2024/02/01 更新

写真a

イトウ アツシ
伊藤 篤
ITO Atsushi
所属
経済学部 教授
連絡先
メールによる問い合わせは《こちら》から
外部リンク

学位

  • 博士(情報工学) ( 広島市立大学 )

  • 修士(工学) ( 名古屋大学 )

学歴

  • 2007年3月
     

    広島市立大学   情報科学研究科   情報科学専攻   博士後期   修了

  • 1983年3月
     

    名古屋大学   工学研究科   情報工学専攻   博士前期   修了

  • 1981年3月
     

    名古屋大学   工学部   電子工学科   卒業

経歴

  • 2021年4月 -  

    中央大学   経済学部   教授

  • 2020年4月 - 2021年3月

    中央大学   経済学部   准教授

  • 2014年4月 - 2020年3月

    中央大学   経済学部   兼任講師

  • 2010年4月 - 2020年3月

    宇都宮大学   教授

  • 2016年4月 - 2017年3月

    宇都宮大学   工学部情報工学科   学科長

  • 2015年4月 - 2016年3月

    宇都宮大学   工学部情報工学科   副学科長

  • 2001年4月 - 2014年3月

    早稲田大学   メディアネットワークセンター   特別研究員

  • 2007年4月 - 2014年1月

    中央大学   理工学部   兼任講師

  • 2007年4月 - 2014年1月

    KDDI研究所   開発センター   主幹エンジニア

  • 2007年1月 - 2014年1月

    宇都宮大学   客員教授

  • 2010年4月 -  

    中央大学   経済研究所   研究員

  • 2007年10月 -  

    早稲田大学   情報教育研究所   招聘研究員

  • 2005年4月 - 2007年3月

    宇都宮大学   非常勤講師

  • 2002年7月 - 2007年1月

    KDDI株式会社   開発推進部開発企画   グループリーダ

  • 2000年6月 - 2002年10月

    通信総合研究所   特別研究員

  • 1999年6月 - 2002年7月

    慶応義塾大学   グローバルセキュリティリサーチセンター   研究員

  • 1999年3月 - 2002年7月

    KDD株式会社   先端技術ビジネス推進部   担当課長

  • 1996年3月 - 1999年3月

    国際電信電話株式会社研究所   主任研究員

  • 1990年4月 - 1996年3月

    国際電信電話株式会社   主査

  • 1990年8月 - 1991年9月

    スタンフォード大学言語情報研究所   客員研究員

  • 1988年4月 - 1990年4月

    国際電信電話株式会社   主任

  • 1985年3月 - 1988年4月

    国際電信電話株式会社研究所

  • 1983年4月 - 1985年3月

    国際電信電話株式会社   東京通信施設局

▼全件表示

所属学協会

  • 2023年1月 - 現在

    IEEE

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

  • ACM

  • 日本福祉のまちづくり学会

  • 日本認知科学会

▼全件表示

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学  / 通信・ネットワーク工学

論文

  • Hammering test on a concrete wall using Neural Network 査読

    Atsushi ITO, Yuma ITO, Jingyuan YANG, Masafumi KOIKE, Katsuhiko HIBINO

    Proceedings of the Eighteenth International Conference on Dependability of Computer Systems DepCoS-RELCOMEX   68 - 77   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Emotion monitoring sensor network using a drive recorder 査読

    Jinshan Luo, Haruka Yoshimoto, Yuki Okaniwa, Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Madoka Hasegawa

    IEEE 15th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Measurement of pH in the cow's rumen for high-quality dairy product 査読

    Rika Fukumori, Kaori Hara, Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Kento Arai, Shiori Ashibe, Yoshikazu Nagao, Akira Sasaki, Hirotsugu Yamamoto, Yukitoshi Otani, Masaki Yasugi, Yasutoshi Yoshiura

    15th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON) 2022   40 - 43   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR  

    DOI: 10.1109/CANDARW57323.2022.00036

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of BLE beacon in Oku-Nikko 査読

    Haruto Kawakami, Yosei Sato, Haruka Nakayama, Yuko Hiramatsu, Madoka Hasegawa, Hiromu Niitsuma, Kazutaka Ueda, Yasunari Harada, Akira Sasaki, Atsushi Ito

    15th International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks (ASON) 2022   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR  

    researchmap

  • Live Demonstration: Hammering Test on a Wall Using Ai 査読

    Jingyuan Yang, Yuma Ito, Masafumi Koike, Katsuhiko Hibino, Atsushi Ito

    IEEE sensors 2022   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/sensors52175.2022.9967264

    researchmap

  • Classification of Cow’s Behavior during Grasing by AI 査読

    Kaori Hara, Atsushi Ito, Shiori Ashibe, Yoshikazu Nagao, Akira Sasaki

    13TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COGNITIVE INFOCOMMUNICATIONS   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Survey of Forest Bathing Using EEG Measurement for New Tourism after COVID-19. 査読

    Hiramatsu, Y, Ito, A, Sasaki, A, Chansawang, R

    AHFE Open Access, vol 41   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AHFE International,  

    DOI: 10.54941/ahfe1001803

    researchmap

  • A Novel Idea Generation Method, “SA method” 査読

    Sakahara, A, Hasegawa, M, Ito, A

    AHFE Open Access, vol 41   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AHFE International,  

    DOI: 10.54941/ahfe1001791

    researchmap

  • Development of Tourism Resources Utilizing Healing Effects 査読

    Ito, A, Hiramatsu, Y, Ueda, K, Harada, Y, Nakayama, H, Hasegawa, M, Morishita, M, Sato, M, Sasaki, A, Chansawang, R

    AHFE Open Access, vol 41   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AHFE International  

    DOI: 10.54941/ahfe1001802

    researchmap

  • Designing information sharing platform using IOT and AI for farming management system (FMS) 査読

    Munkhtuya Dooliokhuu, Atsushi Ito, Ariunbold Turtogtokh, Shiori Ashibe, Yoshikazu Nagao

    The 7th International Conference on Optimization, Simulation and Control   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Automatic identification of tiger puffer in an aquaculture tank using Deep Learning 招待 査読

    Atsushi Ito, Yusuke Fukushima, Hirotsugu Yamamoto, Yukitoshi Otani, Shiro Suyama, Masaki Yasugi, Yasutoshi Yoshiura

    OPTM 2022   12480   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2660183

    Web of Science

    researchmap

  • A new approach to Analysis of Performance of Japanese Fencing - A Novel Application of Motion Capture based on: Analysis of Performance of Sword Fencing in the Historical European Martial Arts (HEMA) Domain 査読

    Konrad Kluwak Ryszar, Klempous, Ito Atsushi, Tomasz G ́orski, Jan Nikodem, Zenon Chaczko Jerzy Rozenblit, Wojciech Boz ̇ejko, Grzegorz Borowik, Marek Kulbacki, Marzena Wojciechowska, Lukasz Horyza

    Eurocast 2022   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Eurocast 2022  

    researchmap

  • Developing an Application in the Forest for New Tourism Post COVID-19 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Akira Sasaki

    Eurocast 2022   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Eurocast 2022  

    researchmap

  • Designing sightseeing support system in Oku-Nikko using BLE beacon 査読

    Atsushi Ito, Haruto Kawakami, Haruka Nakayama, Yuko Hiramatsu, Madoka Hasegawa, Yasunari Harada, Kazutaka Ueda, Akira Sasaki

    Eurocast 2022   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Eurocast 2022  

    researchmap

  • To develop a new travel experience to be relaxed in nature 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Kazutaka Ueda, Yasunari Harada, Miwa Morishita, Akira Sasaki

    ENTER22   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ENTER22  

    researchmap

  • Neural Networks Classification for Training of Five German Longsword Mastercuts - A Novel Application of Motion Capture: Analysis of Performance of Sword Fencing in the Historical European Martial Arts (HEMA) Domain 査読

    Ryszard Klempous, Konrad Kluwak, Ito Atsushi, Tomasz Gorski, Jan Nikodem, Wojciech Bozejko, Zenon Chaczko, Grzegorz Borowik, Jerzy Rozenblit, Marek Kulbacki

    2021 IEEE 21st International Symposium on Computational Intelligence and Informatics (CINTI)   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/cinti53070.2021.9668598

    researchmap

  • Building a sensor network to measure drivers' emotions 査読

    Haruka Yoshimoto, Kazuki Sakai, Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito

    ASON 2021   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ASON 2021  

    researchmap

  • Improvement of Sound Classification Method on Smartphone for Hammering Test Using 5G Network 査読

    Tsubasa Fukumura, Hayato Aratame, Atsushi Ito, Masafumi Koike, Katsuhiko Hibino, Yoshihisa Kawamura

    ASON 2021   15 - 20   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ASON 2021  

    DOI: 10.1109/CANDARW53999.2021.00010

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ic-nc/candar2021w.html#FukumuraAIKHK21

  • MULTILAYERED INTERCULTURAL COMMUNICATION —CULTURE AND TRAVEL— 招待

    Atsushi Ito

    12TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COGNITIVE INFOCOMMUNICATIONS, 2021 CogInfoCom2021   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CogInfoCom2021  

    researchmap

  • Designing a new online communication application 査読

    Haruka Manabe, Kaori Hara, Haruka Nakayama, Haruka Yoshimoto, Atsushi Ito, Jingyuan Yang

    12TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COGNITIVE INFOCOMMUNICATIONS, 2021   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Adjacent Interference of LoRa for Large-scale Livestock Monitoring 査読

    Jinshan Luo, Atsushi Ito

    International Journal of Networking and Computing Vol 11, No 2   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Networking and Computing  

    researchmap

  • Developing an Error Map for Cognitive Navigation System 査読

    Atsushi Ito, Yosuke Nakamura, Yuko Hiramatsu, Tomoya Kitani, Hiroyuki Hatano

    Front. Comput. Sci.   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Front. Comput. Sci.  

    DOI: 10.3389/fcomp.2021.661904

    researchmap

  • Developing an Application for Walking in Nature for Post COVID-19 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Jinshan Luo, Madoka Hasegawa, Akira Sasaki

    Intelligent Human Systems Integration 2021   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-68017-6_107

    researchmap

  • Design and Effects of Chinese Tone Teaching Material: To Improve Pronounciation of Japanese Learners 査読

    Kang-Ming Sung, Hasegawa Madoka, Ito Atsushi

    Taiwan Jpornal of Chinese as a Second Language, Number 2, December 2020, Volume 21   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Study on Adjacent Interference of LoRa

    Jinshan Luo, Atsushi Ito, Akira Sasaki, Madoka Hasegawa, Shiori Ashibe, Yoshikazu Nagao, Yuko Hiramatsu, Kotaro Torii, Toru Aoki

    ASON2020   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR  

    researchmap

  • Sensor Network for Monitoring Livestock Behavior 査読

    Jinshan Luo, Atsushi Ito, Akira Sasaki, Madoka Hasegawa, Shiori Ashibe, Yoshikazu Nagao, Yuko Hiramatsu, Kotaro Torii, Toru Aoki

    IEEE Sensors 2020   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/SENSORS47125.2020.9278693

    researchmap

  • An Efficient Learning Method for Sound Classification using Transfer Learning for Hammering Test 査読

    T. Fukumura, H. Aratame, A. Ito, M. Koike, K. Hibino, Y. Kawamura

    2020 IEEE SENSORS   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/SENSORS47125.2020.9278819

    researchmap

  • AN AUTOMATIC CUE TO ACTIVATE A MEETING 査読

    Akimasa Kimura, Atsushi Ito

    Coginfocom2020   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Coginfocom2020  

    researchmap

  • 日光を舞台とした興味を誘発するアプリケーションの開発及び調査研究 査読

    平松裕子, 伊藤篤

    経済学論纂   第61 ( 第1 )   231 - 250   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • 簡易脳波計を利用した認知症患者の脳波の特性調査 査読

    伊藤篤

    経済学論纂   第61 ( 第1 )   35 - 48   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学  

    researchmap

  • A Study on Ad-hoc Network with BLE Advertisement 査読

    Atsushi Ito, Kai Takahashi

    International Journal of Networking and Computing   Vol 10 ( no.2 )   94 - 110   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IJNC  

    researchmap

  • Enabling Design of Middleware for Massive Scale IOT-based Systems 査読

    Tsubasa Fukumura, Hayato Aratame, Atsushi Ito, Masafumi Koike, Katsuhiko Hibino, Yoshihisa Kawamura

    SoSE2020   219 - 225   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A study on hammering test using deep learning 査読

    Tsubasa Fukumura, Hayato Aratame, Atsushi Ito, Masafumi Koike, Katsuhiko Hibino, Yoshihisa Kawamura

    2020 IEEE 15th International Conference of System of Systems Engineering (SoSE)   261 - 264   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/sose50414.2020.9130517

    researchmap

  • New Tourism System Across Industries in Nikko, Japan 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Yoshikazu Nagao, Atsushi Ito, Takeo Watanabe

    ICDS 2020   54 - 55   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IARIA  

    researchmap

  • 感知訓練アプリによる中国語声調発音能力向上効果に関する研究:UIと発音練習が感知訓練に与える効果 査読

    康 茗淞, 伊藤 篤, 長谷川 まどか

    言語学習と教育言語学   2019 年度版   9 - 16   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本英語教育学会  

    researchmap

  • Method to Predict Confidential Words in Japanese Judicial Precedents Using Neural Networks With Part-of-Speech Tags 査読

    Masakazu Kanazawa, Atsushi Ito, Kazuyuki Yamasawa, Takehiko Kasahara, Yuya Kiryu, Fubito Toyama

    Infocommunications Journal,   Vol. XII ( no.1 )   17 - 25   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the Scientific Association for Infocommunications, Hungary (HTE), a Sister Society of IEEE and IEEE Communications Society  

    researchmap

  • Designing a Livestock Monitoring System and Evaluating the Performance of LoRa for a Farm — Reforming agriculture by information and communications technology in Society 5.0 — 査読

    Atsushi Ito, Jinshan Luo, Yoshikazu Nagao, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Takeo Watanabe

    ALLSENSORS 2020   30 - 35   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IARIA  

    researchmap

  • Language Cognition and Pronunciation Training Using Applications 査読

    MingSung Kan, Atsushi Ito

    Future Internet   Future Internet 2020, 12, 42   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/fi12030042

    researchmap

  • An Information Delivery System on Disaster for Hearing-Impaired People Using LED Display – To Extend to Universal Use – 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Akira Sasaki, Naoto Kawasaki, Koichi Tsunoda, Soutaro Sekimoto, Fumihiro Sato

    Journal of Software Networking   Vol 2019   1 - 18   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:River Publisher  

    researchmap

  • A Study on the Development of Tourist Support System Using ICT and Psychological Effects 査読

    Sasaki, A, Xiang, F, Hayashi, R, Hiramatsu, Y, Ueda, K, Harada, Y, Hatano, H, Hasegawa, H, Ito, A

    MDPI Appl. Sci.   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/app10248930

    researchmap

  • Surveys about Local Traditional Objects in Nikko, The World Heritage site -Intercultural Contents and Understanding Other Cultures- 査読

    Yuko Hiramatsu, Yasunari Harada, Miwa Morishita, Atsushi Ito, Masashi Saraki

    12th International Conference on Education and New Learning Technologies   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Study to Use a Low-Cost Brainwave Sensor to Detect Dementia 査読

    Atsushi Ito, Alicia Lina Zhu

    2019 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence (CSCI)   999 - 1002   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/CSCI49370.2019.00190

    researchmap

  • Predicting the confidential words in Japanese judicial precedents using the neural network combined POS tag 査読

    Masakazu Kanazawa, Atsushi Ito, Kazuyuki Yamazawa, Takehiko Kasahara, Yuya Kiryu

    2019 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence (CSCI)   337 - 342   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/CSCI49370.2019.00066

    researchmap

  • Effects of Repeating and Perceptual Training to Improve Chinese Tone Pronunciation Ability 査読

    M. Kang, A. Ito

    2019 IEEE Conference on e-Learning, e-Management & e- Services (IC3e)   25 - 30   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/IC3e47558.2019.8971809.

    researchmap

  • A Study on Construction of Ad-hoc Network with BLE Advertisement 査読

    Kai Takaashi, Atsushi Ito

    CANDAR/ASON 2019   63 - 66   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR  

    DOI: 10.1109/CANDARW.2019.00019

    researchmap

  • HOW TO IMPROVE THE PERFORMANCE OF AGRICULTURE IN MONGOLIA BY ICT 査読

    Yukitsugu Takahashi, Munkhtuya Dooliokhuu, Atsushi Ito, Kazuki Murata

    APSTRACT   Vol. 13 ( Number 3-4 )   59 - 64   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICA(Association for European Life Science Universities)  

    DOI: 10.19041/APSTRACT/2019/3-4/7

    researchmap

  • Designing UI Based on Japanese Traditional Gesture 査読

    Atsushi Ito, Kei Nakada

    CogInfoCom 2019 doi: 10.1109/CogInfoCom47531.2019.9089950.   85 - 90   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • Case Studies of Applications to Encourage Students in Cyber-Physical Environment 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Miki Kakui, Yasuo Kakui, Kazutaka Ueda, Rina Hayashi

    HCII 2019, LNCS 11590 https://doi.org/10.1007/978-3-030-21814-0_27   357 - 369   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Recognition Technique of Confidential Words Using Neural Networks in Cognitive Infocommunications 査読

    Yuya Kiryu, Atsushi Ito, Masakazu Kanazawa

    Acta Polytechnica Hungarica   Vol. 16 ( Issue Number 2 )   129 - 143   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Óbuda University, Hungarian Academy of Engineering, IEEE Hungary Section  

    researchmap

  • A Study on Navigation System Using BLE Beacon for Sightseeing 査読

    Atsushi Ito, Akira Sasaki, Munkhod Bayarsaikhan, Hiroyuki Hatano, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato

    23rd IEEE International Conference on Intelligent Engineering Systems (INES) 2019   301 - 306   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INES 2019  

    researchmap

  • Enabling Design of Middleware for Massive Scale IOT-based Systems 査読

    Zenon Chaczko, Ryszard Klempous, Jerzy Rozenblit, Christopher Chiu, Konrad Kluwak, Ito Atsushi

    23rd IEEE International Conference on Intelligent Engineering Systems (INES) 2019   219 - 225   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:INES 2019  

    researchmap

  • An Information Delivery System on Disaster for Hearing Impaired People Using LED Display -To Extend to Universal Usage- 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Akira Sasaki, Naoto Kawasaki, Koichi Tsunoda, Sotaro Sekimoto, Fumihiro Sato

    PACT 2019   6 pages   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 中国語声調感知モバイルアプリの開発と評価について 査読

    康 茗淞, 伊藤 篤, 羽多野 裕之

    言語学習と教育言語学   2018年度版   11 - 18   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本英語教育学会  

    researchmap

  • Evaluation of sightseeing support application using BLE beacon in Oku-Nikko 査読

    Akira Sasaki, Rina Hayashi, Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Kazutaka Ueda, Yasunari Harada, Hiroyuki Hatano, Fumihiro Sato

    EUROCAST 2019   425 - 433   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:EUROCAST 2019  

    researchmap

  • A Survey to Create Attractive Contents for Tourism -To Comprehend Other Cultures- 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Akira Sasaki, Kazutaka Ueda, Rina Hayashi, Yasunari Harada, Hiroyuki Hatano, Fumihiro Sato

    EUROCAST 2019   407 - 415   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:EUROCAST 2019  

    researchmap

  • Experiments of LoRa to Develop Services for Tourists 査読

    Akira Sasaki, Munkhod Bayarsaikhan, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato

    EUROCAST 2019   416 - 424   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:EUROCAST 2019  

    researchmap

  • A Study on Growth Stage Classification of Paddy Rice by Cnn Using Ndvi Images 査読

    Kazuki Murata, Atsushi Ito, Yukitsugu Takahashi, Hiroyuki Hatano

    International conference on cyber security and communication systems (ICCSC)   87 - 98   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICCSC  

    researchmap

  • New Switchless and Free Positioning Gesture Recognition System using RNN and CTC Loss Function 査読

    Kei Nakada, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Hayato Aratame

    5th Annuall Conffeerreenccee on Computtattiionall Scciieenccee & Computtattiionall IIntteelllliigeenccee (CSCI2018)   450 - 453   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CSCI2018  

    researchmap

  • A Study on Observing a Lost Child Using BLE Beacons 査読

    A. Ito, F. Xiang, H. Hatano, H. Uchiyama

    2018 Sixth International Symposium on Computing and Networking Workshops (CANDARW)   67 - 70   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR2018/ASON2018  

    DOI: 10.1109/CANDARW.2018.00021

    researchmap

  • Development and Evaluation of a Chinese Tone Perceptual Training Mobile App 査読

    MingSung KAN, Atsushi ITO, Hiroyuki Hatano

    2018 IEEE Conference on e-Learning, e - Management and e - Services (IC3e)   40 - 45   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IC3e 2018  

    DOI: 10.1109/IC3e.2018.8632625.

    researchmap

  • A study on improving accuracy to predict confidential words in judicial precedents using the neural network 査読

    Masakazu Kanazawa, Atsushi Ito, Kazuyuki Yamasawa, Takehiko Kasahara

    JURISIN 2018 ISBN : 978-4-915905-89-6 C3004   44 - 56   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:JURISIN 2018  

    researchmap

  • 災害時における情報支援システムから考察する現代社会の情報伝達の課題

    平松裕子, 伊藤篤

    中央大学経済研究所年報   第50号   575 - 604   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学経済研究所  

    researchmap

  • Behavior Estimation Method Based on Movement Trajectory by the Position Information 査読

    Shun Kimura, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Tomoya Kitani

    電子情報通信学会論文誌   vol. E101-A ( no.9 )   1317 - 1319   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • How to Convert Skills of Masters to Explicit Knowledge Through the Use of ICT 査読

    Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mayu Kumagai

    IEEE International Conference on Cognitive InfoCommunications   129 - 134   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Cognitive InfoCommunications  

    DOI: 10.1109/CogInfoCom.2018.8639928.

    researchmap

  • Reliable Position Estimation by Parallelized Processing in Kinematic Positioning for Single Frequency GNSS Receiver 査読

    Hiromi In, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    電子情報通信学会論文誌   vol. E101-A ( no.7 )   1083 - 1091   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • A STUDY OF DESIGNING PROCESS FOR TOURISM SUPPORT MOBILE APPLICATION APPLYING PSYCHOLOGICAL EFFECTS 査読

    Atsushi Ito, Rina Hayashi, Yuko Hiramatsu, Akira Sasaki

    International Journal of Research in Engineering and Technology   Vol. 07 ( Issue: 07 )   58 - 70   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:eSAT Publishing House Pvt. Ltd.,  

    researchmap

  • サイバーコートの実現に向けた技術検討 ーNeural Networkを用いた伏字位置予測ー

    伊藤篤, 桐生雄也, 金澤政和, 笠原毅彦

    桐蔭論叢   第38号 ( 38 )   7 - 16   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:桐蔭横浜大学  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1317/00000261/

  • A Study of Psychological Approach to Design Sightseeing Support Mobile Application 査読

    Akira Sasaki, Atsushi Ito, Rina Hayashi, Yuko Hiramatsu, Kazutaka Ueda, Yasunari Harada, Miwa Morishita, Hiroyuki Hatano, Fumihiro Sato

    IEEE International Conference on Intelligent Engineering Systems   87 - 92   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Intelligent Engineering Systems  

    DOI: 10.1109/INES.2018.8523896

    researchmap

  • A Study of Designing Process for Tourism Support Mobile Application Applying Psychological Effects 査読

    Atsushi ITO, Rina HAYASHI, Yuko HIRAMATSU, Kazutaka UEDA, Yasunari HARADA, Miwa MORISHITA, Hiroyuki HATANO, Akira SASAKI, Fumihiro SATO

    International Academic Conference on Transport, Logistics, Tourism and Sport Science   405 - 420   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Academic Conference on Transport, Logistics, Tourism and Sport Science  

    researchmap

  • A Study of Design Model for IoT System 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Akira Sasaki, Fumihiro Sato, Yu Watanabe

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10672   126 - 133   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    A large amount of information is not always appealing to tourists. We developed a new application using Bluetooth Low Energy (BLE) beacons that not only provides a guide to a specific location but also provides the traditional customs and history of the area as an easter egg. In this paper, we discuss a system development process for IoT system of development of our sightseeing support system for IoT system. We extract the development model that is suitable for developing a service that uses devices embedded in environment and maintaining it.

    DOI: 10.1007/978-3-319-74727-9_15

    Scopus

    researchmap

  • A Cognitive Model of Sightseeing for Mobile Support System 査読

    Atsushi Ito, Rina Hayashi, Hiroyuki Hatano, Kenji Shoji, Mie Sato, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Kazutaka Ueda, Yasunari Harada, Miwa Morishita, Akira Sasaki

    IEEE International Conference on Cognitive Info Communications   57 - 62   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Cognitive Info Communications  

    Web of Science

    researchmap

  • Outdoor Studying System Using Bluetooth Low Energy Beacon-To Feel Cultural Sites- 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihiro Sato, Akira Sasaki, Yu Watanabe, Hiroyuki Hatano

    International Conference on Human-Computer Interaction (HCI) Learning and Collaboration Technologies   10295   340 - 352   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Conference on Human-Computer Interaction (HCI) Learning and Collaboration Technologies  

    DOI: 10.1007/978-3-319-58509-3_27

    Web of Science

    researchmap

  • A Study on Estimation Method of Pedestrian’s Walking Status for GPS Positioning Correction 査読

    Toshiaki Nagaoka, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    International conference of Intelligent Transport Systems Telecommunications   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ITST.2017.7972201

    researchmap

  • A Study on Reliable Position Estimation in Kinematic Positioning for Single Frequency Gnss Receiver 査読

    Hiromi In, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    15th International Conference on ITS Telecommunications (ITST)   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ITST.2017.7972227

    researchmap

  • A Study on Growth Condition Analysis of Rice Using Drone 査読

    Kazuki Murata, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Yukitsugu Takahashi

    Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications (PACT 2017)   6 pages   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Study of Designing Process of Sightseeing Support Systemusing Bluetooth Low Energy Beacon 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Akira Sasaki, Fumihiro Sato, Yu Watanabe

    International Conference on Computer Aided Systems Theory (eurocast 2017)   126 - 133   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • A Study of Optimization Method for Information Delivery Using Ble Beacon 査読

    Hiromu Saijo, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Mie Sato, Yu Watanabe, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    International Conference on Computer Aided Systems Theory (eurocast 2017)   152 - 153   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • A Study of Precedent Retrieval System for Civil Trial 査読

    Yuya Kiryu, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Takehiko Kasahara

    International Conference on Computer Aided Systems Theory (eurocast 2017)   151 - 158   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Designing Mobile Application to Motivate Young People to Visit Cultural Heritage Sites 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Akira Sasaki

    ICCHT2017:19th International Conference on Cultural Heritage and Tourism   1940 - 1947   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICCHT2017:19th International Conference on Cultural Heritage and Tourism  

    researchmap

  • ARIB STD-T109に基づいた車車間通信のためのアクセス制御方式の効率化に関する研究 査読

    横森崇宏, 藤井雅弘, 羽多野裕之, 伊藤篤, 渡辺 裕

    情報処理学会論文誌   Vol.58 ( no.1 )   110 - 122   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    2012年に国内のITS無線通信システムの標準規格であるARIB STD-T109が策定され,車車間通信のアクセス制御方式としてCSMA/CAが採用された.CSMA/CAでは乱数により定められる待ち時間の間,他にフレームを送信している移動局が検出されないことを確認してからフレームを送信することで,フレーム衝突を低減させるアクセス制御方式である.しかしながら,この規定のフレーム衝突低減機構を導入することによる回線未使用時間とITS通信での小容量のフレーム伝送のための回線使用時間の比で眺めると,回線利用効率の改善の余地があると考えられる.そこで,本論文ではITS通信特有のフレーム生起の周期性に着目し,フレーム送信順序を制御することで回線利用効率を向上させる手法について検討する.提案手法は標準規格に対してわずかな機能を加えることで実現可能で,提案手法に対応していない移動局が混在する環境でも互換性がある.本論文ではネットワークシミュレーションを用いて,提案手法に非対応の移動局が混合している環境や移動局の参入・離脱が発生する環境においても,提案手法の性能がARIB STD-T109に準拠した手法のそれをつねに上回ることを示す.In 2012, the Association of Radio Industries and Businesses (ARIB) standardized the ARIB STD-T109 for ITS radio communication systems. The ARIB STD-T109 adopts Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA) as an access control protocol. The mobile station waits until the channel is judged as idle for the distributed space and the random waiting time in order to avoid collision in CSMA/CA. We focused on the periodic transmission of the ITS frame and proposed a new decentralized access scheme by modifying ARIB STD-T109 for the improvement of efficiency. Since the proposed scheme is compatible with ARIB STD-T109, it is possible to work well in several situations. In this paper, we show that the proposed scheme always outperforms the conventional one even if there are both supported and non-supported stations and the network topology which consists of the stations frequently changes.

    CiNii Books

    researchmap

  • Designing Mobile Application to Motivate Young People to Visit Cultural Heritage Sites 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Akira Sasaki

    International Journal of Social, Behavioral, Educational, Economic, Business and Industrial Engineering   Vol.11 ( no.1 )   121 - 128   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Academy of Science, Engineering and Technology  

    researchmap

  • Blind Channel Estimation by Em Algorithm for Ofdm Systems 査読

    Hirokazu Abe, Masahiro Fujii, Takanori Iwamatsu, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    電子情報通信学会論文誌   E100-A ( no.1 )   210 - 218   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    <p>It is necessary to estimate channel state information coherently to equalize the received signal in wireless communication systems. The pilot symbol, known at the receiver, aided channel estimator degrades the transmission efficiency because it requires the signal spaces and the energy for the transmission. In this paper, we assume a fixed wireless communication system in line of sight slowly varying channel and propose a new blind channel estimation method without help from the pilot symbol for Orthogonal Frequency Division Multiplexing systems. The proposed estimator makes use of the Expectation-Maximization algorithm and the correlation property among the channel frequency responses by considering the assumed channel environment. By computer simulations, we show that the proposed estimator can asymptotically achieve bit error rate performance by using the ideal channel estimation.</p>

    DOI: 10.1587/transfun.E100.A.210

    researchmap

  • A Study of Designing Service Model for Sightseeing Using BLE Beacons -To Provide Tourism Information of Traditional Cultural Sites- 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Akira Sasaki

    International Journal on Advances in Intelligent Systems   Vol.9 ( no.3&4 )   442 - 451   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Academy, Research, and Industry Association  

    researchmap

  • A Study on Iterative Compensation of Frequency Offset for Ofdm Systems 査読

    Masahiro Fujii, Masaya Ito, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    International Symposium on Information Theory and Its Applications   757 - 761   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Symposium on Information Theory and Its Applications  

    researchmap

  • An Improvement of Media Access Control Scheme for Inter-Vehicle Communications 査読

    Takahiro Yokomori, Masahiro Fujii, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    International Symposium on Information Theory and Its Applications   757 - 761   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Symposium on Information Theory and Its Applications  

    researchmap

  • A Study on Designing Ad Hoc Network Protocol Using Bluetooth Low Energy 査読

    Atsushi Ito, Takuya Kato, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Eiji Utsunomiya, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato

    IEEE International Conference on Cognitive infocommunications   109 - 114   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Conference on Cognitive infocommunications  

    researchmap

  • Evaluation of the New Outdoor Study Scheme Using Mobile Phone Based on the Zeigarnik Effect 査読

    Yuko Hiramatsu, Kumiko Kanbayashi, Atsushi Ito, Fumihiro Sato

    International Conference on Learning and Collaboration Technologies LCT 2016   320 - 331   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:HCIInternational 2016  

    researchmap

  • A New Model for Providing Tourism Information for Traditional Cultural Sites Through ICT 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Mie Sato, Yu Watanabe, Akira Sasaki

    International Multi-Conference on Complexity, Informatics and Cybernetics   76 - 81   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Multi-Conference on Complexity, Informatics and Cybernetics  

    researchmap

  • A Service Model Using Bluetooth Low Energy Beacons -To Provide Tourism Information of Traditional Cultural Sites - 査読

    Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Akira Sasaki

    IARIA International Conferences on Advanced Service Computing   14 - 19   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IARIA International Conferences on Advanced Service Computing  

    researchmap

  • Recovering the Traditional Street with BLE Beacons Based on Classification of Travelers 査読

    Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Yu Watanabe, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    International Journal on Embedded Systems   Vol.4   9 pages   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:N&N Global Technology  

    researchmap

  • Recovering the Traditional Street with BLE Beacons Base on Classification of Travelers 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihiro Sato, Akira Sasaki, Hiroyuki Hatano, Yu Watanabe, Mie Sato

    3rd World Congress on Computer Applications and Information Systems   6 pages   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:N&N Global Technology  

    researchmap

  • Navigation System for Sightseeing Using Ble Beacons in a Historic Area 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Hiroyuki Hatano, Mie Sato, Masahiro Fujii, Yu Watanabe, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    IEEE International Symposium on Applied Machine Intelligence and Informatics   171 - 176   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Applied Machine Intelligence and Informatics  

    researchmap

  • スマートフォンを用いた歩行者デッドレコニングのための進行方向推定に関する研究 査読

    星尚志, 藤井雅弘, 羽多野裕之, 伊藤篤, 渡辺裕

    情報処理学会論文誌   Vol.57 ( no.1 )   25 - 33   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    歩行者向けの位置情報システム基盤構築のために,その絶対位置を測位する必要がある.GPSや無線LANなどによる絶対位置情報が部分的にしか得られないような場合,絶対位置推定値が得られた位置からの移動を追随して位置情報を提供し続けるためにセンサを用いたPDR(Pedestrian Dead Reckoning)技術の研究がさかんに行われている.これまでの多くのPDRでは,センサ系を歩行者に固定設置することで検討されてきた.しかしながら,日常的なスマートフォンの利用シーンを想定するとき,その保持状態は様々である.本論文では,端末の様々な保持状態に対して頑強なPDR実現のための歩行者の進行方向推定について報告する.端末の様々な保持状態に対応するために,端末の座標系で観測されるセンサ情報を歩行者の座標系に変換することで汎用な歩行者進行方向推定を実現する.本検討では,まず端末座標系で観測されるセンサ情報を世界座標系に変換するためにIMU(Inertial Measurement Unit)フィルタを導入する.IMUフィルタで世界座標系に変換されたセンサ情報の歩行に基づく特徴に着目し,加速度PCA(Principal Component Analysis)法と角速度PCA法と角速度累積法を検討する.歩行実験の結果,角速度累積法によって端末の様々な保持状態に対して頑強な歩行者進行方向推定が実現可能であることを示す.It is necessary to estimate an absolute position of a pedestrian for location information service systems. When we only partly obtain the absolute position, we can make use of Pedestrian Dead Reckoning (PDR) techniques by using sensors to keep on providing the location information by tracking the move from the position. The conventional PDR techniques require to become fixed the sensors to a part of body of the pedestrian. However, it is difficult to always fix the holding state of the smartphone. In this paper, we report on a traveling direction estimation method for the robust PDR in several holding states of the smartphone. For that purpose, we estimate the traveling direction by converting the sensor information on the device coordinate system to that on the pedestrian coordinate system. We introduce the inertial measurement unit filter for the transformation. Next, we investigate acceleration Principal Component Analysis (PCA) method, angular rate PCA method, and angular rate cumulative method by focusing on characteristics, related to behaviors of the pedestrian, of the sensor information on the world coordinate system. We show that the proposed angular rate cumulative method provides accurate estimate of the traveling direction by some walking experiments.

    CiNii Books

    researchmap

  • Distance Estimation Based on Statistical Models of Received Signal Strength 査読

    Masahiro Fujii, Kazuma Hirota, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    電子情報通信学会論文誌   E99-A ( no.1 )   199 - 203   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Indoor Positioning Based on Fingerprinting Method by Incoming GPS Signals 査読

    Masayuki Ochiai, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    電子情報通信学会論文誌   E99-A ( no.2 )   319 - 322   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Prtformance Evaluation of Ad Hoc Network Protocol Implemented in Server Side Java Script 査読

    Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Mie Sato, Yu Watanabe, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software   34 - 39   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software  

    researchmap

  • Distance Sensor Assistance to GPS Positioning 査読

    Yasuhiro Ikeda, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Tomoya Kitani, Toru Aoki, Hironobu Onishi

    International Journal on Advances in Networks and Services   Vol.8 ( no.3&4 )   215 - 225   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Academy, Research, and Industry Association  

    researchmap

  • A Study of Ontology for Civil Trial 査読

    Yuya Kiryu, Atsushi Ito, Takehiko Kasahara, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Yu Watanabe

    International Workshop on Juris-informatics   111 - 124   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • A comparative study on access control methods for ITS radio communications systems 査読

    Takahiro Yokomori, Masahiro Fujii, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    IEEE Global Conference on Consumer Electronics   155 - 158   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Study on Highly Effective Ivc System Using Tv White Space 査読

    Yuri Igarashi, Masahiro Fujii, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    IEEE Global Conference on Consumer Electronics   164 - 167   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 日光の観光客の意識調査に基づくICTによる旅行支援の可能性に関する考察

    平松裕子, 伊藤篤

    中央大学経済研究所年報   第46号 ( 46 )   497 - 529   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:中央大学経済研究所  

    仕事で初めて訪問する地域に赴くのにはナビゲーションは役に立つ。しかし,ナビゲーションなど利便性向上で観光が魅力的になるとは限らない。人は何のために観光に行くのか。行きたいという魅力はどこからくるのか。 筆者らは,総務省から「観光客の満足度向上のための情報提供技術の研究開発」(戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE):地域ICT 振興型研究開発)を受託し,2014年8月~2015年3月まで,日光地域に観光客を国内外から呼び込み,リピーターを増やすため,観光客からのフィードバックや行動分析結果を逐次反映する持続可能な情報提供モデルを最新のICT 技術(Bluetooth Low Energy Beacon やスマートフォンアプリケーション)を利用して構築することを目指し,研究開発を行った。 本稿では,この研究開発成果をベースに,モノを見る観光から心を満たす観光を目指し,必要な情報の精査からアプリ作成まで,日光での調査及び試作アプリ作成を通じて新しい観光支援に関して考察する。

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/item/md/rsc/p/8157/

  • A Study on Gps Positioning Method with Assistance of a Distance Sensor 査読

    Yasuhiro Ikeda, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Tomoya Kitani, Toru Aoki, Hironobu Onishi

    IARIA International Conference on Networks (ICN)   109 - 114   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IARIA International Conference on Networks (ICN)  

    researchmap

  • Error Reduction by Reflected Signals in Automotive Radar Network Systems 査読

    Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Yusuke Yoshida, Takayoshi Nakai

    電子情報通信学会論文誌   E98-A ( no.2 )   597 - 605   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Positioning Method by Two Gnss Satellites and Distance Sensor in Urban Area 査読

    Hiroyuki Hatano, Tomoya Kitani, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Hironobu Onishi, Toru Aoki

    電子情報通信学会論文誌   E98-A ( no.1 )   275 - 283   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • GPS測位情報とセンサ情報に基づく位置推定システムに関する研究 査読

    小河原亮, 羽多野裕之, 藤井雅弘, 伊藤篤, 渡辺裕

    情報処理学会論文誌   Vol.56 ( no.1 )   2 - 12   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • A Trial of Navigation System Using BLE Beacon for Sightseeing in Traditional Area of Nikko 査読

    Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Mie Sato, Yu Watanabe, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON VEHICULAR ELECTRONICS AND SAFETY (ICVES)   170 - 175   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We would like to explain the outline of a trial of navigation system using BLE beacon for sightseeing in traditional area of Nikko. We firstly explain the result of a research of characteristics of visitors to Nikko. From the questionnaire to visitors of Nikko, to support young people (20th) and foreigners by ICT is important. Especially to solve problems of transportation and to provide information of shopping and eating location are important. Also, to give them the culture and history in the approach to the Tosyogu-shrine is important. Then we designed a trial application that works with BLE beacon and performed trial to evaluate the usefulness of navigation system using BLE beacon for sightseeing in Nikko. We found that BLE beacon in outdoor worked well and if visitors are walking, they can find almost all beacons. If they move by bus, BLE beacon also work well.

    DOI: 10.1109/ICVES.2015.7396913

    Web of Science

    researchmap

  • A Study on Direction Estimation for Pedestrian Dead Reckoning 査読

    Hisashi Hoshi, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    CANDAR 2014   599 - 601   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CANDAR 2014  

    researchmap

  • A Study on Block Equalization for Ofdm Systems with Short Cyclic Prefix 査読

    Masahiro Fujii, Yuta Kasajima, Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    IEICE International Symposium on Information Theory and Its Applications   418 - 422   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEICE International Symposium on Information Theory and Its Applications  

    researchmap

  • A Study on Mobility Load Balancing Methods in Ivc and Rvc Cooperative Systems 査読

    Yuta Niwa, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    IEEE Global Conference on Consumer Electronics   148 - 152   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Global Conference on Consumer Electronics  

    researchmap

  • A Study on Indoor Position Estimation Based on Fingerprinting Using Gps Signals 査読

    Masayuki Ochiai, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation   727 - 728   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • A Cooperative Gps/Gnss Positioning Method with Neighboring Receivers 査読

    Tomoya Kitani, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    International Workshop on Informatics   145 - 153   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Workshop on Informatics  

    researchmap

  • Performance of Novel Target Detection in Radar Network Systems with a 3D Vehicle Model, 査読

    Hiroyuki HATANO, Masahiro FUJII, Atsushi ITO, Yu WATANABE, Yusuke YOSHIDA, Takayoshi NAKAI

    IARIA International conference on Mobilie Services, Resources, and Users (Mobility)   93 - 98   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IARIA  

    researchmap

  • Mobile Agent Migration Mechanism Adaptive to Service Dissemination and Collection for Mobile Ad Hoc Networks 査読

    Tomoyuki Ohta, Syuhei Ishizuka, Takeshi Hashimoto, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito

    電子情報通信学会論文誌   Vol. E97.B ( Issue 3 )   610 - 619   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    We have already proposed a service discovery scheme using mobile agents for mobile ad hoc networks where node positions in the network and the network topology change frequently. Mobile agents autonomously migrate among nodes and then perform a given task at a node. In the service discovery scheme using mobile agents, mobile agents collect and disseminate services in the network so it is most important how the mobile agents migrate in the network. Therefore, we propose two types of mobile agent migration mechanisms in this paper. One is that mobile agents migrate to the nodes at which other mobile agents do not stay, the other is that mobile agents migrate to the nodes to which mobile agents can disseminate a lot of service information. Finally, we conducted simulation experiments to investigate the performance of the proposed migration mechanisms with respect to the service dissemination time and rate.

    DOI: 10.1587/transcom.E97.B.610

    researchmap

  • The Site-specific Learning Model on Mobile Phones Using Zeigarnik Effect - Designing Collaboration Tool for Outdoor Studying - 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihiro Sato

    HCII (International Conference on Human-Computer Interaction) 2013   43 - 47   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Evaluation of An Information Delivery System for Hearing Impairments at a school for deaf 査読

    Atsushi Ito, Takao Yabe, Koichi Tsunoda, Kazutaka Ueda, Tohru Ifukube, Hikaru Tauchi, Yuko Hiramatsu

    HCII (International Conference on Human-Computer Interaction) 2013   398 - 407   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Information Delivery System for Deaf People at a Larger Disaster 査読

    Atsushi Ito, Hitomi Murakami, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Takao Yabe, Yuko Hiramatsu

    Biomedical Research   Vol.1 ( no.2 )   17 pages   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:River Publisher  

    researchmap

  • Design and Evaluation of Simple UI for Mobile Health Care Application 査読

    伊藤 篤

    International Journal of Electronics and Telecommunications   Vol.59 ( no.2 )   8 pages   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polish Academy of Sciences  

    researchmap

  • Designing Education Process in an Elementary School for Mobile Phone Literacy 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Fumie Shimada, Fumihiro Sato

    Journal of Green Engineering   Vol. 3   307 - 324   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:River Publisher  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Information Delivery System in a Major Disaster for Deaf People based on Embedded Web System 査読

    Atsushi Ito, Takao Yabe, Koichi Tsunoda, Yuko Hiramatsu, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Yoshiaki Kakuda

    International Symposium on Autonomous Decentralized System (ISADS) 2013   179 - 184   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2013  

    researchmap

  • A Study of Flexibility in Designing the Information Delivery System for Deaf People at a Larger Disaster 査読

    Atsushi Ito, Takao Yabe, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Yoshiaki Kakuda, Yuko Hiramatsu

    The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems - The 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS) 2012   446 - 451   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SCIS-ISIS 2012  

    researchmap

  • A Study of Mobile Application for Children's Learning -Based on Study of Japanese Old Poetry- 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihiro Sato, Fumie Shimada, Natsuki Tanaka

    IADIS (International Association for Development of the Information Society) e-learning 2012   161 - 168   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IADIS e-learning 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Expectology 査読

    Atsushi Ito, Satoshi Nakagawa

    Position paper for the workshop “Theories Behind UX Research and How They are Used in Practice” of CHI (The ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems) 2012   4 Pages   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CHI 2012  

    researchmap

  • Designing PNS (Pupils Network System) for ethic education of mobile phone literacy 査読

    Atsushi Ito, Yuko Hiramatsu, Fumie Shimada, Fumihiro Sato

    6th International Conference on Broadband and Biomedical Communications (IB2Com 2011)   97 - 102   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IB2Com 2011  

    researchmap

  • Nスクリーン+クラウドによるICT活用経営 査読

    佐々木陽, 藤井雅弘, 伊藤 篤, 柳原広昌, 渡辺 裕

    情報メディア学会誌   Vol. 65 ( no.8 )   1157 - 2011   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報メディア学会  

    DOI: 10.3169/itej.65.1157

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00374923110?from=CiNii

  • A Study of Teaching Digital Literacy for Children: Moral Education to Use the Internet on Mobile Phones 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihiro Sato

    IADIS (International Association for Development of the Information Society) e-learning 2011   337 - 340   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IADIS e-learning 2011  

    researchmap

  • Safety Support System on School Routes Based on Grouping of Children in Mobile Ad Hoc Networks 査読

    Atsushi Ito, Yoshiaki Kakuda, Tomoyuki Ohta, Shinji Inoue

    International Symposium on Autonomous Decentralized System (ISADS) 2011   533 - 538   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2011  

    researchmap

  • A Self-Configurable New Generation Children Tracking System Based on Mobile Ad Hoc Networks Consisting of Android Mobile Terminals 査読

    Yuichiro Mori, Hideki Kojima, Eitaro Kohno, Shinji Inoue, Tomoyuki Ohta, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito

    International Symposium on Autonomous Decentralized System (ISADS) 2011   339 - 342   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2011  

    researchmap

  • New Safety Support System for Children on School Routes Using Mobile Ad Hoc Networks 査読

    Atsushi ITO, Yoshiaki KAKUDA, Tomoyuki OHTA, Shinji INOUE

    IEICE TRANSACTIONS on Communications   Vol.E94-B ( no.1 )   18 - 29   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Information Delivery System for Deaf People at a Larger Disaster 査読

    Atsushi Ito, Hitomi Murakami, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Takao Yabe, Yuko Hiramatsu

    Fifth International Conference on Broadband and Biomedical Communications (IB2Com 2010)   1 - 6   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IB2Com 2010  

    researchmap

  • 初等教育における携帯リテラシー教育 ―授業の中における情報端末としての新しい利用可能性― 査読

    平松裕子, 伊藤篤, 徳増智子, 島田文江, 佐藤文博

    コンピュータ&エデュケーション   Vol.29   76 - 79   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CIEC  

    CiNii Books

    researchmap

  • A Study of ICT Literacy Education by Mobile Phone for Children of Elementary School 査読

    Yuko Hiramatsu, Atsushi Ito, Fumihoro Sato

    IADIS (International Association for Development of the Information Society) e-learning 2010   204 - 208   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IADIS 2010  

    researchmap

  • リーガルXML---司法へのXML応用の可能性 査読

    伊藤 篤

    情報ネットワーク・ローレビュー   Vol.9 ( no.2 )   113 - 122   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ネットワーク法学会  

    researchmap

  • A study of citizen's participation art as autonomous and decentralized System 査読

    Atsushi Ito, Kenji Ooi, Kei Nakamura, Tomoyuki Ohta, Michael Mahlstedt, Areane Hedayati, Markus Fischmann, Hitomi Murakami, Hiroshi Kasahara, Shinji Inoue

    BroadBandCom '09   Contribution141.pdf - 6 pages   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BroadBandCom '09  

    researchmap

  • 阪神淡路大震災における聴覚障害災害時要援護者の調査研究 査読

    矢部 多加夫, 原口 義座, 友保 洋, 邊見 弘, 伊藤 篤

    日本集団災害医学会誌   Vol.14 ( no.1 )   75 - 81   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本集団災害医学会  

    CiNii Books

    researchmap

  • A study of citizen's participation art as autonomous and decentralized System 査読

    Atsushi Ito, Hiroshi Kasahara, Tomoyuki Ohta, Michael Mahlstedt, Areane Hedayati, Markus Fischmann

    International Symposium on Autonomous Decentralized System (ISADS) 2009   247 - 248   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2009  

    researchmap

  • Security system for children on school route 査読

    Atsushi Ito, Tomoyuki Ohta, Shinji Inoue

    International Symposium on Autonomous Decentralized System (ISADS) 2009   129 - 134   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2009  

    researchmap

  • Universal Use of Information Delivery and Display System Using Ad Hoc Network for Deaf People in Times of Disaster 査読

    Atsushi Ito, Hitomi Murakami, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Takao Yabe, Yoshikazu Haraguchi, Yozo Tomoyasu, Yoshiaki Kakuda, Tomoyuki Ohta, Yuko Hiramatsu

    Broadband Communications, Information Technology & Biomedical Applications 2008   486 - 491   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Broadband Communications, Information Technology & Biomedical Applications 2008  

    researchmap

  • 鳥取西部地震における聴覚障害災害時要援護者の調査研究 査読

    矢部 多加夫, 原口 義座, 友保 洋, 邊見 弘, 伊藤 篤

    日本集団災害医学会誌   Vol.12 ( no.2 )   214 - 219   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本集団災害医学会  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008074746

  • A study on deaf people supporting systems using cellular phone with Bluetooth in disasters 査読

    Masahiro Fujii, Amir Khosravi Mandana, Takatoshi Takakai, Yu Watanabe, Kazuo Kamata, Atsushi Ito, Hitomi Murakami, Takao Yabe, Yoshikura Haraguchi, Yozo Tomoyasu, Yoshiaki Kakuda

    The Second IEEE Workshop on Advanced Experimental Activities on Wireless Networks and Systems- EXPONWIRELESS 2007   6 Pages   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • An information delivery and display system for deaf people in times of disaster 査読

    Atsushi Ito, Hitomi Murakami, Yu Watanabe, Masahiro Fujii, Takao Yabe, Yoshikura Haraguchi, Yozo Tomoyasu, Yoshiaki Kakuda, Tomoyuki Ohta, Yuko Hiramatsu

    Telehealth '07 The Third IASTED International Conference on Telehealth   88 - 95   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Telehealth '07  

    researchmap

  • Mobile phone based ad hoc network using built in Bluetooth for ubiquitous life 査読

    Hitomi Murakami, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Takao Yabe

    The 8th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS 2007)   137 - 146   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS 2007  

    researchmap

  • 携帯電話用組込みソフトウェア開発の実践的教育における産学連携の課題 査読

    伊藤 篤, 渡辺 裕榑松, 村上 仁己, 湯山 一郎, 宮道 壽一, 長谷川 光司, 細島 美智子, 月川 淳, 藤井 雅弘

    情報処理学会論文誌   Vol.48 ( no.2 )   846 - 87   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    今後,ユビキタス社会の進展にともない各種の機器にプロセッサが組み込まれる.このユビキタス社会を日本がリードするためには,各種機器に組み込まれたソフトウェアの効率的な技術開発力の強化が必須となる.このためには,コーディングだけでなく,企画立案から製品化までをこなす,実際的なスキルを備えた有能な人材を幅広く多数育成する必要がある.ここで,組み込みソフトウェア技術については,設計段階までかかわりを持つ総合化技術となるため,その教育は,大学などの高等教育機関を中心に実施し,実際のシステムにかかわる問題解決のスキルの習得については,産業界から最新の手法を取り入れ,実習教材や実習カリキュラムなどを新たに検討する必要がある.このような現実的な課題を解決し,企業の要求と大学教育のギャップを埋めるための教育手法の開発と,その継続可能性の評価を目的とし,「平成17 年度経済産業省委託産学協同実践的IT 教育促進事業」の一環として,KDDI,宇都宮大学,実務能力認定機構が協力し,携帯電話アプリケーションに関するIT 教育実験を実施した.その成果を紹介するとともに,これをベースに,産学連携によるIT 教育実施における問題点とその解決方法を評価する.さらに,今後の課題を明確化し,IT 技術教育を充実させ,人材を早期に育成するために実施すべき施策の提言を行う.In the future ubiquitous network society, thousands of highly distributed and interconnected appliances are equipped with microprocessors. Japan is in a leading position towards the realization of a ubiquitous network society. In order to maintain and extend the Japan's strengths in this arena, it is essential to develop Japanese engineer's software production faculties, including the ability to make plans for services realized through processor equipped appliances. Business-academia collaboration for it education on the nurturing of talented people for appliances software developments is expected to actively address various issues for the realization of a ubiquitous network society. However, business-academia collaborations for it education may pose new problems on costs, systems and regulations. To solve the problems, KDDI, a Japan's major telecommunications operator, in cooperation with Utsunomiya University and ACPA (Accreditation Council for Practical Abilities) demonstrated business-academia collaboration to develop educational courses for cell phone application software developments. This paper focuses on the results obtained through the educational course, and highlights new challenges of business-academia collaborations in education. We show that collaborative efforts between enterprises and universities with supports from government are particularly important to solve the problems and to improve effectiveness of IT education.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1001/00010067/

  • A dynamic index allocation scheme for data retrieval and provision in peer-to-peer networks 査読

    Atsushi Ito, Tomoyuki Ohta, Kouichi Mitsukawa, Yoshiaki Kakuda

    IEICE Transactions on Communications (Special Section on Networking Technologies for Overlay Networks)   Vol.E89-B ( no.6 )   119 - 128   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • モバイルアドホックネットワークのための動的サービス提供グループを利用したサービス発見プロトコル 査読

    白 雪峰, 大田 知行, 角田 良明, 伊藤 篤

    IEICE Transactions on Communications   Vol.J89-B ( no.2 )   849 - 858   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    アドホックネットワークでは,ユーザはどのようなサービスがネットワーク上のどのノードで提供されているかを把握することが困難である.そのため,ユーザが要求するサービスを自動的に発見するサービス発見方式は,サービスの迅速な利用を可能とするために必要となる.従来では,ブロードキャストを用いる方式とキャッシュ機能を導入した方式が提案されていたが,サービス発見要求を行うユーザ数の増加に伴いメッセージ数が増大しふくそうの原因となってしまうという問題があった.本論文では,メッセージ数を削減することを目的として,サービス提供グループ動的構成を特徴としたアドホックネットワークにおけるサービス発見方式を提案し,シミュレーション実験により提案法の効果を示す.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6965

  • An adaptive index allocation scheme for reliable data retrieval and provision in peer-to-peer networks 査読

    Atsushi Ito, Tomoyuki Ohta, Kouichi Mitsukawa, Yoshiaki Kakuda

    21st ACM Symposium on Applied Computing (SAC2006)   697 - 704   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM  

    DOI: 10.1093/ietcom/e89-b.9.2336

    researchmap

  • A service discovery protocol for mobile ad hoc networks based on service provision groups and their dynamic reconfiguration 査読

    Xuefeng Bai, Tomoyuki Ohta, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito

    First International Conference on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN2005), Lecture Notes in Computer Sciences (LNCS), Vol.3794   3794   164 - 174   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • A service discovery protocol for mobile ad hoc networks based on service provision groups and its evaluation 査読

    Xuefeng Bai, Tomoyuki Ohta, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito

    The First International Workshop on Network Architecture and Service Models (NASM2005)   106 - 111   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:NASM2005  

    researchmap

  • A dynamic index allocation scheme for peer-to-peer networks 査読

    Tomoyuki Ohta, Yasuo Masuda, Kouichi Mitsukawa, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito

    7th IEEE International Symposium on Autonomous Decentralized Systems (ISADS2005) and 1st International Workshop on Ad Hoc, Sensor and P2P Networks (AHSP2005)   667 - 672   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ISADS2005  

    researchmap

  • インターネット対応画像入力型簡易栄養計算システムの開発 査読

    木村美恵子, 武田隆久, 湯山洋一, 藤田裕子, 川西知也, 中村素典, 中川晋一, 木村朝子, 永田宏, 伊藤篤, 浅見徹

    日本病院学会雑誌   Vol.52 ( no.3 )   89 - 94   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本病院学会  

    researchmap

  • エリア分割によるモバイルエージェントへのメッセージ伝達法 査読

    大田知行, 増田康男, 井上伸二, 角田良明, 伊藤篤

    IEICE Transactions on Communications   Vol.J87-B, ( no.6 )   829 - 842   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本論文では,モバイルエージェント(以下,MAと呼ぶ)を生成した送信元から,移動したMAヘメッセージを送信することを議論する.そのための方法として, Home-Proxy法,Broadcast法等がある.しかし,これらの手法はネットワーク上を頻繁に動き回るMAに対して,送信されたメッセージが到達しない可能性がある.この問題を解決するための手法が,Murphyらによって提案されている(以下,Murphy法と呼ぶ).Murphy法は確実にメッセージをMAへ伝達することができるが,メッセージがMAに到達するまでの到達時間については考慮されていない.このMurphy法を改良し,ネットワーク全体を複数のエリアで分割することにより,可能な限り短い時間でメッセージ伝達を行う手法(以下,エリア分割法と呼ぶ)を提案する.本論文では,エリア分割法を厳密に,かつ詳細に定義した.更に,理論的な検証を行うことで,この手法の正当性を証明した.また,シミュレーション実験を行い,エリア分割法をMurphy法と比較して,MAのノードでの滞在時間が短くなければMAへのメッセージ到達時間が短縮されていること,及び,MAのノードでの滞在時間が短ければメッセージ数は少ないことを確認し,有効性を実証した.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6971

  • ビタミンB1栄養状態簡易評価法からみた若年女性の栄養状態 査読

    武田厚子, 玉井浩, 藤田裕子, 武田隆司, 中川晋一, 金城秀芳, 長田宏, 伊藤篤, 浅見徹, 武田隆久, 木村美恵子

    Japanese Journal of Nutritional Assessment   Vol.20 ( no.6 )   589 - 594   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:メディカルレビュー社  

    researchmap

  • A study for gathering and providing health and food information by using metadata description 査読

    Atsushi Ito, Hiroshi Nagata, Mieko Kimura, Shin-ichi Nakagawa, Toru Asami

    5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2003)   255 - 260   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:APSITT 2003  

    researchmap

  • 五訂日本食品標準成分表を用いて算出した微量元素摂取の現状 査読

    武田 厚子, 上野 菜採, 今西 雅代, 藤田 裕子, 武田 隆司, 武田 隆久, 玉井 浩, 永田 宏, 伊藤 篤, 浅見 徹, 中川 晋一, 金城 芳秀, 永井 清久, 木村 美恵子

    Biomedical research on trace elements   Vol.13 ( no.4 )   312 - 313   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本微量元素学会  

    researchmap

  • インターネット動画中継とVODのASPサービスの今後 査読

    伊藤 篤, 秋葉千佳子

    医療とコンピュータ   Vol.13 ( no.10 )   13 - 17   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本電子出版  

    researchmap

  • Feasibility Evaluation of a Bibliographical Information Dissemination System 査読

    Keiichiro Hoashi, Naomi Inoue, Kazuo Hashimoto, Atsushi Ito, Takeo Tatsumi, Joji Maeno, Noriaki Kusumoto, Yasunari Harada

    ITHET 2002; International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training   6 Pages   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ITHET 2002  

    researchmap

  • Implementing Security for Wireless Collaboration 査読

    A.W. Morrow, Atsushi Ito, Yu Watanabe

    6th World Multi-Conference on Systematics, Cybernetics, and Informatics (SCI 2002)   6 Pages   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Institute of Informatics and Systemics  

    researchmap

  • Synchronicity of Multicast Packets 査読

    Hiroshi Nagata, Atsushi Ito, Shun-ichi Iisaku, Tohru Asami

    4th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2001)   164 - 173   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:APSITT 2001  

    researchmap

  • SDI Application in Education and Research Support: Restrictive Information Sharing of Bibliographical Resources 査読

    Keiichiro Hoashi, Kazuo Hashimoto, Atsushi Ito, Takeo Tatsumi, Noriaki Kusumoto, Yasunari Harada

    ITHET01; International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training   484 - 489   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ITHET01  

    researchmap

  • Advanced NTP Synchronization Device for Internet Monitoring Tools 査読

    Haruo Okazawa, Akihiko Machizawa, Shin-ichi Nakagawa, Yoshiaki Kkitaguchi, Tohru Asami, Atsushi Ito

    INET2001   5 pages   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Internet Society  

    researchmap

  • A New Protocol for Fair Packet Delivery over IP Multicast Tree 査読

    Hiroshi Nagata, Atsushi Ito, Syun-ichi Iisaku, Tohru Asami

    International Workshop on Next Generation Internet and its Applications (IWS) 2001   149 - 156   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IWS2001  

    researchmap

  • Mobile IP用セキュリティ・ゲ−トウェイの実装とその機能評価 査読

    窪田 歩, 伊藤 篤, 浅見 徹

    情報処理学会論文誌   Vol.13 ( no.4 )   321 - 313   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:情報処理学会  

    researchmap

  • An Environment of Service Creation Technique by SIBs based on Sufficiency, Performance and Efficiency 査読

    Atsushi Ito, Nagao Ogino, Kouji Nakao, Yasushi Wakahara

    Telecommunications Information Networking Architecture (TINA) 95   477 - 484   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:TINA95  

    researchmap

  • Simplification to Enhance Comprehensibility of Communications Software Descriptions Written in a Procedural Language 査読

    Yasushi WAKAHARA, Atsushi ITO, Eiji UTSUNOMIYA, Fumio NITTA

    IEICE Transactions on Communications   Vol.E75-B ( no.10 )   942 - 948   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • Transformation Technique Between Specification in SDL and Specification in Message Sequence Charts for Designing Protocol Specifications 査読

    Atsushi Ito, Hironori Saito, Fumio Nitta, Yoshiaki Kakuda

    IEEE International Conference on Communications (ICC) 92   442 - 447   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICC92  

    researchmap

  • ESCORT: An Environment for Specifying Communication Requirements 査読

    Yasushi Wakahara, Yoshiaki Kakuda, Atsushi Ito, Eiji Utsunomiya

    IEEE Software   Vol.6 ( no.2 )   38 - 43   1989年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE  

    researchmap

  • 通信ソフトウェア仕様検証のためのプロトタイピングシステム

    若原 恭, 伊藤 篤, 宇都宮 栄二

    国際通信の研究   No.138 ( 138 )   26 - 34   1988年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:国際電信電話株式会社  

    CiNii Books

    researchmap

  • Prototyping System for Telecommunications Software based on Abstract Execution of Requirements Specifications 査読

    Yasushi WAKAHRA, Atsushi ITO

    Computer Networks   Vol.13 ( no.2 )   119 - 128   1987年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Science  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物

  • 教育とICT (中央大学 経済研究所 研究叢書80号)

    伊藤 篤( 担当: 編集)

    中央大学出版部  2023年3月  ( ISBN:9784805722749

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 248p   記述言語:日本語  

    researchmap

  • Accentuated Innovations in Cognitive Info-Communication

    Editors: Ryszard, Klempous, Jan Nikodem, Péter Zoltán Baranyi( 担当: 分担執筆 範囲: User Interface Design Based on Traditional Japanese Air Finger Drawings, “Soragaki”)

    Springer  2022年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:Pages 217-237   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Smart Innovations in Engineering and Technology

    Hiroyuki Hatano, Atsushi Ito, ed) Ryszard Klempous, Jan Nikodem( 担当: 共著 範囲: Parallelized Processing in Kinematic Positioning for Single Frequency GNSS Receiver. (pp.201-218))

    Springer  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Cognitive Infocommunications, Theory and Applications

    Klempous, Ryszard, Nikodem, Jan, Baranyi, Péter Zoltán編, Atsushi Ito( 担当: 共著 範囲: Chapter 20. A Study on a Protocol for Ad Hoc Network Based on Bluetooth Low Energy)

    Springer  2019年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp. 433-458   記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • Bio-Informatic Systems, Processing and Applications

    Johnson I Agbinya編, Atsushi Ito( 担当: 共著 範囲: Chapter 11. Information Delivery System for Deaf People at a Larger Disaster)

    River Publisher  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   著書種別:学術書

    researchmap

  • ネットワークソフトウェア (未来へつなぐディジタルシリーズ)

    角田, 伊藤( 担当: 共著 範囲: 4章「オープンソース・ソフトウェア」)

    共立出版  2013年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.37-54   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 【最新】携帯電話 技術全集

    伊藤 篤( 担当: 共著 範囲: 携帯電話における高速通信技術)

    技術情報協会  2008年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.491-503   記述言語:日本語   著書種別:事典・辞書

    researchmap

▼全件表示

MISC

  • Intelligent Network

    伊藤 篤

    計測と制御   Vol.33 ( no.1 )   83   2004年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:自動制御学会  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 食材登録DBのためのUX設計 ~ 食文化の記述 ~

    工藤 遥, 高橋喜幸, 福留奈美, 原田康也, 平松裕子, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本とタイにおける自然観の比較 ~ 森林浴の効果の可視化 ~

    佐藤陽生, 中山春佳, 平松裕子, 伊藤 篤, 上田一貴, 原田康也, 長谷川まどか

    思考と言語研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アイデアの創出支援技法の比較研究

    阪原 淳, 長谷川まどか, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ニューラルネットワークを用いたタイル壁に対する打音検査の検討

    井藤佑馬, 楊 浄媛, 伊藤 篤, 小池正史, 日比野克彦

    2023 電子情報通信学会 総合大会 BS-6. ネットワーク技術特別ポスターセッション  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEを用いた位置推定に関する検討

    比留間優香, 伊藤篤

    第30回ネットワークソフトウェア研究会  2023年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水槽中の魚影識別に関する検討

    福嶋優介, 伊藤篤, 山本裕紹, 大谷幸利, 陶山史朗, 八杉公基, 吉浦康寿

    第30回ネットワークソフトウェア研究会  2023年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食とICT

    伊藤篤, 工藤遥, 平松裕子, 高橋喜幸

    第30回ネットワークソフトウェア研究会  2023年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月    

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像解析を利用した運転者の疲労度推定

    岡庭由季, 吉本晴香, 羅金山, 長谷川まどか, 伊藤篤

    第29回電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会  2022年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 打音検査のICT化

    伊藤篤, 小池正史, 日比野克彦, 佐々木陽, 楊 浄媛, 井藤佑馬

    第29回電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会  2022年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オーガナイズドセッション07 (OS07): ICT 活用と心身の well-being を目指した観光開発の可能性

    オーガナイザー, 伊藤篤, 原田康也, 平松裕子, 森下美和, 佐良木昌, 上田一貴

    2022年度日本認知科学会第39回大会  2022年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 森林観光を促進するアプリケーションの研究開発 -奥日光国立公園における実証実験- 招待

    平松 裕子, 伊藤 篤

    2022年度日本認知科学会第39回大会  2022年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Integrated Tourism Activities to Forest Bathing Trip

    Chansawang Rochaporn, 平松 裕子, 伊藤 篤

    2022年度日本認知科学会第39回大会  2022年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • キーワード分類によるアイデアの創出手法のケーススタディ

    阪原 淳, 伊藤 篤, 長谷川まどか

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  2022年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スキャン翻訳を通した言語景観・言語理解(中国語・その他編)

    坪田 康, 森下美和, 原田康也, 伊藤 篤, 湯山トミ子

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  2022年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを利用した外壁打音検査の検討

    井藤佑馬, 楊 浄媛, 伊藤 篤, 福村 飛翔, 小池 正史, 日比野 克彦

    第28回電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会  2022年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放牧管理システムの高度化

    伊藤篤, Munkhtuya Dooliokhuu, Ariunbold Turtogtokh, 原香織, 芦辺詩織, 長尾 慶和, 福森理加, 平松裕子, 佐々木陽

    第28回電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会  2022年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光地日光における言語景観 ~ ―継承と変容― ~

    平松裕子, 森下美和, 原田康也, 伊藤 篤, 佐良木 昌

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光観光案内アプリのマルチメディアコンテンツの構成に関する検討

    川上晴人, 中山春佳, 平松裕子, 伊藤 篤, 長谷川まどか, 原田康也, 上田一貴, 佐々木 陽, 森下美和, 佐藤美恵

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放牧による乳製品の高付加価値に関する研究

    原 香織, 伊藤 篤, 平松裕子, 長尾慶和, 芦部詩織, 佐々木 陽

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • キーワード分類によるアイデアの創出支援に関する研究

    阪原 淳, 長谷川まどか, 伊藤 篤

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳波センサを利用した学習者の反応分析: 対面授業・オンライン授業・言語学習への応用可能性

    伊藤 篤, 望月圭子

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体信号とキーワード分析によろドライバの感情推定技術の検討

    吉本晴香, 羅 金山, 平松裕子, 伊藤 篤

    電子情報通信学会 思考と言語研究会  ( オンライン )   2022年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水槽中の魚の個体識別に関する考察

    福嶋優介, 伊藤篤, 山本裕紹, 大谷幸利, 陶山史朗, 八杉公基, 吉浦康寿

    電子情報通信学会 第27回NWS研究会  ( オンライン )   2022年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高品質な乳製品生産を支援する技術の検討:ウシの第一胃のpH測定

    井藤佑馬, 伊藤篤, 平松裕子, 長尾慶和, 芦辺詩織, 福森理加, 佐々木陽, 山本裕紹, 大谷幸利, 陶山史朗, 八杉公基, 吉浦康寿

    電子情報通信学会 第27回NWS研究会  ( オンライン )   2022年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光戦場ヶ原における森林浴効果

    中山春佳, 川上晴人, 平松裕子, 原田康也, 上田一貴, 森下美和, 伊藤篤

    電子情報通信学会 第26回NWS研究会  ( オンライン )   2021年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビーコン特性テストと今後の利用可能性

    伊藤篤, 中山春香, 吉本晴香

    電子情報通信学会 第26回NWS研究会  ( オンライン )   2021年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ICTによる旅行の安心安全:スマホアプリによる支援のありかた

    伊藤篤

    日本認知科学会第38回大会 OS-4  ( オンライン )   2021年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • AR技術を用いた観光情報の提示手法に関する検討

    藤原智宏, 金成慧, 伊藤篤, 佐藤 美恵

    日本認知科学会第38回大会 OS-4  ( オンライン )   2021年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MULTILAYERED INTERCULTURAL COMMUNICATION —CULTURE AND TRAVEL— 招待 国際会議

    Atsushi Ito

    12TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COGNITIVE INFOCOMMUNICATIONS, 2021 CogInfoCom2021  ( オンライン )   2021年9月  CogInfoCom2021

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 新しいオンラインコミュニケーションアプリの検討

    真鍋遥香, 原 香織, 中山春香, 楊 浄媛, 吉本晴香, 伊藤 篤(中大

    思考と言語研究会(TL)  ( オンライン )   2021年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • パワースポットめぐり支援アプリの構想について

    中山春佳, 川上晴人, 平松裕子, 上田一貴, 原田康也, 森下美和, 伊藤 篤

    思考と言語研究会(TL)  ( オンライン )   2021年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 判決文中の匿名語の自動検出手法の検討

    金澤政和, 外山 史, 伊藤 篤

    2021年 電子情報通信学会 総合大会  ( オンライン )   2021年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中国語声調認知訓練アプリの設計と評価

    康 茗淞, 長谷川まどか, 伊藤 篤

    2021年 電子情報通信学会 総合大会  2021年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自動車ドライバの感情推定

    吉本晴香, 伊藤 篤

    思考と言語研究会(TL)  ( オンライン )   2021年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 打音検査における経験知のAI化の可能性の検討

    武井寛樹, 伊藤 篤, 福村飛翔, 小池正史, 日比野克彦, 川村喜久

    思考と言語研究会(TL)  ( オンライン )   2021年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳波を利用した観光における気付きの分析

    中山春佳, 伊藤 篤, 平松裕子, 原田康也, 上田一貴, 森下美和

    思考と言語研究会(TL)  ( オンライン )   2021年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光の観光開発と高精細3Dプロジェクション・マッピング:科学コミュニケーション・観光開発・防災減災

    伊藤篤, 芝原暁彦, 原田康也, 平松裕子, 森下美和

    日本英語教育学会・日本教育言語学会第51回年次研究集会 (JELES-51: 2021)  2021年2月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放牧によるミルクの高付加価値化に関する研究

    原 香織, 伊藤 篤, 羅 金山, 佐々木 陽, 長尾 慶和, 芦部 詩織

    電子情報通信学会 第24回NWS研究会  ( オンライン )   2021年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LoRaの大規模放牧への応用に関する検討

    羅 金山, 伊藤 篤, 長谷川 まどか, 芦部 詩織, 長尾 慶和

    電子情報通信学会 第24回NWS研究会  ( オンライン )   2021年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを利用した外壁打音検査の検討

    福村 飛翔, 小池 正史, 伊藤 篤, 日比野 克彦, 川村 善久

    電子情報通信学会 第24回NWS研究会  ( オンライン )   2021年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 放牧中の牛の行動モニタリングに向けたLoRaの利用可能性の評価

    羅 金山, 伊藤 篤, 長谷川まどか, 芦部詩織, 長尾慶和

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  ( オンライン )   2020年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 牧場エリアにおけるLoRaデータ伝送実験

    羅 金山, 伊藤 篤

    2020電子情報通信学会総合大会  2020年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 加速度計による放牧時の乳牛の採草行動モニタ リング

    朝重匡貴, 芦部詩織, 箭内利菜, 戸澤あきつ, 佐藤秀介, 渡邊剛夫, 平松裕子, 佐藤文博, 伊藤 篤, 長尾慶和

    第76回日本草地学会  2020年3月  日本草地学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LoRa for Monitoring Livestock

    SITE Seminar Series  2020年2月  メルボルン工科大学

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • GNSS2受信機を用いた測位誤差マップの一検討

    中村 洋輔, 伊藤 篤

    第21回 NWS研究会  2020年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習を用いた中国語声調発音学習のサポートについて

    康 茗淞, 伊藤 篤

    第21回 NWS研究会  2020年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 簡易脳波計を利用した認知症患者の脳波の特性調査

    伊藤 篤, Alicia Zhu

    思考と言語研究会  2019年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AIを利用した打音判定システム

    福村飛翔, 伊藤 篤, 日比野克彦

    思考と言語研究会  2019年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 加速度計による放牧中の乳牛の採草行動のモニタリング

    朝重匡貴, 戸澤あきつ, 佐藤衆介, 渡邊剛夫, 平松裕子, 佐藤文博, 伊藤篤, 長尾慶和

    第74回関東畜産学会  2019年11月  畜産学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LoRaの伝送測定実験と放牧管理への応用

    羅 金山, 伊藤 篤, 長尾 慶和, 朝重 匡貴, 渡邉 剛夫, 平松 裕子, 佐藤 文博

    第20回 NWS研究会  2019年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インバウンド観光客の情報環境(言語景観・意味景観)とのインタラクション:多言語・多文化社会における ICT 支援を視野に

    原田 康也, 伊藤 篤, 森下 美和, 平松 裕子

    日本認知科学会第36回大会  2019年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ICTによる観光開発と情報行動 - 心理学的効果を応用した期待感向上アプリ開発 -

    伊藤 篤

    日本認知科学会第36回大会  2019年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AI ご当地観光ナビアプリの研究開発

    傅 翔, 康 茗淞, 伊藤 篤,羽, 平松 裕, 原田 康也, 多野 裕之, 上田一貴, 佐藤 文博, 森下 美和

    日本認知科学会第36回大会  2019年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光対象としての興味・関心と眼球情報との関連についての一検討

    鈴木 弘也, 鈴木 瑛大, 伊藤 篤, 橋本 直己, 佐藤 美恵

    日本認知科学会第36回大会  2019年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GNSS測位誤差マップの作製に利用する測位誤差推定値のための一検討

    中村洋輔, 伊藤 篤

    2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Evaluation of Learning Effect of Chinese Tone Perceptual Training Application for Smartphone 国際会議

    KANG MING SUNG, Atsushi Ito

    FLEAT7  2019年8月  FLEAT7

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの心理状態推定について

    佐藤 翼, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2019年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光の森林浴の効果について

    吉村孝祐, 佐々木陽, 伊藤篤, 平松裕子, 上田一貴, 原田康也, 羽多野裕之, 佐藤文博

    思考と言語研究会  2019年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLE Advertisementを利用したアドホックネットワークの構築

    高橋 海, 伊藤 篤

    第19回 NWS研究会  2019年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cybercourt 国際会議

    PACT2019  ( Lobamba (Eswatini) )   2019年3月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • ウェアラブルデバイスを用いたリアルタイム行動認識に関する研究

    中田 慶, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活習慣病未病者を対象とする健康管理モバイルアプリの実装と評価 ~ 行動変容を促す心理効果を考慮したUIの有効性評価 ~

    張昭誼, 伊藤篤

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体信号を用いた運転者の感情推定技術の検討

    庄司有佑, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 強化学習を用いた太陽追跡の検討

    菅原拓也, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ビーコン連携、宇都宮ハラールアプリ

    傅 翔, 伊藤 篤, 羽多野裕之, 友松篤信

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 会議活性化のためのファシリテーション技術の検討

    木村明雅, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 様相論理による分散システムの記述とシミュレーションに関する研究

    柳久保友貴, 伊藤 篤

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長時間脳波測定によるマインドステート推定に関する研究

    谷中 智, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLE Advertisementを用いたアドホックネットワークの構築に関する研究

    川﨑直人, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2019年 電子情報通信学会 総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウェアラブルデバイスを用いたリアルタイム行動認識に関する研究 ~ 手指動作センシングによるジェスチャ認識 ~

    中田 慶, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活習慣病未病者を対象とする健康管理モバイルアプリの実装と評価 ~ 行動変容を促す心理効果を考慮したUIの有効性評価 ~

    張 昭誼, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体信号を用いた運転者の感情推定技術の検討

    庄司有佑, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低温環境下のリチウム系電池の特性評価

    菅原拓也, 伊藤 篤, 羽多野裕

    2018 年 電子情報通信学会総合大会  2019年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活習慣病未病者を対象とする健康管理モバイルアプリの実装と評価

    張 昭誼, 伊藤 篤

    第18回 NWS研究会  2019年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多文化とICT

    伊藤 篤, 傅 翔, 康 茗淞, 張 昭誼, 羽多野 裕之, 友松 篤信

    第18回 NWS研究会  2019年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用したスマートフォン向けOpen Campus Naviアプリシステムの開発と検証

    傅 翔, 西條 拡, 羽多野裕之, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2018年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光の沿道における言語景観調査:興味と理解から文化交流へ

    平松裕子, 伊藤篤, 原田康也, 森下美和, 佐良木昌

    2018科研費合同研究集会@早稲田大学:言語環境・言語景観と言語学習・言語習得  2018年12月  早稲田大学情報教育研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光地における中国語表記の誤訳分析

    傅翔, 康茗淞, 張昭誼, 伊藤篤, 平松裕子, 原田康也, 波田野裕之, 佐々木陽, 森下美和

    2018科研費合同研究集会@早稲田大学:言語環境・言語景観と言語学習・言語習得  2018年12月  早稲田大学情報教育研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光の沿道における言語景観調:興味と理解から文化交流へ

    平松裕子, 伊藤篤, 原田康也, 森下美和, 佐良木昌

    2018科研費合同研究集会@早稲田大学:言語環境・言語景観と言語学習・言語習得  2018年12月  早稲田大学情報教育研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した、速度の異なる移動体が混在する集団における位置検知技術

    西條 拡, 伊藤 篤, 羽多野 裕之, 内嶋 教人, 小原芳章

    第17回 NWS研究会  2018年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • LoRaを利用したネットワーク構築の可能性

    佐々木 陽, 伊藤 篤

    第17回 NWS研究会  2018年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光地における中国語表記の課題

    傅翔, 康茗淞, 張昭誼, 伊藤篤, 平松裕子, 原田康也, 佐々木陽, 羽多野裕之

    日本認知科学会第35回大会  2018年9月  認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 部分太陽追跡による発電量増加の検討

    菅原拓也, 伊藤篤, 羽多野裕

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLE を利用したアドホックネットワークにおける転送効率評価

    川﨑 直人, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 様相論理に基づいたマルチエージェント通信プロトコルの研究

    柳久保 友貴, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • AI を応用した打音検査

    庄司 有佑, 伊藤 篤, 羽多野裕之, 日比野克彦

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドローンを利用した稲の生育調査

    村田 和輝, 伊藤 篤, 高橋 行継, 羽多野裕之

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 戦場ヶ原におけるRoLa 伝送実験

    佐々木陽, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    2018年度_第1回アシュアランスシステム研究会  2018年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光地における中国語表記の課題

    傅翔, 康茗淞, 張昭誼, 伊藤篤, 平松裕子, 原田康也, 佐々木陽, 羽多野裕之

    日本認知科学会第35回大会  2018年8月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development and Effect of Chinese Tone Perceptual Training Application

    MingSung Kan, Atsushi Ito

    思考と言語研究会  2018年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Improve accuracy of predicting confidential words in juditial precedents

    Masakazu Kanazawa, Atsushi Ito, Yuya Kiryu, Kazuyuki Yamaswa, Takehiko Kasahara

    思考と言語研究会  2018年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サイバーコート(2)

    伊藤 篤, 金澤 政和

    第16回 NWS研究会  2018年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活習慣病未病者を対象とする健康管理システムの設計

    張 昭誼, 伊藤 篤

    第16回 NWS研究会  2018年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光沿道に展開された観光客向け英語表記 ~ 言語景観の現状調査と今後の課題

    平松裕子, 原田康也, 伊藤篤, 森下美和, 上田一貴, 佐藤文博

    TL研究会  2018年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アプリによる中国語発音能力向上効果の比較

    康 茗淞, 伊藤 篤

    思考と言語研究会  2018年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長時間の脳波測定による心理状態推定に関する検討

    谷中 智, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2018年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上下関係がある場合の非言語コミュニケーション

    木村明雅, 伊藤篤

    日本ビジネスコミュニケーション学会研究集会  2018年3月  日本ビジネスコミュニケーション学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長時間の脳波測定による心理状態推定に関する検討

    谷中 智, 伊藤 篤, 羽多野裕之

    思考と言語研究会  2018年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サイバーコート

    伊藤篤, 桐生雄也

    第15回 NWS研究会  2018年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心理学効果を応用した観光支援アプリ設計

    林 鈴奈, 伊藤 篤, 平松 裕子, 上田 一貴, 原田 康也, 森下 美和, 羽多野 裕之, 佐藤 文博

    第15回 NWS研究会  2018年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光沿道に展開された観光客向け英語表記 〜 言語景観の現状調査と今後の課題 〜

    平松裕子, 原田康也, 伊藤篤, 森下美和, 上田一貴, 佐藤文博

    思考と言語研究会  2018年  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本語母語話者の中国語発音改善に関する研究

    康茗淞, 伊藤篤

    思考と言語研究会  2017年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 裁判判例の伏字位置予測に最適化したNN構造の一考察

    桐生雄也, 伊藤篤, 山澤和之, 笠原毅彦

    第137回次世代大学教育研究会  2017年12月  次世代大学教育研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヘルスツーリズムとICT

    伊藤篤, 谷中 智, 張昭誼, 木村明雅

    NWS研究会  2017年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドローンを利用した稲のリアルタイム生育管理技術の検討

    村田和輝, 伊藤篤, 高橋行継, 羽多野裕之

    NWS研究会  2017年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 位置情報の活用による観光資源開発とホスピタリティコミュニケーション

    伊藤篤, 佐藤文博, 平松裕子, 上田一貴, 原田康也, 森下美和

    第131回次世代大学教育研究会  2017年6月  次世代大学教育研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光とICT

    伊藤篤

    NWS研究会  2017年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • RNNを用いたジェスチャによるUIの一検討

    新目隼都, 伊藤篤

    NWS研究会  2017年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドローンの農業への応用 招待

    SAT研究会  ( 宇都宮 )   2017年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Is drone SAVIOR of agriculture? 招待 国際会議

    PACT2017  ( Nairobi (Kenya) )   2017年3月  IEEE

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 1周波キネマティック測位における後処理並列演算に関する研究

    羽多野裕之, 藤井雅弘, 伊藤篤, 渡辺裕

    宇宙・航行エレクトロニクス研究会  2017年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 携帯から目を離したくなる観光アプリのために -未知の発見・日光における実証報告-

    平松裕子, 佐藤文博, 伊藤篤, 羽多野裕之, 佐藤美恵, 渡辺裕, 佐々木陽

    思考と言語研究会  2016年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した観光支援技術

    伊藤篤, 平松裕子, 上田一貴, 羽多野裕之, 佐藤美恵, 渡辺裕, 佐藤文博, 佐々木 陽

    思考と言語研究会  2016年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した観光支援

    早稲田大学授業:グローバルエデュケーションセンター設置:『初めて学ぶ『言語と情報』  2016年11月  早稲田大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Zeigarnik effect を利用した記憶に残る情報提供技術の提案 -学習効果を中心に-

    増田孝男, 佐藤文博, 平松 裕子, 伊藤 篤, 佐々木 陽

    日本認知科学会第33回大会  2016年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した旅行案内アプリにおける気付きの評価

    伊藤 篤, 平松 裕子, 上田 一貴, 羽多野 裕之, 佐藤 美恵, 渡辺 裕, 佐藤 文博, 佐々木 陽

    日本認知科学会第33回大会  2016年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 物体認識型ARの観光支援システムへの応用可能性に関する検討

    加藤 昇, 伊藤 篤, 佐藤 美恵

    日本認知科学会第33回大会  2016年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 手描き線画自動彩色技術の観光支援ツールとしての利活用

    倉田沙織, 東海林健二, 伊藤 篤

    日本認知科学会第33回大会  2016年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ICT による観光資源開発支援と多言語ホスピタリティー・コミュニケーション

    原田 康也, 森下 美和, 伊藤 篤

    日本認知科学会第33回大会  2016年9月  日本認知科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した観光案内システムの開発

    渡辺裕, 伊藤篤, 佐藤美恵, 羽多野裕之

    アシュアランスシステム研究会  2016年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンによるコンバージョン率の評価

    西條拡, 伊藤篤, 羽多野裕之, 藤井雅弘

    アシュアランスシステム研究会  2016年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日光地域におけるBLE (Bluetooth Low Energy)ビーコンを活用した観光事業活性化

    渡辺裕, 伊藤篤, 佐藤美恵, 羽多野裕之

    第10回宇都宮大学企業交流会  2016年9月  宇都宮大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した観光支援

    渡辺裕, 伊藤篤, 佐藤美恵, 羽多野裕之

    第62回とちぎ観光資源活用研究会  2016年7月  とちぎ観光資源活用研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Bluetooth Low Energyを用いたアドホックネットワークの構築

    加藤拓也, 伊藤篤, 藤井雅弘, 羽多野裕之, 渡辺裕, 宇都宮栄二

    電子情報通信学会総合大会  2016年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Ad Hoc Network Protocol Implemented in Server Side Java Script 国際会議

    Atsushi Ito, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Mie Sato, Yu Watanabe, Yuko Hiramatsu, Fumihiro Sato, Akira Sasaki

    International Workshop on Networking, Computing, Systems, and Software (NCSS) 2015  2015年12月  CANDAR

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 位置情報サービスのための基盤技術とその応用システムに関する研究開発

    渡辺裕, 伊藤篤, 藤井雅弘, 羽多野裕之

    第9回宇都宮大学企業交流会  2015年8月  宇都宮大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • BLEビーコンとスマートフォンによる歴史的地域の観光再生-日光山内への参道における期待感の創出-

    平松裕子, 佐藤文博, 伊藤 篤, 佐々木 陽

    2015年度電子情報通信学会総合大会  2015年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • BLEビーコンを利用した観光支援

    伊藤 篤, 藤井 雅弘, 羽多野 裕之, 渡辺 裕, 佐藤 文博, 平松 裕子, 佐々木 陽

    第6回ネットワークソフトウェア研究会  2015年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「観光客の満足度向上のための情報提供技術の研究開発」(戦略的情報通信研究開発推進事業 (SCOPE):地域 ICT 振興型研究開発)について、BLEビーコンを利用した観光支援

    渡辺 裕, 伊藤 篤

    日光ハッカーソン  2015年1月  宇都宮大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • スマートフォン用ポジショニング技術

    渡辺裕, 伊藤篤, 藤井雅弘, 羽多野裕之

    第8回宇都宮大学企業交流会  2014年9月  宇都宮大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • スマートフォンディスプレイへの期待

    Flat Panel Display 2013  2013年4月  日経BP

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • スマートフォンとセキュリティ オープン化する端末プラットフォーム ~Androidへの期待~

    放送大学  2013年3月  放送大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • はっとする校外学習 サイト・スペシフィック・アート受容としてのモバイル端末の可能性

    平松 裕子, 佐藤 文博, 伊藤 篤, 小河原 亨, 藤井 雅弘, 渡辺 裕

    芸術思考シンポジウムin山形  2013年2月  次世代大学教育研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害時聴覚障害者支援システム

    Android Bazaar and Conference 2013 Spring  2013年2月  日本Androidユーザ会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 聴覚障害災害時要援護者支援情報機器評価 (5)-東日本大震災における活用状況

    矢部 多加夫, 伊藤 篤

    2012年度集団災害医学会学術集会 C2-1  2013年1月  集団災害医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高次脳機能障害者が電車を利用する際の困難さに関する調査

    中山 剛, 水村 慎也, 伊藤 篤, 平松 裕子, 上田 一貴, 篠田 峯子

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 2012 GS3-1-7  2012年11月  生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 災害時聴覚障害者支援システム

    ICT ERA + Android Bazaar and Conference 2012 東北  2012年10月  日本Androidユーザ会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 聴覚障害災害時要援護者支援情報機器評価 (4)-東日本大震災における活用状況

    矢部 多加夫, 伊藤 篤, 平松 裕子

    2011年度集団災害医学会学術集会 C1-3  2012年2月  集団災害医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高齢者の認知特性に焦点をあてた携帯電話アプリケーションのインタフェース評価

    上田 一貴, 渡辺 徳幸, 伊藤 篤, 平松 裕子, 大河内 直之, 伊福部達

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 2011 O1-3-181  2011年11月  生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 情報化社会における小学校情報教育の可能性 -小学校4年生のSNS短歌実証より-

    平松 裕子, 島田 文江, 伊藤 篤, 佐藤 文博

    思考と言語研究会  2011年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Location-sensitive File Access Control: an ICT Application of Formal Linguistics

    Atsushi Ito, Yasunari Harada

    『場の言語学』国際ワークショップ  2011年11月  早稲田大学

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Android STB

    Android Bazaar and Conference 2011 Summer  2011年9月  日本Androidユーザ会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 小学校で携帯電話をどう教えるか その1 情報端末としてのケータイ活用事例–

    德増 智子, 中村 真也, 山田 義守, 西岡 利, 島田 文江, 伊藤 篤, 平松 裕子, 佐藤 文博

    2010 PCカンファレンス8G1  2010年8月  CIEC

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Android STB 国際会議

    Google Tech Talk  2010年8月  Google

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 初等教育のツールとしての携帯端末使用の可能性 −小学校における授業現場への利用を踏まえて−

    平松 裕子, 佐藤 文博, 伊藤 篤

    情報コミュニケーション学会 第7回全国大会 27a-S2-A  2010年2月  情報コミュニケーション学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 携帯電話の高機能化,多機能化と新規ビジネスの創出

    日本フォトファブリケーション協会技術講演会  2009年11月  日本フォトファブリケーション協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 高齢者の携帯電話の使いやすさに関する研究 -ボタン特性に焦点をあてて-

    上田 一貴, 大河内 直之, 千川 文子, 伊藤 篤, 平松 裕子, 伊福部 達

    ヒューマンインターフェースシンポジウム2009高齢者1-2221  2009年9月  ヒューマンインタフェース学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

Works(作品等)

  • ICTマネージメント人材育成PBL教材

    とりまとめ, 伊藤篤, 執筆メンバー, 日本電気株式会社, KDDI株式会社

    2008年5月 -  

     詳細を見る

    作品分類:教材   発表場所:総務省情報通信政策局情報通信利用促進課  

    researchmap

  • ユビキタスネットワークを活用した子どもの安心・安全システムの在り方に関する調査検討報告書

    伊藤篤, 角田良明

    2006年12月 -  

     詳細を見る

    発表場所:ユビキタスネットワークを活用した子どもの安心・安全システムの在り方に関する調査検討会  

    researchmap

  • 司法制度改革と先端テクノロジィの導入・活用に係る提言

    伊藤篤

    2004年2月 -  

     詳細を見る

    発表場所:司法制度改革と先端テクノロジー研究会  

    researchmap

受賞

  • 若手研究奨励賞

    2022年1月   電子情報通信学会 NWS研究会   日光戦場ヶ原における森林浴効果

    中山 春佳, 川上 晴人, 平松 裕子, 伊藤 篤, 原田 康也, 上田 一貴, 森下 美和

  • 若手研究奨励賞

    2022年1月   電子情報通信学会 NWS研究会   LoRaの大規模放牧への応用に関する検討

    羅 金山, 伊藤 篤, 長谷川 まどか, 芦部 詩織, 長尾 慶和

  • 通信ソサイエティ 活動功労賞

    2021年9月   電子情報通信学会  

    伊藤 篤

  • NWSベストポスター賞

    2019年9月   電子情報通信学会 NWS研究会   GNSS測位誤差マップの作製に利用する測位誤差推定値のための一検討

  • Best Paper Award

    2018年12月   INTERNATIONAL CONFERENCES ON CYBER SECURITY AND COMMUNICATION SYSTEMS 2018   A Study on Growth Stage Classification of Paddy Rice by CNN using NDVI Images

  • NWS研究会奨励賞

    2018年6月   電子情報通信学会 NWS研究会   心理学効果を応用した観光支援アプリの設計

  • めぶきビジネスアワード

    2017年11月   めぶきファイナンシャルグループ   ビーコンと連動するスマートフォンを軸と した観光活性化

  • Service Computation 2017 Best Paper Award

    2016年3月   Service Computation   A Service Model using Bluetooth Low Energy Beacons-To Provide Tourism Information of Traditional Cultural Sites -

  • 大会優秀賞

    2014年11月   日本福祉のまちづくり学会 第17回全国大会   高次脳機能障害者が電車を利用する際の困難さに関するアンケート調査

  • 2010PCカンファレンス 最優秀論文賞

    2010年8月   PCカンファレンス   「小学校で携帯電話をどう教えるか? その1 情報端末としてのケータイ活用事例?」

  • JGN2アワード 産業活動貢献賞

    2007年1月   総務省   ビジネス利用に向けた高品位映像伝送の研究

  • 第7回全国大会 最優秀発表賞

    2007年1月   情報コミュニケーション学会   初等教育のツールとしての携帯端末使用の可能性?小学校における授業現場への利用を踏まえて?

  • 第54回日本病院学会優良演題賞

    2004年11月   日本病院学会   インターネット対応画像入力型簡易栄養計算システムの開発

  • 第51回電波の日表彰

    2001年6月   総務省   IT推進革命のための人材育成に関する調査

    団体)IT推進革命のための人材育成に関する調査研究会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 森林浴の癒やし効果を活用した観光資源開発支援:COVID-19後に楽しく観光するために

    研究課題/領域番号:23H03649  2023年4月 - 2028年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  中央大学

    伊藤 篤, 平松 裕子, 原田 康也, 長谷川 まどか, 佐藤 美恵, 森下 美和

      詳細を見る

    配分額:18460000円 ( 直接経費:14200000円 、 間接経費:4260000円 )

    researchmap

  • 言語景観観察に基づく文化情報伝達の研究及び応用-掲示から文化認知へ-

    研究課題/領域番号:22K12598  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  中央大学

    平松 裕子, 原田 康也, 森下 美和, 伊藤 篤

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    researchmap

  • 多重反射による空中ディスプレイの薄型化と水中CAVEへの応用~魚に映像を見せる~

    研究課題/領域番号:20H05702  2020年8月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)  宇都宮大学

    山本 裕紹, 大谷 幸利, 吉浦 康寿, 亀井 保博, 伊藤 篤, 石川 智治, 陶山 史朗, 八杉 公基

      詳細を見る

    配分額:188370000円 ( 直接経費:144900000円 、 間接経費:43470000円 )

    本研究は,光工学・生物学・水産学・感性メディア工学・情報工学の異分野融合研究である.本年度は各分野において要素技術を開発した.
    光工学において,空中ディスプレイの薄型化を実現する光学の基本設計に必要な計測と原理検証を行った.再帰反射による空中結像 (AIRR: aerial imaging by retro-reflection)の光学系の最適化を行うにあたり,結像性能の定量評価が必要となる.キーデバイスとなる再帰反射素子は単位光学素子がアレイ状に並んで構成される.斜めナイフエッジ法によるAIRRの結像光学系の変調伝達関数 (MTF: modulation transfer function) を測定する手法を開発した.プリズム型ならびにビーズ型の再帰反射素子を用いたAIRRのMTFを測定した結果,再帰反射素子の単位光学素子の回折がMTFを低下させることがわかった.そこで,これまでの空中結像向けの再帰反射素子よりも開口を大きくした再帰反射素子を製作する金型を製作した.さらに,偏光イメージングによるディスプレイの偏光分布の測定,AIRRに多重反射を導入する空中ディスプレイの光学設計を行った.
    感性メディア工学においては,空中映像の画質評価実験系を構築するとともに,水中映像に対する大きさ知覚実験のための光学設計を行った.
    水産研究・教育機構において,来年度以降の実験に用いるための高産肉性トラフグの親魚養成を行うとともに,実験用水槽システムを構築した.さらに,情報工学分野研究者と合同で,ニューラルネットワークを用いて魚を個体識別する実験のために識別用のICタグをつけたフグの撮影を行った.
    VRバイオロジー実験として,水中映像で周囲を囲まれたメダカの行動実験系を構築した.

    researchmap

  • 国際連携・高大連携による英語・中国語・日本語「作文/対話」学習者コーパスの研究

    研究課題/領域番号:20H01278  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)  東京外国語大学

    望月 圭子, 石川 慎一郎, 赤堀 侃司, 野村 恵造, 根岸 雅史, 申 亜敏, 小柳 昇, 福田 翔, 伊藤 篤, 永田 亮, ニューベリーペイトン ローレンスC., 張 正

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    第一に、英語・中国語・日本語学習者コーパス研究では、毎月、遠隔により、一対一のマルチモーダル対話コーパスを20カ月分収録し、データベース化した。この対話コーパスに対して、「対話の流暢性の縦断的成長」を分析し、JACET 60th Commemorative International Convention及びJapan Association for English Corpus Studies学会で発表した。さらに、英語・中国語・日本語の文法習得において、学習者の母語がどのように影響を及ぼすのかについて分析を行い、中国語・日本語学習者コーパス研究の国際出版が実現し、2022年度に出版予定である。
    第二に、英語・中国語の学習者コーパスを、欧州共通言語参照枠(CEFR)に基づく言語能力の視点から分析を行った。上級中国語学習者コーパス研究では、学習者に中国語検定試験HSK6級を受験してもらい、スピーキング・ライティング・読解・聴解も含めたスコアを5名から得て、CEFR準拠によるB2-C1レベルの習得状況を分析することができた。
    第三に、協力大学であるサンフランシスコ州立大学・リーズ大学・湖南大学・国立台湾師範大学・国立清華大学(台湾)と、講演・日本語・中国語を用いた遠隔国際共同教育を実施し、学習者コーパスの共同研究も実施し、出版準備を行った。
    第四に、遠隔教育の最適化研究においては、脳科学的研究を行い、「遠隔画面における感情読み取り」における視線及び脳波の分析、「遠隔授業と対面授業の相違」については、大学生70名にアンケートによる質的調査を行った。その結果、遠隔による授業・対話においては、視点が一致せず、共感性が生まれにくいが、一対一の対話であれば共感性や満足感が高いコミュニケーションが可能であるという結果を得て、日本脳マッピング学会及び電子情報学会で発表を行った。

    researchmap

  • 潜在的注意下に眠る感性情報の発掘と観光支援への応用

    研究課題/領域番号:19K12180  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  宇都宮大学

    佐藤 美恵, 橋本 直己, 伊藤 篤, 金成 慧

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究は、眼球運動情報を解析することにより、潜在的注意が向けられた様々な対象の中から、意識下では気づかなかった観光地の新しい魅力を発見し、さらなる観光資源を創造することを目的としている。潜在的注意とは、視線がある物体に向いているときでも無意識のうちにそこから離れて、興味・関心を引き付ける別の物体に向けられる注意である。
    本年度は、昨年度に引き続き、自然画像を観察しているときの被験者の潜在的な注意が、画像中の興味の対象に向けられているかを、眼球運動情報を解析することで調査した。昨年度に課題として挙げられた、画像中の興味・関心が向けられた対象とマイクロサッカードとの関係について、興味・関心の強さや、注視点と興味・関心が向けられた対象との位置関係を含めた解析を行った。実験では、まず、20代学生が興味・関心を示すであろう自然画像10枚を選定した。そして、選定した画像を実験刺激として1枚ずつ15秒間、提示した後、被験者に画像の中心(白円、直径1°)を5秒間、固視してもらい、その際の眼球運動を計測した。その後、被験者に興味・関心がある対象を提示画像上に順位付けて印してもらった。実験には、20代の11名(男性9名、女性2名)が参加した。実験の結果、マイクロサッカードと興味のある対象とのなす角に着目した解析では、輿味のある対象とマイクロサッカードのなす角において、50度までの範囲に全体の55%以上が含まれており、興味のある対象にマイクロサッカードが向く傾向が見られることが示唆された。今後の課題として、マイクロサッカードと瞳孔径の変化との関係を明らかにし、精度向上を図ることが挙げられる。

    researchmap

  • ネット社会におけるインバウンド観光客・定住者を意識した文化伝達の言語表現

    研究課題/領域番号:18K11849  2018年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)  中央大学

    平松 裕子, 佐良木 昌, 原田 康也, 森下 美和, 伊藤 篤

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    日光における調査研究はコロナ禍において特に外国人観光客の激減の中、翻訳を中心に進める点には困難もあった。在住外国人を集めてのヒアリング調査はコロナ禍で実施できなかった。しかし、駅から神橋周辺までの1kmの範囲内の言語景観の継続調査、また神戸との比較に関しては順調に続行ができ、対象を絞った研究ができた。外国人観光客に対する調査はできなかったが、日光市図書館の協力を得て、明治時代から大正昭和の観光地日光における言語景観につながる資料を調べるなども実施することができた。また、門前町日光の言語景観の中に表出する文化的要素を抽出することもでき、考察を進めた。
    外国人観光客の減少は日本語表記の増加も招いたが、一方で日本人用のアルファベット表記の増加が見られるなど、急激な社会状況に応じた変化を遂げ、その状況を調査できた点は今後の研究に有用であった。
    研究者は各自の視点で研究を続行し、それぞれに成果を出したのみならず、オンラインではあったが、日本認知科学会第38回大会においては「多元化する異文化体験:COVID-19後に楽しく観光するために」と題してオーガナイズドセッションを開催し、協力した研究の成果を公開し、今後の研究に繋げていくことができた。
    地元商店街も現状に鑑み、外国人観光客より若者にターゲットを一旦シフトしている。したがって外国人対象のメニューなど、すでに当該地域に設置しているアプリケーションへの研究成果の反映までは大きなニーズが今はなく、そこまでの変更には至らなかった。

    researchmap

  • ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上

    研究課題/領域番号:17H02249  2017年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B) 

    伊藤 篤, 佐藤 文博, 佐藤 美恵, 上田 一貴, 平松 裕子, 羽多野 裕之, 東海林 健二, 原田 康也, 森下 美和, 長谷川 まどか

      詳細を見る

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

    奥日光エリアという山岳地域でより安心安全が求められる状況において、心理学的観点から観光情報の優先度(マズローの欲求段階)を検討し,これに基づいてスマートフォンアプリ設計し、アプリ提供を開始した。また、個々の旅 行者に合わせた情報提供を実現するため、プロスペクト理論を利用し、個々の観光客の経験や知識に基づく参照点を算出し、これに基づいて期待度を高めるような情報を選択する技術を開発した。また、簡易型脳波センサを利用して、森林浴時の脳波測定を行った結果、特に、滝や川の近くでのリラックス効果(α波上昇)の傾向があることがわかった。また、イスラム教国やインドからの観光客のための食事案内アプリを試作した。

    researchmap

▼全件表示

委員歴

  • 2006年10月 - 2014年1月

    経団連 情報通信委員会高度情報通信人材育成部会   委員  

  • 2007年10月 - 2008年3月

    経団連 ヘルスケア産業部会   委員  

  • 2007年10月 - 2008年3月

    厚生労働省医療情報ネットワーク基盤検討会   委員  

  • 2005年4月 - 2006年3月

    総務省 ユビキタスラーニング推進協議会   委員  

  • 2001年4月 - 2002年3月

    IT推進革命のための人材育成に関する調査研究会   委員  

社会貢献活動

  • 電子情報通信学会論文誌Bネットワークソフトウェア特集号 2021年10月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2020年6月 - 2021年10月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2020 Steering Committee Member

    2020年1月 - 2020年12月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2019 Steering Committee Member

    2019年1月 - 2019年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2019 Program Committee Member

    2019年1月 - 2019年12月

     詳細を見る

  • CogInfoCom 2019 Program Committee Member

    2019年1月 - 2019年10月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会論文誌Bネットワークソフトウェア特集号 2019年5月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2018年4月 - 2019年5月

     詳細を見る

  • INES 2019 Program Committee Member

    2018年5月 - 2019年4月

     詳細を見る

  • PACT (Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications) 2019 Program Committee Member

    2018年4月 - 2019年3月

     詳細を見る

  • ISADS 2019 PC member

    2018年4月 - 2019年3月

     詳細を見る

  • Eurocast 2019 Workshop Co-chair

    2018年3月 - 2019年2月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2018 Steering Committee Member

    2018年1月 - 2018年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2018 Program Committee Member

    2018年1月 - 2018年12月

     詳細を見る

  • CogInfoCom 2018 Program Committee Member

    2018年1月 - 2018年10月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会英文論文誌B ISADS2017特集号 2018年8月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2017年8月 - 2018年8月

     詳細を見る

  • INES 2018 Program Committee Member

    2017年7月 - 2018年6月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会 思考と言語研究会 専門委員(現在に至る)

    電子情報通信学会  2018年4月 -  

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2017 Steering Committee Member

    2017年1月 - 2017年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2017 Program Committee Member

    2017年1月 - 2017年12月

     詳細を見る

  • CogInfoCom 2017 Program Committee Member

    2017年1月 - 2017年10月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会論文誌Bネットワークソフトウェア特集号 2017年5月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2016年4月 - 2017年5月

     詳細を見る

  • PACT (Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications) 2017 Program Committee Member

    2016年4月 - 2017年3月

     詳細を見る

  • ISADS 2017 PC member

    2016年4月 - 2017年3月

     詳細を見る

  • Eurocast 2017 Workshop Co-chair

    2016年3月 - 2017年2月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2016 Steering Committee Member

    2016年1月 - 2016年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2016 Program Committee Member

    2016年1月 - 2016年12月

     詳細を見る

  • Journal of Machine to Machine Communications, Associate Editor

    River Publisher  2014年1月 - 2016年12月

     詳細を見る

  • CogInfoCom 2016 Program Committee Member

    2016年1月 - 2016年10月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会英文論文誌B ISADS2015特集号 2016年4月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2015年4月 - 2016年4月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2015 Steering Committee Member

    2015年1月 - 2015年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2015 Program Committee Member

    2015年1月 - 2015年12月

     詳細を見る

  • PACT (Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications) 2015 Program Committee Member

    2014年7月 - 2015年6月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会論文誌Bネットワークソフトウェア特集号 2015年4月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2014年4月 - 2015年4月

     詳細を見る

  • ISADS 2015 PC member

    2014年4月 - 2015年3月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2014 Steering Committee Member

    2014年1月 - 2014年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2014 Program Committee Member

    2014年1月 - 2014年12月

     詳細を見る

  • PACT (Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications) 2014 Program Committee Member

    2013年7月 - 2014年6月

     詳細を見る

  • ASON (International Workshop on Autonomous Self-Organizing Networks) 2013 Steering Committee Member

    2013年1月 - 2013年12月

     詳細を見る

  • CANDAR (International Symposium on Computing and Networking 2013 Program Committee Member

    2013年1月 - 2013年12月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会論文誌Bネットワークソフトウェア特集号 2013年8月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2012年8月 - 2013年8月

     詳細を見る

  • PACT (Pan African Conference on Science, Computing and Telecommunications) 2013 Program Committee Member

    2012年7月 - 2013年6月

     詳細を見る

  • AHSP (Ad Hoc, Sensor and P2P Networks workshop) 2013 General Chair

    2012年4月 - 2013年3月

     詳細を見る

  • IB2COM (International Conference on Broadband and Biomedical Communications) 2012 Program Committee Member

    2012年1月 - 2012年11月

     詳細を見る

  • IB2COM (International Conference on Broadband and Biomedical Communications) 2011 Program Committee Member

    2011年1月 - 2011年11月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会 専門委員

    電子情報通信学会  2011年4月 -  

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会 専門委員

    電子情報通信学会  2011年4月 -  

     詳細を見る

  • 日本山岳会 高尾の森作りの会

    日本山岳会  2011年4月 -  

     詳細を見る

  • AHSP (Ad Hoc, Sensor and P2P Networks workshop) 2011 General Chair

    2010年4月 - 2011年3月

     詳細を見る

  • 電子情報通信学会論文誌B特集号(英文) 2011年1月発行 編集委員

    電子情報通信学会  2010年4月 - 2011年1月

     詳細を見る

  • IB2COM (International Conference on Broadband and Biomedical Communications) 2010 Program Committee Member

    2010年1月 - 2010年12月

     詳細を見る

  • AHSP (Ad Hoc, Sensor and P2P Networks workshop) 2009 Program Chair

    2008年4月 - 2009年3月

     詳細を見る

  • ITU-T (国際通信連合)SG X (Specification Language)エディタ

    ITU-T (国際通信連合)  1992年10月 - 1994年3月

     詳細を見る

  • ITU-T (国際通信連合)SG X (Specification Language)エディタ

    ITU-T (国際通信連合)  1985年3月 - 1991年8月

     詳細を見る

▼全件表示