Conference on Coastal Engineering  2023年9月 

     詳細を見る

  • Study on Appropriate Time Interval of Image Averaging for Rip Current Detection

    Shimada R, Ishikawa T, Toguchi H, Komine T

    11th International Conference on Asian and Pacific Coasts  2023年8月 

     詳細を見る

  • Characteristics of rip current occurrence on Yuigahama beach using AI-based detection data

    Ishikawa T, Shimada R, Toguchi H, Komine T

    11th International Conference on Asian and Pacific Coasts  2023年8月 

     詳細を見る

  • 心肺蘇生法に対する自己効力感尺度(CPR-SES)開発の試み

    匂坂量, 遠藤伸太郎, 佐治恭眞, 三代覚, 梅津匠, 久徳康史, 田中秀治, 小峯力

    第26回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

  • AI および機械学習を用いた 胸骨圧迫位置推定の推定精度の検証

    田村昌也, 匂坂量, 齋藤駿佑, 戸口陽生, 三代覚, 佐治恭眞, 小峯力

    第26回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

  • 没入型Virtual Realityを用いた救命処置現場体験の心理状態への影響

    佐治恭眞, 匂坂量, 三代覚, 小峯力

    第26回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

  • AEDパッド装着時における男女間格差の原因調査

    井上夢心, 匂坂量, 梅津匠, 小峯力

    第26回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

  • 視線解析を用いた心停止認知のための119番通報における聴取内容の検討

    匂坂量, 三代覚, 洲村建都, 梅津匠, 佐治恭眞, 小峯力

    第26回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2023年7月 

     詳細を見る

  • 画像解析を用いた波の遡上高の調査手法の提案

    島田良, 石川仁憲, 戸口陽生, 小峯力

    第48回海洋開発シンポジウム  2023年6月 

     詳細を見る

  • 特徴量重要度を考慮したAIモデルによる海水浴場での溺水事故発生確率の予測と汎用性の検討

    戸口陽生, 石川仁憲, 島田良, 小峯力

    第48回海洋開発シンポジウム  2023年6月 

     詳細を見る

  • STUDY OF DETERMINING RISK LEVEL REGARDING SWIMMING CONDITION ON BATHING BEACH USING AI

    Haruki Toguchi, Ryo Shimada, Toshinori Ishikawa, Tsutomu Komine

    37th International Conference on Coastal Engineering  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • STUDY OF METHOD FOR DETECTING OCCURANCE OF RIP CURRENT USING IMAGE ANALYSIS

    Ryo Shimada, Toshinori Ishikawa, Tsutomu Komine

    37th International Conference on Coastal Engineering  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水浴場での溺水事故発生確率を予測可能なAIモデルの信頼性の検討

    戸口陽生, 島田良, 石川仁憲, 小峯力

    第69回海岸工学講演会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを用いたサーファーの利用状況のデータ化と波浪点や海底地形の変化に関する考察

    島田良, 石川仁憲, 戸口陽生, 小峯力

    第69回海岸工学講演会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを用いた海水浴場での遊泳条件判断手法の検討

    戸口陽生, 島田良, 匂坂量, 石川仁憲, 小峯力

    第47回海洋開発シンポジウム  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • VRを用いた海水浴場における迷子の原因に関する基礎的研究

    島田良, 和田健杜, 匂坂量, 石川仁憲, 小峯力

    第47回海洋開発シンポジウム  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像解析による突堤に沿った離岸流の発生特性

    島田良, 石川仁憲, 澤頭良介, 小峯力

    第47回海洋開発シンポジウム  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像解析を用いた離岸流発生有無の自動判別手法の検討

    島田良, 石川仁憲, 澤頭良介, 小峯力

    第47回海洋開発シンポジウム  2022年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • バイスタンダーの心肺蘇生法実施意思 評価尺度の開発

    進藤聖矢, 匂坂量, 久徳康史, 遠藤伸太郎, 小峯力

    第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2022年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Virtual Reality を用いた心肺蘇生法教育時の心理的ストレス分析

    佐治恭眞, 匂坂量, 三代覚, 田村昌也, 海津雪乃, 梅津匠, 小峯力

    第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2022年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Virtual Reality を用いた死戦期呼吸を体験するためのCG 開発と評価.

    梅津匠, 匂坂量, 佐治恭眞, 三代覚, 海津雪乃, 田村昌也, 小峯力

    第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2022年5月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AI を用いた胸骨圧迫位置推定の推定精度の検証

    田村 昌也, 匂坂 量, 島田 良, 進藤 聖矢, 三代 覚, 佐治 恭眞, 海津 雪乃, 小峯 力

    第6回 日本救護救急学会 総会・学術集会  ( 東京 )   2021年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Virtual Reality を用いた心肺蘇生法教育時の心理的ストレス測定

    佐治 恭眞, 匂坂 量, 三代 覚, 田村 昌也, 小峯 力

    第6回 日本救護救急学会 総会・学術集会  ( 東京 )   2021年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心理的特性と CPR 実施意思の関連性の分析

    海津 雪乃, 匂坂 量, 三代 覚, 佐治 恭眞, 小峯 力

    第6回 日本救護救急学会 総会・学術集会  ( 東京 )   2021年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • バイスタンダーの CPR 実施意思モデルの日本語への適応検証

    進藤 聖矢, 匂坂 量, 遠藤 伸太郎, 久徳 康史, 小峯 力

    第6回 日本救護救急学会 総会・学術集会  ( 東京 )   2021年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • テキストマイニングによる心停止判断のための表現の検討

    三代 覚, 匂坂 量, 小峯 力, 佐治 恭眞, 田村 昌也

    第6回 日本救護救急学会 総会・学術集会  ( 東京 )   2021年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを用いたCovid-19危機下における海岸利用状況の変化に関する研究

    島田良, 石川仁憲, 澤頭良介, 小峯力

    第46回海洋開発シンポジウム  2021年6月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIによる海岸利用者の救助要請サイン検知の実用化に向けた研究

    澤頭良介, 島田良, 石川仁憲, 小峯力

    第46回海洋開発シンポジウム  2021年6月  土木学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 離岸流検出のための画像平均化の適切な解析時間の検討

    島田良, 石川仁憲, 小峯力

    第67回海岸工学講演会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 救急救命から生命教育を考える~First Responderの可能性~ 招待

    小峯力

    第23回日本臨床救急医学会総会・学術集会  ( 東京 )   2020年8月  日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 学内救護におけるSOSボタンの設置の検討

    匂坂量, 佐竹智理, 島田良, 進藤聖矢, 稲垣祐希, 澤頭良介, 石川仁憲, 小峯力

    第23回 日本臨床救急医学会総会・学術集会  ( 東京 )   2020年8月  日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 救護環境における野次馬と認識される因子に関するパイロット研究

    匂坂, 島田良, 澤頭良介, 進藤聖矢, 稲垣祐希, 石川仁憲, 小峯力

    第23回 日本臨床救急医学会総会・学術集会  ( 東京 )   2020年8月  本臨床救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口頭指導における胸骨圧迫の適切な深さを保つための指示方法の検討

    田口晴菜, 進藤聖矢, 匂坂量, 島田良, 石川仁憲, 田中秀治, 小峯力

    第23回 日本臨床救急医学会総会・学術集会  ( 東京 )   2020年8月  日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 心停止通報時における特徴的発話の検討-web調査による研究―

    匂坂量, 萱沼実, 中川洸志, 進藤聖矢, 小峯力, 田中秀治

    第23回 日本臨床救急医学会総会・学術集会  ( 東京 )   2020年8月  日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 蘇生時間バイアスを考慮した早期アドレナリン投与の分析-時間依存性傾向スコアマッチング-

    匂坂量, 田中秀治, 中川洸志, 小峯力

    日本蘇生学会 第38回大会  ( 長崎県長崎市 )   2019年11月  日本蘇生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 日本の夏期海水浴場における溺水心肺停止の発生要因についての検討

    皆藤竜弥, 匂坂量, 櫻井勝, 小峯力, 田中秀治

    日本蘇生学会 第38回大会  ( 長崎県長崎市 )   2019年11月  日本蘇生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • BLS講習の課題に対する教育プログラムの検討

    神村美晴, 島田良, 遠藤伸太郎, 石川仁憲, 匂坂量, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学内救護におけるSOSボタンの設置の検討

    佐竹智理, 野本宗一郎, 匂坂量, 石川仁憲, 島田良, 山田秀之, 成川憲司, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水浴場におけるSOSボタンの効果検証

    伊藤夢衣, 島田良, 石川仁憲, 匂坂量, 澤頭良介, 佐藤結, 灘圭介, 山田秀之, 成川憲司, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 口頭指導における適切な深さを保つための指示方法の検討

    田口晴菜, 匂坂量, 石川仁憲, 島田良, 田中秀治, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 通信指令員によるCPR口頭指導の指定プロトコル文言遵守による効果検証

    鈴木楓香, 匂坂量, 石川仁憲, 島田良, 萱沼実, 田中秀治, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 屋内溺水心停止傷病者の現状分析

    稲垣祐希, 匂坂量, 石川仁憲, 島田良, 小峯力

    第5回 日本救護救急学会総会・学術集会  ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファーストレスポンダーの展開と創造

    小峯力

    ( 東京 )   2019年10月  日本救護救急学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • AIによる離岸流検知機能の検証

    石川仁憲, 佐藤嘉亮, 島田良, 小峯力

    第66回海岸工学講演会  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Can the visualized Rip Current prevent drowning accidents? 国際会議

    Endo S, Shimoida H, Shimada R, Ishikawa T, Hayashi M, Komine T

    World Conference on Drowning Prevention 2019  ( Durban, South Africa )   2019年10月  World Conference on Drowning Prevention

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Outbreak Factors of Rip Current Accidents at Onjuku Beach in Japan 国際会議

    Shimada R, Ishikawa T, Komine T, Endo S, Nakayama A, Hayashi M

    World Conference on Drowning Prevention 2019  ( Durban, South Africa )   2019年10月  World Conference on Drowning Prevention

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Proposal of New Rip Current Safety and Rescue using IoT and AI 国際会議

    shikawa T, Komine T, Sato Y, Nakayama A, Hayashi M

    World Conference on Drowning Prevention 2019  ( Durban, South Africa )   2019年10月  World Conference on Drowning Prevention

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Can handkerchiefs be suitable for mouth-to-mouth ventilation? 国際会議

    Nomoto S, Sagisaka R, Nakagawa K, Tanaka H, Komine T

    ERC Congress 2019  ( Ljubljana, Slovenia )   2019年9月  European Resuscitation Council

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Does early adrenaline administration really affect long-term outcome on out-of-hospital cardiac arrest in Japan? : a time-dependent propensity score matching 国際会議

    Sagisaka R, Tanaka H, Nakagawa K, Komine T

    ERC Congress 2019  ( Ljubljana, Slovenia )   2019年9月  European Resuscitation Council

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 御宿中央海岸における離岸流事故発生特性の検討

    島田良, 石川仁憲, 小峯力

    第44回海洋開発シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Training using a dynamic ergometer in competitive rowers

    E. Kamei

    23rd annual Congress of the European College of Sport Science  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • テキストマイニングを用いた一次救命処置をためらう要因の探索的検討

    遠藤伸太郎, 山田悟史, 児山大基, 石川仁憲, 小峯 力

    第3回日本救護救急学会学術集会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本ライフセービング協会におけるメディカルコントロール体制の課題

    中川義英, 福島圭介, 水澤彩子, 菊池 太, 中山 昭, 石川仁憲, 入谷拓哉, 小峯 力, 田中秀治

    第3回日本救護救急学会学術集会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Proposal of beach risk assessment method of Japan

    T. Ishikawa

    World Conference on drowning prevention 2017  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Multilateral bathing area risk assessment for two beaches in Japan

    T. Kazama

    World Conference on drowning prevention 2017  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 想定外に生きる ~救急救命学の視点から~

    小峯 力他

    第42回海洋開発シンポジウム 津波シンポジウム~これまでの変化とこれからの対応~  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 市民へのBLS普及の有効性検証と目標値の設定―ランニング中の心肺停止を想定したシミュレーション

    山田悟史, 遠藤伸太郎, 小峯 力

    第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • First Responder育成及びByStanderのFirst Aidに対するSelf-efficacy向上の有効性の検証とAED配置に関する試行

    山田悟史, 遠藤伸太郎, 小峯 力

    第44回日本救急医学会総会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • マルチエージェントシミュレーションを用いたファーストエイド教育の有効性検証と目標値の設定

    山田悟史, 遠藤伸太郎, 小峯 力

    第2回日本救護救急学会学術集会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • QCPR実現に向けた大学教育による技術的・心理的変化の検討

    遠藤伸太郎, 山田悟史, 石川仁憲, 小峯 力

    第2回日本救護救急学会学術集会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセービング専門用語の習得に関する一考察―ライフセーバー育成への応用の観点から―

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    日本海洋人間学会 第5回学会大会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FirstResponder育成及びByStanderのFirstAidに対するSelf-Efficacy向上の有効性の検証とAED配置に関する試行

    山田悟史, 遠藤伸太郎, 宗本晋作, 小峯 力

    2016年度日本建築学会大会  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水浴場における海岸利用者の安全性に関するリスク評価手法の提案

    石川仁憲

    第41回 海洋開発シンポジウム  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 若狭和田海水浴場における海岸利用に対する多角的なリスク評価の試み

    風間隆宏

    第41回 海洋開発シンポジウム  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effectiveness of surf lifesaver on OHCA occurred by drowning on the beaches in Japan

    T.Komine

    8th Asian Conference for Emergency Medicine  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ライフセーバーに育成の現場におけるコミュニケーション意識に関する調査

    立川和美, 稲垣裕美, 小粥智浩, 小峯 力

    日本海洋人間学会 第4回学会大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 応急手当ガイドラインの構築に向けて~初期救護者教育の在り方を考える~

    小峯 力

    日本救護救急学会設立記念シンポジウム  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 大学生競技者における謙虚さに関する基礎的研究

    遠藤伸太郎

    日本パーソナリティ心理学会第23回大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Review of Current Tsunami Countermeasures regarding Lifesavers

    T.Ishikawa

    World Conference on Drowning Prevention 2013  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Generation of Rip Current under Calm Sea Condition around Coastal Structures

    T.Ishikawa

    World Conference on Drowning Prevention 2013  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学校教育へのBLSの導入とファーストレスポンダーの育成

    小峯 力

    第16回日本臨床救急医学会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学校BLS教育への導入とファーストレスポンダーの育成

    日本海洋人間学会第2回大会  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 水上オートバイ事故に於ける発生状況分析と対策

    福島圭介

    日本臨床救急医学会第14回大会  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Outbreak Factors of Drowning on the Shores of Japan

    T.Komine

    World Donference On Drowning Prevention 2011  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 学校保健から見た学校へのBLS教育に関する調査

    高橋宏幸

    日本臨床救急医学会第12回大会  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセービング活動中のストレス因子と睡眠

    吉田弘法

    日本体力医学会第63回大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 夏期海水浴場開設期間中に千葉県海水浴場で発生した事故調査研究

    江川陽介

    日本体力医学会第63回大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 月経随伴症状が女性ライフセーバーのパトロール活動に及ぼす影響

    久家暁子

    日本体力医学会第63回大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The role of lifesaving near a waterside

    Y.Inagaki, T.Komine, T.Yamamoto

    International Scientific Conference of Aquatic  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセーバーが頸動脈触診によって心停止を判断できる可能性の検討

    中川儀英

    日本臨床救急医学会第11回大会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセービング競技大会に於けるトレーナーステーション利用者からみた傷害の実態

    天野真志

    日本体力医学会第62回大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセービング活動時のストレスと健康管理に関する研究(第2報)

    吉田弘法

    日本体育学会第58回大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 暑熱環境下でのライフセービング活動中のストレス因子について

    吉田弘法

    日本体育学会第61回大会  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水浴場に於ける津波に対する危機管理の現状と課題

    小峯 力

    土木学会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ゴルフプレイの相違が歩数、運動強度、エネルギー消費量に与える影響

    木原裕二

    日本体育学会第49回大会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水浴場に於ける溺水事故の関する研究

    深山元良

    日本体力医学会第53回大会  1997年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウエットスーツ着用時の運動が生体の及ぼす影響について

    荒井宏和, 河野一郎, 小峯 力

    日本体力医学会第51回大会  1995年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スポーツ選手の海外遠征時の精神的、肉体的疲労の検討

    坂本静男, 山本利春, 小峯 力

    運動生理学会第6回大会  1995年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心肺蘇生法の技能に及ぼす運動負荷の影響

    山本利春

    日本体力医学会第49回大会  1994年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海浜に於けるライフセービング活動について

    荒井宏和

    日本体力医学会第50回大会  1994年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海浜に於ける活動期間中のライフセーバーのコンディショニングについて

    荒井宏和

    日本体力医学会第47回大会  1993年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海浜に於ける安全対策システムに関する一考察

    中見隆男, 山本利春, 小峯 力

    日本体育学会第46回大会  1991年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ライフセービング競技会に関する一考察

    小峯力, 山本利春, 中見隆男, 小田敏彰

    日本体育学会第46回大会  1991年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 溺者救助における救助法と身体負荷強度

    山本利春, 小峯力, 中見隆男, 加藤健志, 坂本静男

    日本体育学会第46回大会  1991年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ライフセーバー育成におけるコミュニケーション教育プログラムの体系化とその拡張普及

    研究課題/領域番号:21K11527  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)  流通経済大学

    立川 和美, 小粥 智浩, 稲垣 裕美, 小峯 力

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    2021年度においては、研究実施計画の通り「データ収集・ライフセービング活動の現状把握・問題点等の整理」を中心に研究を進めた。その詳細は、以下のとおりである。
    まず、本研究分析データの精緻化を目的とし、パイロット研究を兼ね、ライフセーバーを目指す学生、ライフセーバー育成の指導に当たっている関係者等の多様な対象者の談話データ収集を行った。具体的には、SERC(シュミレーテッド・エマージェンシー・レスポンス競技)のトレーニングにおける談話を、リーダー、チームメイト、要救助者など多様な視点から探ることができるよう、複数の機材を用いて音声・映像のデータを収集した。現在、採集した談話データのコーパス化を行いながら、分析の上で必要な事項の洗い出しなどを行っている。このほか、こうした実際のライフセービング活動やトレーニングに加え、指導者の談話(ライフセービングに対する考え方や指導の際の意識など)、上記SERCの大会に参加したライフセーバーを目指す(現在すでに活動している者を含む)学生たちの救助の場面におけるコミュニケーション意識について、「振り返り」として座談会形式をとった談話等を収集している。こうした作業を通して、分析に効果的なデータ収集方法の決定、ライフセービング活動の現状の把握、問題点の整理を進めている。
    またこれらに併せて、2021年度は、国内外における成果発表も行った。具体的には、ECSS(European College of Sport Science)の国際会議において「コロナ禍における日本のライフセービングの状況」に関して、ライフセーバーを目指す学生にフォーカスした報告を行ったほか、『流通経済大学論集』56(4)において上記発表に大幅に加筆修正を行い、主としてコミュニケーション意識に関する論考を発表した。

    researchmap

  • セルフ・エフィカシーの向上および心的ストレス予防のためのVirtual Realityを用いた心肺蘇生法講習会の検討

    2021年11月 -  

    日本臨床救急医学会  公益信託丸茂救急医学研究振興基金 

      詳細を見る

  • 非医療従事者の一次救命における不確実性をふまえたAED・サインの適正配置

    2018年4月 - 2021年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(C) 

    山田悟史

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 離岸流立入検知による水難事故防止と安心・安全な海洋レジャーの町の実現

    2018年7月 - 2019年3月

    総務省IoTサービス創出支援事業 

    コニカミノルタジャパン株式会社, 日本ライフセービング協会, 御宿町

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 我が国のライフセーバー育成に向けたコミュニケーション教育の方法開発とその実践

    研究課題/領域番号:26350729  2014年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)  流通経済大学

    立川 和美, 小粥 智浩, 稲垣 裕美, 小峯 力

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    災害大国である我が国では、レスキュー現場で多くのライフセーバーが活動をしているが、従来、その育成においては、救助技術に関する指導やそれに関する研究が中心であった。そこで本研究では、救助活動において不可欠であるレスキューコミュニケーションに着目し、その能力獲得を目標とした教育の方法開発と実践を行った。
    具体的には、まず、言語学とスポーツ科学との両領域からライフセービング活動におけるコミュニケーション行動の実態を分析した。その上で、ライフセーバー育成におけるシナリオレスキュー教材を作成し、その指導実践を提案した。

    researchmap

  • 野外教育・防災教育を通した「いのちの教育」の開発‐評価尺度作成と日常化への挑戦

    2014年4月 - 2018年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-挑戦的萌芽研究 

    柳 敏晴

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▼全件表示

知的財産権

  • 加速度センサ及び身体装着具

    鈴木 宏明,檀 一平太

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-014450  出願日:2014年1月29日

    公開番号:特開2015-141120  公開日:2015年8月3日

    出願人(機関):学校法人中央大学

社会貢献活動

  • 公益財団法人日本ライフセービング協会スーパーバイザー, 評議員

    2020年5月 -  

     詳細を見る